世界一わかりやすい『ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード』解説|あなたにベストな1枚かわかる!

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードの券面画像

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード』(以下:『ヒルトン アメックス カード』)を申し込むべきか迷っていませんか?

申し込みを考えている理由は特に下記の3つに当てはまる方が多いのではないでしょうか。

  • ヒルトンなどの高級ホテルに無料で宿泊したい
  • ヒルトンのステータスが簡単な条件で欲しい
  • ヒルトンを有利な条件で利用できる特典・優待の豊富なクレジットカードを使いたい

年会費は高めですがそれを上回るメリットが多いので、ヒルトンホテルを利用したいほとんどの人におすすめできる非常に使えるクレジットカードです。

このページでは、大手カード会社に3社勤務した経験を活かして『ヒルトン アメックス カード』について以下の流れで全てご紹介します。

  1. ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードはこんな人におすすめ!
  2. ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードの3つのメリット
  3. ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードの3つの注意点

全て読んでいただければ、契約後に後悔することなく、あなたが本当に選ぶべきクレジットカードかどうかがわかるでしょう。

5月4日更新

コンラッド東京の朝食メニューの写真や、部屋のアップグレードについて追記しました。

1. ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードはこんな人におすすめ!

ヒルトン アメックス カード』はアメリカン・エキスプレスと国際的に展開しているホテルチェーンのヒルトンが提携して発行しているクレジットカードで、年会費は税込16,500円です。

大手カード会社に3社勤務し、9千枚のカードを見てきた私の評価は以下のようになります。

プロの一言!
ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード』は現在日本で発行できる唯一のヒルトンとの提携ゴールドカードで、条件を満たすことでウィークエンド無料宿泊を年に1泊できるだけでなく、無条件でヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスが付いたり、カード利用で最大3ポイント貯まるなどヒルトンをお得に使えるカードです。
ヒルトンホテルを利用する・したいほとんどの人におすすめできますが、無料宿泊の条件が少し厳しいので高級ホテルに簡単な条件で宿泊したい方は『スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード』の方がおすすめです。

以上のように、ヒルトンホテルを利用する(これから利用したい人も含む)ほとんどの人におすすめできるカードです。

そこで『ヒルトン アメックス カード』に興味を持っている方向けに、下記の3つの目的別のおすすめ度を示しました。

あなたの目的おすすめ度
①ヒルトンなどの高級ホテルに無料で宿泊したい◎カードを持ち、条件達成で1泊無料で宿泊できるのでおすすめ!
②ヒルトンのステータスが簡単な条件で欲しい◎カードを持つだけでヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスが提供されるのでおすすめ!
③ヒルトンを有利な条件で利用できる特典・優待の豊富なゴールドカードを使いたい◎ヒルトンだけでなくAMEXの特典も数多く利用できるため、どれかに興味を感じたらとりあえず体験することをおすすめ!

あなたに当てはまる目的をクリックすると、その内容をすぐに見れます。

1-1. ヒルトンなどの高級ホテルに無料で宿泊したい

以前は『ヒルトン・オナーズVISAゴールドカード』や『ヒルトン・オナーズVISAプラチナカード』が提携カードとして発行されていましたが、ヒルトンのゴールドステータスはもらえるもののカードの特典として無料で宿泊はできませんでした。

しかし、新たにAMEXとの提携で発行開始となった『ヒルトン アメックス カード』はプログラム期間中にカードを合計150万円以上利用しカードを1年間継続すると、1泊ウィークエンド無料宿泊特典がプレゼントされます。

コンラッドの東京や大阪でGWやお盆・年末年始の時期では1泊の価格が年会費の16,500円を超えることもあるので、これだけで既に元を取れてしまいます(現状は実質不可ですがコロナ後は海外の対象ホテルでも宿泊できます)

無料宿泊の曜日制限やカードの年会費が気になるなら『SPG AMEX』がおすすめ

価値は十分に高いですが、人が多い週末を避けたい・仕事の都合で週末は休めないなど無料宿泊が週末に限定されることが気になる方や、一時的に支払う年会費の高さに抵抗を感じる方もいるでしょう。

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード』(通称SPG AMEX)は年会費約半額の34,100円でMarriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)参加ホテルに2名まで一泊一室(2名様まで)の無料宿泊できる特典がプレゼントされます。

ヒルトンに強いこだわりがなく、高級なホテルに有利な条件で宿泊したいのであれば『SPG AMEX』を利用するのもおすすめです。

1-2. ヒルトンのステータスが簡単な条件で欲しい

『ヒルトン アメックス カード』は持つだけでヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスが提供されます。

このゴールドステータスを得るためには通常1年間に20回の滞在または40泊が必要で30万円以上はかかると言われています。

ヒルトン・オナーズ会員のランクと特典内容

出典:ヒルトン・オナーズ(一部改変)

航空会社の上級会員資格を得るために何度も搭乗を繰り返すことを“修行”と呼ぶことがありますが、高級ホテルの上級会員資格も同様に何度も宿泊をしてホテル修行をする方がいます。

お金もそうですが、時間も多く必要となるのでクレジットカードの年会費を負担するだけで上級会員資格を得られるのは非常にコストパフォーマンスが高いです。

シルバー以下の会員ランクに比べて、次の4つが優れています。

  • 80%のエリートステータス・ボーナス
  • お部屋のアップグレード(空室状況による)
  • すべてのホテルでの朝食無料サービス
  • 「マイルストーンボーナス」

確実にメリットを実感しやすいのは80%のエリートステータス・ボーナスポイントと朝食無料サービスです。

朝食は定価だと税金・サービス料込で3,500円〜5,000円くらいになるので、2人でホテルの利用回数が多くなれば無料になる朝食代だけでカードの年会費の元を取ることもできます。

コンラッド東京朝食メニュー・値段

(例えばコンラッド東京の朝食は5,000円します)

また空室状況によっては予約した部屋よりも上のグレードの部屋に宿泊できるため、1万円を超えるメリットを享受できます。

ヒルトン・オナーズ ステータスによる部屋のアップグレードの価値

引用:コンラッド東京

ダイヤモンドステータスが欲しいなら『ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード』もあり

「ヒルトンの利用ですっかりファンになったのでもっと上のランクを目指したい」などヒルトンのヘビーユーザーになりたい方もいらっしゃるでしょう。

そういう方は『ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード』がおすすめです。

なぜなら、1月から12月の1年間で合計200万円以上利用すると達成年の翌年末までヒルトン・オナーズの最上級のステータス「ヒルトン・オナーズ・ダイヤモンドステータス」がプレゼントされるからです。

1-3. ヒルトンを有利な条件で利用できる特典・優待の豊富なゴールドカードを使いたい

1-1.や1-2. で既にご紹介したように、『ヒルトン アメックス カード』は持つだけでヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスが得られたり、条件を満たすと1泊の無料宿泊ができます。

この他にヒルトン関係では通常25,000円(税込)の年会費が必要なヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(以下HPCJ)が初年度年会費10,000円(税込)、2年目以降もHPCJ会員資格の有効期限までに手続きすると、10,000円(税込)で更新できます。

HPCJは日本国内17ホテルと韓国2ホテルで以下の優待が受けられる特典プログラムです

  • 宿泊は25%割引
  • レストランは最大20%割引

HPCJ年会費の支払い後に、国内HPCJ対象ホテルで使える5,000円割引券を2枚(計10,000円分)プレゼントされるので、実質無料で優遇を受けられます(優遇は初年度から対象となります※AMEXサポートへ確認済み)

AMEXグリーンの特典・優待もほぼ利用可能

クレジットカードとしての機能・特典・優待は『アメリカン・エキスプレス・カード』とほぼ同じ内容を利用できます。

買い物など2つのプロテクション、旅行時は最大3,000万円の保険、国内では28空港ラウンジを同伴者1名も無料で利用できます。

AMEXが提供している基本的なサービスや優待を利用できるため、ヒルトン以外の日常生活でのカード利用でも満足を得られやすいでしょう。

1章まとめ

ここまでをまとめると、『ヒルトン アメックス カード』は持つだけでヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスが提供されて有利な条件でヒルトンを利用できます。

それだけでなく、条件を満たせば年会費以上の価格になる繁忙期の週末の宿泊を1泊無料で宿泊できるなどヒルトンユーザーには非常に価値の高い1枚です。

これまでヒルトンに泊まってみたいと思っていたけど、ためらいがあったり機会がなかった方はこのカードを作っていきなりゴールドステータスで最初の宿泊から最高の体験をしてみましょう。

『ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード』公式ページ:

https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/hilton-classic-card/

より有利な条件でヒルトンを使ってみたい方は『ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード』がおすすめです。

2章以降は、『ヒルトン アメックス カード』についてより詳しくメリットや注意点などを説明するので、読みたい方だけ読んでください。

2. ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードの3つのメリット

『ヒルトン アメックス カード』は下記の3つのメリットがあります。

  • ヒルトン・オナーズ会員のゴールド以上になれる
  • ヒルトンのホテルをお得に利用できる
  • AMEXの基本的なサービス・特典が利用できる

2-1. ヒルトン・オナーズ会員のゴールド以上になれる

『ヒルトン アメックス カード』は持つだけでヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスが提供されます。

このゴールドステータスを得るためには通常1年間に20回の滞在または40泊が必要で30万円以上はかかると言われています(コロナ禍の現在は取得条件が若干緩和されています)

ヒルトン・オナーズ会員のランクと特典内容

出典:ヒルトン・オナーズ(一部改変)

航空会社の上級会員資格を得るために何度も搭乗を繰り返すことを“修行”と呼ぶことがありますが、高級ホテルの上級会員資格も同様に何度も宿泊をしてホテル修行をする方がいます。

お金もそうですが、時間も多く必要となるのでクレジットカードの年会費を負担するだけで上級会員資格を得られるのは非常にコストパフォーマンスが高いです。

シルバー以下の会員ランクに比べて、次の4つが優れています。

  • 80%のエリートステータス・ボーナス
  • お部屋のアップグレード(空室状況による)
  • すべてのホテルでの朝食無料サービス
  • 「マイルストーンボーナス」

確実にメリットを実感しやすいのは80%のエリートステータス・ボーナスポイントと朝食無料サービスです。

朝食は定価だと税金・サービス料込で3,500円〜5,000円くらいになるので、2人でホテルの利用回数が多くなれば無料になる朝食代だけでカードの年会費の元を取ることもできます。

コンラッド東京朝食メニュー・値段

(例えばコンラッド東京の朝食は5,000円します)

また空室状況によっては予約した部屋よりも上のグレードの部屋に宿泊できるため、1万円を超えるメリットを享受できます。
ヒルトン・オナーズ ステータスによる部屋のアップグレードの価値

引用:コンラッド東京

2-2. ヒルトンのホテルをお得に利用できる

上記のゴールドステータスでもヒルトンのホテルをお得に利用できるようになりますが、その他に『ヒルトン アメックス カード』の機能・特典として以下の3つがあります。

  1. 条件を満たせば年1泊ウィークエンド無料宿泊できる
  2. カードの利用100円につき最大3ポイント貯まる
  3. ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンの年会費25,000円が10,000円になる優遇がある

それぞれの機能・特典についてもう少し詳しくご紹介します。

条件を満たせば年1泊ウィークエンド無料宿泊できる

『ヒルトン アメックス カード』はプログラム期間中にカードを合計150万円以上利用してカードを継続する条件を満たすと年に1泊ウィークエンド無料宿泊できます。

カードの入会日・切替日から毎年1年間のプログラム期間中にカードを合計150万円以上利用して、カードを継続すると1泊無料宿泊できます。

年間150万円の利用金額が難しく感じる方も次のような日常生活の支払いをこのカードに集中させて、1枚まで無料で発行できる家族カードを配偶者などに使ってもらうことで意外と達成できます。

  • 電気・ガス・水道・携帯電話料金・ネットプロバイダ料など
  • 病院・薬局・保険・家賃(可能な物件なら)
  • コンビニやスーパーなどの買い物
  • ホテルなどの宿泊費用、飛行機・新幹線・鉄道定期代などの交通費
  • 国民年金・各種税金

※上記の中で200円=2ポイント(通常の半分)の還元率でしかポイントが貯まらない加盟店も含まれます。

年末年始・GW・お盆などの繁忙期でコンラッドのようなグレードの高いホテルでは、1泊分でも年会費16,500円以上の価格になることも珍しくないので十分元が取れます。

あなたが利用予定があるホテルや、これを機に利用したいヒルトンホテルの宿泊価格を公式ページやアプリで確認しておくと良いでしょう。

カードの利用100円につき最大3ポイント貯まる

ヒルトン・ポートフォリオ内のホテルやリゾートでは利用金額100円につき3ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイントが貯まります。

ヒルトン以外の日常生活でのカード支払いでも利用金額100円につき2ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイントが貯まります(税金や電気・ガス・水道など一部の加盟店では200円につき2ポイントとなります)

1ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイントを当ページでは約0.5円相当の価値と判断するため、実質のポイント還元率は1%〜1.5%と高還元率なカードです。

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンの年会費が初年度から割引などの優遇がある

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(以下HPCJ)は日本国内17ホテルと韓国2ホテルで以下の優待が受けられる特典プログラムです

  • 宿泊は25%割引
  • レストランは最大20%割引

通常25,000円(税込)の年会費が必要なHPCJが初年度10,000円(税込)、2年目以降もHPCJ会員資格の有効期限までに手続きすると、10,000円(税込)で更新できます。

HPCJ年会費の支払い後に、国内HPCJ対象ホテルで使える5,000円割引券を2枚(計10,000円分)プレゼントされるので、実質無料で割引の優遇を受けられます(この優遇は2年目以降に適用)

対象のホテルを利用する回数が多ければ多いほど、割引で得られるメリットが多くなります。

2-3. AMEXの基本的なサービス・特典が利用できる

『ヒルトン アメックス カード』はAMEXグリーン(一般カード)相当の基本的なサービスや特典の多くを利用できます。

ここでは下記の3つをご紹介します。

  • ショッピング・プロテクション|オプションの加入で最長1年やノートPCも補償
  • オンライン・プロテクション|ネットショッピングの不正使用分を全額補償
  • 国内空港ラウンジ無料利用|同伴者1名も無料で使える

補足的に使うことで年会費の元を取りやすくなるので、日常生活で上手く取り入れて活用しましょう。

ショッピング・プロテクション|オプションの加入で最長1年やノートPCも補償

「ショッピング・プロテクション」という買い物保険は一般カードの中でも最高クラスの年間最大200万円の補償を受けられます。

それに加えて、たくさんあるオプションに加入する事で、通常よりも補償期間を長くしたり保険の対象となる商品を多くできます。

ここでは私が特におすすめする2つのオプションを簡単にご紹介します。

それぞれ追加の保険料が必要になりますが、高額な商品を複数購入するなどあなたの状況によっては、家電量販店などの保険よりもお得になることがあるので必要に応じて使い分けると良いでしょう。

オンライン・プロテクション|ネットショッピングの不正使用分を全額補償

クレジットカードに付帯する保険で意外とありそうでないのが、このインターネット上での不正使用による損害を全額補償です。

最近クレジットカード番号盗用被害額が増えてきていて、平成28年は88.9億円、平成29年は9月までの統計で130.3億円とクレジットカード不正使用被害の7割以上を占めます。

出典:一般社団法人 日本クレジット協会 クレジットカード不正使用被害額の発生状況

本人がどんなに注意をしていても、ハッキングなどで盗まれてしまったり使ったお店で番号が流出するなどのトラブルは避けられません。

しかし、オンライン・プロテクションのようなサービスがあれば安心してネットショッピングを楽しむことができます。

American Express SafeKey

オンライン・ショッピングについてはさらに安心・安全に買物ができるように、アメリカン・エキスプレスがワンタイムパスワードにより本人認証を行うサービス「American Express SafeKey」があります。

American Express SafeKey

出典:アメリカンエキスプレス

利用方法は下記の流れになります。

  1.  American Express SafeKey 参加加盟店にてオンライン・ショッピング
  2.  アメリカン・エキスプレスのカードで支払う
  3.  SafeKeyによる本人確認開始
  4.  あらかじめ登録したEメールアドレスにワンタイムパスワードが届くので確認
  5.  ワンタイムパスワードを入力
  6.  決済完了

利用についての事前の登録は必要なく、オンラインショッピング直前に登録することもできます。

但し、ワンタイムパスワードが登録のEメールアドレスに送信されるので、基本カード会員のみならず、家族カード・追加カード会員も含むアカウント全てに、あらかじめEメールアドレスを登録してあると利用がスムーズに行えます。

国内空港ラウンジの無料利用|同伴者1名も無料で使える

『ヒルトン アメックス カード』は国内28空港のラウンジを無料で利用することができます。

空港で搭乗手続きが終わると飛行機に搭乗するまでの時間長く待っていなければなりませんが、ラウンジを利用することで待ち時間を有効に活用できます。

羽田空港のカードラウンジ

出典:羽田空港

電源・Wi-Fi・ドリンク・軽食を無料で利用できるだけなく、アルコールなどの一部の飲み物やシャワー・マッサージチェアなどを有料で利用できるところもあります。

ラウンジの利用料金は1,000円前後ですが、『ヒルトン アメックス カード』と当日の搭乗券を提示することで無料で利用できます。

<『ヒルトン アメックス カード』限定!同伴者も1名無料でラウンジを使える>

さらに、他のゴールドカードと違い『ヒルトン アメックス カード』はカードを見せるだけで、同伴者も1名無料で空港ラウンジを利用できます。

小さいお子さん連れの家族でも、本会員以外のパートナーが家族カードを持つことで同様に同伴者も1名無料で利用できるため、合計4人までラウンジを無料で利用できて大変便利です。

家族4人で年5回以上ラウンジを利用する人は、それだけで年会費の元が取れる計算になります。

『ヒルトン アメックス カード』で使える詳しい空港名を知りたい方は空港ラウンジを参照してください。

【参考情報】旅行や出張時にも安心・便利!

海外旅行や出張に行く人に向けて多くの特典や優待があり、これらの活用だけで年会費以上のメリットを受けられます。

安心・安全に関わりお金で評価しにくい内容から、そのサービスを無料や割引料金で利用できるなど金銭面で直接分かりやすい内容まで幅広いです。

現在はコロナ禍でこれらの特典のメリットは当分受けられませんが、現地でのサポートや旅行保険などの安心・安全に関する優待と、無料や割引で利用できる特典の2つに分けて参考情報としてご紹介します。

無料や割引で利用できる特典

主に空港利用時に便利で快適に過ごせる特典が無料や割引料金で利用できます。

全て使いこなせればそれだけでカードの年会費以上の価値になるので、対象となる人には特におすすめです。

手荷物無料宅配サービス

国際線を利用する時、帰国時空港から自宅へカード会員の方一人につきスーツケース1個を無料で配送してくれます

対象空港:成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港

特に帰りはお土産などを購入するとどうしても行きより荷物が多く・重くなり、また旅行や長時間のフライトで疲れも溜まっています。

重くてかさばる荷物を自分で運ばなくても自宅まで無料で配送してもらえば、たとえ1個であっても身軽にすることができ、スムーズに帰宅ができます。

手荷物の配送サービスは1個の往復料金が平均4,000円以上かかるので、年に8回以上このサービスを使う人なら年会費以上に得をします。

その他にダンボールや自転車など、大きな手荷物の場合、カード会員1名につきJALエービーシーの公示価格より1,000円(税込)を割引の大型手荷物宅配優待特典も利用できます。

空港を快適に利用できる

空港においては、下の表のような快適に利用できるサービスがあります。

サービス名サービス内容
空港パーキング対象の空港パーキングで最大40%割引・洗車無料特典などが受けられる
無料ポーターサービス出発時は空港の駅改札付近の指定場所やバス停からチェックインカウンターまで、帰国時は到着ロビーから駅改札付近の指定場所やバス停まで、専任スタッフが荷物を運んでくれる
空港クロークサービス中部国際空港の手荷物預かり所で当日荷物を2個まで無料で預けられる

3. ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードの3つの注意点

この章では『ヒルトン アメックス カード』の注意点を3つ挙げていきます。

  • ヒルトンの宿泊回数が少ないと年会費の元を取りにくい
  • ポイントの価値が低めで交換先は実質特典宿泊に限られる
  • 限度額の仕組みが特殊

3-1. ヒルトンの宿泊回数が少ないと年会費の元を取りにくい

『ヒルトン アメックス カード』は16,500円(税込)とミドルクラスのゴールドカード並の年会費になっています。

あまりいないと思いますが、ヒルトンの宿泊回数が少ないと特典や優待のメリットを十分に受けられず、年会費の元が取りにくくなるので注意が必要です。

AMEX一般カードとしての特典や幅広い保険もメリットですが、やはりヒルトンへ年3回以上は宿泊しないとお得さを実感しにくいでしょう。

まずは一休.com経由申し込みで様子を見るのもあり!

いくらお得な特典を利用できるからと言って、年会費が発生するクレジットカードをいきなり作る事に抵抗を感じる方もいるでしょう。

一休.com」経由でヒルトンなど高級ホテルの宿泊予約ができますが、6ヶ月間で5万円以上の利用でなれるゴールド以上の会員になることでプライベートセールが利用できます。

一休プレミアサービスの比較表

引用:一休.com

このプライベートセールで案内される宿泊プランはホテル公式サイトからの申し込みよりもかなり安くなる(高額なプランでは最大50%近く!)ため、ヒルトンを始めとする高級ホテルを下記の条件で利用される方にはこちらの方がお得です。

  • 1年に数回しか宿泊しない
  • お気に入りのブランドとなる高級ホテルを探している
  • ポイントをすぐに使いたい(予約時にポイント分を即時割引して使えます)

割引クーポンなどが発行されることもあるためお得感が強く、何らかの事情で宿泊など利用しなくなっても一休.comの会員ランクが下がるだけで特にデメリットはないので安心して安く泊まれます。

まずは下記の公式ページをチェックしてみましょう。

一休.com公式ページ:

https://www.ikyu.com/

一休.comを利用してヒルトン・マリオットグループ・IHG・ハイアットなどの高級ホテルを予算と宿泊地、使いたい部屋の希望などに合わせて実際に何回か宿泊してみましょう。

その上で、ヒルトンを定宿にしたいと思ったら『ヒルトン アメックス カード』など提携のカードを作ると良いでしょう。

なお、一休.comのサービスが気に入り、繰り返し使う方は『MICARD+』の会員専用サイトから予約・利用する事で200円(税込)で5ポイント貯まります。

一休.com エムアイカード会員特典

引用:エムアイカード

ポイント還元率2.5%はかなり高還元率でこのままでも十分お得ですが、エムアイポイントはJALマイルに2:1のレートで移行できるので、間接的にマイル還元率1.25%のカードにできます。

利用額が多い方や、三越伊勢丹で少しでも買い物をする機会のある方は『MICARD+ GOLD』だと一休.comで200円(税込)で6ポイント貯まり、一休プレミアサービスの「プラチナ会員」のサービスを最大1年間利用できるのでさらにお得です。

一休.com(特にレストラン)はポイントサイトでの案内がしばしば無くなったり、還元率が少なくなるなど安定しないため、一休.comでの会員ランクを高い状態で維持するほど使う方は上記のいずれかのカードの方が確実に得にできます。

無料宿泊の条件が気になる方は『SPG AMEX』がおすすめ

無料宿泊特典を得るために年150万円のカード利用が難しい、仕事の都合などで週末の宿泊はなかなかできない、ポイントの価値が気になる方は『スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード』(通称SPG AMEX)がおすすめです。

年会費は約2倍の34,100円になりますが、カードを継続する(年会費を払う)だけでMarriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)参加ホテルに2名まで一泊一室(2名様まで)の無料宿泊できる特典がプレゼントされます。

その他に、利用できるホテル数やサービスなどを簡単に比較してみました。

ヒルトンマリオット
ホテル数1971
提携クレジットカードに付帯する会員ランクゴールド(3/4段階)ゴールドエリート(3/6段階)
朝食無料
子供の特典(朝食無料、ラウンジ料金など)

※2021年5月時点の公式ページなどの情報を元に作成

ホテル数はマリオット系が圧倒的に多く、ラグジュアリー系からリーズナブルな価格まで幅広く対応しているのがメリットです。ヒルトンはラグジュアリー系に集中して泊まりたい方に向いています。

提携カードに無料で付属する会員ランクはヒルトンの方が優れており、数千円する朝食が無料になるのが大きなメリットと言えます。

一方で、子供がいる方はマリオット系の方が無料で利用できるサービスが多く、家族で利用する機会が多い方はこちらの方がお得感があります(ヒルトンは未就学児でなければ無料にならないサービスが多いです)

3-2. ポイントの価値が低めで交換先は実質特典宿泊に限られる

100円の利用で2〜3ポイント貯まり、15カ月以内にカードの利用や宿泊などでポイントが増える限り有効期限が実質無期限なので貯めやすいですが、1ポイントの価値は低め(約0.5円)なので注意が必要です。

交換先自体は下記のように多彩ですが、特典宿泊以外は著しく価値が下がるのでおすすめしません。

  • 特典宿泊:約0.3〜1円相当
  • 現金+ポイントでの宿泊:約0.3〜1円相当
  • マイルへの交換:0.1〜0.15マイル(0.2〜0.3円相当)
  • 商品券への交換:約0.05〜0.1円相当
  • Amazon.comでの利用:500ポイント=1USD(約0.2円相当)
  • 商品への交換:約0.1円相当

現金+ポイントでの宿泊での利用でも特典宿泊と価値自体は同等に近いですが、サービス料や消費税が必要になったり現金+ポイントでの宿泊プランよりも他のプランでより安く泊まれることが多いです。

ポイントの使い道は原則、全額ポイント支払いの特典宿泊にするのがもっともお得です。

ポイントの使い勝手も考えるなら『SPG AMEX』がおすすめ

ヒルトンのような高級ホテルでの宿泊以外にもポイントをお得に使いたいなら『SPG AMEX(スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード)』がおすすめです。

1ポイントあたりの価値は約0.3円程度ですが、JALやANAなどマイルへの交換で最大1.25%(ユナイテッド航空は1.375%)になるなど、使い勝手は『ヒルトン アメックス カード』よりも優れています。

3-3. 限度額の仕組みが特殊

『ヒルトン アメックス カード』を始めとするアメックスのカードは利用限度額に一律の制限がないだけでなく、利用状況によって変わるなど他社のクレジットカードとは異なった仕組みです。

固定された金額ではないので、月によっては限度額に達してカードが使えなくなる可能性があります。

ただ、高額な商品を買う時や支払いをする時は「事前承認手続き」という事前に連絡をして入金をする仕組みをアメックスが勧めていて電話1本で簡単に認められることが多いので、一時的にたくさん使う時は他社の一時的な増枠よりも使いやすいというメリットもあります。

利用可能額の確認がオンラインで簡単に!

以前までは、サポートセンターに電話をしないと利用可能額の目安が分かりませんでしたが、現在は公式ページ(オンライン)で簡単にできるようになり、便利になりました。

アメリカン・エキスプレス・カードの利用可能額の確認

※このサービスを利用するためには事前に「オンライン・サービス」へ登録が必要です

不正使用防止のため1日に確認できる回数に制限がありますが、自分の好きな時間に確認できるので便利です。

プロの助言

余裕がある時は電話で問い合わせるようにしましょう。

なぜならアメックスは顧客との関係を重視しているため、些細な事でもサポートセンターを利用する事で、よりあなたが便利にカードを使えるように助言をくれたり環境を整えてくれるからです。

4. まとめ

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード』に関しておすすめできる人や状況、メリット・注意点を解説しました。

『ヒルトン アメックス カード』はヒルトンを非常に有利な条件で利用できる特典や優待が非常に多いです。

  • ヒルトン・オナーズ会員のゴールド以上になれる
  • ヒルトンのホテルをお得に利用できる
  • トラブル時でも安心して生活をしたい(各種保険)

AMEXの特典・優待もほぼ使えるため、充実した保険は日常生活でも安心を得られやすく、ヒルトンホテルを利用したいほとんどの人におすすめです。

『ヒルトン アメックス カード』を利用することであなたの生活がより豊かで便利になることを祈っています。

『ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード』公式ページ:

https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/hilton-classic-card/

より有利な条件でヒルトンを使ってみたい方は『ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード』がおすすめです。

カード詳細情報

この章では、『ヒルトン アメックス カード』についての詳細情報を表にまとめました。

上記でご紹介した他にカードについて細かい情報を知りたい人だけお読みください。

また、参考情報としてヒルトン アメリカン・エキスプレス・カードのグレード別情報簡単比較表を紹介しています。

基本情報

年会費(税込)本会員16,500円
家族会員1枚目まで無料、2枚目以降6,600円
国際ブランドAmerican Express
申し込み対象本会員20歳以上、定職がある方(パートアルバイトの方のお申込みはお受けできません)
家族会員配偶者・ご両親・18歳以上のご子息・ご令嬢等
締め日・支払日アメリカン・エキスプレス社指定日(ただし、同日が金融機関の休日の場合は翌営業日とします)
ショッピング利用可能枠カード会員様お一人おひとりに合わせたカードご利用可能枠
支払い方法1回払い、ボーナス・分割払い<事前登録型サービス(入会後3ヶ月以降に登録申し込みできる)>・ペイフレックス<事前登録型サービス(入会後3ヶ月以降に登録申し込みできる)
キャッシングキャッシングおよびお借入れサービスは、2012年6月30日で終了

ポイント情報

ポイント名ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント
基本ポイント付与100円利用で2P(1P=約0.5円相当):通常利用

※電気・ガス・水道など公共料金の支払いや国民年金など一部の支払いは200円につき2P

100円利用で3P(1P=約0.5円相当):ヒルトン・ポートフォリオ内のホテルやリゾートで利用

還元率約1〜1.5%
有効期限実質無期限(過去15カ月間に一度でも獲得があれば都度延長)
交換先500P:Amazon.comで1USD分

4,000P〜:寄附

5,000P以上1,000P単位:現金との組み合わせで客室料金との支払い

5,000P〜:特典滞在(無料宿泊)

6,805P〜:電化製品

8,850P~:スポーツ・レジャー用品

9,495P〜:チケット・金券

9,970P~:インテリア・日用雑貨

10,000P〜:食事、ツアー、マッサージなどの特典と交換

10,000P〜:世界各地の30社以上の航空・鉄道パートナーのマイルやポイントに交換(一部の航空会社は1,000P〜)

追加カード(電子マネー)情報

カード名年会費・発行手数料ポイント付与備考
ETCカード年:無料

発:

935円(税込)

100円利用で2ポイント
Apple Pay無料QUICPay:100円利用で2ポイントSuicaチャージできるが、ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイントは付かない
プラスEXカード【エクスプレス予約サービス(プラスEX会員)】年:1,100円(税込)100円利用で2ポイント
プライオリティ・パス

保険情報

海外旅行保険(利用付帯)補償条件旅行前に日本国内にてカードで日本出入国のために時刻表に基づいて運行される国際航空機または国際船舶のチケットやパッケージ・ツアーの料金をお支払いになられた場合、海外旅行を目的にご住居(日本国内)を出発されたときから、ご住居にお戻りになるまでの間で、かつ、日本を出国する前日の午前0時から日本に入国した翌日の午後12時(24 時)までの間の旅行期間を補償します。ただし、 日本を出国した翌日から90日後の午後12時(24 時)を限度とします。

また、日本国内でのカードによる購入がなくても、出国後海外で初めて被保険者の公共交通乗用具のチケットの料金をカード会員がカードでお支払いになった場合も、その購入のときから上記補償期間終了までの間)に適用

傷害死亡・傷害後遺傷害最高3,000万円
傷害・疾病治療最高100万円
賠償責任最高3,000万円
携行品損害1旅行中30万円(年間限度額100万円)

※自己負担額1回の事故につき3,000円

※携行品1つあたり10万円限度

救援者費用最高200万円
家族特約傷害死亡:最高1,000万円
対象者配偶者様、カード会員と生計を共にするお子様・ご両親などの親族(6親等以内の血族、3親等以内の姻族の方)
国内旅行保険(利用付帯)補償条件国内を旅行中における、カードでチケットなどをご購入の公共交通乗用具に搭乗中の事故、ご予約の上、カードで宿泊料金をお支払いになる旨をお伝えになった宿泊施設での宿泊中の火災・爆発による事故、またはカードで購入された宿泊を伴う募集型企画旅行に参加中の事故によって傷害を受けられた場合に補償
傷害死亡・傷害後遺傷害2,000万円
傷害入院
傷害手術
傷害通院
家族特約1,000万円
対象者配偶者様、カード会員と生計を共にするお子様・ご両親などの親族(6親等以内の血族、3親等以内の姻族の方)
ショッピング・プロテクション補償内容カードを使って購入した商品の偶然な事故による損害について、商品購入日から90日間補償
年間補償限度額200万円
自己負担額(1回の事故につき)10,000円
カード盗難保険届出を当社が受け取った日から遡って 60 日目以降に生じたカードの不正使用については、会員は支払責任を負わない
American Express SafeKeyオンライン・ショッピングの際に、アメリカン・エキスプレスがワンタイムパスワードにより本人認証を行うサービスです。
万一、第三者が不正に買物をしようとしても、ワンタイムパスワードによる本人認証が必要となるため、カードの不正使用を防止できます。

空港ラウンジ

国内空港ラウンジ28空港40ラウンジ[北海道・東北]

新千歳空港 函館空港 青森空港 秋田空港 仙台空港

[中部]

新潟空港 富山空港 小松空港 中部国際空港

[関東]

羽田空港 成田国際空港

[近畿]

伊丹空港 関西国際空港 神戸空港

[中国・四国]

岡山空港 広島空港 米子空港 山口宇部空港 徳島空港 高松空港 松山空港

[九州・沖縄]

北九州空港 福岡空港 長崎空港 熊本空港 大分空港 鹿児島空港 那覇空港

海外空港ラウンジ[ハワイ]

ダニエル・K・イノウエ空港

空港ラウンジ同伴者1名様まで無料で利用

サービス・特典情報(アメリカン・エキスプレス共通)

特典内容・手荷物空港宅配サービス

海外旅行からのご帰国時に空港からご自宅まで、カード会員お一人様につきスーツケース1個を無料で配送

 

・大型手荷物宅配優待特典|カード会員1名様につき、JALエービーシーの公示価格より1,000円(税込)を割引

 

・無料ポーターサービス|出発時は空港の駅改札付近の指定場所やバス停からチェックインカウンターまで、帰国時は到着ロビーから駅改札付近の指定場所やバス停まで、専任スタッフが荷物を運んでくれる

 

・空港クロークサービス|中部国際空港内手荷物預かり所で当日荷物を2個まで無料で預けられる

 

・空港パーキング|対象の空港パーキングで割引・優待特典が受けられる

 

・海外用レンタル携帯電話|レンタル料は半額、通話料も通常の10%割引で利用できる

 

・指定レンタカー会社にて基本料金より5%オフ

 

・世界中にあるサービス拠点で旅をサポート[トラベル・サービス・ロケーション]

 

・新国立劇場|先行購入、ドリンク券・チケット郵送・オペラトーク無料

 

・チケット・アクセス|様々なエンターテインメントのチケットの先行販売受付・良席用意・ドリンクチケットや食事の特典(5月31日で終了)

 

・アメリカン・エキスプレス・コネクト|多彩なカテゴリーの優待特典情報を集約

 

サービス・特典情報(ヒルトン アメックス カード限定)

ヒルトンの特典内容・カードの入会日・切替日から毎年1年間にカードを合計150万円以上利用のうえ、カードを継続すると、ウィークエンド無料宿泊特典が1泊プレゼントされる

 

・所持するだけでヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスが提供される(通常1年間に20回の滞在または40泊が必要)

 

・ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(以下HPCJ)の年会費通常25,000円(税込)が初年度10,000円(税込)。2年目以降もHPCJ会員資格の有効期限までに手続きすると、10,000円(税込)で更新できます。HPCJ年会費の支払い後に、国内HPCJ対象ホテルで使える5,000円割引券が2枚(計10,000円分)プレゼントされる

 

ヒルトン アメリカン・エキスプレス・カードグレード別情報簡単比較表

ヒルトン アメリカン・エキスプレス・カードについて、グレード別に情報を簡単に比較できるよう表にまとめました。

カード名

『ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード』

『ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード』

申し込み対象本会員

20歳以上、定職がある方

(パート・アルバイトの方のお申込みはお受けできません)

家族会員配偶者、ご両親、18歳以上のご子息・ご令嬢等
ポイント還元率(1P=0.5円相当として換算)

1.5%〜3.5%

1%〜1.5%

年会費(税込)本会員

66,000円

16,500円

家族会員

3枚目まで無料、4枚目以降13,200円

1枚目無料、2枚目以降6,600円

ショッピング利用可能枠カード会員に合わせたカードご利用可能枠
電子マネー

○ポイントも付く

△チャージのみ

Edy

モバイルSuica

QUICPay(Apple Pay)

SMART ICOCA

国内旅行保険

(利用付帯)

傷害死亡・傷害後遺傷害5,000万円

家族1,000万円

2,000万円

家族1,000万円

傷害入院

傷害手術

傷害通院

家族特約対象配偶者様、カード会員と生計を共にするお子様・ご両親などの親族(6親等以内の血族、3親等以内の姻族の方)
海外旅行保険補償条件利用付帯
傷害死亡・傷害後遺傷害最高1億円

家族 1,000万円

最高3,000万円

家族 1,000万円

傷害・疾病治療最高300万円

家族 200万円

最高100万円
賠償責任最高4,000万円

家族 4,000万円

最高3,000万円
携行品損害1旅行中50万円(保険期間中100万円)(免責3,000円)

家族 同上

1旅行につき30万円限度/年間100万円限度(免責3,000円)
救援者費用最高400万円

家族 300万円

最高200万円
家族特約対象配偶者様、カード会員と生計を共にするお子様・ご両親などの親族(6親等以内の血族、3親等以内の姻族の方)
海外航空機遅延保険

2〜4万円

ショッピング・プロテクション補償限度額年間500万円まで年間200万円まで
自己負担額1回につき10,000円
リターン・プロテクション
オンライン・プロテクション
キャンセル・プロテクション
スマートフォン・プロテクション
空港ラウンジ国内新千歳空港 函館空港 青森空港 秋田空港 仙台空港 新潟空港 羽田空港 成田国際空港 富山空港 小松空港 中部国際空港 伊丹空港 神戸空港 関西国際空港 岡山空港 米子空港 広島空港 山口宇部空港 松山空港 徳島空港 高松空港 北九州空港 福岡空港 長崎空港 熊本空港 大分空港 鹿児島空港 那覇空港
海外ハワイ ダニエル・K・イノウエ空港
同伴者1名無料
海外サポート

オーバーシーズ・アシスト

グローバル・ホットライン

ウィークエンド無料宿泊

1泊:カード継続

1泊:プログラム期間中にカードを合計300万円以上利用のうえ、カードを継続

1泊:プログラム期間中にカードを合計150万円以上利用のうえ、カードを継続

ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータス提供

ヒルトン・オナーズ・ダイヤモンドステータス提供

 1月から12月の1年間で合計200万円以上利用(本カード会員のみ)

 ー

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン年会費優遇

初年度無料

2年目以降:10,000円(税込)

初年度:10,000円(税込)

2年目以降:10,000円(税込)※会員資格の有効期限までに更新した場合

(※当サイトへの掲載情報は、できる限り正確であるように精査の上細心の注意を払って作成しておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に対して生じたあらゆる損害等について一切補償は致しません。極力サービス内容が変わり次第更新をしますが突然変わりすぐに更新できない可能性もあるため、カードご入会の前には必ずご自身でカード発行元の公式サイトで最新の情報をご確認した後にお申し込み下さい)