• FX

OANDA Japan辛口レビュー|FX業者47社の特徴・評判比較でわかった真実

FXをはじめようと思い色々と業者比較をしていてOANDA Japanが気になっているけど、“比較サイトによって賛否両論あるし、本当のところOANDA Japanってどうなの?”と疑問に思っていませんか?

結論としては、「OANDA JapanはMT4による多彩な機能と、安定した約定力が評判で優れていると言える一方、一定の欠点もあり、おすすめな人とおすすめでない人に分かれるといえます。

このページでは、私自身の10年以上のFX経験と周囲のトレーダーからの評判、実ユーザー150人の口コミ情報の分析をもとに「OANDA Japanの総評とおすすめする人・しない人」について、以下の流れに沿ってわかりやすく解説します。

  1. OANDA Japanの総評と特徴
  2. OANDA Japanと他社のランキング比較
  3. OANDA Japanのメリット・デメリット
  4. OANDA Japanをおすすめする人とおすすめしない人
  5. FXで勝つために最低限知っておくべきコツとOANDA Japanの活用法
  6. OANDA Japanの口座開設で注意すべき9のポイント

すべて読めば、OANDA Japanが自分に向いているかどうかがわかり、口座開設からトレードまでの一連の流れを理解した上で最良の決断ができるようになるでしょう。

1. OANDA Japanの総評と特徴

<総評>

OANDA Japan』は、「スプレッド」「約定力」「ツール」「スワップポイント」「サポート」「通貨ペア」の6項目が優れており、特に約定力においてはサーバーが強く、スリッページになりにくいと評判です。

一方で、「安全性」「情報量」の2項目については今ひとつ物足りなさがあり、情報収集用口座を探している人や、スワップ狙いの長期投資がしたい人にとっては満足できない可能性があります。

※参考:勝ち組トレーダーがFX業者を選ぶ際に重視しているポイント

FX業者を比較する際には様々なポイントがあり、その中でも「何を重要視して選べばよいのかわからない」という声をよく聞きますが、私自身の経験と私の周囲の勝ち組トレーダーからの意見をまとめると、FX業者を選ぶ際に比較すべきポイントは上記の8項目です。

どのFX業者を選ぶかでトレード環境が大きく異なり、トレード成績にも大きな差が生まれる可能性があるためFX業者は慎重に選ぶべきですが、正直、すべての項目が満点の業者は存在しておらず、ニーズやレベルに合わせて使い分ける必要があります。

実際、勝ち組トレーダーは用途に合わせて3〜5つ程度の業者を使い分けている傾向があり、私自身も「デイトレード用」「資産形成向け中長期等レード用」「情報収集用」と3つの業者を使い分けていますが、その使い分けを判断する際に基準にしている項目が上記の8項目になります。

逆にいうと、上記8項目以外の項目はダイレクトにトレード成績に大きな影響を与える項目ではないため特に重視していないということです。

※OANDA Japanの口座を開設する際には、特定の紹介サイト経由だとキャッシュバック内容や口座開設までのスピード等が変わってしまう場合があるようですので、必ず公式ページから行うことお勧めします。(OANDA Japan公式ページへ

1-1. OANDA Japanの魅力的な2つの特徴

OANDA Japanには他のFX業者と比較して以下のような魅力的な2つの特徴があります。

  • MT4で50種類以上のテクニカル分析の実現
  • オアンダオープンオーダー・オープンポジションにより相場動向を分析

特徴①|MT4で50種類以上のテクニカル分析の実現

MT4のイメージ

OANDA Japanの大きな魅力は、MT4が利用出来る点と言えます。MT4により、50種類以上のテクニカル分析が使用でき、初期搭載されているEAや自分で作成したEAを取り込み、独自のシステムトレードをすることも出来ます。

また、チャート上からの注文が可能な点も人気があります。

 特徴②|オアンダオープンオーダー・オープンポジションにより相場動向を分析

オアンダオープンオーダー・オープンポジション

オープンオーダー・オープンポジションとは、OANDA Japanが無料で公開している顧客の未執行注文や未決済ポジションのことです。これにより、他の人が保有中ポジションや、集中している価格帯、ポジションの比率を知ることが出来ます。

相場転換の節目となる価格帯には注文が溜まっていることが多く、相場動向を読み取る上で大変参考になります。

2. OANDA Japanと他社のランキング比較

FX業者47社を比較した総合評価ランキング結果は次のとおりです。

下記の通り、OANDA Japanは現時点でのランキングでTOP13にあたり、全体的にバランスのとれた優良業者と言えます。

また、総合得点に関しても、83点は高得点ですので、十分におすすめできる業者と言うことが出来ます。

FX業者47社比較 総合評価ランキングTOP20 

※各項目は5点満点の相対評価、総合評価は合計点を100点換算

おすすめ順位総合評価安全性スプレッド約定力情報量ツールスワップポイントサポート通貨ペア
FX業者名
1位DMM FXのロゴ公式HPへ9055445454
2位公式HPへ9055545454
3位ヒロセ通商のロゴ公式HPへ8855444355
4位公式HPへ8855435454
5位マネーパートナーズのロゴ公式HPへ8855545344
6位楽天のロゴ公式HPへ8855454444
7位SBI FXトレードのロゴ公式HPへ8855544534
8位FXブロードネットのロゴ公式HPへ8555453534
9位外為どっとコムのロゴ公式HPへ8555353454
10位 公式HPへ8555444444
11位JFX株式会社のロゴ公式HPへ8355454334
12位公式HPへ8355334454
13位OANDAのロゴ公式HPへ8334535445
14位FXプライムのロゴ公式HPへ8353545434
15位FXTFのロゴ公式HPへ8045524444
16位セントラル短資FXのロゴ公式HPへ8055443344
17位LIGHT FXのロゴ公式HPへ8045433544
18位インヴァスト証券のロゴ公式HPへ 7855335343
19位みんなのFXのロゴ公式HPへ7845323554
20位外為ジャパンのロゴ公式HPへ7555323453
21位外為オンラインのロゴ公式HPへ7052344424
22位Monex FXのロゴ公式HPへ7044443342

3. OANDA Japanのメリット・デメリット

この章ではOANDA Japanの口コミをもとにメリット・デメリットについてまとめています。

3-1. OANDA Japanのメリット

口コミ・評判

評価:★★★★★5
チャートを見ながら売買注文が直感的にできる。利確と損切りの設定がエントリー時に出来るのも良い。これならエントリー後、ネットワーク回線切断や何らかの事情でサーバーにアクセスできなくなっても、慌てる必要はない。また、チャートはベーシックコースではあまりカスタマイズ出来ないが、そのままで見やすい。なお、自分はたまにトレンドライを引くくらいで、ほとんどカスタマイズしない。英語が読める人ならば、オアンダの英語のサイトに、戦略指者向けの多数のツールがある。(出典:価格.com)

口コミ・評判

評価:★★★★☆4
約定力もありスプレッドが狭い等、使いやすい会社だと思いました。少額で投資を始めて慣れてからやある程度資産にゆとりが出たら取引通貨量を上げて、大損しないようにできます。(出典:価格.com)

口コミ・評判

評価:★★★★☆4
情報として、ポジション状況が、分かるのがいいかも。自分は、ポジの傾きや、歪みをみてポジっているので参考にしています。また、カスタマースタッフの対応が、いいんじゃないかと思う。親切だったし、丁寧な対応です。MT4を使っている自分は、MT4取り扱いの国内業者では、スプレッドも狭いし、ドルストをトレードしている人には、うれしいかもです。座布団5枚!(出典:価格.com)

OANDA Japanのメリットは大きく以下の5つです。

  • 安定した約定力が評判
  • 取引コストが安い
  • 多機能なツール(チャート機能に優れたMT4)
  • サポートが比較的手厚い(平日8時〜20時)
  • 通貨ペアが豊富(最大69通貨ペア)

OANDA Japanの最大のメリットは、「安定した約定力」と言えます。また、高機能で使いやすいMT4のチャート機能にも評判があります。

その他、「取引コスト」「サポート」「通貨ペア」「スワップ」についても、業界他社と比較して優れています。

OANDA Japanの主要通貨ペアに於けるスプレッドは以下の通りです。

3-2. OANDA Japanのデメリット

口コミ・評判

評価:★★☆☆☆2
基本的な情報のみ配信される。自分は、経済指標カレンダーは他のサイトが見やすいのでそちらを見ている。(出典:価格.com)

口コミ・評判

評価:★★★☆☆3
スワップ狙いの人は、あまり期待できない。チャートを見ながら売買注文・利確/損切りの設定が直感的にできる。私は、これが気に入ってオアンダをメインに使っている。(出典:価格.com)

口コミ・評判

評価:★★☆☆2
スワップが秒単位で計算される。他社のようなスワップ倍増日がないので計算する時に注意。他社とスワップ比較して、いまいちな通貨が多いが、タイミングによっては、南アフリカランドなど、他社より有利な場合がある。(出典:価格.com)

反対に、OANDA Japanのデメリットは以下が挙げられます。

  • 情報量が物足りない

OANDA Japanには決定的な大きなデメリットといえるものはありませんが、強いて言うなら、「情報量」が少ない為、情報収集用の口座をお探しの方には物足りなく感じるでしょう。

4. OANDA Japanをおすすめする人とおすすめしない人

前述のとおり、すべての項目が満点のFX業者は存在しませんので、自身のニーズやレベルに合わせた使い分けが肝心です。

これまでの評価を踏まえて、「OANDA Japanをおすすめする人としない人」について以下にまとめております。

4-1. OANDA Japanをおすすめする人

特に以下の5つのタイプの人にはOANDA Japanをおすすめします。

  • 高い約定力でサクサクトレードしいた人
  • 取引ツールの使いやすさを重視する人
  • 他の業者を使っていてスプレッドに不満がある人
  • スキャルピングをメインにトレードしたい人
  • 様々な通貨ペアの中から取引したい人

OANDA Japanは、取引ツールの使いやすさや安定した約定力が高く評価されており、スキャルピングのような短期トレードがメインの人や中上級者におすすめな業者と言えます。

また、マイナー通貨を含め、様々な通貨ペアで幅広く取引をしたい人へもおすすめな業者です。

4-2. OANDA Japanをおすすめしない人

逆に以下のタイプの人にはOANDA Japanはおすすめしません。

  • 情報収集用口座を探している人

比較的短期投資で積極的にガンガントレードを行いたい人には非常に向いていますが、情報量の観点では業界最多で4媒体の情報源を活用している業者がある中で、OANDA Japanの情報量では物足りなさ感じるため、情報量重視の人にはおすすめできません。

私の知るところでは、すべてのニーズを一社で満たすような業者はほぼありませんので、ニーズ毎に複数の業者を使い分ける必要があります。その際にOANDA Japanを使うのであれば、「取引ツールにこだわりたい中上級者向けのメイン口座」「積極的に収益を狙う短期トレード用口座」として使うとよいでしょう。

※参考までに、上記のようなニーズをもった人にはそれぞれ下記のような業者がおすすめです。

「情報収集用口座を探している人」におすすめ

▷情報量が豊富な業者

外為どっとコム』『FXプライムbyGMO』『ヒロセ通商』『外貨ex byGMO

 

※FXの口座を開設する際には、特定の紹介サイト経由だとキャッシュバック内容や口座開設までのスピード等が変わってしまう場合があるようですので、必ず公式ページから行うことお勧めします。

5. FXで勝つために最低限知っておくべきコツとOANDA Japanの活用法

FXで勝つためのテクニックやコツは多種多様に提唱されていますが、最も大切なことは「トレンド(相場)を読む」ことです。

FXで勝つ為には、値動きを予測し「安く買って高く売る」もしくは「高く売って安く買う」必要がありますが、そのためには過去の値動きを記録した一本一本のローソク足やその流れを記録したチャート分析を行い、そこからトレンド(相場)を掴むことがが欠かせません。

以下にチャート分析のコツ、トレンドサインを見抜くコツとOANDA Japanの活用法についてご紹介していきます。

5-1. まずはチャート分析の基本「ローソク足」を理解する

FXの値動きを予測するには、値動きが記録してあるチャートを正しく読み取れなければなりません。

刻々と変化していく為替レートを記録しているのが、ローソク足です。ローソク足には時間の長さごとに「1分足」から「年足」まであり、たった1本で、その期間の「始値」「終値」「高値」「安値」がわかります。

チャートの定番「ローソク足」の見方

 

上図にあるように、「始値」から「終値」までが実態、それ以外が「ヒゲ」となって示され、「始値」よりも「終値」が高ければ陽線、その逆は陰線となり、色で上げ下げがわかるようになっています。

このように、ローソク足を見ただけで、ある時間軸における小さなトレンドを把握することができます。

このローソク足の集りにより、大きな流れを描いているのがチャートであり、その流れのトレンドを掴みながら次の流れを予測していくことが大切です。

より詳しく学びたい方は下記のページをご覧ください。

FXで勝つためのチャート分析のコツと定番チャート

5-2. 3つのトレンドサインを見抜くコツ

FXのチャートには大きく分けて3つのトレンドがあり、今のトレンドがどれに当たるかに注目することで次の相場変動を読み解く大きなヒントとなります。

3つのトレンドサイン

大きく分けて、チャートには「上昇トレンド」「下降トレンド」「レンジ相場」の3つのトレンドがあります。

チャート分析の際に最も大切で基本となるのが、今のトレンドがどれに当たるのか読み取る力です。

そこで注目するのが、過去の大きな流れの波における「高値」と「安値」です。その点が節目として、トレーダーに注目されており、多くの注文が入っていることが多いため、相場が変動する可能性が高いのです。

「上昇トレンド」と「下降トレンド」

「上昇トレンド」は直近の「高値」を更新しており、上昇の勢いが強いと取れます。そのため、今後もレートは上がっていくのではないかと予測できます。「下降トレンド」はその逆で、過去の「安値」を更新しており、下落の勢いが強いと取れます。

「レンジ相場」

「高値」も「安値」も大きく更新することなく、一定の幅で行ったり来たりするもみ合いのレートを「レンジ相場」といい、相場の7割を占めると言われています。

「レンジ相場」ではエネルギーを溜めて、一気に「上昇トレンド」や「下降トレンド」を作り出すケースが多く、どちらに転ぶかを予測するのが難しいため、「レンジ相場の時は一切手を出さない」というトレーダーも多いですが、逆に、短期的な相場の上限と下限が予測しやすいため積極的にトレードをする逆張りトレーダーも多くいます。

「ダマシ」に注意!

最後に補足として、上記の3つ以外に、「ダマシ」と呼ばれるものがあることを説明させて頂きます。「ダマシ」とは「上昇トレンド」「下降トレンド」のサインが出ているにもかかわらず、結果が反転してしまうことです。

このようなことが起こる理由としては、銀行やヘッジファンドのようなレートを動かせるほどの資金力があるトレーダーが意図的に操作したという可能性が高いです。「ダマシ」を回避するには、正確にトレンドを判断できる力を身につけることがポイントです。

以下のページでは、更に詳しく勝つためのコツについて解説しております。

勝ち組から学ぶ!FXで勝つためのコツとタイプ別おすすめ手法5選

5-3. FXで勝つためのOANDA Japanの活用法

OANDA Japanの取引ツールでは、トレンド相場を掴むのに最適な複数のテクニカル指標が表示可能なことから、これらの機能をうまく活用すれば本格的なチャート分析ができます。

更に、PC版・スマホ版それぞれに対応している為、OANDA Japanで取引をする場合には是非上手く活用して、相場を読み解くプロ並みのレイアウトを完成させましょう。

PC対応ツール「fxTrade」

メインウィンドウからは、そのままダイレクト注文をしたり、マーケット情報を確認したりなど、様々な情報収集や操作を一度に行えます。もちろん、チャート分析も好きにカスタマイズして行えますので、不足のないツールと言えます。

スマホ対応ツール「fxTrade for iPhone」等

fxTrade for iPhoneではチャート表示のほか、各種インディケータを表示することができます。見やすいチャート画面から外出時もPCに引けを取らない機能性で取引が可能です。

以上の通り、OANDA Japanの取引ツールは本格的なテクニカル分析ができる非常に優れたツールである為、これらの機能を使ってトレンドを掴むことでFXの勝率を上げることができるでしょう。

※OANDA Japanの口座を開設する際には、紹介サイトによってキャッシュバック金額が変わってしまう場合があるようですので、公式ページから行うことお勧めします。(OANDA Japan公式ページへ

6. OANDA Japanの口座開設で注意すべき9のポイント

OANDA Japanに於ける「口座開設〜トレード〜解約」までの流れは以下のとおりです。

FXに於ける「口座開設〜トレード〜解約」までの流れ

上図のような一連の流れの中では大きく分けて以下のような注意点があります。

  • 「申込み」に関する4つの注意点
  • 「トレード」に関する2つの注意点
  • 「解約」に関する3つの注意点

6-1. 「申込み」に関する4つの注意点

OANDA Japanの口座開設申込みの際に注意すべき点は以下の4つです。

  • マイナンバー登録が必要
  • Eメールアドレスが必要(携帯メールOK)
  • 開設可能なのは本人名義のみ
  • 申し込み可能な人の条件がある

ほとんどの人にとっては、大きな問題となるような項目はありませんが、申込み可能な人の条件の中に「日本国内に居住する満20歳以上75歳未満の方」という条件がありますので、注意が必要です。

6-2. 「トレード」に関する2つの注意点

OANDA Japanの口座でトレードする際に注意すべき点は以下の2つです。

  • 証拠金維持率が100%未満になると強制ロスカットが作動する
  • 確定申告の際に必要な年間損益報告書の出力にはPCとプリンターが必要

証拠金維持率が100%未満になると、リアルタイムで強制ロスカットが作動しすべてのポジションが強制的に損切り決済されてしまいますので、注意が必要です。追証や強制ロスカットが発生しないように、レバレッジには余裕を持ってトレードするようにしましょう。

また、普段のトレードはスマートフォンだけでも大きな問題は有りませんが、年に一度の確定申告の際には「年間損益報告書」を出力するためにPCでのログインとプリンター出力が必要になりますので注意が必要です。(私も、以前は自宅にプリンターがなく、会社でこっそりと出力した経験があります。。。)

6-3. 「解約」に関する3つの注意点

OANDA Japan口座の「解約」に関する注意点は以下の3つです。

  • 残高やポジションがゼロであることが必要
  • 住所や氏名に変更はないことを確認
  • 報告書などの必要な書類はあらかじめ印刷・ダウンロードしておくことが必要

上記以外にも、OANDA Japanの口座開設できる人の条件の中に「日本国内に住所があること」「年齢が満20歳以上75歳未満であること」という条件があるため、条件を満たさなくなった時点で原則解約対象となります。

解約は電話(0120-923-213)にて手続きが出来ます。

7. まとめ

いかがでしたでしょうか。

OANDA Japanに対する疑問が解消できたのではないでしょうか。

現在日本には数多くの様々なFX業者が存在しており、ニーズ次第で自分に合う合わないの判断は変わりますが、機能性に優れ、約定力の高いOANDA Japanは、特に中上級者のメイン口座として適切な長く付き合っていけるFX業者であるといえます。

きちんと自分に合うFX業者を選び、後悔しないFX人生を送りましょう!

※OANDA Japanの口座を開設する際には、特定の紹介サイト経由だとキャッシュバック内容や口座開設までのスピード等が変わってしまう場合があるようですので、必ず公式ページから行うことお勧めします。(OANDA Japan公式ページへ

FXをやってみたいけど、いきなり自分のお金を投資するのは怖い…という方は、少額ですが口座開設するだけでトレード資金が貰える以下の口座でお試しトレードから始めてみましょう!

口座開設のみでトレード資金が貰えるお得な口座
(2021年12月時点情報)

業者名貰えるトレード資金額必要最低初回入金額取引可能最小単位
SBI FXトレードのロゴ公式HPへ500円0円1通貨〜
JFXのロゴ公式HPへ1,000円0円1,000通貨〜
FXブロードネットのロゴ公式HPへ2,000円20万円1,000通貨〜