nanacoオートチャージの情報とお得なチャージ術の全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

nanacoでオートチャージ(自動入金)ができないかなと考えていますね。

結論から言うと一部のクレジットカードと店舗の組み合わせではnanacoでオートチャージはできます(2017年6月22日より)

しかし、対象となるカードと店が少ないのでそんなにおすすめはできません。

このページでは、nanacoのオートチャージを使いこなすために知っておくべき以下のポイントを紹介していきます。

  1. nanacoのオートチャージは制限が多い!
  2. nanacoのチャージでポイントがもらえるおすすめクレジットカード3選

このページを読んで頂くことで、オートチャージ機能が使えるクレジットカードがわかるだけでなく、nanacoのチャージでポイントが多くもらえるおすすめのクレジットカードもわかります。

1. nanacoのオートチャージは制限が多い!

nanacoは2017年6月22日よりオートチャージサービスを開始します。

ただし、次の2つの両方の条件を満たした時だけなので、あまり使いやすいとは言えません。

  • 対象クレジットカードは『セブンカード・プラス』と『セブンカード』のみ
  • オートチャージ対象店舗はセブンイレブンとイトーヨーカドーのレジで支払った時

nanacoはたくさんのクレジットカードからチャージすることができますが、オートチャージに対応しているクレジットカードのは下図のようなセブンカードだけです。

また、「セブンイレブン」と「イトーヨーカドー」のお店のレジで、残高が少ない時に利用した時しかオートチャージ機能が使えません。

nanacoが使えるお店の数に対して、オートチャージが使えないお店がとても多いので、現時点ではそんなに便利なサービスとは言えません。

ですが、nanacoのオートチャージサービスを利用したい人は次のカードを選びましょう。

セブンカード・プラス

セブンカード・プラス』はセブンイレブンやイトーヨーカドーなどを経営しているセブン&アイ・ホールディングスのグループ企業が出しているクレジットカードです。

現在、nanacoのオートチャージサービスが使えるカードの中で、唯一新規に申し込みができるクレジットカードです。

他のカードは新規申込が終了していたり、招待制のためすぐに申込をしてカードを作ることができません。

nanacoのオートチャージでもらえるポイントは0.5%(200円につき1ポイント)です。

出典:セブンカード・プラス

その他に、イトーヨーカドーで毎月8のつく日は5%OFFで買い物ができたり、ポイントが3倍もらえるので、イトーヨーカドーやセブンイレブンをよく利用する人におすすめです。

年会費(税込) 初年度無料

2年目以降

無料:前年に5万円以上カードを利用

500円:前年に5万円未満カードの利用

申し込み資格 原則として18歳以上で、ご本人または配偶者に継続して安定した収入がある方18歳以上で学生の方(高校生除く)
還元率 0.5%:通常利用時・nanacoオートチャージ時

1%:セブンネットショッピング・西武そごう・アリオでの利用時

1.5%:セブンイレブン・イトーヨーカドー・ヨークマート・デニーズでの利用時

『セブンカード・プラス』公式ページ:

http://www.7card.co.jp/entry/7plus/

※セブンカード・プラスの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

他のクレジットカードでのチャージでも楽&お得!

『セブンカード』以外のクレジットカードではオートチャージはできません。

しかし、他のクレジットカードでもレジやATMなどで現金でのチャージに比べて簡単にチャージ(スマホやPCなどで可能)でき、『セブンカード』よりもポイントが多くもらえるものもあります。

なので、オートチャージできなくても良ければ次の章で紹介するカードでnanacoにチャージすると、ポイントが多く貯まりよりお得に使えます。

2. nanacoのチャージでポイントがもらえるクレジットカード3選

オートチャージは便利だけど、『セブンカード・プラス』の還元率が低くてあまりお得さを感じない人もいますよね。

約9,000枚のクレジットカードを調べた結果、nanacoへのチャージでポイントがもらえて圧倒的にお得に使えるのは次の3枚です。

なぜなら、nanacoへのチャージには下図のカード会社のクレジットカードが使えますが、ほとんどのクレジットカードはnanacoにチャージをしてもポイントはもらえないからです。

出典:nanaco

そのため、これからnanacoをお得に使いたいと考えている人はもちろん、既にnanacoにチャージができるカードを持っている人も、下記でご紹介するカードに切り替えることでより多くのポイントがもらえるので、新しくカードを作る価値があります。

2-1. 『リクルートカード』

リクルートカード』は人材紹介サービス最大手のリクルートがカード会社と提携して発行しているクレジットカードです。

約9,000枚あるクレジットカードの中で、現在最も高い1.2%のポイントをnanacoへのチャージでももらうことができ、公式サイトにも紹介されています。

出典:リクルートカード

また、『リクルートカード』はブランドでカードを発行している会社が違うため、次の組み合わせなら2枚持つことができます(MasterCardとJCB、またはVISAとJCB)

nanaco1枚につきクレジットカード1枚しか登録できず、利用できる回数や金額に制限があるため、nanacoで月に20万円以上の支払いをしたい人は2枚作ると最もお得にチャージできます。

カードが1枚だけ必要で、Apple Payを制限なく使いたい人はMasterCardを選びましょう。

年会費 永年無料
申し込み資格 18歳以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方
還元率 1.2%

『リクルートカード』公式ページ:

http://recruit-card.jp

※リクルートカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

『リクルートカード』について、より詳しいメリット(特典情報など)を知りたい人は「公式サイトが教えてくれない『リクルートカード』情報」を参照してください。

2-2. 『楽天カード(JCB)』

楽天カード(JCB)』は日本を代表するインターネットショッピングサイト楽天のグループ企業が出しているクレジットカードです。

nanacoにチャージができるのはJCBだけでもらえるポイントは1%(100円につき1ポイント)です(MasterCardやVISAではチャージすらできません)

JCBブランドであれば他の『楽天ゴールドカード』や『楽天プレミアムカード』などの楽天カードも同様に1%のポイントがもらえます。

年会費 無料
申し込み資格 18歳以上(高校生不可)
還元率 1%

『楽天カード(JCB)』公式ページ:

http://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-card/

※楽天カードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

2-3. 『Yahoo! JAPANカード(JCB)』

Yahoo! JAPANカード(JCB)』は日本を代表するインターネット検索サイトYahoo!JAPANのグループ企業が出しているクレジットカードです。

nanacoにチャージができるのはJCBだけでもらえるポイントは1%(100円につき1ポイント)です(MasterCardやVISAではチャージすらできません)

年会費 永年無料
申し込み資格 18歳以上の方(高校生は除く)
還元率 1%

『Yahoo! JAPANカード(JCB)』公式ページ:

http://card.yahoo.co.jp/

※Yahoo! JAPANカード(JCB)の公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

『Yahoo! JAPANカード』について、より詳しいメリット(特典情報など)を知りたい人は「公式サイトが教えてくれない『Yahoo! JAPANカード』全知識」を参照してください。

ECナビカードプラスは最高1.3%だがかなり面倒

ポイントサイトのECナビが、アプラスと提携して出している『ECナビカードプラス(JCB)』でnanacoにチャージをすると、最高1.3%の還元を受けられます。

しかし下記のような条件があり、かなり面倒であるため手間をかけても良い人にしかおすすめできません。

  • ポイントサイト「ECナビ」に登録が必要
  • JCBブランドのみnanacoチャージでポイントが付く(VISAは付かない)
  • リボ払い設定で届く(到着後にネットや電話で一括払いに変更をおすすめ)
  • 年100万円以上使わないと+0.2%分のボーナスがもらえない
  • 各種ギフト券や電子マネーに交換したい場合、別のポイントサイトの登録が必要

3. まとめ

nanacoのオートチャージに関してご紹介してきましたが、いかがでしたか。

nanacoでオートチャージができるようになりますが、下記のような制限が多いためあまり便利ではありません。

  • 対象クレジットカードは『セブンカード・プラス』と『セブンカード』のみ
  • オートチャージ対象店舗はセブンイレブンとイトーヨーカドーのレジで支払った時

nanacoは、スマホでどこでもすぐにチャージができるので、クレジットカードのポイントが多くたまる下記の3枚を選んだ方がよりお得に使うことができておすすめです。

この記事でご紹介してきた内容を参考にして、nanacoをよりお得・便利に使いこなせることを祈ってます。

(※当サイトへの掲載情報は、できる限り正確であるように精査の上細心の注意を払って作成しておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に対して生じたあらゆる損害等について一切補償は致しません。極力サービス内容が変わり次第更新をしますが突然変わりすぐに更新できない可能性もあるため、カードご入会の前には必ずご自身でカード発行元の公式サイトで最新の情報をご確認した後にお申し込み下さい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket