プロは必ずやっている!FXで稼ぐための『窓埋め』の全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
fotolia_65488410_xs

「FXにおける窓埋めってなに?」「なぜそのようなことが起こるの?」と疑問を抱いていませんか?

結論から言うと、金曜日の夜市場がクローズしてから、月曜日の朝市場が開いた時とのレートの乖離を「窓」と呼び、「窓埋め」とは、その窓が埋まるまでレートが戻ったことを言います。

多くのトレーダーが空いた窓が埋まるのを利用するために月曜日は朝早く起きてトレードをしています。そして開いた窓は高い確立で埋まるので成功率が高いトレードといえます。

このページでは、現在はFX専業トレーダーとして安定して平均月利30%以上の利益を上げている筆者が、長年のトレード経験を基に「FXで稼ぐための窓埋め」について以下の流れに沿ってわかりやすく詳細にご紹介します。

  1. 「窓埋め」とは|窓が開く理由と注目される訳
  2. 「窓埋め」が成功する確率
  3. プロが実践する効果的な「窓埋め」手法
  4. 月曜朝のトレード開始時間が早い「窓埋め」に最適なおすすめ口座4選

すべて読めば、あなたの大切なお金を賢く増やすための「窓埋め」トレードがわかり、失敗しないFX人生が送れるようになるでしょう。

1. 「窓埋め」とは|窓が開く理由と注目される訳

FXをしていればしばしば耳にする「窓埋め」という言葉について、そもそもなんなのか、なぜこれほど注目されているのかを以下より説明します。

1-1. 「窓埋め」とは

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-12-12-01-47

「窓」とは上図のように、レートが大きく乖離した状態(窓開け)を言います。普通、ロウソク足は連続した値動きを示したものであるため、隣同士が大きく離れることはないのですが、月曜日の朝に関してはこのようにレートが乖離している光景をしばしば目にします。

この乖離した状態から先週の金曜日のレートまで戻った状態を「窓埋め」と言います。「窓埋め」を上手に使いこなすことができれば、大きな利益につながり、月曜の早起きが数万円の徳になるかもしれません。

1-2. 窓が開く理由

FX市場がクローズしている間、国内外の取引は日曜の朝まで停止しています。そのため、普通は自分のポジションを売ることも買うこともできません。しかし、例外的にほとんどの市場が取引停止になっている中で、一部の国では日曜日が祝日でない等の関係もあり、取引が続いている場合があります。

その間に大口の注文が入ったり、大きなニュースがあったりなどした場合、窓が開く原因となります。このようにして、私たちが取引できない時間帯にトーレードしている一部のトレーダーによって、月曜日の朝に窓が開き「窓埋め」ができるという訳です。

1-3. 「窓埋め」が注目される理由

「窓埋め」が注目される理由は、前述した通り、月曜の朝に大きく開いた窓は、その後しばらくすると窓が閉まるようにレートが反動して動くことが多いためです。

開いた窓が大きければ大きいほど、獲得pipsも比例して増えるため、普段はテクニカルやファンダメンタルを勉強して慎重に行うべきトレードも、月曜の朝に限っては比較的容易に大きな利益を出すことができます。

2. 「窓埋め」が成功する確率

「窓埋め」が起こる現象について、正確な統計データがあるわけではありませんが、80%以上の確率で「窓埋め」が成功すると言われており、実際に私がFXを始めてからの経験から考えてもこの数字には実感値があります。

中には、「月曜の窓は必ず閉まる」と言い切るトレーダーもいるほどです。そのため、月曜の窓埋めのみを狙った専用トレーダーも多く存在しています。

2-1. 月曜の窓が埋まる3つの理由

  • 窓埋めを確信したトレーダーのエントリー
  • ポジションを持ち越したトレーダーの利確
  • ポジションを持ち越したトレーダーの損切り

「窓埋め」は多くのトレーダーが実践しているトレードです。そのため開いた窓を見て、埋まる事を期待した多くのトレーダーが逆張りエントリーをすることによって、結果的に窓が閉まる方向にレートが動くことになるのでしょう。

また、ポジションを持ち越したトレーダーの中には、窓開けにより、金曜日よりも多くの利益が出て利確をした場合と、その逆で、含み損が膨らんだことによるロスカットで窓とは逆のトレンドが出来上がるなどが考えられます。

おそらく、それ以外にも様々な理由があるとは思いますが、理由がどうであれ、80%以上の確立で成功するといわれる「窓埋め」を有効に活用し、利益を得ることが「窓埋め」トレードの醍醐味と言えます。

3. プロが実践する効果的な「窓埋め」手法

それでは、実際にプロのトレーダー達は具体的にどのようにして「窓埋め」を活用しているのでしょうか。基本的には「窓埋め」の手法に関しては、難しいテクニックなどは特になく、窓とは逆方向のポジションでエントリーすれば良いということになります。それ以外にも、「窓埋め」に失敗しないために、以下の3点を意識してトレードすることをおすすめします。

  • 金曜日にポジションを全て解消しておく
  • 必ずストップロスを入れる
  • 月曜の朝他のFX業者よりも早く取引ができる口座を選ぶ

3-1. 金曜日にポジションを全て解消しておく

長期トレードをメインで行っている人でなければ、週末に全てのポジションを解消しておくことをおすすめします。それにより、月曜日の窓開けのリスクを回避できるだけでなく、スタートと同時に「窓埋め」を効果的に活用し、うまくいけば朝から数十pips獲得できるかもしれないためです。

高確立で「窓埋め」が成功することを前提に、いつでも動ける状態で相場に挑みましょう。

3-2. 必ずストップロスを入れる

高確立で「窓埋め」が成功するといっても、投資の世界に絶対はありません。リスクが全くないトレードがないということは、「窓埋め」に関しても、必ずリスクヘッジをしておくべきということになります。

「窓埋め」に関わらず、全てのトレードにおいてストップロスを入れる癖をつけるのは、投資を行う上で非常に重要で、プロのトレーダーは必ず行っていることです。

「窓埋め」により、どれほど利益を伸ばせるかはその時々で変わってきますが、損失においてはきちっと基準を決めて、許容範囲内の被害で済むように調整しましょう。

3-3. 月曜の朝他のFX業者よりも早く取引ができる口座を選ぶ

ほとんどのFX業者が朝7時から取引可能である中で、中には6時や、一番早い業者で3時から取引可能な場合も有ります。

大半のトレーダーが朝起きて7時に窓開けを確認してからエントリーするのに対し、早く取引ができる口座で、一歩先の情報を掴むことができていれば、より大きく窓が開いた状態でエントリーできるかもしれないだけでなく、まだ市場参入者が少ないために、レートの値動きも穏やかで、落ち着いたトレードが可能になります。

4. 月曜朝のトレード開始時間が早い「窓埋め」に最適なおすすめ口4選

ここでは「窓埋め」トレードに最適なトレード開始時間が早い「窓埋め」で勝つためにおすすめな業者4選を紹介します。

業者のサービス内容は随時変更されていくため、あくまで2016年11月時点での情報ですが、トレード開始時間が早い業者としては以下の4社がおすすめです。

  1. ヒロセ通商|夏時間AM6時からのトレードが可能
  2. JFX夏時間AM6時からのトレードが可能
  3. OANDA japan(MT4口座)|夏時間AM6時からのトレードが可能
  4. サクソバンク証券|夏時間AM 3時〜、冬時間AM 4時〜取引が可能

※FX口座を開設する際には、特定の紹介サイト経由だとキャッシュバック内容や条件、口座開設までのスピード等が変わってしまう場合があるようですので、必ず公式ページから行うことお勧めします。

4-1. ヒロセ通商|夏時間AM6時からのトレードが可能

スクリーンショット 2016-05-19 17.48.23

ヒロセ通商』は、「約定力」に定評があり、「取引可能通貨ペア数が50通貨ペア」と業界大手平均の20通貨ペア程度と比較して非常に多い(国内主要FX業者では最多)という魅力のある業者です。

さらに、「情報量」の点でも、Klugクルークニュースが閲覧可能で、ニュースの情報量が多いだけでなく、毎日その日の相場見通しをまとめた戦略レポートを配信してくれるため、初心者で経済ニュースの読み解きができなくても、戦略レポートを読むだけでプロと同じ様な相場観をもつことができます。

そのため、取引スタイルを選ばず、初心者から上級者まで幅広く対応可能なおすすめ業者です。

4-2. JFX夏時間AM6時からのトレードが可能

スクリーンショット 2016-06-23 19.13.41

JFX』は、ヒロセ通商と同じシステムを使った業者であるため、「アプリ」「スプレッド」「約定力」等の点ではヒロセ通商とほぼ同等のサービスを提供しています。

また、ヒロセ通商でも配信されている毎日の戦略レポートは、実はJFXの社長であり、元外資系金融機関の為替ディーラーでもあった小林社長が配信していますので、経済ニュースの読み解きが苦手な初心者には非常にメリットの多い業者です。

総合的に見てレベルの高い業者であり、1日の中で随時配信される小林社長の戦略情報は非常に役に立ちますので、特に情報収集を重視したい人や、自分で経済ニュースを読み解けない初心者におすすめです。

4-3. OANDA japan(MT4口座)|夏時間AM6時からのトレードが可能

スクリーンショット 2016-06-25 12.07.49

OANDA japan』は、世界で最もメジャーで非常にカスタマイズ性が高く高性能な『MT4』という取引ツールを使ってトレードができる国内では数少ない業者です。

取引可能通貨ペア数は71ペアと国内業者平均の20ペア程度と比較して圧倒的な数である上に、「約定拒否無し!」「再クオート無し!」と謳っているとおり非常に約定力の高い業者です。スプレッドは選ぶコースによって異なりますが、ベーシックコースではドル/円0.4等、業界最狭とまではいきませんが非常い狭い水準であるため、非常におすすめです。

4-4. サクソバンク証券|夏時間AM 3時〜、冬時間AM 4時〜取引が可能

スクリーンショット 2016-07-24 17.23.01

サクソバンク証券』は、どの業者よりも早い夏時間AM 3時〜、冬時間AM 4時〜取引が可能な業者です。また、どの通貨ペアも平均的にスワップポイントが高く、多くのスワップポイント狙いの中長期トレーダーに支持されています。取引開始時間がどこよりも早い点ではおすすめできますが、中上級者向けの業者といえます。

5. まとめ

いかがでしたでしょうか。

「窓埋め」について正しく理解できたのではないでしょうか。

当然のことながら、全ての投資にリスクは付きものです。自分の大切なお金を投資する以上、極力リスクを排除して出来る限りリターンの確度を上げられる投資を選ぶべきです。

しっかりと勉強し努力できる人にとってはFXは比較的大きなリターンが狙える魅力的な投資です。

上記の内容をしっかりと理解した上で後悔しない投資人生を送りましょう!

今回ご紹介した業者の中にあなたの目的に適した業者が見つかれば光栄です。

<トレード開始時間が早い「窓埋め」に最適な口座4選>

  • ヒロセ通商』|夏時間AM6時からのトレードが可能
  • JFX』|夏時間AM6時からのトレードが可能
  • OANDA Japan』|夏時間AM6時からのトレードが可能
  • サクソバンク証券』|夏時間AM 3時〜、冬時間AM 4時〜トレードが可能

※FX海外口座を開設する際には、特定の紹介サイト経由だと個人情報の取り扱い等の不安や、口座開設までのスピード等が変わってしまう場合があるようですので、必ず公式ページから行うことお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket