イオン銀行「イオンアシストプラン」辛口レビュー|おまとめローン50社口コミ比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

イオン銀行おまとめローンでおまとめをしようか迷っていませんか?

イオン銀行おまとめローンはおまとめローンの中でも低金利と宣伝されていますが、多くの方は他のカードローンを使うべきです。

本ページでは銀行でカードローン担当を経験してきた筆者がイオン銀行おまとめローンのおまとめにユーザー100人のアンケートに基づいて以下の流れで紹介していきます。

  1. おまとめローンとしては「一長一短」
  2. 口コミでわかるイオン銀行をおまとめ先に選ぶメリット
  3. 口コミでわかるイオン銀行をおまとめ先に選ぶデメリット
  4. イオン銀行でおまとめすべき人4つの条件
  5. 即日は可能?イオン銀行申し込みの5ステップ
  6. 審査に通る可能性を飛躍的に上げる3つのポイント

本ページを読んでいただけば、イオン銀行おまとめローン(イオンアシストプラン)でおまとめをするメリット・デメリットから審査の時間やポイントまでをご理解いただけます。

すぐに申し込みたい方は、イオン銀行の公式ページ「http://www.aeonbank.co.jp/」から行いましょう。

1. おまとめローンとしては「一長一短」

おまとめローンとは以下のように、複数のカードローンを一社にまとめる仕組みを指します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-11-11-46-45

おまとめをすると以下のようなメリットやデメリットがあります。

メリット デメリット
  • 毎月の返済が1回になるので管理が簡単!
  • 毎月の返済の負担が減る
  • 利率が低くなる可能性大!
  • 支払い総額が高くなる可能性がある
  • 審査が厳しい
  • 詐欺にあったという声も!

そもそもあなたはおまとめをすべきなのかが気になる方は「世界一わかりやすいカードローンのおまとめ全知識」を参考にしてみましょう。カードローンのメリット・デメリットをご理解した上で、あなたが本当にローンをまとめるべきかご理解いただけます。

イオン銀行おまとめローンのおまとめとしての評価

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-23-16-25-58

イオン銀行「イオンアシストプラン」はイオンのネットバンクである「イオン銀行」のおまとめローンで、「おまとめOK!」と大きくアピールしています。そしておまとめローンとしては「一長一短」と言えます。

総合pt 3.80
★★★★☆
総合的に見るとおまとめローンの中では平均的。金利は優れているが、スピードがネック。
金利 3.8%~13.5%
★★★★★
全おまとめ系商品の中でも優秀。特に最高金利が低いため安心して申し込みが可能。
限度額 700万円
★★★★☆
業界でも上位。高額のおまとめでも十分耐えられる水準。
スピード 2.6
★★★☆☆
即日は不可能、審査だけでも1週間かかってしまう。
審査 3.6
★★★★☆
審査以前に申し込み基準が高い。申し込み基準をクリアしているかが肝。

2. 口コミでわかるイオン銀行をおまとめ先に選ぶメリット

本ページをまとめるに当たって、私はイオン銀行カードローンユーザー100人にアンケートをとり、その中で見えた「おまとめ時」のメリットを紹介していきます。

イオン銀行をおまとめ先に選ぶメリットは「最高金利が低いこと」です。

2-1. 最高金利が低い

口コミ・評判

45歳・正社員・年収300万円台・90万円をおまとめ
評価:★★★★★5
3社くらいから15%前後で借りていたのですが、イオン銀行のおまとめローンにまとめたところ、金利が13%台にまで落ちました。
他の銀行は100万円未満のおまとめだとそこまで金利が低くならないみたいな中で、どんなに金利が高くても13%台の金利なので安心して申し込めました。

イオン銀行は、以下のようにおまとめに力を入れる他行と比較すると金利が低いです。

サービス名 金利
イオン銀行「おまとめローン」 3.8%~13.5%
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5%
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8%
じぶん銀行カードローン 2.2%~17.5%
東京スター銀行おまとめローン 5.8%~14.8%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
アイフル「おまとめMAX」 12.0%~15.0%
アコム「貸金業法に基づく借換え専用ローン」 7.7%~18.0%
プロミス「貸金業法に基づくおまとめローン」 6.3%~17.8%
アロー「貸金業法に基づく借換ローン」 15.00%~19.94%

特に注目すべきは「最高金利」です。一般的におまとめ先の業者との取引実績がなかったり、少額のおまとめ時は高めの金利が設定されやすいです。

その中で、イオン銀行は上記の11社のおまとめに力を入れている業者のなかでも最高金利が低いため少額でも安心して申し込めます。

参考までに、以下の表に限度額別の金利水準をまとめました。

100万円未満(例:90万円のとき) 100万円 200万円 300万円
イオン銀行「おまとめローン」 3.8%~13.5% 3.8~13.5% 3.8~13.5% 3.8~13.5%
じぶん銀行カードローン※通常ユーザー 13.0~17.5% 13.0~17.5% 9.0~13.0% 7.0~9.0%
オリックス銀行カードローン 12.0~17.8% 6.0~14.8% 5.0~12.8% 5.0~12.8%
三井住友銀行カードローン 12.0~14.5% 12.0~14.5% 10.0~12.0% 8.0%~10.0%
楽天銀行カードローン 14.5% 9.6~14.5% 6.9~14.5% 4.9~12.5%
プロミス ~17.8% 4.5%~15.0%

以上の表からお分りいただけるように、イオン銀行は100万円以下のおまとめ時は他社よりも圧倒的に低い金利で借りられることがわかります。

この、金利が低水準で特に最高金利が低いことはイオン銀行の大きなメリットと言えます。

3. 口コミでわかるイオン銀行をおまとめ先に選ぶデメリット

反対にユーザーからの口コミから、以下の面でイオン銀行にはおまとめ先としてのデメリットがあるということがわかりました。

  • おまとめまでに時間がかかる
  • 申し込みの敷居が高い
  • 金利がわからない

3-1. おまとめまでに時間がかかる

口コミ・評判

41歳・正社員・年収300万円台・80万円をおまとめ
評価:★☆☆☆☆1
審査の連絡だけでも1週間以上かかり、借入までするためには2週間かかりました。
以前使った他のカードローンは翌日には借りられていたのに、すごく面倒な印象を受けました。

イオン銀行おまとめローンの最大のデメリットが、「おまとめまでに時間がかかる」ということです。

以下のように、おまとめローンに申し込むと①審査に1週間程度②書類を受け取り返送するために1週間程度かかるため、スムーズに申し込みができたとしても10日~20日はかかってしまいます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-23-20-28-34

出典:イオン銀行カードローン

そのため、申し込んでからおまとめをするまでに時間がかかってしまいます。Web完結などによりカードローンは即日の融資が受けやすくなっている中でここまで時間がかかってしまうのは大きなデメリットです。

また、イオン銀行の口座が必要なので、口座がない方は口座を作ってから申し込む必要があります。

3-2. 申し込みの敷居が高い

口コミ・評判

41歳・派遣社員・年収100万円台・否決
評価:★☆☆☆☆1
金利が低いので、どうしても申し込みを行いたかったのですが、年収200万円ないと申し込みができないなんて…。

イオン銀行おまとめローンは申し込みの敷居がかなり高いことも大きなデメリットです。

以下の基準を満たしていないとおまとめ資金を借りることができません。

  • イオン銀行に普通預金口座をお持ちの方
  • 原則、前年度税込年収が 200 万円以上の方
  • ご契約時の年齢が満 20 歳以上、満 60 歳未満の方

また、年金受給者、学生、無職(専業主婦(夫))の方は申し込みを行うことができません。

特に年収で申し込みに制限をかけているのはイオン銀行の大きな特徴で、200万円未満の年収だと以下のように申し込みすらできないようになっています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-24-12-57-04

出典:イオン銀行

3-3. 申し込み時に金利がわからない

口コミ・評判

45歳・正社員・年収500万円台・120万円をおまとめ
評価:★☆☆☆☆1
金利が低いとネットで評判だったのでイオン銀行におまとめすることを決めましたが、結果13.5%..。他の銀行ならもっと低かったのではと思ってしまいます。

イオン銀行おまとめローンの金利は「審査の結果次第」で決まります。

他行は以下のように、限度額ごとに大まかな金利が決まっているので、あなたのおまとめ額によって大まかな金利がわかりますが、イオン銀行はそれがわかりません。

100万円未満(例:90万円のとき) 100万円 200万円 300万円
イオン銀行「おまとめローン」 3.8%~13.5%
じぶん銀行カードローン※通常ユーザー 13.0~17.5% 13.0~17.5% 9.0~13.0% 7.0~9.0%
オリックス銀行カードローン 12.0~17.8% 6.0~14.8% 5.0~12.8% 5.0~12.8%
三井住友銀行カードローン 12.0~14.5% 12.0~14.5% 10.0~12.0% 8.0%~10.0%
楽天銀行カードローン 14.5% 9.6~14.5% 6.9~14.5% 4.9~12.5%

金利が低いイオン銀行おまとめローンですが、あなたのおまとめ額によってどのくらいの金利になるかわからないのは大きなデメリットと言えます。

4. イオン銀行でおまとめすべき人4つの条件

イオン銀行は金利が低いおまとめローンなので、おまとめ先には非常に優良と言えますが、筆者がオススメできるのは以下の4つのポイントに全て当てはまる方です。

イオン銀行でまとめるべき人4つの条件

  1. おまとめに時間をかけてもいい方
  2. イオン銀行に口座がある・もしくは作ってもいい方
  3. 200万円以内の少額のおまとめを希望する方
  4. 申し込み条件に適している方

1点でも当てはまらなければ他行のローンがおすすめです。

本章ではそれぞれが意味していること、そして当てはまらない方はどうすべきかを解説していきます。

4-1. おまとめに時間をかけてもいい方

イオン銀行のおまとめローンは申し込んでからおまとめをするまでに10~20日程度かかることを覚悟しなければなりません。

そのため、そこを待てる方にしかおすすめできません。

スピード重視の方におすすめのおまとめ先

銀行で即日借りやすいのは「三井住友銀行カードローン」などの無人契約機が豊富な銀行です。無人契約機があればそこでローンカードを受け取れるため銀行の営業時間に関係なくお金を借りられるためです。

カードローン名 即日可能か 無人契約機 おまとめに力を入れているか
オリックス銀行カードローン × ×
三井住友銀行カードローン
楽天銀行スーパーローン ×
じぶん銀行カードローン ×
プロミス

また、「プロミス」などの大手消費者金融も即日の融資をしてもらいやすいです。

4-2. イオン銀行に口座がある・もしくは作ってもいい方

イオン銀行おまとめローンにはイオン銀行の口座が必要です。そのため、イオン銀行に口座がある方・もしくはおまとめローンのために普通預金口座を作ってもいい方でないとおすすめできません。

口座を持っていない方におすすめのおまとめ先

口座を持っていないのであれば、先ほどの金利表もしくは「100人の口コミでわかるおまとめローンおすすめランキング」を参考にあなたにベストな1枚を探しましょう。

4-3. 200万円未満の少額のおまとめを希望する方

イオン銀行は最高金利が低いため、200万円未満のような比較的少額のおまとめ時はおすすめです。

ただし、他行のように限度額によって金利が定まるわけではないため、200万円を超える時は他行の方が以下のように金利が低くなる可能性が高いです。

100万円未満(例:90万円のとき) 100万円 200万円 300万円
イオン銀行「おまとめローン」 3.8%~13.5%
じぶん銀行カードローン※通常ユーザー 13.0~17.5% 13.0~17.5% 9.0~13.0% 7.0~9.0%
オリックス銀行カードローン 12.0~17.8% 6.0~14.8% 5.0~12.8% 5.0~12.8%
三井住友銀行カードローン 12.0~14.5% 12.0~14.5% 10.0~12.0% 8.0%~10.0%
楽天銀行カードローン 14.5% 9.6~14.5% 6.9~14.5% 4.9~12.5%

4-4. 申し込み条件に適している方

イオン銀行は他行よりも比較的厳しい申し込み条件を定めています。特に年収200万円未満だと申し込みができないため注意が必要です。

年収200万円未満の方におすすめのおまとめ先

年収が200万円未満の方がおまとめするのであれば、消費者金融系のカードローンがおすすめです。なぜなら銀行よりも審査が柔軟だからです。

特に『アイフル』がおまとめの顧客拡大に特に力を入れているためおすすめです。

5. 即日は可能?イオン銀行申し込みの5ステップ

イオン銀行は即日での難しいです。ちなみにイオン銀行カードローンでの申し込みからおまとめまでのステップは以下のようになっています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-23-22-35-09

画像:イオン銀行

ステップ1. 申し込み

パソコンやスマホ、ローン契約機から申し込みを行えます。ただし、口座がない方は事前に「こちら」から口座の開設が必要です。

申し込みは公式サイトのおまとめ専用ページ「http://www.aeonbank.co.jp/」から申し込みを行いましょう。

また、おまとめの際は必ず利用目的を「借入金返済資金」にしましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-24-13-07-14

画像:イオン銀行

ステップ2. 審査

ここで仮審査を実施され、通らなければ次のステップに進めません。

ちなみに、次章「6. 審査に通る可能性を飛躍的に上げる3つのポイント」で審査に通るためのポイントをまとめましたので参考にしてみましょう。

また、審査のタイミングであなたへの「確認」の電話と、職場への「在籍確認」の電話がそれぞれ入ります。

職場への「在籍確認」の電話は、基本的に「個人名」からの電話になるのでカードローンの在籍確認だとバレないように配慮されています。

1週間ほどで審査の結果が出ます。通った場合は「電話」、落ちた場合は「郵便」での結果通知になります。

ステップ3・4. 契約手続き

郵送で契約書を受け取り、必要書類(本人確認書類・収入証明書)を合わせて返送すれば契約完了です。

スムーズに融資を受けるためにもこの手続きをスムーズに行うことがおすすめです。

ステップ5. 融資

送った書類を元に、イオン銀行側で最終審査を行います。その結果通って入れば最終確認の電話が入り、その後あなたのイオン銀行の口座に振り込みという流れになります。

おまとめ用の資金なので他社へきちんと返済をしましょう。

6. 審査に通る可能性を飛躍的に上げる3つのポイント

おまとめローンの審査に通るためには、以下の3つのポイントを守りましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-12-16-03-46

6-1. 申し込みは1社ずつ

あなたがおまとめローンに申し込んだという情報はほぼ全ての貸金業社で共有されます。

そして、短期間のうちにあまりに多くの申し込みをしていると、「この人はよほど切羽詰まっているのか」「他社も落ちたこの人は本当に大丈夫?」という疑問を持たれ通るはずだった審査も落ちやすくなります。

そのため、申し込みは一気に複数社に行うのではなく、通りそうなところから1社1社申し込みを行なっていくことをおすすめします。

6-2. 申し込み時にミスをしないように

申し込み時申告した内容に誤りがあるとそれが原因で落ちる可能性があります。

嘘の申告をしてしまうことはもちろん、うっかりミスで誤った情報を使って申し込んでしまうと「虚偽の申告」と捉えられて一発アウトになる可能性があります。

特に、おまとめローンの時に注意すべきなのが、他社からの借り入れ状況です。

複数社から借り入れを行っていて、どこからいくら借りているかわからなくなってしまっている方もいらっしゃるかと思いますが、きちんと整理をした上で申し込みをすることが重要です。

6-3. きちんとおまとめローンと申告をする

イオン銀行カードローンは利用目的を選べるため、きちんと「借入金返済資金」を選択しておきましょう。

こうしておかないと「この人こんなにたくさんの会社から借金してるけど大丈夫か…?」と思われてしまいますが、おまとめローンであれば「まとめたいんだな」と事情を理解してもらえます。

ポイントは申し込みのタイミングで「おまとめローンです」と伝えることで、今のローンをまとめたいということを前提で審査をしてくれます。

7. さいごに

イオン銀行でのおまとめのメリット・デメリットから申し込みの注意点までを紹介してきましたが、いかがでしたか。

イオン銀行カは銀行の中でも金利だけはいい良いおまとめローンと評価できます。申し込みはイオン銀行の公式ページ「http://www.aeonbank.co.jp/」から行いましょう。

ただし、「時間がかかる」「口座が必須」などのデメリットも多くあります。

そこで、あなたのニーズに合わせて以下のカードローンがおすすめです。

スピード重視の方におすすめのおまとめ先

三井住友銀行カードローン」などの無人契約機が豊富で即日借りやすい銀行がおすすめです。

200万円以上おまとめする方におすすめのおまとめ先

以下の表を参考にあなたの借りたい額に応じて金利が低いところを選びましょう。

100万円未満(例:90万円のとき) 100万円 200万円 300万円
イオン銀行「おまとめローン」 3.8%~13.5%
じぶん銀行カードローン※通常ユーザー 13.0~17.5% 13.0~17.5% 9.0~13.0% 7.0~9.0%
オリックス銀行カードローン 12.0~17.8% 6.0~14.8% 5.0~12.8% 5.0~12.8%
三井住友銀行カードローン 12.0~14.5% 12.0~14.5% 10.0~12.0% 8.0%~10.0%
楽天銀行カードローン 14.5% 9.6~14.5% 6.9~14.5% 4.9~12.5%

口座を持っていない方におすすめのおまとめ先

100人の口コミでわかるおまとめローンおすすめランキング」を参考にあなたにベストな1枚を探しましょう。

年収200万円未満の方におすすめ

アイフル』など、消費者金融系のカードローンがおすすめです。

以上ように他のカードローンも視野に入れることをおすすめします。あなたが最高の形でおまとめできることを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket