消費者金融一覧まとめ|即日可能で簡単・安心な24社【2021年】

【完全版】消費者金融一覧|簡単・安心で即日可能な全20社

「消費者金融の一覧を見たい」「消費者金融の一覧から片っ端から申し込みをしたい」と考えていませんか?

消費者金融に一気に申し込みと、それが原因で消費者金融全てに断られる可能性があるので注意が必要です。

本記事では、消費者金融で審査を担当した経験のある私が、消費者金融の一覧とともに、消費者金融の落ちない申し込み方をご紹介します。

  1. 大手の消費者金融一覧表|全5社
  2. 中小の消費者金融一覧表|全19社
  3. 一覧表を使う前に意識すべき4つのこと
  4. どこに申し込んでも必ず落ちる2つの条件
  5. 消費者金融に関するQ&A

本記事を読むと、どの消費者金融にどうやって申し込みをすれば良いか分かるのでぜひご覧ください。

著者プロフィール
里中健吾(37歳)
新卒で、メガバンクに入社。個人向けの営業を経験した後、大手消費者金融に転職。消費者金融ではカードローンの審査に携わる。
その後、ネット銀行に転職し、銀行系のカードローンの審査業務に携わる。
個人でもSNS等でカードローンの相談を受け、1,000人以上に選び方や審査のコツを伝授してきた。

1. 大手の消費者金融一覧表|全5社

まずは、大手の消費者金融をおすすめ順にまとめました。

消費者金融をはじめて利用する方は、信頼性が高く、条件が良い大手から選ぶのがおすすめです。

一番のおすすめは、顧客満足度No.1で、最短30分で融資までしてくれる『プロミス』です。

名称実質年率融資スピード限度額備考
プロミス4.5~17.8%
(初回30日利息無料)
最短30分500万円
  • おまとめローンあり
  • 在籍確認回避可能
  • Web完結したい人におすすめ
アイフル4.5~18.0%
(初回30日利息無料)
最短30分500万円
  • おまとめローンあり
  • 在籍確認回避可能
  • Web完結したい人におすすめ
SMBCモビット3.0~18.0%最短即日(※)800万円
  • WEB完結なら電話連絡なし
アコム3.0~18.0%
(初回30日利息無料)
最短即日800万円
  • おまとめローンあり
レイクALSA4.5~18.0%
(初回60日利息無料)
最短60分500万円
  • 5万円なら180日利息無し

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

1-1. プロミス|消費者金融系で最もおすすめのカードローン会社

プロミスのロゴ

プロミス』は、SMBCグループの株式会社SMBCコンシューマーファイナンスによって運営されるローンブランドです。

プロミスを1位にしたのは次の理由からです。

  • ノンバンクカードローンの顧客満足度第一位
  • 多くの方が適用される「上限金利」が低い
  • 初回利用から30日間利息ゼロ
  • 利用でポイントがたまり無利息期間等と交換可能
  • プリペイドへの申し込みで「2000円分」のチャージカードがもらえる

ノンバンクのカードローンでは充実した条件になっているので、確実に借りたいという方に最もおすすめです。

運営会社SMBCコンシューマーファイナンス株式会社通常金利4.5~17.8
在籍確認手段相談で書類の提出のみ土日可能か
審査スピード最短30分家族にバレる可能性
(来店でのカード受取推奨)
上限額500万円収入証明書50万円以上
他社合計100万円以上
来店要否不要口座要否不要
申込対象者年齢20~69歳
(収入あれば学生・専業主婦・フリーター可)

プロミス公式ページ:

http://cyber.promise.co.jp/

プロミスの評判が気になる方は300人分の口コミをまとめましたので「300の口コミ・評判でわかるキャッシング『プロミス』完全ガイド」を参考にしてみてください。

1-2. アイフル|独自の審査基準があるカードローン会社

アイフルのロゴ

アイフル』は、1967年に創業された老舗のカードローン会社です。

歴史が長いだけあって独自のノウハウがあるので、他のカードローン会社での申込みが失敗したという方にもおすすめです。

会社の在籍確認についても、相談すれば給与明細のコピーで対応してくれるなど、柔軟な対応をしてくれます。

アイフルでは、web申込みをして電話をすると優先して審査を開始してくれるサービスがあるので、急ぎの方は合わせて利用しましょう。

運営会社アイフル株式会社通常金利3.0~18.0
在籍確認手段応相談土日可能か
審査スピード最短30分家族にバレる可能性
(WEB完結可)
上限額800万円収入証明書50万円以上
他社合計100万円以上
来店要否不要口座要否不要
申込対象者年齢20~69歳
(収入あれば学生やフリーター可、専業主婦不可)

アイフル公式ページ:

https://www.aiful.co.jp/

アイフルの口コミや評判が気になる方は、「350の口コミ・評判でわかるキャッシング『アイフル』の真実」に350人分の口コミをまとめましたので参考にしてみてください。

1-3. SMBCモビット|電話をすると迅速な対応をしてくれるカードローン会社

SMBCモビットのロゴ

SMBCモビット』は、SMBCグループの株式会社SMBCモビットによって運営されるカードローンです。

10秒簡易審査で借りられるかサクッと分かるだけでなく、申込後に電話するとすぐに審査を開始してくれ、最短3分で振込までしてくれるケースもあります。(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)

三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている場合は、WEB完結の申込みができます。

返済のたびにTポイントが貯まるサービスも魅力です。

運営会社株式会社SMBCモビット通常金利3.0~18.0
在籍確認手段web完結での申込みの場合、書類の提出のみ土日可能か
審査スピード最短即日家族にバレる可能性
(WEB完結可)
上限額800万円収入証明書提出する場合あり
来店要否不要口座要否web完結での申込みの場合、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかが必要
申込対象者年齢20~69歳
(収入あれば学生やフリーター可、専業主婦不可)

SMBCモビット公式ページ:

https://www.mobit.ne.jp/index.html

SMBCモビットの口コミや評判が気になる方は、「100人の口コミと評判でわかる『SMBCモビット』の真実」に100人分の口コミをまとめましたので参考にしてみてください。

1-4. アコム|3秒の簡易審査が受けられる最大手のカードローン会社

アコム』は、三菱UFJフィナンシャルグループのローン会社です。

アコムはカードローン会社では最大手で、登録利用者数は150万人以上、延べ利用者数は1,000万人を超えています。

年齢、年収、借入状況の3点を入力するだけで、借りれるかどうか判定してくれる簡易審査があるので、気になる方は試してみましょう。

プロミスと同様、契約の翌日から30日の無利息期間があるので、お得に使いたい方に向いています。

運営会社アイフル株式会社通常金利3.0~18.0
在籍確認手段応相談土日可能か
審査スピード最短即日家族にバレる可能性
(WEB完結可)
上限額800万円収入証明書50万円以上
他社合計100万円以上
来店要否不要口座要否不要
申込対象者年齢20~69歳
(収入あれば学生やフリーター可、専業主婦不可)

アコム公式ページ:

http://www.acom.co.jp/

アコムの口コミが気になる方は「300の口コミ・評判でわかるキャッシング『アコム』の真実」に300人分の口コミをまとめたので参考にしてみてください。

1-5. レイクALSA|無利息期間が長く、短期間の借り入れにおすすめなカードローン

レイクアルサ

レイクALSA』は、新生銀行グループの新生フィナンシャル株式会社が運営するカードローンです。

初めてでweb申込みの場合は、無利息期間が60日、5万円以下の借り入れなら180日の無利息期間が付くので、短期間だけ借りたいという方におすすめです。

また、審査の時間も早く、カードレスで申込みから融資、返済までweb完結することができます。

申し込み前に仮審査を受けられるので、気になる方は確かめてみると良いでしょう。

運営会社新生フィナンシャル株式会社通常金利4.5~18.0
在籍確認手段原則あり土日可能か
審査スピード最短15秒家族にバレる可能性
(WEB完結可)
上限額500万円収入証明書50万円以上
他社合計100万円以上
来店要否不要口座要否不要
申込対象者年齢20~70歳
(収入あれば学生やフリーター可、専業主婦不可)

レイクALSA公式ページ:

http://lakealsa.com/

最新の情報は公式ページをご覧ください。

2. 中小の消費者金融一覧表|全19社

中小規模の消費者金融の一覧は以下のようになります。

安心して、簡単に、すぐ借りられるために必要な以下の3つの条件を中心に筆者がおすすめなものを抜粋しました。

  • ネットで楽々申し込みが可能
  • 日本貸金業協会の「悪徳業者データベース」上に存在しない
  • 保証人不要で、最短即日借りられる
 名称実質年率限度額備考
フタバ14.959~17.95%50万円初回30日間利息無料
セントラル4.8~18.0%100万円初回30日間利息無料
アロー15.0~19.94%200万円おまとめローンあり
フクホー7.30~18.0%200万円即日融資はセブンイレブンでマルチコピー機操作が必要
ダイレクトワン4.9~20.0%300万円スルガ銀行のグループ会社
ライフティ8.0~18.0%500万円0.3秒診断ができる
ベルーナノーティス4.5~18.0%300万円 3秒診断ができる
キャレント7.8~18.0%500万円ネット借入診断ができる
フリーローン16.98%99万円フリーローンなら利率固定
ニチデン7.3~17.52%50万円
アスカ18.0~20.0%50万円本社は福岡
アルコシステム15.0~20.0%50万円
スペース8.0-20.0%500万円
ビアイジ15.0~18.0%100万円北海道・青森などで地域密着
いつも7.0~18.0%50万円
プログレス15.0~20.0%50万円
キャンレント7.8~18.0%500万円
ユニーファイナンス12.0~17.95%300万円愛知・岐阜・三重などで地域密着
エニー15.0~20.0%100万円1dayダイレクトなら即日可能

2-1. 大手に落ちても中小ならチャンスがある!

大手の審査に落ちた方は中小の消費者金融を選びましょう。

中小の消費者金融は大手消費者金融からもれた人々が申し込む傾向があり、その中からお客様を選ばないといけないからです。

大手消費者金融・中小消費者金融

そのため、大手に落ちた方は上記のリストを活用し、中小の消費者金融に申し込みをしていただければと思います。

2-2. 中小でおすすめなのはこの2社

中小の消費者金融の中で筆者がおすすめしたいのは『フタバ』と『アロー』です。

フタバ|金利を重視したい方におすすめ!

フタバの公式ページ

フタバ』は東京都千代田区に本社を置く老舗の消費者金融です。

最高金利は17.950%と、他と比較しても低水準です。

中小の消費者金融でありながら、最高金利が安いことや、30日の無利息の期間があることなど、金利面では優れた消費者金融と言えます。

大手よりも審査には通りやすい傾向があるため、大手に断られた方にもおすすめです。

運営会社フタバ株式会社通常金利14.959~17.95
在籍確認手段原則あり土日可能か
審査スピード最短即日家族にバレる可能性あり
(電話と郵送あり)
上限額最初は10~50万円
200万円
収入証明書申込の内容次第
来店要否不要口座要否不要
申込対象者満20歳~満70歳
(収入あれば学生・フリーター可・専業主婦OK)

フタバ公式ページ:

https://www.822828.jp/

フタバの口コミや評判を知りたい方は、こちらのページ「100の口コミでわかる消費者金融『フタバ』の全て」をご覧ください。

アロー|まとめ借りに対応している消費者金融会社

消費者金融のアロー

アロー』は、おまとめローンを実施している消費者金融会社です。

そのため、複数社から借り入れがありどうしようもなくなっている方にも、借金をまとめてもらい、毎月の負担を軽くするチャンスがあります。

年収の1/3 以上の借り入れがあって、総量規制に引っかかる状態の方でも申し込むことができるので、多くの方にチャンスがある消費者金融です。

運営会社株式会社アロー通常金利15.0~19.94
在籍確認手段必要土日可能か
審査スピード最短45分家族にバレる可能性あり
(電話と郵送あり)
上限額200万円収入証明書50万円以上
来店要否不要口座要否不要
申込対象者20歳~65歳
(安定した収入があること)

アロー公式ページ:

https://www.my-arrow.co.jp/index.html

フタバの口コミや評判を知りたい方は、こちらのページ「100の口コミでわかる消費者金融『アロー』の全知識」をご覧ください。

3. 消費者金融の一覧を使う前に意識すべき4つのこと

消費者金融の一覧を使って申し込む前に、注意するべき4つのことを紹介します。

  • 申し込みは1社1社行うこと
  • 落ちたらなるべく時間を空けること
  • 申し込みは低めの希望限度額にすること
  • 審査に必ず落ちる人の条件を確認すること

これらをおさえると、申込みで失敗することはなくなるはずです。

3-1. 申し込みは1社1社行うこと

一覧を使っても、申し込みは1社1社行っていくことを意識しましょう。

なぜなら信用情報では、申し込み内容も共有されているため、1度に申し込みをしすぎると「いろんなところから借りて、自分のところの返済はきちんとしてくれるのか」「あちこち申し込まないとお金を借りられない人なのか」と考えられるためです。

いわゆる「申し込みブラック」という状態です。

つまり、きちんと審査に通るためには、一度に複数の消費者金融に申し込みをするのではなく、1社1社審査を受けていくことが重要です。

3-2. 落ちたらなるべく時間を空けること

申し込みの履歴が残るのが多くの場合6ヶ月です。

その履歴が残る期間内に複数社の申し込みを行うと、上記と同じ理由で審査に通りにくくなります。

そのため、もし可能であれば2~3社落ちた後は半年待った上で再度申し込みをすれば、審査に通る可能性が上がります。

3-3. 申し込みは低めの希望限度額にすること

多くの消費者金融の申し込みは、あなたが限度額を希望した上で申し込みをします。

もし多額のお金がすぐに必要でないのであれば、最初は少額で申し込むことをお勧めします。

理由は以下の2点です。

  • 年収に対して借りすぎという印象を与えない(総量規制もクリアしやすい)から
  • 計画的に借りる人であることをアピールできるから

最初は低い限度額で申し込みをして、徐々に限度額を上げていくことが審査に通りやすくなるポイントです。

3-4. 審査に必ず落ちる人の条件を確認すること

何社に申し込んでも、ある条件を持っていると審査には通らなくなります。

その条件を持っている方は、一覧リストを使って申し込みをする前に、今の状況を変えた上でないと申し込みをしてもほぼ必ず落ちてしまいます。

具体的に、次の章で必ず落ちる条件と、克服のためのヒントをご紹介します。

4. どこに申し込んでも必ず落ちる2つの条件

ある条件を満たす方は、どこに申し込みをしても落ちるため、本章ではそういった方を紹介していきます。

それは以下のような方で、どの消費者金融を選んでもほぼ必ず審査に落ちるため、まずは根本から解決をした上で申し込みを行うことをおすすめします。

  • 無職の方
  • 「あちこちから」「たくさん」お金を借りている方

4-1. 無職の方

どんなに消費者金融に申し込んでも、無職の方にはお金を貸してくれないため、申し込みをしても無駄です。

無職の方に貸せない理由は以下の2つです。

  • 返済能力がないと見なされるから
  • 総量規制に引っかかるから

返済能力がない人には貸してくれない

そもそも消費者金融は、返済能力のない方にはお金を貸してくれません。一昔前だと、消費者金融の多くが30%近い金利を設定し、どんどん貸して、その中で多少返せない方がいても金利が高いので利益が出るという仕組みでした。

しかし、利息制限法が制定され、以下のように設定できる金利の上限が決まりました。

  • 10万円未満の貸し出しの場合・・・20%
  • 10万円~100万円未満の場合・・・・18%
  • 100万円以上の場合・・・・・・・15%

つまり、設定できる金利は大きく下がりました。このことから、誰にでも簡単に貸していたら利益が出なくなったため、きちんと返済ができるかをより厳重にチェックするようになりました。

そのため、無職=返済に充てるための収入がない方の借入は認めてもらうことができません。

総量規制に引っかかるから

平成20年に施行された「貸金業法」で、お金を借りる人は年収の1/3を超える額は借りられないと定められました。

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。

引用:日本貸金業協会ホームページ

つまり年収が0の無職の方にお金を貸すことはこの法律に引っかかることになるため、どこの業者もお金は貸してくれません。

以上2つの理由により、無職の方のキャッシングは困難です。そして「無職歓迎」とアピールしているローン会社などは、収入のないあなたに返済をさせる恐ろしい仕組みを持っていたり、上記のルール等を無視している違法な闇金の可能性が高いため注意しましょう。

無職の方でどうしても困った場合は「無職でもキャッシングをしたい!安全にお金を借りる全知識」を参考に、無職でキャッシングしたい時の術を学んでいただければと思います。

4-2. 「あちこちから」「たくさん」お金を借りている方

行き過ぎた多重債務者の方は、消費者金融に申し込んでも断られるケースが多いため他の方法を考える必要があります。

以下のような方は、申し込みをしても断られる可能性が非常に高いです。

  • 「5社以上から」借金をしている人
  • 「年収の1/3」近く借金をしている人

複数社からの借金は敬遠される

5社前後の企業から借金をしている方は、「返済能力がない」とみなされてしまいます。

理由は以下の2点です。

  • なかなか返せないから借金が増えていると思われる
  • 貸しても他社の返済で手一杯で自分の所には返ってこないのではないかと思われる

以上の理由などにより、敬遠されがちです。

そのため、5社前後の借金がある方はアイフルの「おまとめローン」などのおまとめ系商品で借入先数を減らした上での申し込みの検討をおすすめします。

ちなみに、同じ「100万円の借金」でも、「3社から合計で100万円」よりも「1社から100万円」の方が一般的には信用度が高いです。

総量規制に引っかかるラインは超えられない

総量規制は年収の1/3以上貸してはいけない法律ですが、既に年収1/3ギリギリの借金をしている方は中小の消費者金融に申し込みをしても法律の壁で借りることができません。

反対に「それでも貸す!」と言ってくる業者は違法なケースが多いため注意しましょう。

おまとめローンなら可能なケースも!

ただ、「おまとめローン」の中には、総量規制の対象外となっていたり、複数社からの借り入れをしていても申し込めるものも多いため、おまとめローンも検討しましょう。

先ほど紹介した『アコム』『アロー』などはおまとめローンを実施しています。

しかしながら複数社から借り入れ、大きくなった負債を返せるだけの信用が必要になってくるため、審査は厳しいことを覚悟しておきましょう。

5. 消費者金融に関するQ&A

消費者金融についてよくある疑問をQ&A形式にしてまとめました。

  1. そもそも消費者金融とは何ですか?
  2. 消費者金融のメリット・デメリットは何ですか?
  3. 消費者金融はどうやって利用するのですか?
  4. 消費者金融の審査とはどのようなものですか?
  5. 消費者金融はどのように返済していくのですか?
  6. 返済が遅れるとどうなるのですか?
  7. 他におすすめのカードローンはありますか?

それぞれ紹介します。

5-1. そもそも消費者金融とは何ですか?

消費者金融とは、一般人(消費者)に対してお金を貸し出す業者のことです。

かつてはサラリーマンにお金を貸し出すことが多かったことから、サラ金と呼ばれることもありました。

現在、消費者金融は「貸金業法」という法律に則って営業しており、違法な金利で貸し出す「闇金」とは異なります。

5-2. 消費者金融のメリット・デメリットは何ですか?

消費者金融の長所・短所は次の通りです。

メリットデメリット
  • 審査スピードが速い
  • 無利息のキャンペーンが行なわれている
  • 柔軟な審査をしてくれる
  • 銀行よりも金利が高め

審査が迅速で最短即日で借りられるので、急いでいる方におすすめです。

また、銀行系カードローンより金利が高いですが、無利息期間があるので、短期間だけ借りたいという方に向いています。

ただし、大きな金額を長期間借りたい時は、「楽天銀行カードローン」など、消費者金融以外のカードローンをおすすめします。

5-3. 消費者金融はどうやって利用するのですか?

消費者金融の利用は、特に難しいことはありません。次の4ステップだけです。

①申し込み→②審査→③借り入れ→④返済

審査の時に、会社への在籍確認の電話がされることが多いというのは注意が必要です。

在籍確認を避けたいなら、『プロミス』など相談して書類提出のみの所を選ぶと良いでしょう。

5-4. 消費者金融の審査とはどのようなものですか?

消費者金融の審査では、主に次の3つのポイントが調査されます。

信用情報過去の借入と返済の記録(延滞や滞納の有無など)
返済能力年収や他社の借入状況など
本人の属性 年齢、職業や勤務先、勤続年数、雇用形態、家族構成など

ちなみに、消費者金融を申し込む際は、免許証やパスポートなどの本人確認書類が必要になります。

また、借入額が50万円を超える場合は、源泉徴収票や給与明細などの収入証明書の提出が必要になります。

5-5. 消費者金融はどのように返済していくのですか?

消費者金融の返済方法は次の方法があります。

  • ネットバンキングによる振込
  • 提携ATNでの振込
  • 店頭窓口で返済
  • 自動引落による返済

振込方法は、消費者金融によって異なるので前もって確認しておく必要があります。

できることなら、早め早めにお金を振り込んで、利息を減らしていきましょう。

5-6. 返済が遅れるとどうなるのですか?

返済が遅れると、遅延損害金が発生し、最大20%の金利が課されることになります。

また、滞納から2ヶ月以上経つとブラックリストに載り、お金の借り入れが難しくなります。

それに、電話や郵便で催促されることになり、最悪の場合、自己破産をする必要がでてきますから、くれぐれも遅れることが無いように借り入れましょう。

5-7. 他におすすめのカードローンはありますか?

消費者金融以外でおすすめのカードローンは、クレジットカード会社が出しているカードローンがおすすめです。

JCBカードローンの「FAITH」は金利が12.5%、2.5ヶ月の利息キャッシュバックを行っていて、消費者金融よりもお手頃な金利で借りられます。

正社員で安定的な収入があるなら、まずはそちらを検討すると良いでしょう。

6. さいごに

消費者金融の一覧と利用する際の注意点を紹介しましたが、参考になりましたか?

消費者金融全体をチェックするために一覧を見るのは良いですが、くれぐれも一度に何社も申し込んで、審査落ちしないように注意してください。

最後に、初めての方が申し込むべき大手消費者金融をまとめておきます。

一番のおすすめは、審査が早く、無利息期間がある「プロミス」です。

あなたが最高の形でお金を借りられることを心から祈っています。