世界一わかりやすい『au PAY ゴールドカード』解説|あなたにベストな1枚かわかる!

au PAY ゴールドカードの券面

au PAY ゴールドカード』(旧:au WALLET ゴールドカード)を申し込むべきか迷っていませんか?

申し込みを考えている理由は特に下記の2つに当てはまる方が多いのではないでしょうか。

  • auの利用料金の支払いをお得にしたい
  • auショップで勧められた

上記のような方でも、実は使うべきでない人もいるので、契約前にしっかりとカードの機能や条件を比較してから申し込まないと後悔するので注意しましょう。

このページでは、大手カード会社に3社勤務した経験を活かして『au PAY ゴールドカード』について以下の流れで全てご紹介します。

  1. au PAY ゴールドカードはこんな人におすすめ!
  2. au PAY ゴールドカードの3つのメリット
  3. au PAY ゴールドカードの3つの注意点

状況によって『au PAY ゴールドカード』よりももっと便利でお得に使えるカードもご紹介しています。

全て読んでいただければ、契約後に後悔することなく、あなたが本当に選ぶべきクレジットカードかどうかがわかるでしょう。

1. au PAY ゴールドカードはこんな人におすすめ!

au PAY ゴールドカード』はau(KDDI)のグループ会社であるKDDIフィナンシャルサービスが発行しているゴールドカードで、年会費は税込11,000円です。

大手カード会社に3社勤務し、9千枚のカードを見てきた私の評価は以下のようになります。

プロの一言!
au PAY ゴールドカード』はau携帯電話・auひかりの利用料金の最大11%分のポイント還元を受けられたり、au PAY 残高チャージをするとPonta1%還元がもらえる(月上限あり)などauに関するサービスでPontaポイントが多くもらえるので、auサービスのヘビーユーザーにおすすめです。
ただ、au携帯電話の利用料金が少なかったりau関連のサービスの利用額が少ないと年会費の元を取りにくくなるなど注意点もあるため、auのサービスをほどほどに利用している人は『リクルートカード』など高還元率クレジットカードがおすすめです。

以上のように、クレジットカードに求めるものによっておすすめできる人、できない人が分かれているカードです。

そこで『au PAY ゴールドカード』に興味を持っている方向けに、下記の2つの目的別のおすすめ度を示しました。

あなたの目的おすすめ度
①auの利用料金の支払いをお得にしたい◯auの携帯料金やauひかりの利用料金の合計が月1万円を超えているなら、最高11%のポイント還元率となるのでおすすめ!
②auショップで勧められた◯auの利用料金が多く支払いをお得にしたい、電気・ガスやネットショッピングなどをau関連サービスに集中させたいならおすすめ!

あなたに当てはまる目的をクリックすると、その内容をすぐに見れます。

1-1. auの利用料金の支払いをお得にしたい

『au PAY ゴールドカード』は毎月10%※1分の「ゴールド特典ポイント」がもらえるので、対象となるau携帯料金の支払い額※2が月に1万円を超える人は非常にお得になります。

※1 利用額1,000円(税抜)ごとに100ポイントを加算
※2 沖縄セルラー電話契約を含む、auスマートフォン/auケータイ/4G LTEタブレット・4G LTE対応PCが対象です。au(KDDI)から請求する金額(au料金プラン利用料・通話料・通信料・オプション料・ユニバーサルサービス料、電話リレーサービス料)より、各種割引サービス適用後の合計額が対象です。なお、auかんたん決済料金、端末機器代金、法人プラン、各種手数料、消費税などは対象外となります。複数回線ご契約の場合、特典計算はau PAY ゴールドカードのau IDに登録された代表回線のみで行います。

auひかりの利用料金でも最大11%のPontaポイント還元が受けられたり、家族カード会員のau携帯料金もカード本会員に1年間還元されます。

au携帯料金とauひかりの利用料金の合計が月に1万円を超えるauのヘビーユーザーなら、迷わず選ぶべきでしょう。

上記の項目に当てはまらない人は年会費無料の『リクルートカード』のような高還元率のクレジットカードでau携帯料金などの支払いをしましょう(『au PAY クレジットカード』はさほどメリットがありません)

1-2. auショップで勧められた

『au PAY ゴールドカード』は一般カードの『au PAY クレジットカード』の機能に加えて下記の9つの特典・サービスが利用できます。

  1. 毎月最大10%分の「ゴールド特典ポイント」がもらえる
  2. au PAY 残高へのチャージで+1%をポイント還元(上限1,000Pontaポイント/月)される
  3. au PAY マーケットでの買い物時に利用すると+2%還元(上限あり)される
  4. auでんきのお支払いで+2%をポイント還元される
  5. 都市ガス for au のお支払いで+2%をポイント還元される
  6. 保険の補償金額が上がったり、飛行機の遅れに対する保険が付く
  7. 国内とハワイにある空港ラウンジを無料で利用できる
  8. ホテルやレンタカーを優待料金で利用できる
  9. フリーダイヤルでサポートデスクを利用できる

しかし、対象となる利用料金が少なかったり、ゴールドカードの特典に魅力を感じなければ一般カードを作った方が良いかもしれません。

au PAY カードのグレード別の機能を簡単に比較してみました。

カード名

『au PAY カード』

『au PAY ゴールドカード』

申し込み対象本会員
  • 個人でご利用のau IDをお持ちのお客さま(法人契約でご利用のau IDではお申し込みいただけません)
  • 満18歳以上(高校生除く)
  • ご本人さままたは配偶者に定期収入のある方(学生可能)
  • 個人でご利用のau IDをお持ちのお客さま(法人契約でご利用のau IDではお申し込みいただけません)
  • 満20歳以上(学生、無職、パート・アルバイト除く)
  • ご本人さままたは配偶者に定期収入のある方
ポイント還元率1%:100円(税込)で1Pontaポイント
ゴールド特典ポイント+10%
au PAY 残高へのチャージ+1%(上限1,000Pontaポイント/月)
auでんき・都市ガス for auご契約ポイント+2%
au PAY マーケットご利用ポイント+2%(上限あり)
ポイントアップ店200円毎に、Pontaポイント1P〜3P増量(+0.5%〜1.5%)
年会費(税込)本会員

無料

1,375円:前年にカード利用がない場合など

11,000円

家族会員

無料

440円/枚:本会員に年会費が発生時

1枚目無料

2枚目以降は2,200円/枚

保険の条件
空港ラウンジの無料利用国内32空港
海外

ハワイ

サポートデスク通話料

有料

無料

Reluxサービス

レンタカー優待

ゴールド特典ポイントの対象となっているau携帯料金・auひかりの支払い金額が多い方ならポイントをたくさんもらいやすいです。

また、au PAY残高へのチャージで月に最大1,000ポイントもらえるため、au PAYの支払い金額が年120万円を超える方もこれだけでほぼ年会費の元が取れます(税金や公共料金などの請求書支払いも可能)

ですが、au携帯料金などやau関連サービスの支払額が少なかったり、ゴールドカードの特典を利用しないのであれば『リクルートカード』のような高還元率のクレジットカードを使った方がお得になります。

1章まとめ

ここまでをまとめると、『au PAY ゴールドカード』はau携帯料金とauひかりの支払いで最大11%のポイントがもらえたり、au PAY残高チャージやauでんき・都市ガス for au、au PAY マーケットでの買い物など、auサービスのヘビーユーザーが得をしやすいです。

それだけでなく、海外の飛行機遅延保険が付いたり、空港ラウンジが利用できるなど普通のゴールドカードに付いてくる特典も利用できます。

そのため、下記のいずれかに当てはまる人は間違いなくおすすめです。

  • au携帯料金・auひかりの利用料金が月1万円を超える
  • au PAYを年120万円以上利用する
  • 電気・ガス・ネットショッピングなどau関連サービスでまとめている
  • 旅行や出張に行く機会が多く、飛行機を年11回以上使う

『au PAY ゴールドカード』公式ページ:

https://www.kddi-fs.com/function/promotion/gold/

2章以降は、『au PAY ゴールドカード』についてより詳しくメリットや注意点などを説明するので、読みたい方だけ読んでください。

2. au PAY ゴールドカードの3つのメリット

『au PAY ゴールドカード』は下記の3つのメリットがあります。

  • au携帯料金・auひかりの支払いで最大11%のPontaポイント還元
  • au関連サービスでPontaポイントがたまりやすい
  • 旅行が快適にできるサービスが充実している

2-1. au携帯料金・auひかりの支払いで最大11%のPontaポイント還元

『au PAY ゴールドカード』はau携帯料金・auひかりの支払いで下表のように最大11%のPontaポイント還元されます。

au携帯電話ご利用料金の最大11%をPontaポイント還元

出典:au PAYカード

それぞれ利用額1,000円(税抜)ごとに100ポイントを加算分が10%されますが、利用額の対象となるのは下表のようになります。

利用サービス名ポイント対象となる金額・条件
au携帯電話利用料金沖縄セルラー電話契約を含む、auスマートフォン/auケータイ/4G LTEタブレット・4G LTE対応PCが対象です。

au(KDDI)から請求する金額(au料金プラン利用料・通話料・通信料・オプション料・ユニバーサルサービス料、電話リレーサービス料)より、各種割引サービス適用後の合計額が対象です。

なお、auかんたん決済料金、端末機器代金、法人プラン、各種手数料、消費税などは対象外となります。

複数回線ご契約の場合、特典計算はau PAY ゴールドカードのau IDに登録された代表回線のみで行います。

auひかりの利用料金au one netで契約したauスマートバリューが適用された「auひかり」「auひかり ちゅら」が対象です。

(auスマートバリューはauスマートフォンで対象の料金プランかつ対象のご自宅のインターネットサービスに加入すると、毎月のauスマートフォンのご利用料金を割引するサービスです)。

au(KDDI)から請求する金額(固定電話・TVサービス・インターネットサービスのご利用料金、ユニバーサルサービス料、電話リレーサービス料)より、各種割引サービス適用後の合計額が対象です。

なお、auかんたん決済料金、端末機器代金、法人プラン、各種手数料、消費税などは対象外となります。

各種手数料や消費税分などは対象外となるため、厳密には10%還元はされませんが、目安としてau携帯料金・auひかりの支払い金額が月に1万円を超えていれば年会費以上のPontaポイントがもらえてお得になります。

また、1年間限定ですが『au PAY ゴールドカード』(家族カード含む)の支払いで、家族カード会員の毎月のau携帯電話利用料も最大11%のPontaポイントを本会員へ還元されます。

2-2. au関連サービスでPontaポイントがたまりやすい

『au PAY ゴールドカード』はau携帯料金・auひかりの支払いだけでなく、下記のようにau関連サービスの利用でもポイントがたまりやすいです。

  • au PAY 残高へのチャージで+1%をポイント還元(上限1,000Pontaポイント/月)される
  • au PAY マーケットでの買い物時に利用すると+2%還元(上限あり)される
  • auでんき・都市ガス for au のお支払いで+2%をポイント還元される

それぞれの項目についてもう少し詳しくご紹介します。

au PAY 残高へのチャージで+1%をポイント還元(上限1,000Pontaポイント/月)される

『au PAY ゴールドカード』からau PAY 残高にチャージすると、Pontaポイントを+1%還元(上限1,000Pontaポイント/月)されます。

au PAY 残高チャージポイント

引用:au PAY カード

他社のクレジットカードでも全てのMastercard・AMEXを始め対象ならau PAY 残高にチャージ可能ですが、チャージで2%相当分のポイントが還元されるカードは年会費が数万円の航空系マイルが高還元率で貯まるプラチナカードなど極一部に限られます。

上限が月に1,000Pontaポイント(チャージ金額10万円)までなので、以下のような支払い金額が年120万円を超える方は年会費の元を取れます。

  1. au PAY(コード支払い):お店での支払い
  2. au PAY(ネット支払い):インターネットでの支払い
  3. au PAY(請求書支払い):お家での支払い
  4. au PAY(QUICPay+):Apple Payでの支払い
  5. au PAYプリペイドカード:Masterard加盟店での支払い

年120万円と聞くと「そんなにクレジットカードでチャージしても支払いするものがない」と思いがちですが、3〜5を組み合わせると意外と消化できます。

注目すべきは3の請求書支払いで、対応している請求書であれば電気・ガス料金などの公共料金や税金の支払いが2.5%の還元率にできてしまいます

税金をクレジットカードで払おうとすると手数料を取られるため、還元率が下がったり損した気分になるため避ける方も多いですが、au PAY(請求書支払い)は手数料無料でポイントも付くため、30万円以下なら最適な支払い方法と言えます。

1枚が30万円を超える金額の場合でも、自治体などに問い合わせをして事情を説明する事で1枚の金額が30万円以下の請求書に分けてくれることがあります。

au PAY マーケットでの買い物時に利用すると+2%還元(上限あり)される

au PAY マーケットでの買い物時に『au PAY ゴールドカード』を利用すると+2%還元(上限あり)されます。

買い物特典auユーザー非auユーザー 
ポイント還元+2%(月間最大7,000ポイント)
au利用料金割引+2%(月間最大4,000ポイント)

他のクレジットカードでは通常の1%ポイントとそのクレジットカードのポイントしか付かないので、より多くポイントをためられます。

auでんき・都市ガス for au のお支払いで+2%をポイント還元される

『au PAY ゴールドカード』でauでんき・都市ガス for au の支払いをすると+2%還元されます。

auでんき・都市ガス for au ご契約ポイント

2-3. 旅行が快適にできるサービスが充実している

『au PAY ゴールドカード』は標準的なゴールドカードのサービスが利用できるので、海外への出張や旅行回数が多い人は下記の2つの便利なサービスを利用できます。

  • 空港ラウンジの無料利用
  • 海外航空便遅延損害保険が付く

空港ラウンジの無料利用

『au PAY ゴールドカード』は国内32空港/海外1空港のラウンジを無料で利用することができます。

国際線の場合は搭乗ゲートまで余裕を持って移動していなければならないため、手続きが終わると飛行機に搭乗するまでの時間長く待っていなければなりませんが、ラウンジを利用することで待ち時間を有効に活用できます。

羽田空港のカードラウンジ

出典:羽田空港

電源・Wi-Fi・ドリンク・軽食を無料で利用できるだけなく、アルコールなどの一部の飲み物やシャワー・マッサージチェアなどを有料で利用できるところもあります。

ラウンジの利用料金は1,000円前後ですが、『au PAY ゴールドカード』と当日の搭乗券を提示することで無料で利用できます。

年11回以上ラウンジを利用する人は、それだけで年会費の元が取れる計算になります。

『au PAY ゴールドカード』で使える詳しい空港名を知りたい方は空港ラウンジを参照してください。

海外航空便遅延損害保険が付く

ゴールドカードなので一般カードに付く保険に比べて条件が良くなり、ゴールドカードの中でも数が限られる海外での飛行機の遅れに対する保険が付きます。

日本と異なり海外では飛行機が予定通りに飛ばないことは珍しい事ではなく、空港に何時間も足止めされたり最悪次の日の振替になりもう一泊しなければならなくなったりします。

遅延に関する保険があれば、余分や移動費や食事代・宿泊代などをカバーすることができるのでストレスをある程度減らすことができるでしょう

年会費1.1万円(税込)のゴールドカードの保険の条件を下表で比較してみました。

カード名au PAY ゴールドカードセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード楽天プレミアムカードみずほマイレージクラブカード ゴールド
海外旅行保険補償条件自動付帯利用付帯自動付帯(一部利用付帯)自動付帯
補償金額

家族特約対象未婚の子
国内旅行保険補償条件利用付帯利用付帯自動付帯
補償金額
家族特約対象
海外航空機遅延保険

  • 自動付帯:カードを持っているだけで適用
  • 利用付帯:カードで旅費の支払いが必要

このように、航空機遅延保険は付いているゴールドカードの数が少ないので、海外へ出張や旅行によく行く方は遅れや荷物の紛失などのストレスを軽減できます。

また海外では日本と医療の制度が違うため、ちょっとした怪我や病気で病院を受診すると数万円、入院や手術を受けると数百万円もかかってしまうことが珍しくありません。

ゴールドカードは持っているだけで保険が付くので、多額の医療費などを払う危険性を減らすことができて安心です。

『au PAY ゴールドカード』に付く保険の詳しい内容を知りたい方は保険情報を参照してください。

また、ゴールドカードに付く海外旅行保険についてさらに詳しい情報を知りたい人は「最高の海外旅行保険が付くゴールドカード5選」も参考になります。

3. au PAY ゴールドカードの2つの注意点

この章では『au PAY ゴールドカード』の注意点を2つ挙げていきます。

  • ゴールドカードとしての魅力的な優待が少ない
  • 電子マネーのチャージでポイントが付かない

3-1. ゴールドカードとしての魅力的な優待が少ない

2章のメリットでご紹介したようなauの支払い料金やau関連サービス利用時のポイント還元率は高いですが、優待は下記のように少なくあまり魅力的とは言えません。

  • 一流ホテル・旅館優待サービス(Relux)|50,000円以上の宿泊料でReluxを初めて利用の場合、10,000円割引など
  • レンタカー優待サービス|トヨタレンタカー、ニッポンレンタカー、ハーツレンタカーなど最大25%割引の優待料金で利用できる

ゴールドカードの特典やサービスを使いたい人は、auの利用料金が多い方は『au PAY ゴールドカード』、少ない方は『au PAY カード』に組み合わせて下記のようなカードを使うのも1つの手です。

3-2. 電子マネーのチャージでポイントが付かない

電子マネーのチャージや利用にはEdy・nanaco・モバイルSuica・SMARTICOCAと幅広く対応していますが、ポイントが付くのはApple PayのQUICPayを利用した時だけです。

そのため、電子マネーへのチャージでポイントを稼ぎたい人は年会費が無料の下記のクレジットカードを別に1枚持つことをおすすめします。

カード名 EdynanacoモバイルSuica
エポスカード0.5〜1%0.5〜1%
リクルートカード』※1.2%(Master/VISAのみ)1.2%1.2%

※全電子マネー総額3万円/月までしかポイントの対象になりません。

4. まとめ

au PAY ゴールドカード』に関しておすすめできる人や状況、メリット・注意点を解説してきましたがいかがでしたか。

『au PAY ゴールドカード』は、以下のようなメリットがあるとても便利なクレジットカードです。

  • au携帯料金・auひかりの支払いで最大11%のPontaポイント還元
  • au関連サービスでPontaポイントがたまりやすい
  • 旅行が快適にできるサービスが充実している

目安としてau携帯料金・auひかりの支払い金額が月に1万円を超えているauユーザーの方は、年会費以上のポイント還元を受けられて実質無料でゴールドカードを持てます。

それ以外にもau PAY残高チャージやau PAY マーケットなどau関連サービスでの利用でPontaポイントがたまりやすく、空港ラウンジを無料で利用できたり海外で飛行機の利用時に遅れた時に保険が付くなど、旅行が快適にできるサービスが充実しています。

『au PAY ゴールドカード』を利用することであなたの生活がより豊かで便利になることを祈っています。

『au PAY ゴールドカード』公式ページ:

https://www.kddi-fs.com/function/promotion/gold/

カード詳細情報

この章では、『au PAY ゴールドカード』についての詳細情報を表にまとめました。

上記でご紹介した他にカードについて細かい情報を知りたい人だけお読みください。

また、参考情報としてau PAY カードのグレード別情報簡単比較表や、年会費1.1万円以下の主要ゴールドカードを一覧表にしています。

基本情報

年会費(税込)本会員11,000円
家族会員1枚目無料、2枚目以降は2,200円/枚
国際ブランドMastercard/VISA
申し込み対象本会員
  • 個人でご利用のau IDをお持ちのお客さま(法人契約でご利用のau IDではお申し込みいただけません)
  • 満20歳以上(学生、無職、パート・アルバイト除く)
  • ご本人さままたは配偶者に定期収入のある方

※au PAY スマートローンをご契約中の場合は、お申し込みいただけません。
※利用者登録をご利用中の場合は、ご利用名義ではお申し込みいただけません。

既にau PAY カードに加入済のお客さまは、au PAY ゴールドカードへランクアップでのお申し込みが可能

家族会員
  • 個人でご利用のau IDをお持ちのお客さま(法人契約でご利用のau IDではお申し込みいただけません)
  • au PAY カードをお持ちでないお客さま
  • 満18歳以上(高校生除く)

※本会員さまが学生の場合、家族カードの発行はできません。
※au PAY スマートローンをご契約中の場合は、お申し込みいただけません。

締め日・支払日15日締め翌月10日払い(土・日・祝日の場合は翌営業日)
ショッピング利用可能枠審査により決定
支払い方法1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、リボ払い、分割払い
キャッシング・カードローン利用可能枠審査により決定
支払い方法au PAY カードのホームページを確認してください

ポイント情報

ポイント名Pontaポイント
基本ポイント付与100円(税込)→1P(1P=1円相当)
還元率1%
有効期限最終利用によるポイント加算の1年後(カード利用などポイントの増減がある限り実質無期限)
au携帯電話利用料金の支払い+10%:利用額1,000円(税抜)ごとに100ポイントを加算
auひかりの利用料金の支払い+10%:利用額1,000円(税抜)ごとに100ポイントを加算
au PAY 残高へのチャージ+1%(上限1,000Pontaポイント/月)
auでんき・都市ガス for auご契約ポイント利用額の+2%を還元
au PAY マーケット買い物時に利用すると+2%還元(上限あり)
ポイントアップ店200円(税込)ごとに1P〜3P増量(+0.5%〜1.5%)付与:au PAY カードにて支払の場合、通常より更にPontaポイントが貯まる

マツモトキヨシ、Tomod’s、スターバックス カード、ココス、かっぱ寿司ビッグエコー、TOHOシネマズ、紀伊國屋書店、ドミノ・ピザ、上新電機、ノジマ、出光、アート引越センターなど

オンラインモールau PAY マーケットネットショッピングをする際に「au PAY マーケット」を経由してから買物するだけで、ポイントが最大18%!人気の通販ショップや旅行・レストラン予約サイトなどが出店
交換先1P以上1P単位、1P→1円:au PAY マーケットの支払い、携帯電話の機種変更・修理代金、オプション品購入、auかんたん決済利用で、ブックパスやビデオパスなどでのデジタルコンテンツの購入

100P以上100P単位、1P→1円:クレジットカードの請求額に充当(計2万円/月まで利用可能。請求金額分ポイントが付くのでお得)、au PAY プリペイドカードやau PAY 残高にチャージへチャージ(チャージできる合計金額は月間20,000円まで)

追加カード(電子マネー)情報

カード名年会費・発行手数料(税抜)ポイント付与備考
ETCカード無料100円(税込)利用で1ポイント
au PAY プリペイドカード(au PAY残高)無料チャージ100円(税込)につき1ポイント

チャージ100円(税込)につき+1ポイント(上限1,000Pontaポイント/月)

200円(税込)利用で1ポイント:通常

200円(税込)利用で+1〜3ポイント:ポイントアップ店

Apple Payの利用も可能
Apple Pay無料QUICPay:100円(税込)利用で1ポイントSuicaチャージできるが、ポイントは付かない
プラスEXカード【エクスプレス予約サービス(プラスEX会員)】
プライオリティ・パス

保険情報

海外旅行保険(自動付帯)補償条件カード会員資格期間中に開始された海外旅⾏期間中

海外旅⾏の目的をもって住居を出発してから住居に帰着するまでの間で、かつ、⽇本出国⽇の前⽇の午前0時から⽇本入国⽇の翌⽇の午後12時までの間をいいます。ただし、⽇本出国⽇から3か月後の午後12時までが限度

傷害死亡・傷害後遺傷害5,000万円
傷害・疾病治療200万円
賠償責任3,000万円
携行品損害100万円(自己負担額:1事故につき3,000円)
救援者費用200万円
家族特約
国内旅行保険(利用付帯)補償条件下記のいずれかの旅⾏代⾦について au PAY ゴールドカードにより事前にお支払いされ た場合に適用されます。

① 搭乗する公共交通乗用具

② 宿泊する宿泊施設(旅館・ホテル等)

③ 参加する募集型企画旅⾏(宿泊を伴うもの)

傷害死亡・傷害後遺傷害5,000万円
傷害入院日額 5,000円
傷害手術最高 5万円
傷害通院日額 3,000円
家族特約
海外航空便遅延損害保険自動付帯)乗継遅延費⽤保険⾦額 

(宿泊料・食事代)

2万円
出航遅延、⽋航、搭乗不能費⽤保険⾦額

(食事代)

2万円
お買物あんしん保険補償内容国内外でau PAY カードでご購入された品物の破損・盗難などの損害を購入日より90日間補償いたします。
年間補償限度額300万円
自己負担額(1事故につき)3,000円
カード盗難保険万一、不正利用された場合でも、紛失・盗難のご連絡を受付けた日から起算して、60日前にさかのぼって補償いたします。

空港ラウンジ

国内空港ラウンジ32空港47ラウンジ[北海道・東北]

旭川空港 新千歳空港 函館空港 青森空港 秋田空港 仙台空港

[関東・甲信越]

羽田空港 成田国際空港 新潟空港

[中部・北陸]

富士山静岡空港 富山空港 小松空港 中部国際空港

[近畿]

伊丹空港 神戸空港 関西国際空港

[中国・四国]

岡山空港 米子空港 広島空港 山口宇部空港 松山空港 徳島空港 高松空港 出雲縁結び空港

[九州・沖縄]

北九州空港 福岡空港 長崎空港 熊本空港 大分空港 宮崎空港 鹿児島空港 那覇空港

海外空港ラウンジ[ハワイ] 

ダニエル・K・イノウエ空港

サービス・特典情報

特典内容・海外アシスタンスサービスハローデスク

海外での現地情報の提供やレストランの予約など、現地スタッフが日本語で問い合わせにお応えする海外アシスタンスサービスを利用できる

 

・Relux優待サービス

初回利用特典:50,000円以上の宿泊料でReluxを初めて利用する場合、10,000円割引の優待価格で利用できる(※過去にReluxにて1度も予約をしたことがないお客さまのみ適用)

通常特典:Reluxが提供する最低価格保証の宿泊プランより、さらに5%割引(宿泊料が60,000円以下の場合は一律3,000円)の優待価格で利用できる

 

・レンタカーサービス

全国の下記提携レンタカー会社にて最大25%割引の優待料金で利用できる

  • 5%割引:トヨタレンタカー・ニッポンレンタカー・タイムズカーレンタル・日産レンタカー・オリックスレンタカー
  • 25%割引:MMCレンタカー

海外の下記提携レンタカー会社にて最大20%割引の優待料金で利用できる

  • 10%割引:エイビスレンタカー
  • 10〜15%割引:バジェットレンタカー・アラモレンタカー・ダラーレンタカー
  • 5〜20%割引:ハーツレンタカー

au PAY カードグレード別情報簡単比較表

au PAY カードを、グレード別に情報を簡単に比較できるよう表にまとめました。

カード名

『au PAY カード』

『au PAY ゴールドカード』

申し込み対象本会員
  • 個人でご利用のau IDをお持ちのお客さま(法人契約でご利用のau IDではお申し込みいただけません)
  • 満18歳以上(高校生除く)
  • ご本人さままたは配偶者に定期収入のある方

※学生の方は定期収入の有無にかかわらずお申し込みいただけます。
※未成年者は親権者の同意が必要です。
※au PAY スマートローンをご契約中の場合は、お申し込みいただけません。
※利用者登録をご利用中の場合は、ご利用名義ではお申し込みいただけません。

  • 個人でご利用のau IDをお持ちのお客さま(法人契約でご利用のau IDではお申し込みいただけません)
  • 満20歳以上(学生、無職、パート・アルバイト除く)
  • ご本人さままたは配偶者に定期収入のある方

※au PAY スマートローンをご契約中の場合は、お申し込みいただけません。
※利用者登録をご利用中の場合は、ご利用名義ではお申し込みいただけません。
既にau PAY カードに加入済のお客さまは、au PAY ゴールドカードへランクアップでのお申し込みが可能

家族会員
  • 個人でご利用のau IDをお持ちのお客さま(法人契約でご利用のau IDではお申し込みいただけません)
  • au PAY カードをお持ちでないお客さま
  • 満18歳以上(高校生除く)

※本会員さまが学生の場合、家族カードの発行はできません。
※au PAY スマートローンをご契約中の場合は、お申し込みいただけません。

ポイント還元率1%(100円で1ポイント、1ポイント=1円相当)
ゴールド特典ポイント+10%
au PAY 残高へのチャージ+1%(上限1,000Pontaポイント/月)
auでんき・都市ガス for auご契約ポイント+2%
au PAY マーケットご利用ポイント+2%(上限あり)
ポイントアップ店200円毎に、Pontaポイント1P〜3P増量(+0.5%〜1.5%)
ブランド

Mastercard/VISA

年会費(税込)本会員

無料

1,375円:前年にカード利用がない場合など

11,000円

家族会員

無料

440円/枚:本会員に年会費が発生時

1枚目無料

2枚目以降は2,200円/枚

ショッピング利用可能枠審査により決定
電子マネー

△チャージのみ

Edy

nanaco

モバイルSuica

SMART ICOCA

国内旅行あんしん保険適用条件

利用付帯

傷害死亡・傷害後遺傷害

5,000万円

傷害入院

日額 5,000円

傷害手術

最高 5万円

傷害通院

日額 3,000円

家族特約対象

海外旅行あんしん保険適用条件利用付帯自動付帯
傷害死亡・傷害後遺傷害2,000万円

5,000万円

傷害・疾病治療200万円

200万円

賠償責任2,000万円

3,000万円

携行品損害

(免責3,000円)

20万円

100万円

救援者費用200万円

200万円

家族特約対象
海外航空便遅延損害保険

2万円

お買物あんしん保険補償限度額100万円300万円
自己負担額1事故あたり3,000円
空港ラウンジ国内旭川空港 新千歳空港 函館空港 青森空港 秋田空港 仙台空港 新潟空港 羽田空港 成田国際空港 富山空港 小松空港 中部国際空港 富士山静岡空港 伊丹空港 神戸空港 関西国際空港 岡山空港 米子空港 広島空港 山口宇部空港 出雲縁結び空港 松山空港 徳島空港 高松空港 北九州空港 福岡空港 佐賀空港 長崎空港 熊本空港 大分空港 宮崎空港 鹿児島空港 那覇空港
海外

[ハワイ] 

ダニエル・K・イノウエ空港

サポートデスク通話料

有料

無料

Reluxサービス

レンタカー優待

年会費1.1万円以下の主要ゴールドカード一覧表

格安ゴールドカードやヤングゴールドカードを含む、年会費1.1万円以下で持てる主要なゴールドカードを一覧表にしました。

カード名年会費(税込)ポイント還元率申し込み条件(年齢) +安定継続した収入がある
イオンゴールドカード無料:招待制0.5%〜1%18歳以上(高校生は除く)
エポスゴールドカード

無料:招待時

5,000円:通常

0.5%〜1.5%

20歳以上(学生を除く)

セブンカード・プラス(ゴールド)無料:招待制18歳以上(高校生は除く)
OPクレジット ゴールド

無料:条件達成時

6,000円:スマリボ

11,000円:通常

0.5%~10%

20歳以上

apollostation THE GOLD

無料:条件達成時

11,000円

1%

25歳以上で安定収入のある方
三井住友カード プライムゴールド

1,650円:割引時

5,500円:通常

0.5%~8.5%

満20歳以上30歳未満

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

1,986円

1%~2%

20歳以上

Premium Gold

0.5%~1.1%

京急プレミア ポイント ゴールド HANEDA AIRPORT PLUS

2,095円

0.5%~6%

18歳以上(高校生は除く)
セディナカードゴールド

0.5%~1.5%

三菱UFJカード ゴールド

0.495%~

楽天ゴールドカード2,200円

1%~5%※4月より1%~3%

20歳以上
ミライノ カード GOLD

無料:条件達成時

3,300円

0.5%~1.0%

20歳以上(学生不可)

JCB GOLD EXTAGE

0.5%~1.5%

20歳以上29歳以下

i Gold3,300円

0.5%~1.1%

20歳以上
P-oneカード<G>

0.3%+1%OFF

18歳以上(高校生を除く)

TRUST CLUB エリートカード0.5%

22歳以上(年収200万円以上)

TRUST CLUB プラチナマスターカード
UCカード ヤングゴールド0.5%

20歳以上、30歳未満のお勤めの方

UCSゴールドカード

0.5%~1.0%

勤続5年以上、本人年収500万円以上で30歳以上の方

三井住友カード ゴールド

4,400円:割引時

11,000円:通常

0.5%~8.5%

30歳以上
ジャックスカードゴールド5,500円

0.5%~1.5%

20歳以上
新生アプラスゴールドカード

0.5%~1%

20歳以上(学生を除く)

MICARD GOLD

1%~3%

18歳以上

NTTグループカードゴールド

0%~1.5%

セディナゴールドカード6,600円

0.5%~2.5%

18歳以上(高校生を除く)

OMC GOLDカード

0.5%~1.5%

20歳以上

TOKYU CARD ClubQ JMB ゴールド

1%~10%

20歳以上

JCBゴールド

6,000円:スマリボ

11,000円:通常

0.5%~2.5%

20歳以上

ゴールドカードセゾン

11,000円

0.5%~1.0%

学生・未成年を除く連絡が可能な方

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

0.75%~1.0%

18歳以上(高校生は除く)

セントレアゴールドカード

0.5%~8.0%

20歳以上(学生を除く)

タカシマヤカード≪ゴールド≫

1%~10%

27歳以上

ハワイラブカード〈ゴールド〉11,000円

0.5%

20歳以上(学生を除く)

ビューゴールドプラスカード

0.5%~1.03%

20歳以上

マツダm'z PLUSカードセゾンゴールド

1%~2%

18歳以上(高校生は除く)

三井住友トラストVISAゴールドカード

0.5%~0.8%

30歳以上

みずほマイレージクラブカード ゴールド

0.5%

25歳以上で年収500万円以上かつみずほ銀行に普通預金口座をお持ちのの方

三菱地所グループCARDゴールド11,000円

1%~3%

25歳以上

ヤマダLABI ゴールドカード

1%~1.5%

18歳以上(高校生は除く)

ミライノ カード Travelers Gold0.6%~1.2%18歳以上(高校生は除く)学生可能
ライフカード ゴールド

0.5%~1.5%

23歳以上

楽天プレミアムカード11,000円

1%~7%

20歳以上

りそなゴールド《セゾン》

0.5%

au PAY ゴールドカード

1%~1.5%

DCゴールドカード

0.29%~0.5%

30才以上で、一定以上の安定した収入があり、勤続年数または営業年数(自営の場合)が5年以上の方

dカード GOLD

1%~10%

20歳以上(学生は除く)

Orico Card THE GOLD PRIME11,000円

1%~1.5%

20歳以上

JAゴールドカード クレジットカード単機能型

0.29%~1.65%

25歳以上

JMB KIPSカード(ゴールド)

1%~5%

30才以上で、一定以上の安定した収入があり、勤続年数または営業年数(自営の場合)が5年以上の方

MICARD+ GOLD

1%~10%

18歳以上(高校生は除く)

三菱UFJカード ゴールドプレステージ

0.495%~

20歳以上(学生を除く)

P-oneカード<Premium Gold>

0.3%~0.9%+1%OFF

20歳以上(学生を除く)

 『TOYOTA TS CUBIC CARD ゴールド

1%~1.5%

30歳以上

 『Tokyo Metro To Me CARD ゴールド11,000円

0.6%~+メトロポイント(乗車回数による)

25歳以上

 『Tokyo Metro To Me CARD PASMO ゴールド
 『Tokyo Metro To Me CARD UCゴールドカード

0.5%~+メトロポイント(乗車回数による)

25歳以上で年収500万円以上の方

 『UCカードゴールド

0.5%

25歳以上で年収500万円以上の方

大丸松坂屋ゴールドカード

1%~6.3%

25歳以上

※カードの利用ポイントの他に東京メトロの乗車時などでたまるメトロポイントの量によって還元率が上がる

(※当サイトへの掲載情報は、できる限り正確であるように精査の上細心の注意を払って作成しておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に対して生じたあらゆる損害等について一切補償は致しません。極力サービス内容が変わり次第更新をしますが突然変わりすぐに更新できない可能性もあるため、カードご入会の前には必ずご自身でカード発行元の公式サイトで最新の情報をご確認した後にお申し込み下さい)