専業主婦カードローンの全知識|旦那にバレずに借りられる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
shutterstock_383683399

「専業主婦ってカードローンに申し込めるのか」「夫にバレたくないな」専業主婦の方がカードローンを作る際、こんな悩みを持つのではないでしょうか。

実は、正しい知識をつけてから申し込まないと、内緒にしたかったのに家族にカードローンがバレてしまったり、思わぬポイントで審査に落ちてしまう恐れがあります。

本記事では、専業主婦の方がカードを作る前に知っておくべき全ての情報を以下の流れで解説していきます。

  1. 専業主婦がカードローンを申し込める3つのケース
  2. 家族にバレずに申し込むための3つのポイント
  3. 専業主婦にお勧めのカードローン5選
  4. カードローンの審査に通るための3つのポイント
  5. 専業主婦がカードを申し込む時不安に感じる2つのこと

本記事を読んでいただくことで、専業主婦の方がどうすればカードローンに申し込めるのかから、審査に通る可能性を上げるポイントまで専業主婦の方に知っていただきたいことを全てご理解いただけます。

1. 専業主婦がカードローンを申し込める3つのケース

一見に専業主婦はカードローンへの申し込みが難しいという印象を持たれる方もいるかと思います。

しかし、これから紹介する3つの条件のいずれかに当てはまれば、カードローンへの申し込みは可能です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-24-16-46-53

1-1. 夫の承諾を得た場合

今、アコムやプロミスなどの多くの貸金業者は総量規制と呼ばれる「年収の1/3までしか申し込みができないルール」に縛られています。

つまり、収入が0の専業主婦は事実上申し込みができません。

しかし、配偶者に収入がある場合は配偶者の合意があれば例外的に申し込みは可能です

日本貸金業協会のホームページでも以下のようなQ&Aが紹介されています。

Q:収入がない専業主婦/主夫ですが、お金を借りることはできないのでしょうか。
A:専業主婦/主夫は、総量規制の例外として、配偶者と合算して、(二人分の)借入れが(二人分の)年収の3分の1まで借入れを行うことができます
ただし、そのためには、配偶者の「同意書」、配偶者との婚姻関係を示す書類(住民票又は戸籍抄本。(略)配偶者の年収を証明する書類を提出する必要があります。

出典:日本貸金業協会

つまり、あなたがご主人に承諾を得て、必要書類を用意すれば融資を受けられる可能性があります。

しかし、総量規制によって縛られている大手の金融会社は、専業主婦の方の申し込みをNGとしているものが多く、夫の同意で申し込めるカードローンは中小規模のカードローンに限定される傾向にあります

金利も高めのため、夫の同意が得られても『1-3. 一部の銀行系のカードローンに申し込む場合』を参考に、銀行系のカードローンを選ぶことを筆者はオススメします。

1-2. パートなどで収入がある場合

パートなどで、扶養の範囲内で収入を得ている方は基本的にどのカードローンにも申し込めます。

多くのカードローンの申し込み条件が「安定した収入のある方」なので、パートなどで安定的に収入を得ている方は通る確率は高いかと思います。

ただ、あまり高い限度額にすると落ちる可能性が高いため、初めは年収の1/3未満を目安に上限を設定しましょう。

1-3. 一部の銀行系のカードローンに申し込む場合

実は銀行は貸金法の対象外なので、銀行系のカードローンは先ほど紹介した総量規制の対象外です

そのため、たとえあなたの年収が0であっても、ご主人の所得などを考慮して返済能力があると判断されれば申し込みが可能です。

また、総量規制のようなルールに縛られているわけでもないため、ご主人の同意すら必要ないカードローンもあります。

そういったカードローンを選んでいただければ、ご主人に余計な心配や手間をかけることがなくカードローンに申し込めます。

後ほど、そういったカードを紹介しますので参考にしてみてください。

ちなみに、審査で特に見られるポイントはご主人の返済能力です。

2. 家族にバレずに申し込むための3つのポイント

何か理由があっての申し込みで、家族にバレたくない方も多いかと思います。

本章では、家族にバレずにカードローンへ申し込むために取るべき3つの行動を紹介します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-24-16-58-40

2-1. 専業主婦が申し込み可能な銀行系カードローンを選ぶ

銀行系のカードローンであれば、専業主婦であってもご主人の同意なく申し込めるものもあります。そのため、家族にバレないためには必ずそういった銀行のカードローンを選びましょう。

後ほどそういったカードは紹介しますが、選ぶポイントはホームページ上で専業主婦OKと明記しているところを選びましょう。

なぜなら銀行系カードローンの中には、専業主婦の方の申し込みを原則受け付けないものも多いからです。

2-2. Web完結か、郵便があるかをチェックしておく

申し込んだ際、書類などが郵送されたことで家族にバレてしまうケースは意外に多いです。

そこで、まずは申し込もうとしているカードローンが郵送なしで、Webや窓口で完結できるカードローンかを確認しておきましょう。

もし不安であれば、申し込み時に来る確認の電話の際に、郵送物の有無などを確認しておくと確実です。

もし、郵送があるようなら、申し込みから数日間は郵便受けをこまめにチェックして家族にバレないように注意しましょう。

2-3. 返済は忘れずきちんと行う

いくら申し込み時に気をつけても、返済を延滞するなどすると、自宅に督促状などが届く恐れがあります。

そういったことからバレることもあるため、きちんと期日までに返済することを心がけましょう。

3. 専業主婦にお勧めのカードローン5選

では、専業主婦の方にオススメのカードローンを紹介していきます。ちなみに、以下の3点の理由から専業主婦の方にオススメなのは銀行系のカードローンです。

  • 大手の消費者金融系カードローンは専業主婦をNGとしているところが多いため
  • 銀行系であれば、配偶者の同意なしで申し込めるため
  • 銀行系の方が総じて低金利であるため

どんな方に向いているカードローンなのかも紹介しているのであなたにあった1枚に申し込んでください。

カードローンに申し込む際の注意事項
1度に審査を受けるのは必ず1社のみにしておきましょう。なぜなら、カードローン各社の間であなたの申し込み情報は共有されており、1度に複数社申し込むと「こんなに申し込んで、うちにはちゃんと返してくれるのか」と疑問を持たれ、審査に落ちやすくなるためです。そのため、必ずあなたにぴったりの1社のみに申し込みをしましょう

3-1. みずほ銀行の口座をお持ちの方:「みずほMy Wing」

スクリーンショット 2016-04-29 20.46.25

みずほMy Wing』はメガバンクであるみずほ銀行の出す、女性向けのカードローンです。ちなみにメガバンクの中で女性向けのカードローンサービスを提供しているのはみずほ銀行だけです。

特徴は、みずほ銀行の口座をお持ちであればご利用しているキャッシュカードにローン機能がつくので、新たにカードを持つ必要がありません。

カードを郵送で受け取ることもなく、財布にいつもと違うカードを入れる必要もないので、内緒にしたい方はバレるリスクを大きく削減できます

スクリーンショット 2016-05-10 21.16.42

特にオススメしたい方

  • みずほ銀行に口座をお持ちの方
  • ご主人にバレたくない方
  • 女性向けのカードローンをお探しの方

3-2. ネットバンキングができる方「スターカードローン」

スクリーンショット 2016-04-29 21.13.16

スターカードローン』は東京スター銀行のカードローンで、専業主婦でも申し込みが可能です。中でも「バンクベスト」はWEBで申し込みや取引が完結するため、バレるリスクはほとんどありません。

ただ、スター銀行以外の口座を返済用口座にするためには以下のような制約があるため注意してください。

  • SMBCファイナンスサービス提供の口座振替受付サービス(インターネット方式)をご利用いただき、返済用預金口座をご登録いただけることが必要です。利用可能な金融機関はこちら
  • 登録のためには、金融機関のインターネットバンキング利用が必要となるなど、制限がある場合があります。

たくさんの銀行は使えますが、ネットバンキングが必要などの制限があるためご注意ください。

スクリーンショット 2016-05-10 21.16.54

特にオススメしたい方

  • みずほ、UFJに口座をお持ちでない方
  • ご主人にバレたくない方
  • 少し上限が高めのカードローンをお探しの方

3-3. auユーザーの方「じぶんローン」

スクリーンショット 2016-03-19 16.52.49

じぶん銀行カードローン』は、KDDIと三菱東京UFJ銀行が共同で出資してできた、じぶん銀行のカードローンサービスです。

特徴は、auのユーザーが金利面で優遇されていることで、もともと低利率ですがauのユーザーであればさらに最大0.5%の金利が優遇されます。

ちなみに、審査に通るか通らないかは配偶者の返済能力によって大きく変わるというい口コミが多かったので、配偶者の返済能力に自身がある方はぜひ選んでいただければと思います。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-08-21-34-43

特にオススメしたい方

  • auのユーザーの方
  • 配偶者の信用に自信がある方

3-4. ご主人にバレても無利息で借りたい方「ネットキャッシング」

スクリーンショット 2016-05-01 16.25.59

ネットキャッシング』はジャパンネット銀行のキャッシングサービスで、初回利用の翌日から30日間利息がかかりません。

銀行系のカードローンで、最低利息2.5%と低く上限も1000万円なので、ご主人の信用次第では非常に良い条件で融資を受けられる可能性があります。

スクリーンショット 2016-05-12 22.28.00

デメリットとしては、ご主人の勤務先にほぼ確実に在籍確認が入るため、内緒で申し込むことが不可能なところです。

特にオススメしたい方

  • 利息0のキャッシングを探している方
  • ご主人にバレても構わない方

3-5. パートをされている方「レディースレイク」

スクリーンショット 2016-04-29 22.58.26

レディースレイク』は芸能人を起用したCMでも有名な新生銀行のカードローンです。

主婦の方でもパートなどで安定した収入があることが申し込みの条件ですが、女性に特化したカードローンで、特徴初回契約日の翌日から30日間金利がかからないキャンペーンを行っています

スクリーンショット 2016-05-10 21.17.05

特にオススメしたい方

  • パートなどで安定した収入のある方
  • 女性向けのカードローンを探している方

3-6. その他専業主婦が申し込み可能なカードローン

今まで状況別に5つのカードローンを紹介してきましたが、専業主婦にも申し込み可能なカードローンはまだあります。

5つのカードローンにピンとこなかった方で、名前を聞いて興味があれば申し込んでみてください。

運営会社 専業主婦の上限 金利
スーパーローン 楽天銀行 50万円 14.5%
カードローンBIG イオン銀行 50万円 13.8%
ソニー銀行カードローン ソニー銀行 50万円 13.8%

4. カードローンの審査に通るための3つのポイント

あなたに合ったカードローンを選んでいただいた上で、筆者からカードローンの審査に通りやすくなるための3つのアドバイスをさせていただきます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-24-16-46-34

4-1. 申し込みは低めの限度額で

カードローンの申し込みは、あなたが限度額を希望した上で申し込みをするものが多いです。

もし多額のお金がすぐに必要でないのであれば、最初は少額で申し込むことをお勧めします。

理由は以下の2点です。

  • 配偶者の年収に対して借りすぎという印象を与えないから
  • 計画的に借りる人であることをアピールできるから

最初は低い限度額で申し込みをして、徐々に上限額を上げていくことが審査に通りやすくなるポイントです。

4-2. 申し込みは1社ずつ行う

申し込みをしすぎないことも審査に通るために必要です。

信用情報では、申し込み内容も共有されているため、1度に申し込みをしすぎると「いろんなところから借りて、自分のところの返済はきちんとしてくれるのか」「あちこち申し込まないとお金を借りられない人なのか」と考えます。

いわゆる「申し込みブラック」という状態です。

つまり、きちんと審査に通るためには一度に複数のカードローンに申し込みをするのではなく、1社1社審査を受けていくことが重要です。

また、申し込みの履歴が残るのが3~6ヶ月で、その履歴が残る期間内に複数社の申し込みを行うと、同様の理由で通りにくくなります。

短期間で何社までなら大丈夫なのかも会社によってバラバラですが、1社1社申し込みを行うことを意識してください。

4-3. 細かいミスに気をつける

カードローンで、意外に多いのが記入ミスによるものです。

誤字や脱字などをすると、わざとでなくとも虚偽の申し込みを行ったとカードローン会社から判断され、審査に落とされるケースがあります。

そのため、申し込み内容をしっかりと確認をして記入ミスをなくすことも審査に通りやすくなる重要なポイントの一つです。

また、計算ミスしたことにして他社からの借入額を少なめに書くなどの行為も信用情報で一発でバレるため、正しい情報を正確に書きましょう

5. 専業主婦がカードを申し込む時不安に感じる2つのこと

ここまでいくつかのポイントを解説してきましたが、まだ不安な方はいるかと思います。

本章ではそんなあなたのために、カードローンの申し込み時に専業主婦の方がよく持たれる以下の2つの不安な部分を解消しようと思います。

  • 夫の会社に在籍確認はあるの?
  • 住宅ローンなどに影響は出るの?

5-1. 夫の会社に在籍確認はあるの?

あなたが、家族に内緒でカードローンに申し込まれたのであれば、夫の会社に在籍確認の電話が入ることは避けたいですよね。

結論から申しあげると、夫にバレたくない方が申し込むべきカードローン会社からは原則ご主人の会社に在籍確認が行くことはありません。

※ジャパンネット銀行は在籍確認があるため注意してください。

また、消費者金融系のカードローンなど申し込みにご主人の同意が必須なものに関しては在籍確認をされる可能性が高いです。

5-2. 住宅ローンなどに影響は出るの?

あなたがこっそりカードローンを作って、住宅ローンの際に悪影響が出てしまったら嫌ですよね。

カードローンがあなた名義であれば、基本的に配偶者などのあなた以外の方が名義のローンなどへの影響はありません。

ただ、延滞などでブラックリストに入ってしまったり、ご主人の年収に対してあまりに高い金額を借りてしまっている場合は、あなたが連帯保証人になれなくなる可能性があります。

もし、住宅ローンを組まれる予定があるようであれば、カードローンのご利用は計画的に行いましょう。

6. さいごに

専業主婦のカードローンに関して解説してきましたがいかがでしたか。

収入がない専業主婦の方も、きちんと知識を身につけた上で正しい申し込みをすればカードローンが作れることをご理解いただけたかと思います。

ちなみに、筆者が専業主婦の方におすすめしたいカードローンは以下の5つです。

以上を参考に、あなたが最高のカードローンと巡り会えることを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket