150の評判でわかった『SBI FXトレード』を使うかの判断基準

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-19-16-52-08

FXをはじめようと思い色々と業者比較をしていてSBI FXトレードが気になっているけど、“比較サイトによって賛否両論あるし、本当のところSBI FXトレードってどうなの?”と疑問に思っていませんか?

結論としては、「SBI FXトレードは、業界最狭水準のスプレッドや、多機能な取引ツールなど、多くの点で優れている優良業者ですが、全ての人に万能なFX業者は存在せず、おすすめな人とおすすめでない人に分かれる」といえます。

このページでは、私自身の5年以上のFX経験と周囲のトレーダーからの評判、実ユーザー150人の口コミ情報の分析をもとに「SBI FXトレードの総評とおすすめする人・しない人」について、以下の流れに沿ってわかりやすく解説します。

  1. SBI FXトレードの総評と特徴
  2. SBI FXトレードをおすすめする人とおすすめしない人
  3. SBI FXトレードの口座開設で注意すべき8のポイント

すべて読めば、SBI FXトレードが自分に向いているかどうかがわかり、口座開設からトレードまでの一連の流れを理解した上で最良の決断ができるようになるでしょう。

1. SBI FXトレードの総評と特徴

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-26-16-02-04

<総評>

SBI FXトレード』は「安全性」「スプレッド」「約定力」「情報量」「ツール」「スワップ」とほとんどの項目で非常に優れており、初めてFXをやる人から中・上級者まで幅広く使え、バランスのよいおすすめの優良業者といえます。

一方で、「サポート」「通貨ペア」の2項目については他の業者と比較した際に若干物足りなさがあり、幅広い通貨ペアでトレードしたい人にとっては満足できない可能性があります。

※参考:勝ち組トレーダーがFX業者を選ぶ際に重視しているポイント

FX業者を比較する際には様々なポイントがあり、その中でも「何を重要視して選べばよいのかわからない」という声をよく聞きますが、私自身の経験と私の周囲の勝ち組トレーダーからの意見をまとめると、FX業者を選ぶ際に比較すべきポイントは上記の8項目です。

どのFX業者を選ぶかでトレード環境が大きく異なり、トレード成績にも大きな差が生まれる可能性があるためFX業者は慎重に選ぶべきですが、正直、すべての項目が満点の業者は存在しておらず、ニーズやレベルに合わせて使い分ける必要があります。

実際、勝ち組トレーダーは用途に合わせて3〜5つ程度の業者を使い分けている傾向があり、私自身も「デイトレード用」「資産形成向け中長期等レード用」「情報収集用」と3つの業者を使い分けていますが、その使い分けを判断する際に基準にしている項目が上記の8項目になります。

逆にいうと、上記8項目以外の項目はダイレクトにトレード成績に大きな影響を与える項目ではないため特に重視していないということです。

※SBI FXトレードの口座を開設する際には、特定の紹介サイト経由だとキャッシュバック内容や口座開設までのスピード等が変わってしまう場合があるようですので、必ず公式ページから行うことお勧めします。(『SBI FXトレード公式ページ』へ

1-1. SBI FXトレードの魅力的な3つの特徴

SBI FXトレードには他のFX業者と比較して以下のような魅力的な3つの特徴があります。

  • 業界最狭水準のスプレッド
  • 1通貨単位からの取引が可能
  • スマホ・PCに対応した操作性の高いツール

1-1-1. 特徴①|業界最強水準のスプレッド

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-19-18-16-32

SBI FXトレードは、取引数量に応じた変動スプレッドですが、ドル/円のスプレッドが最大で実質0.27銭と業界最狭水準であり、スキャルピングのような短期トレードをガンガンしたい方にとっては大変有効な業者となっております。

1-1-2. 特徴②|1通貨単位からの取引が可能

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-19-18-22-17

1万通貨単位からの取引が一般的に多い中で、1通貨単位からの取引を可能としています。少ない証拠金で始めることができ、少額で様々な使い分をしたい人には嬉しいシステムです。

1-1-3. 特徴③|スマホ・PCに対応した操作性の高いツール

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-19-18-22-30

PC並みの機能をスマホでも幅広く対応しています。シンプルな操作でスピーディーな取引が出来ます。

1-2. SBI FXトレードのメリット

口コミ・評判

評価:★★★★★5
SBI FXトレードを使用して一番のメリットは、1通貨から取引が出来ることです。これは、FX取引を経験ある人はわかると思うのですが、こんなに少ない金額で取引を行える所は、僕の知る限りではありません。1通貨から取引出来るということは、1ドル100円だと、4円から取引が出来ることになります。通常の取引会社だと、100万通貨から取引ですので、4万円になります。少ない金額で取引が出来るので、リスクがとても少ないです。ですので、FX初心者には是非オススメの会社になります。初めてFXをやる人は、この会社から初めた方が私は良いと思います。(出典:価格.com)

口コミ・評判

評価:★★★★★5
激下がりの時にもスプレッドが拡がらない、スワップは最高クラスで申し分無し。スワップ狙いでも、少額コツコツでも何でもできる環境です。おかげさまでずいぶんと小銭儲けさせてもらっています。(出典:価格.com)

口コミ・評判

評価:★★★★☆4
スプレッドの低さは圧倒的。イベント時にスプレッドが広がらないのはSBI FXトレードのみではないか。雇用統計時もスプレッドは従来同様なのは本当にすごいと思う。全体的には、おすすめの会社である。(出典:価格.com)

口コミ・評判

評価:★★★★☆4
FXの取り引きは安定したツールと安定したスプレッドが一番重要だと思います。SBIは為替の動きが少ない時間帯でも安定したスプレッドですが、他の業者と違うのは大きく動く重要指標の場面でもスプレッドは大きく開くことなく安定しているので嬉しいところです。取り引きツールもパソコンでもスマホでもクラッシュしたりすることがほとんどないので大きな金額でも集中して取り引きできるのがいいところです。これからも個人的には使っていくつもりなので、まだ使ったことがない方には是非オススメできる業者です。(出典:価格.com)

2016年9月時点に於ける、SBI FXトレードのメリットは大きく以下の6つです。

  • 取引コストが安い(業界最狭水準のスプレッド)
  • 約定力が比較的高い(安定している)
  • 取引ツールが非常に使いやすい
  • 安全性が高い(2銀行分け完全信託保全、自己資本規制比率783.6%※2016年3月時点)
  • スワップポイントが比較的高い(ドル円/5円、豪ドル円/50円、NZドル円/60円)
  • 情報量が豊富(GI24、Market Win24、独自の3媒体)

SBI FXトレードは評価項目全8項目中6項目が高評価であり、非常に総合的なバランスが良いことろが最大のメリットといえます。ユーザーが最も重要視すべき「スプレッド」や「約定力」「ツール」については高水準であり、「安全性」や「スワップポイント」「情報量」の点でもレベルが高く、メリットの多い業者です。

SBI FXトレードの主要通貨ペアに於けるスプレッドは2016年9月時点で以下の通りです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-22-15-42-08

総合バランスでは業界トップレベルですので、特に初心者にとっては間違いのない業者といえるでしょう。

1-3. SBI FXトレードのデメリット

口コミ・評判

評価:★★★☆☆3
速度が他て比べると少し遅い気がします。サポートを24時間対応して欲しいです。特に問題はありませんが、スマホ操作が他社のつくりとちがうので戸惑う事があります。ここの特徴といえばそれまでですが同じほうが使いやすいと思います。(出典:価格.com)

口コミ・評判

評価:★★★☆☆3
いくつかの会社をためしてみたが、SBIはチャートを見ながら取引できたりと、割と使いやすかった。ただ、スマホアプリが時々フリーズするので改善してもらいたい。あと、取り扱い通貨ペアの種類が少ないので、今後増えていったらいいと思う。(出典:価格.com)

反対に、2016年9月時点に於ける、SBI FXトレードのデメリットは以下の2つです。

  • 通貨ペアが少ない(12通貨ペア)
  • サポート時間が短い(平日9時から17時まで)

SBI FXトレードには決定的なデメリットといえるようなレベルのものはあまりありませんが、敢えていうと「通貨ペア」については、業界最高水準のFX業者と比較した場合は若干見劣りする項目ですが、決定的というほどではありませんので、考え方次第ではそこまで大きく気にする必要はないかもしれません。

また、サポートに関しては平日24時間対応のFX業者が増えてきている中で、SBI FXトレードでは平日の9時から17時の間のみである点が他の業者と比較して見劣る点と言えます。

2. SBI FXトレードをおすすめする人とおすすめしない人

前述のとおり、すべての項目が満点のFX業者は存在しませんので、自身のニーズやレベルに合わせた使い分けが肝心です。

これまでの評価を踏まえて、「SBI FXトレードをおすすめする人としない人」について以下にまとめております。

2-1. SBI FXトレードをおすすめする人

特に以下の6つのタイプの人にはSBI FXトレードをおすすめします。

  • これからFXを始める人
  • 低い取引コストでトレードしたい人
  • 取引ツールの使いやすさを重視する人
  • 高い約定力でサクサクトレードしいた人
  • スワップ狙いの中長期トレードをしたい人
  • 情報収集用口座を探している人

SBI FXトレードは、決定的な欠点といえるほどの欠点がなく総合的に非常にバランス良く高得点を獲得する優等生のような業者です。その中でも特に「スプレッド」や「約定力」「取引ツールの使いやすさ」「スワップ」では業界最高レベルといえますので「これからFXを始める人がまず最初に使う業者」「まだFXに慣れていない初心者のメイン業者」「使いやすさを最も重視する人のメイン業者」としては最適な一社でしょう。

2-2. SBI FXトレードをおすすめしない人

逆に以下のタイプの人にはSBI FXトレードはおすすめしません。

  • 幅広い通貨ペアから取引したい人

決定的に悪いというわけではありませんが、上記のようなニーズを持った人にとってはSBI FXトレードは業界内の他の業者と比較して多少物足りない可能性があり、おすすめしません。

私の知るところでは、上記のようなニーズを一社で全て満たす業者はほぼありませんので、ニーズ毎に複数の業者を使い分ける必要があります。その際にSBI FXトレードを使うのであれば、「使いやすさを含めたバランス重視のメイントレード用口座」として使うとよいでしょう。

※参考までに、上記のようなニーズをもった人にはそれぞれ下記のような業者がおすすめです。

「幅広い通貨ペアの中からチャンスを狙ってトレードしたい人におすすめ

▷取引可能通貨ペアが豊富な業者

ヒロセ通商』『サクソバンク証券』『OANDA japan

 

※FXの口座を開設する際には、特定の紹介サイト経由だとキャッシュバック内容や口座開設までのスピード等が変わってしまう場合があるようですので、必ず公式ページから行うことお勧めします。

3. SBI FXトレードの口座開設で注意すべき8のポイント

2016年9月時点のSBI FXトレードに於ける「口座開設〜トレード〜解約」までの流れは以下のとおりです。

スクリーンショット 2016-05-29 22.40.10

上図のような一連の流れの中では大きく分けて以下のような注意点があります。

  • 「申込み」に関する4つの注意点
  • 「トレード」に関する2つの注意点
  • 「解約」に関する2つの注意点

3-1. 「申込み」に関する4つの注意点

SBI FXトレードの口座開設申込みの際に注意すべき点は以下の4つです。

  • マイナンバー登録が必要
  • Eメールアドレスが必要(携帯メールOK)
  • 開設可能なのは本人名義のみ
  • 申し込み可能な人の条件がある

ほとんどの人にとっては、大きな問題となるような項目はありませんが、申込み可能な人の条件の中に「日本国内に現住所をお持ちの方」という条件がありますので、注意が必要です。

3-2. 「トレード」に関する2つの注意点

SBI FXトレードの口座でトレードする際に注意すべき点は以下の2つです。

  • ロスカット水準を2パターンから選べる
  • 確定申告の際に必要な年間損益報告書の出力にはPCとプリンターが必要

SBI FXトレードでは、ロスカット水準を以下の①か②より選択できます。

①口座全体で計算
口座全体の証拠金維持率が原則1分毎のロスカット判定により、50%を下回った場合は全ポジションを強制決済。(発注中・待機中の注文は全て取消されます。)
②通貨ペア別で計算
通貨ペア別の取引必要証拠金から当該通貨ペアの評価損を差し引いた額が原則1分毎のロスカット判定により、取引必要証拠金の50%を下回った場合は当該通貨ペアのポジションを強制決済。(当該通貨ペアの発注中・待機中の注文は全て取消しされます。)※出典:http://www.tcs-asp.net/alink?AC=C90967&LC=SBI50&SQ=0&isq=101/faq/torihiki.html

強制ロスカットが発生しないように、レバレッジには余裕を持ってトレードするようにしましょう。

また、普段のトレードはスマートフォンだけでも大きな問題は有りませんが、年に一度の確定申告の際には「年間損益報告書」を出力するためにPCでのログインとプリンター出力が必要になりますので注意が必要です。(私も、以前は自宅にプリンターがなく、会社でこっそりと出力した経験があります。。。)

3-3. 「解約」に関する2つの注意点

SBI FXトレード口座の「解約」に関する注意点は以下の2つです。

  • 解約時は口座残高が0円になっている状態が必須
  • 問い合わせフォームまたはメールにて解約依頼をする

解約は「出金依頼をして、残高が0円」になってから問い合わせフォームかメール(info-sbifxt@sbifxt.co.jp)にて解約依頼する必要があります。

4. まとめ

いかがでしたでしょうか。

SBI FXトレードに対する疑問が解消できたのではないでしょうか。

現在日本には数多くの様々なFX業者が存在しており、ニーズ次第で自分に合う合わないの判断は変わりますが、大きな欠点の少ないSBI FXトレードは、初心者のみならず中・上級者にとってもメリットの多いFX業者であることは間違いありません。

きちんと自分に合うFX業者を選び、後悔しないFX人生を送りましょう!

他にもニーズに合わせて以下の業者もおすすめです。

「幅広い通貨ペアの中からチャンスを狙ってトレードしたい人におすすめ

▷取引可能通貨ペアが豊富な業者

ヒロセ通商』『サクソバンク証券』『OANDA japan

※SBI FXトレードの口座を開設する際には、特定の紹介サイト経由だとキャッシュバック内容や口座開設までのスピード等が変わってしまう場合があるようですので、必ず公式ページから行うことお勧めします。(『SBI FXトレード公式ページ』へ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket