FXで勝ち組になるためのレベル別おすすめ本17選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
FX 本

FXについて勉強しようと思い本を探しているけど、下記のように自分に合う本がわからず困っていませんか?

  • これからFXを始める人は一体どんな本を読めばいいの?
  • ファンダメンタル分析やテクニカル分析等のスキルを身につけるにはどれを読めばいいの?
  • 基本的なことはわかっている人が次に読むべき本はどれ?

FXで成功するには、しっかりと基本を理解した上で幅広く深い知識を身につけ、実践の場で検証を繰り返しながら自分なりのトレードスタイルを築いていく以外に方法はありません。

そして、そのためのノウハウや知識を学ぶために最も大切なのは間違いなく『本』といえるでしょう。

しかしながら、FX関連の本は値が張る場合も多く、内容としても初心者向けのものから専門用語ばかりの難しいものまで様々で、自分に合った本を探すだけでも極めて大変です。

このページでは、私自身の5年以上のFXトレードの経験とこれまでに読んできた200冊以上のFX関連本の中から、「FXで勝ち組になるための各ステップ毎に身につけるべき知識とそのために読むべきおすすめ本」について、以下の流れに沿って幅広く紹介します。

  1. FXで自分に合う本を選ぶコツ|勝ち組への4ステップとステップ別に学ぶべき知識
  2. これから FXを始める人・FX初心者が読むべき本3選
  3. テクニカル分析を勉強したい人が読むべき本2選
  4. ファンダメンタル分析を勉強したい人が読むべき本2選
  5. トレードスタイル別おすすめ本7選
  6. 既に色々と勉強して相当の知識はあるのになかなか勝てない人が読むべき本3選

このページをすべて読めば、「あなたにとって今身につけるべき知識とそのために読むべき本は何か」がわかり、今日から勝ち組トレーダーになるための新たな一歩が踏み出せるようになるでしょう。

1. FX本を選ぶコツ|勝ち組への4ステップとステップ別に学ぶべき知識

書店に行けはFX関連の本だけでも様々出版されており、何から手をつければ良いのか、どれが良本なのかを判断するのは大変です。

自分に合う本を選ぶコツとしては、まず、自分の現在のレベルを理解し、足りない知識・技術が何なのかを把握することが大切です。

FXで勝ち組になるために踏むべきステップには主に下図のような4つのステップがあります。

スクリーンショット 2016-05-23 22.01.38

1-1. ステップ①|基本事項の理解する

このステップで学ぶべき知識は、FXの基本とも言える用語の理解や売買方法、さらには「市場参加者は誰で、レートはなぜ上下するのか」といったFXの仕組みについてです。

スポーツでいうところのルールにあたる部分ですので、基本事項が完全に理解できていない状態でFXで勝ち続けるなど不可能です。

最も大切なステップですので、これからFXを始めようと思っている人はもちろん、ある程度FX経験がある人でもわかった気になっているだけで完全には理解できていない人も多いですので、改めてしっかり勉強し完全にマスターするようにしましょう。

1-2. ステップ②|技術を習得する

FXで値動きの見通しを立てる際の技術手法には、大きくチャートの「テクニカル分析」と世界経済の「ファンダメンタル分析」の2つがあり、勝ち組になるためにはどちらも非常に重要です。

「ファンダメンタル分析で大きな流れと長期投資筋の方向性を押さえた上で、こまかなトレードチャンスや損切り・利確ポイントをテクニカル分析で判断する」というふうに、勝ち組トレーダーは両方を駆使して安全なトレードを行っています。

よく“自分はテクニカル派、ファンダメンタル派”といったように、どちらか一方のみを極めようとしている人を見かけますが、「安定的に勝ち続けるためにはどちらも必要」ですので、自分がまだ両方共を深く理解できていないと思う人はこのステップから始めるとよいでしょう。

1-3. ステップ③|トレードスタイルを確立する

トレードスタイル(ルール)の確立は、安定的に勝ち続けるためには絶対に必要です。その理由は、「トレードスタイルが確立されていないと、自分のトレードの良し悪しを後から検証するための基準がなく、改善していくことができない」からです。

勝ち組トレーダーは、必ず自分なりのトレードスタイル(ルール)を確立しており、検証と改善を繰り返すことで常に自分のスキルを向上させているのです。

スクリーンショット 2016-05-19 17.26.28

FXのトレードスタイルには大きく以下の4 つのスタイルがあります。

  • スキャルピング(数秒〜数分で小さな利益を数多く狙うトレードスタイル)
  • デイトレード(数分〜数時間の単位で取引し、一日の中で完結させるトレードスタイル)
  • スイングトレード(相場状況を見ながら数日単位で大きな利益を狙うトレードスタイル)
  • 長期投資(数ヶ月〜数年間ポジションを保有しスワップ金利や長期の大きな利益を狙うスタイル)

自身の性格やトレード環境によってどのスタイルが最も合うかはそれぞれですが、日々のレートチェックができる頻度によって使い分けたり、リスクヘッジの観点で資金を分割して複数のスタイルでトレードをするという人もいます。

少し大変ではありますが、各スタイル別に学ぶべき知識やノウハウが異なるため、各スタイルの一通りの基本知識を学んだ上で自分なりのトレードスタイルを確立することをおすすめします。

1-4. ステップ④|リスク管理手法を身につける

最終的なステップとして、「 FXに関する一通りの知識は習得したつもりなのに、実際のトレードではなかなか勝てない」という悩みを抱えている人が多いのではないでしょうか。

事実、私もそのような悩みを抱えながら数ヶ月間悶々とトレードを行っていましたが、世界のトップトレーダーが自身の手法を紹介している本と出会い、トップトレーダーが最も重要視している「リスク管理」が全くできていないということを学びました。

それ以来、月単位で安定的に勝てるようになり、現在の専業としての私のトレードの礎となっています。

トップトレーダーは自分が一回一回のトレードでとっているリスクの大きさを正確に把握しており、リスク管理をしながらリターンの期待値を上げることで、安定的に高い収益を上げ続けています。

それなりにFX経験値があるのに、なかなか勝てない人は「リスク管理」に問題がある場合が圧倒的に多いですので、リスク管理手法を身につけるようにしましょう。

2. これから FXを始める人・FX初心者が読むべき本3選

ここでは、これからFXを始める人がまず手に取るべき初心者向けの良本を紹介します。

当然のことながらFXの基本的な仕組みを理解せずにトレードを行うことはできません。初めての方はFXで使われる用語や売買方法、通貨の種類等の基本情報を知るところから始めましょう。

その際に最も重要なことは、FXの仕組みそのものをしっかりと理解することです。以下にFXの基本的な仕組みを理解する上で役に立つ本をご紹介します。

2-1. FXを知る上で基本を網羅した完成度の高い本

一番売れてる投資の雑誌ザイが作った「FX」入門

スクリーンショット 2016-05-08 15.17.44

−2009/3/27, ザイFX!編集部 羊飼い (著)

有名FX雑誌の編集部が監修し、基本的な必須知識を全体的に網羅してある本です。

まだFXについて何の知識もない方が初めて手に取り、手っ取り早く理解するのにもってこいの内容です。売買ルールやFXのリスクの説明など、最良の入門書とも言えるようなこれ以上ない基本が詰まった本です。

後半にはファンダメンタル、テクニカルについても触れています。基本とはいえ、非常に大切なことが簡単にわかりやすく書いてあるので、さらっと読んでしまうのではなく、何度も繰り返し読み返して、しっかりと落としこんでから次のステップへ進みましょう。

2-2. スマートフォン1台でFXに挑んだ東大院生の本

東大院生が考えたスマートフォンFX

スクリーンショット 2016-05-08 15.38.45
– 2015/2/17, 田畑 昇人 (著)

東大院生時代にスマートフォン一台で、9ヶ月で50万円を1000万円にした著者の田畑 昇人さんが、大金を掴むまでの軌跡を基に、FXで勝つための重要な知識やトレードの考え方・手法を公開し、初心者にもわかりやすく解説されている本です。

あまり知られていないオアンダツールの紹介は私自身大変参考になりました。

勝ち組トレーダーが何を基準にトレードしているのか包み隠さず公開しているので、実践的な内容を知りたい場合にもってこいの本です。

2-3. プロが教えるFXの実践的な手法

岡安盛男の稼ぐFX 実戦の極意 

スクリーンショット 2016-05-08 15.59.17– 2013/10/10, 岡安 盛男 (著)

元外資系銀行の凄腕ディーラーの著者が、FXで勝つ為の実践的なスキルやノウハウを惜しみなく網羅的にわかりやすく解説してくれている本です。

一冊でしっかりと内容が詰まった素晴らしい本です。中でも、ファンダメンタルについての解説が非常にわかりやすく、各通貨の特徴や重要経済指標の読み方などについて丁寧に書かれているため、この本を読めば理解が深まると思います。

プロの実践的知識を身につけることができるおすすめの本です。

3. テクニカル分析を勉強したい人が読むべき本2選

テクニカル分析とは、過去の統計からチャート変動をパターン化し、売買のタイミングを分析する手法で、短期的な動向を予測する際に有効と考えられております。

一言にテクニカルといっても、様々な法則や分析指標があるため、勝ち組トレーダーを目指すにはテクニカルについての勉強もしっかりと行う必要があります。

3-1. テクニカル分析の教科書と言われている本

先物市場のテクニカル分析

スクリーンショット 2016-05-22 22.11.50

– 1990/5, ジョンJ.マーフィー (著)

テクニカル分析の手法を網羅的に紹介している本です。

FXに限定しない投資全般の真理をついた長く読まれているトレーダーに人気の本で、初心者にもテクニカルに関する基本的な知識がある人にもおすすめできます。

これを読めばテクニカルについて深い理解を得るだけでなく、実践で応用できる確かな知識を獲得できことでしょう。繰り返し精読し内容を隅々まで理解する事をお薦めします。

3-2. テクニカル本の聖杯に匹敵

FX チャートリーディング マスターブック ~為替のプロが実践する本当に勝てるワザを大公開!

スクリーンショット 2016-05-22 22.49.00

– 2010/10/1 井上義教・株式会社オスピス (著)

基礎と実践の架け橋的な本です。

チャート分析の基本を学びたい人にも、知識を掘り下げて勝率を上げたい人にもオススメの本です。私はこの本に出会って格段にトレードレベルが上がったので、チャートを読み解く力を身につけたい方は必読の一冊です。

プロが書いた裏づけのある本ですので納得感もあります。

4. ファンダメンタル分析を勉強したい人が読むべき本2選

ファンダメンタル分析とは、景気などの経済事情が今後のマーケットにどのような影響を及ぼすかという視点から、相場動向を予測するものです。重要指標の発表がある時は、市場が大きく反応することがあるのでファンダメンタルの知識は非常に大切です。

ファンダメンタル分析を勉強すれは相場の大きな流れを把握することも可能ですので、テクニカル分析と合わせて理解しておきましょう。

4-1. 「ファンダメンタル分析を勉強するならまずはこれから」といえる一冊

イチからわかる! FXファンダメンタルズの読み方・使い方

スクリーンショット 2016-05-22 23.47.30

– 2012/3/22 横尾 寧子 (著)

ファンダメンタルズの中で最も基本的かつ重要なものをほぼ全て網羅し、一つ一つ丁寧にわかりやすく解説してくれている良書。

単に用語の解説だけに終わらず、人気トレーダーの著者が「どの指標を使ってどのようにファンダメンタル分析を行っているか」という自身の手法まで紹介してくれていて非常にわかりやすい本です。

書名の通り、イチからファンダメンタルズを勉強したいという初心者におすすめです。

4-2. プロのファンダメンタル分析が学べる至高の一冊

松崎美子のロンドンFX (金融の聖地で30年暮らしてわかった日本人が知らない為替の真実)

スクリーンショット 2016-05-22 23.50.44

– 2015/7/8 松崎美子 (著)

欧州系大手外資銀行と米系大手外資銀行で為替ディーラーをやっていたプロ中のプロである著者によって書かれています。

自らの経験をもとに特にヨーロッパ時間で稼ぐことを目的としたファンダメンタルズの読み解き方や実践的な使い方までを紹介した、実践的なファンダメンタル分析を勉強する上で非常におすすめな一冊。

ファンダメンタルズの基本を学んだ人が次の一冊として読むとよいでしょう。

5. トレードスタイル別おすすめ本7選

本章では4つのトレードスタイル別に各スタイルを学ぶ上でおすすめな本を以下の流れに沿ってご紹介します。

  • スキャルピング向け2選
  • デイトレード向け2選
  • スイングトレード向け3選
  • 長期投資(スワップポイント狙い)向け3選

5-1. スキャルピング向け2選

スキャルピングの基本から実践まで学べる入門書

世界一わかりやすい! FXチャート実践帳 スキャルピング編

スクリーンショット 2016-05-22 23.55.18

– 2011/6/24 二階堂 重人 (著)

「スキャルピングトレードとは」から始まり、スキャルピングのメリットやチャートを使った実践的なスキャルピングの手法まで解説されていて初心者にもわかりやすい本。スキャルピングが自分に向いているのかを確かめる上でも役に立つ入門書です。

本格的なプロの実践テクニックを学べる良書

FXスキャルピング ―ティックチャートを駆使したプライスアクショントレード入門 

スクリーンショット 2016-05-22 23.23.32

2012/11/17 ボブ・ボルマン (著)

ティックチャートというマイナーなチャート表示を用いた手法で事前知識が必要なため中級〜上級者向けとなりますが、スキャルピングで勝ちたいという方にとっては、スキャルビングの実践的な手法が学べるおすすめな一冊です。

プライスアクション(値動き)についてここまで詳しく説明してる本は他にはありませんので、プライスアクションを本格的に学び、原理を知りたい方にも良いと思います。

5-2. デイトレード向け2選

元外資系銀行為替ディーラーからインターバンク流トレードを学べる貴重な一冊

No.1為替ディーラーが伝授する インターバンク流FXデイトレ教本

スクリーンショット 2016-05-23 15.28.28

「インターバンクの為替ディーラーが1日の中でどのように相場と向き合い、どのような制約環境の中で毎日のトレードを行っているか」という裏側の情報が垣間見れる非常に参考になる本です。デイトレーダーであれば必ず注意するべきインターバンクや巨大ファンドの動きについて、主にファンダメンタル的要素から解説している、デイトレーダー必読の本です。

テクニカル分析でデイトレードする一つの手法が学べる良書

簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード FXコーチが教えるフォロートレード

スクリーンショット 2016-05-22 23.58.05

– 2013/11/16 齊藤トモラニ (著)

テクニカルインジケーターの中でも特に有名な「ボリンジャーバンド」と「RSI」を使って安全なタイミングを見計らう「WBR」という手法の紹介と実践的な使い方がわかりやすく解説された本。実際のチャートを使った練習問題まであり、読み込めば実践が身につく良書。テクニカルを使ったデイトレードを学びたい人には一つの解としておすすめです。

5-3. スイングトレード向け2選

勝ち組になるための投資哲学から独自の必勝テクニックまで紹介された価値ある一冊

田平雅哉のFX「スイングトレード」テクニック (WINNER’S METHOD SERIES)

スクリーンショット 2016-05-23 0.00.49

 – 2005/11/17 田平 雅哉  (著)

数多くの投資ノウハウ本を出していていずれも評判の良い著者が、投資で勝ち組になるために心得ておくべきスタンス(投資哲学)を負け組との対比の中で紹介し、“本当に勝てる”と評判の「MACD」と「スローストキャスティクス」というテクニカルインジケーターを使った独自のトレード手法を公開しています。投資哲学も納得度が高くテクニカルを用いたスイングトレードについても学べる一読の価値ある一冊です。

内容の網羅性が圧倒的な教科書的専門書

スイングトレード入門―短期トレードを成功に導く最高のテクニック 

スクリーンショット 2016-05-23 0.02.52

– 2004/10/31 アラン ファーレイ  (著), 鎌田 伝 (翻訳), 高本 義治 (翻訳), 二宮 正典 (翻訳)

非常に分厚く専門的な内容がもれなくぎっしり詰まった教科書的な専門書。マーケットの全体像から相場のパターン、テクニカルインジケーターの見方・使い方、等あらゆる内容な一冊につまっているため教科書的に使える本。

専門的な内容が多いので初心者がいきなり読むにはおすすめできないが、基本を理解した後に読むと幅広い知識が得られるためおすすめです。

5-4. 長期投資(スワップポイント狙い)向け3選

長期投資に必要なほぼすべての知識が学べる至高の一冊

FXで究極の海外投資 為替変動に左右されない金利貯蓄型運用 

スクリーンショット 2016-05-23 0.10.47

– 2012/1/20 結喜たろう  (著), 北山広京 (監修)

長期投資の説明から、長期投資の際に身につけておくべき金融工学についての解説、ポートフォリオ作成等の実践的なやり方まで長期投資に必要なほぼすべての知識が学べる良書です。長期投資について勉強したい人はまずこの本から読むとよいでしょう。

長期投資の際に最も重要な「リスクヘッジ」について学べる

FXギャンブルで終わらない長期投資 ~暴落対策も万全!ローリスク・スワップ運用

スクリーンショット 2016-05-23 0.05.04

 – 2009/6/5 為替バカ  (著)

長期投資は具体的なレート予想が難しいことと不測の事態が発生した際にレートが急激に変動してしまうというようなリスクがあるため、そういったリスクをどのようにヘッジするかが非常に大切になりますが、「リスクヘッジ」について詳細に解説されている本は少なく、本書は「リスクヘッジ」について学べる貴重な一冊といえます。

統計学的アプローチでリスクを減らしながらスワップ金利での運用が学べる王道本

ローリスクで年20%の複利運用! 初心者でもできるFXスワップ運用

スクリーンショット 2016-05-23 0.08.43

– 2008/2/19 為替バカ  (著)

マイナー通貨トレードでスワップ金利を狙う長期投資の王道的な基本事項が学べる本。マイナー通貨特有の暴落リスクについて統計学的なアプローチも含めて、リスクを抑えながらスワップ金利を狙う手法が紹介されており、長期投資を学ぶうえでおすすめな一冊。

6. 色々と勉強して相当の知識はあるのになかなか勝てない人が読むべき本3選

基本は網羅していて、トレードも確立しているが、なかなか勝てないという人へ紹介したいのが、プロの手法を学ぶことができる以下の本です。

6-1. 16人のトップトレーダーの成功の秘訣

マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣

スクリーンショット 2016-05-12 20.50.262001/8/1, ジャック・D. シュワッガー (著), 横山 直樹 (著)

16人のトップトレーダーのインタビューを元に詳細をまとめた本です。この本においては初心者には理解が難しくおすすめできませんので、ここにもってきました。

本気でFXをしているトレーダーなら誰もが知っている、伝説的な有名トップトレーダーの失敗と挫折の上に成り立った成功の秘訣をまとめた投資の代名詞的な本です。

憤りを感じている人や、壁にぶつかっている状況の人が読めば必ず力になる本だと思います。

6-2. プロを目指すなら必読の良本

新版 魔術師たちの心理学―トレードで生計を立てる秘訣と心構え

スクリーンショット 2016-05-12 20.57.29

2008/1/10, バン・K・タープ (著), 山下 恵美子 (翻訳)

トレードコンサルタントであるタープ博士がマーケットの魔術師で紹介されているようなトップトレーダーの手法について検証し、解説している本。

タイトルからメンタル面に特化した本かと思われがちですが、トレードスタイルなどについて多く書かれており、成功者の秘訣に迫った内容となっております。

世界中で伝説的なトレード成果を残して、巨大ファンドを築き上げたようなトップトレーダー達の考え方やトレードスタイルの共通点が学べます。

6-3. 常勝トレーダー集団タートルズの手法

伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術

スクリーンショット 2016-05-12 22.47.27

−2007/10/17, カーティス・フェイス  (著), 飯尾博信+常盤洋二 (監修, 監修), 楡井浩一 (翻訳)

素人をわずか2週間でトップトレーダーに育成したカリスマ・トレーダーのリチャード・デニスが、自らが率いる常勝トレーダー集団の「タートルズ」の中で用いていたトレード手法を、タートルズで最も高い収益を残した教え子であるカーティス・フェイス が公開した本。

極力リスクを取らずに自分なりのトレードスタイルを確立したプロの秘訣が学べます。

こちらの本も基本事項を理解していないと内容を理解するのが難しいため、基本事項を学んだ上で読むようにしましょう。

7. まとめ

いかがでしたでしょうか。

これから自分が学ぶべき知識とそのために読むべき本がわかったのではないでしょうか。

しっかりと勉強し努力できる人にとってはFXは時間の融通も利き比較的大きなリターンも狙える魅力的な投資だと思います。

人によって学ぶべき知識はさまざまですが、このページで紹介した本を読めば、今日からあなたのFXトレーダーとして歩むべき道が大きく開かれるでしょう。

本サイトがあなたのトレーダーとしてのステップアップの一助となれれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket