プロが教える審査が甘いクレジットカードの真実とおすすめ4選

クレジットカード 甘いのアイキャッチ

クレジットカードの審査に通るか不安で審査の甘いカードを探していませんか。

結論から言うと、基本的に審査の甘いクレジットカードというのは存在しません

しかし、クレジットカード会社によって審査の基準が違うため、カードを作りにくい方でも審査に通りやすいクレジットカードはあります。

この記事では大手カード会社に3社勤務した私がその経験を生かして、審査が不安なあなたでも作れる可能性が高いクレジットカードを以下の流れで紹介します。

  1. どのカードに申し込むべきか
  2. カードが作れるか不安な方におすすめのカード4選
  3. カードの審査が通りやすくなる7つのポイント
  4. 審査についてよくある3つの質問
  5. どうしてもクレジットカードが作れなかった方へ

この記事を読むことで審査に落ちるのはどうしてなのかが分かるようになり、審査に通りやすくなるためのポイントもお教えするのでカードを作れる可能性が格段に上がります。

1. どのカードに申し込むべきか

ネット上などでよく、「審査が甘い」「審査が緩い」と紹介されているクレジットカードを見かけますが、プロの目から見てこのようなカードは存在しないと断言できます。

しかし、利用実績(クレジットヒストリー)に多少の難があっても、その人にある程度の収入があり、決済能力があると判断されればクレジットカードを発行してくれるカード会社もあります。

つまり、審査が甘いカードがあるのではなく、クレジットカード会社によって審査の基準が違うのです。

そこでクレジットカード会社はどのように審査を行っているのかご紹介します。

1-1. クレジットカード会社の審査基準

一般的にクレジットカード会社は以下の3つを基準に審査を行います。

  • 返済能力:職業や勤務先、雇用形態、勤続年数、年収、そして他社からの借入れ状況を確認して、お金を貸してもきちんと返済できるのかを判断します。
  • 性格:これまでの利用実績を確認して、遅滞などすることなく期日までにきちんと返済ができる性格なのかを判断します。
  • 資産:万が一、返済ができなくなった場合に、預貯金や不動産などの担保となる資産があるか判断します。

この審査基準が以下で紹介するクレジットカードの種類によって異なります。

1-2. クレジットカードの種類

クレジットカードの種類は大きく分けると以下の5種類になります。

この種類を知ることが作りやすいカードを見極めるポイントです。

種類特徴
国際系JCBカードなどJCBなどの国際ブランドが直接発行するクレジットカードです。
銀行系三井住友VISAカードなど銀行や銀行系グループ会社が発行するクレジットカードです。
信販系JACCSカードなどクレジットカード、ローン、割賦販売、賃貸住宅の保証人など、販売信用を主に行っている会社が発行するクレジットカードです。
流通系エポスカードなどスーパーやデパートなどの子会社や関連会社が発行するクレジットカードです。
消費者金融系ライフカード(デポジット型)など消費者金融が発行するカードです。

クレジットカードには以上のような種類があり、それぞれ審査基準が違います。

この中で、審査に不安な方が申し込むべきクレジットカードは以下の種類になります。

  • 信販系
  • 流通系
  • 消費者金融系

信販系

返済能力・性格・資産を見ます。中でも返済能力は特に重視しています。

なぜなら、信販会社はクレジットカードを使用してもらうことで収益を稼いでいます。つまり、利用者にカードを使ってもらわなければ信販会社には利益がないので、多くの利用者に使ってもらえるよう審査を行っています。

そのため、多少は利用実績に難があっても職業や年収がよければ発行されやすくなります。

流通系

返済能力・性格・資産を見ます。

特に、流通系の1つであるマルイは会社の理念として「信用はお客さまに与えるものでなく、共につくるもの」という与信哲学があるため、多くの方にクレジットカードを利用してもらいたいと考えています。

そのため、他社と違った与信ノウハウを利用して審査しているため断られる確率がわずか8%と非常に低く、結果として他のクレジットカードよりも審査が甘いように感じます。

消費者金融系

消費者金融系のカードは他のカードと審査がまったく違うといっても過言ではありません。一般的に消費者金融系のカードが最も作りやすいと言われていますが、消費者金融の貸付審査に近い審査が行われているからです。

消費者金融は無担保でお金を貸し出すくらいなので厳重な審査を行います。しかし、消費者金融もクレジットカードを利用してもらうことで収益を稼いでいるので多くの方にカードを持って欲しいと考えています。

そのため、安定した収入があり、カードを発行することで利益が生まれると判断されれば他社で審査に落ちた方でも十分に審査に通る可能性があります。逆に無職の学生、専業主婦(主夫)など収入のない方は申し込むことすらできません。

カードの詳細に関しては次章にて紹介します。

参考情報:まずは職場の福利厚生や給与受取口座のある銀行のクレジットカードを確認!

あまり知られていない事が多いですが、それなりの規模の職場に勤務していると勤務先の福利厚生の一環でクレジットカードを通常よりも有利な条件(年会費無料など)で申し込む事ができます。

分からなければ総務課などに一度問い合わせて確認してください。福利厚生で作れるカードは勤務先の信用があるので、かなりの確率で作れる事が多いです。

国家公務員や公立学校、私立学校の職員の方は以下のような共済系クレジットカードがあります。

また、給与受取口座など長年入金や振込の取引があるメインの銀行や信用金庫などが1つはあると思います。

こうした金融機関にはほとんどと言ってもよいほど提携して発行しているクレジットカードがあるので、窓口や懇意の担当者などに相談してみましょう。

給与受取や公共料金の引き落としなどの取引が長ければ、その事実が信用となってカードを作れる可能性が高くなります。

2. 審査が不安な方におすすめのカード4選

先ほどの章で紹介した通り、審査が不安な方は「流通系カード」「消費者金融系カード」などがおすすめです。

また、「信販系カード」の中でも『Nexus Card』は例外で、審査が不安な方でも審査に通る可能性があります。

この章ではそれぞれのカードで、特に審査が不安な方向けだと言われているカードを紹介します。

  • 『Nudge(ナッジ)カード』
  • 信販系カード(特殊)・・・『Nexus Card』
  • 消費者金融系カード・・・『ライフカード』
  • 流通系カード・・・『マジカルクラブTカードJCB』

これらのカードはそれぞれ先ほどの「信販系カード」「消費者金融系カード」「流通系カード」の中でも作りやすい、審査が不安な方におすすめのカードです。

『Nudge(ナッジ)カード』はチャレンジャーバンクを目指す会社が発行する新しいタイプのクレジットカードであるため、既存の種類に囚われない審査を受けられます。

2-1. 『Nudge(ナッジ)カード』

Nudge(ナッジ)カードの券面画像

Nudge(ナッジ)カード』は日本におけるチャレンジャーバンクを目指すナッジ株式会社発行する次世代型クレジットカードで基本無料※です。

※一部発行が有料のカードもあり

限度額10万円以下でAIなどを用いた独自審査を行っているため、他社に比べて柔軟にクレジットカードが発行され、自己破産後に最初に作れたという口コミがいくつもあり、審査に通りやすいクレジットカードと言われています。

ポイントなどの還元は基本ありませんが、申し込み時に好きなクラブを選んで推し活をしやすく、定期的に全額キャッシュバックなどのキャンペーンが行われています。

年会費無料 ※一部発行が有料のカードあり
発行条件日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、利用可能な本人確認書類とSMSを受信できる電話番号を持っている方
基本還元率なし(抽選で全額キャッシュバックキャンペーンなど)

『Nudge(ナッジ)カード』公式ページ

https://nudge.cards/

2-2. 『Nexus Card』

Nexus Cardの券面画像

Nexus Card』は事前にデポジット(保証金)を預けるという珍しいタイプのクレジットカードです。

デポジット(保証金)=限度額となるため、いわゆるブラックリストに載っている方でも作れる可能性が高く、公式ページにも以下のように書かれてあります。

Nexus Cardをおすすめできる方

出典:Nexus Card

審査に不安のある方におすすめとカード会社の公式ページで書かれてあるのはこの『Nexus Card』くらいしかありません。

ブラックではないが、他社のカードに申し込みをして断られ続けた方でも、まずはこのカードの利用を毎月続ける事で専門の信用機関(CICなど)にクレジットヒストリーが作れて、他のカードの審査に通りやすくなります。

カードとしても普通のMastercardと同じように使えて、ポイントが貯まったりボーナス・分割・リボ払いにも対応しているなど便利な1枚です。

年会費(税込)1,375円※別途発行費用550円も必要
発行条件18歳以上の方で、安定した収入のある方
基本還元率0.5%

『Nexus Card』公式ページ

https://apply.mycredit.nexuscard.co.jp/

2-3. 『ライフカード』

ライフカード ナンバーレスの券面画像

ライフカード』は消費者金融アイフルの子会社であるライフカード株式会社が発行しているクレジットカードです。

このカードはブラックリスト入りしている方でも作れたという口コミが多数あります。なぜなら、親会社であるアイフルの審査や使われたお金の回収方法をライフカードにも応用していると考えられるためです。

過去に支払いの遅れがあったりクレジットヒストリーが無くても、現在安定した収入があれば審査に通る可能性が他社のクレジットカードに比べて高いです。

年会費無料
発行条件日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方
基本還元率0.5〜1.5%

『ライフカード』公式ページ

https://lifecard-promotion-dg.com/

2-4. 『マジカルクラブTカードJCB』

マジカルクラブTカードJCBの券面画像

マジカルクラブTカードJCB』は通販会社のニッセンのグループ会社が発行している年会費無料のカードです。

比較的審査に通りやすいと言われている流通系のクレジットカードの中でも、ここだけは作れたという口コミが多いカードです

ポイント還元率は0.5%ですが、使い勝手の良いTポイントが貯まることに加えて、月3万円以上の利用で2倍になり1%のTポイントが貯まるので、Tポイント提携先のお店やサービスをよく使う方には非常にお得です。

年会費無料
発行条件20歳以上電話連絡が可能な方
基本還元率0.5%〜1%

『マジカルクラブTカードJCB』公式ページ:

https://www.nissen-ncs.jp/

3. カードの審査が通りやすくなる7つのポイント

この章ではクレジットカードの審査に通りやすくなるポイントを紹介します。

ここで紹介する以下の内容を知らなければ、本来なら通っていたはずの審査に落ちてしまうということもあり得るのでしっかりと読んでください。

  • 申込書記入時の誤字や空欄をできるだけ避ける
  • 一度に複数枚のクレジットカードには申し込まない
  • キャッシング枠は極力申し込まない
  • 固定電話の情報も記入する
  • 年収や他社からの借り入れ額での虚偽報告をしない
  • ショッピング枠は30万円以下で申し込む(希望を出せる場合)
  • 他社での借り入れをなくす

3-1. 申込書記入時の誤字や空欄をできるだけ避ける

実は申込書(ネット入会だと申込画面)の不備や未記入が審査に引っかかる一番多い原因といわれています

どうしても記入できない項目は仕方がありませんが、多過ぎるとカード会社はあなたと安心して契約できないと判断し、審査に落ちやすくなります。

また、同じ理由で字が汚すぎるのも審査に落ちる原因とされています(ネットでの申し込みでは誤字に気をつけましょう)

3-2. 一度に複数枚のクレジットカードには申し込まない

審査まで時間がかかるので何社か申し込んで審査が早く終わったクレジットカードを作ろうと考える方は多いです。

しかし、これはクレジットカードを作るときに絶対にやってはいけないことなのです。

一度に複数のクレジットカードを申し込むとその情報は信用情報機関に登録され、クレジットカード会社はそれを元に審査をします。そしてこの時、クレジットカード会社は以下のように考えます。

  • 入会キャンペーンのポイント目的の申込者かもしれない
  • お金に困っていて返済能力がない人かもしれない

以上の理由から一度に複数枚のクレジットカードを申し込むことは新しくクレジットカードを作るのに不利になってしまいます。

また、同様の理由でクレジットカードの審査に落ちてすぐの申し込みも審査に通りにくくなりやすいので気をつけましょう。

3-3. キャッシング枠は極力申し込まない

キャッシングはもしもの時のために便利なので申し込みたいという方が多いかもしれません。しかし、できる限りキャッシングの申し込みは避けましょう。

基本的にキャッシングを申し込むことでクレジットカードの審査は通りにくくなります。カード会社からお金を借りる予定がない場合は原則としてキャッシング枠は0にして申し込みましょう。

なぜなら、総量規制という法律で個人がお金を借りられる枠の基準が定められていて、その枠の中にクレジットカードのキャッシング枠も含まれるからです。

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。

引用:日本賃金業協会・総量規制とは

キャッシング枠を不必要に多くして申し込むと、カードの発行会社から「この人はお金に困っている人なのかな」と判断され、審査に通りにくくなります。

3-4. 固定電話の情報も記入する

最近では携帯電話を主に使ってる方が多いため、クレジットカードの申し込み時にも携帯電話の番号を書く方が多いです。しかし、クレジットカードの審査では固定電話を持っていた方が有利です。

クレジットカード会社から見た場合、携帯電話よりも固定電話の方が信頼できるからです。

クレジットカードの審査のためにわざわざ固定電話を契約する必要はありませんが、固定電話があるならばその情報も記入して申し込んだ方が審査に通りやすくなります。

3-5. 年収や他社からの借り入れ額での虚偽報告をしない

年収や他社からの借り入れ額でバレないと思って嘘の記入をしてしまうことは絶対にやってはいけないことです。

それらの嘘はバレてしまう可能性が高いです。年収に関しては年間の収入証明書を求められる場合もありますし、他社からの借り入れ額はクレジットカード会社が信用機関に問い合わせれば一発でわかってしまいます。

そしてこれらの虚偽報告が発覚してしまうとそのカードの審査に落ちるだけでなく、ブラックリストに載ってしまい、今後の審査にも響く可能性があるので虚偽報告だけは絶対にやめましょう。

3-6. ショッピング枠は30万円以下で申し込む(希望を出せる場合)

ショッピング枠は30万円以下で申し込みましょう。そもそもカードを作りにくい立場の方がカードの審査に通ったとしても最初から大きな金額での申し込みは希望通りの利用限度額になりません。

あまりに大きすぎる限度額を申請してクレジットカード会社に資金繰りに困ってる可能性があるなどと疑われないようにショッピング枠は30万円以下で申し込みましょう。

3-7. 他社での借り入れをなくす

現在、他社での借り入れや、返済しきっていないカードローンがある場合など、クレジットカードの審査に通る可能性が低くなります。

なぜなら、クレジットカード会社は借入額が支払い能力以上になっている方には原則カードを発行しないからです。そのため、他社で借り入れがある方は他社での借り入れを返済したり、できるだけ金額を減らしてから申し込むようにしましょう。

また、遅滞でなく滞納(返済期限が過ぎている返済)がある方は、ほぼカードの審査に通る可能性がなくなるので日頃の返済に注意しましょう。

4. 審査についてよくある質問

この章ではクレジットカードの審査についてよくある質問を紹介し、それに対する回答をご紹介します。

審査に落ちる理由として表向きにはあまり語られないような内容もあります。

クレジットカードの審査に不安な方は是非とも読んでいただきたいです。

4-1. ブラックリストって何ですか?

ブラックリストとは過去に返済の遅滞などで信用機関に記録されている利用実績に難がある状態を言います。

信用機関の利用実績は審査の際にカード会社に確認されます。

そのため、ブラックリストに載ってしまうとクレジットカードを作ることが難しくなります。ブラックリストに載るような方は以下の通りです。

  1. 過去24ヶ月以内に延滞を2ヶ月連続で起こし、個人の信用情報に傷がついている方:プチブラック状態
  2. 3ヶ月以上の延滞で「異動」(事故)が付いてから5年が経っていない方:ブラックリスト入り状態
  3. 債務整理や自己破産を経験し、カードを作ることがかなり難しい方:超ブラック状態

このような状態の方は利用実績が綺麗になるのを待つか、ブラックリスト入りでも作れる可能性のカードに申し込むことをお勧めします。

先ほども紹介した通り、ブラックリスト入りの方でも作れる可能性のあるクレジットカードは『Nexus Card』です。

もし、このカードでも審査に受からなかった場合は次章で紹介するデビットカードを検討してみてください。

プチブラック状態

過去24ヶ月以内に延滞を2ヶ月連続で起こしたために、あなたの利用実績に正常に支払われなかったことが2ヶ月連続で記録されています。

この記録は過去24ヶ月分残ります。

ブラックリスト入り

過去に3ヶ月以上の延滞履歴(異動付き)がある方は一般的にブラックリスト入りしています。

一度、ブラックリスト入りすると5年間はその情報が消えません。

超ブラック状態

一度債務整理や自己破産をした方はブラックリスト入りの方よりも審査が厳しい状態になります。

7年間はその情報が消えません。

4-2. ブラックではないはずなのにカード審査に落ちたのはなぜですか?

3章で説明した事項も守っていて、さらにブラックではないはずなのにクレジットカードの審査に落ちた方は以下の可能性が考えられます。

  • スーパーホワイトである
  • 利用実績が汚い
  • カードの入会条件を満たしていない

この3つに該当している方はブラックリスト入りしていなくてもカードの審査に落ちる可能性があります。

スーパーホワイトである

スーパーホワイトの方とは今までクレジットカードやローンを利用したことがなく、利用実績に何も記されていない方のことを言います。

そしてそうした方はカードを作りにくいと言われています。

そのように言われる理由は自己破産をした記録は5年程度で消えてしまうため、クレジットカード会社からは少し前に自己破産などをした方と、初めてカードを作る方は同じ信用状態に見えてしまうためです。

しかし、最近では以下のような支払いも信用機関情報に載るため、スーパーホワイトの方はあまりいないです。

  • 携帯電話の分割払いでの購入
  • 車のローンや住宅ローン
  • 学習教材やエステの分割払い

ただ、携帯電話を一括払いで購入している方などは本当に信用機関にまったく情報がない可能性があり、カードの審査に落ちたのかもしれません。

そういった方々でも当サイトで紹介しているカードならば、審査に通る可能性が高いです。

利用実績が汚い

利用実績が汚いというのは、クレジットカードを利用しているのに返済がきちんと行われていない場合です。

具体的には請求額の一部を返金するだけであったり、支払い日に入金をしなかったりなどの行動が続くとカード会社には、お金に困っている人だと判断されてしまう可能性が高いです。

このように判断されてしまうといくらブラックリスト入りはしていなくてもカードを作れる可能性はかなり低くなります。

カードの入会条件を満たしていない

クレジットカードには入会条件があり、それを満たしていない限り審査に通ることはあり得ません。

例えば、『ACマスターカード』の場合、「18歳以上(高校生を除く)のご本人に安定した収入のある方(パート、アルバイトの方も可能)」と入会条件が記載されています。

そのため、17歳の方が申し込んだとしても年齢的に審査に通ることはあり得ません。

4-3. 温情発行って何?

温情発行とはその名の通り、本来ならば審査に落ちるような方でも、クレジットカード会社の温情で5万円〜10万円程度のショッピング枠でクレジットカードを発行してくれるケースです。

以下のような方は温情発行されるケースが高いとされています。

  • 年収100万円台の30代以上のフリーター
  • 障害年金などの一定収入がある無職の方

しかし、審査基準の高いカードには温情発行すらないので、当サイトで紹介しているクレジットカードにまずは申し込むのが無難と言えます。

5. どうしてもクレジットカードが作れなかった方へ

どうしてもクレジットカードが必要なのに、クレジットカードが作れないという方にはデビットカードがおすすめです。

5-1. デビットカードとは

デビットカードとはクレジットカードと同様にVISA、JCBなどの支払い機能を兼ね備えたカードで、「一括払い」を選択すればネット決済やお店での決済が可能です。

また、クレジットカードのように事後決済ではなく、利用するとその場で預金口座から引き落とされる即時決済なので審査なしでも作れるカードが多いです。

限度額も預貯金にお金さえあればいくらでも使えます(発行会社により日や月の利用限度額はあります)

クレジットカードとデビットカードの違い説明図

5-2. デビットカードのメリット

デビットカードのメリットとして以下の8つが挙げられます。

  1. 審査が無い
  2. 使いすぎる恐れがない
  3. ポイントなどの還元があり、現金払いよりお得
  4. 現金を引き出したり持ち歩く必要がなくなるので便利
  5. 15歳から持てる
  6. ショッピング保険付きで、不正利用も補償される
  7. 一部ハイランクカードの特典も利用できる
  8. 海外のATMにて現地通貨を引き出せる

特に、原則審査がないことは信用情報に難がある方でもVISAなどクレジットカードの支払い機能が使えるカードを作れるので非常に便利です。

5-3. おすすめのデビットカード

Sony Bank WALLETのスタンダード・ポストペット・“PlayStation”デザイン券面

デビットカードを申し込むのであれば間違いなく、『Sony Bank Wallet(Visa)』がおすすめです。

Sony Bank WALLET(Visa)』はソニー銀行が発行する以下のような特長を持つカードで、全127枚のデビットカードの中で最もおすすめの1枚です。

  • 年会費:永年無料
  • 還元率:預金残高やソニー銀行との証券取引残高に応じて0.5〜2.0%がキャッシュバック
  • 付帯保険:ネットバンク発行のカードでは珍しくショッピング保険、不正利用補償がしっかりと付帯

『Sony Bank Wallet(Visa)』公式ページ:

https://moneykit.net/visitor/sbw/

6. まとめ

一般的に審査が甘いと言われているクレジットカードとクレジットカードの審査で通りやすくなるためのポイントをご紹介しました。

上記の通り、審査が甘いクレジットカードがあるのではなく、カード会社によって審査の基準が異なるのです。

審査が不安な方は、審査基準が独特な以下のカードを申し込むことをおすすめします。

以上のカードでも審査に通らなかった場合は、クレジットカードのように利用できる『Sony Bank Wallet(Visa)』がおすすめです。

あなたがクレジットカードを作れることを祈っています。