2枚目におすすめなクレジットカード5選|プロが9千枚から選ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

1枚のクレジットカードでは使えない場所があったり、特典や優待などのサービスに物足りなさを感じて、2枚目のクレジットカードを探していませんか。

一般社団法人日本クレジット協会の調べによると1人当たり3.0枚保有しているため、クレジットカードを2枚以上持つことは珍しいことではなく、うまく組み合わせれば非常にお得です。

そこでこの記事では大手カード会社3社で勤務した経験のある私が以下の流れで2枚目のクレジットカードを持つことのメリット、注意点からあなたに合った2枚目のクレジットカードの選び方をご紹介します。

  1. 2枚目のクレジットカードを持つ4大メリット
  2. 2枚目のクレジットカードを持つ時に注意すべき2点
  3. あなたに合った2枚目のクレジットカード4つの選び方

本ページを読んでいただければ、2枚目のクレジットカードを持つメリットが分かり、あなたのライフスタイルに合った適切なカードを選べるようなるでしょう。

1. 2枚目のクレジットカードを持つ4大メリット

もしあなたがたった1枚しかクレジットカードを持っていないのなら、2枚目のクレジットカードを持つことを強くおすすめします。

なぜなら、クレジットカードを2枚以上持つことでより確実に多くキャッシュレス決済の恩恵を受けやすくなるなどメリットが増えるからです。

具体的には次の大きな4つのメリットがあります。

  1. 使える場所が増える
  2. 何らかの原因で使えない時でも代わりにカード払いができる
  3. 受けられるサービスや特典・割引などを増やせる
  4. 付帯する海外旅行保険の金額を増やせる(除く傷害死亡・後遺障害補償)

それぞれのメリットについて、より詳しくご説明します。

メリット1. 使える場所が増える

あなたが現在持っているクレジットカードのブランドがVISAかMastercardであれば、あまり関係ないかもしれません。

しかし、コストコのようにMastercardしか利用できないお店があったり、JCB・AMEX・Dinersでは利用できない事もあります。

そのため、最低でも1枚はVISAかMastercardブランドを持つことを強くおすすめし、既に持っていてもなるべく違うブランドを2枚目に持つ事でより利用できる場所を増やせます。

口コミ・評判

名前 S・Mさん(26歳)
評価:★★★★★5
以前に海外旅行に行った際にJCBのカードを1枚だけ持って行ったのですが、 JCBのカードだと海外で使えないことが多く、利用できないお店が多かったです。
そのため、来月また海外旅行に行くので海外でも不自由なく使えるVISAのカードをもう一枚作りました。

メリット2. 何らかの原因で使えない時でも代わりにカード払いができる

メリット1で挙げたブランドの他に、あなたの使っているカード会社のトラブルなどが原因でクレジットカードが利用できない事があります。

2枚以上カードを持っている事で、こうしたトラブル時でも確実にキャッシュレス決済を行えます。

高額の決済時や海外などクレジットカードでの支払いにこだわりたい時に、手元に2枚目があるのは非常に心強く安心できます。

メリット3. 受けられるサービスや特典・割引などを増やせる

年会費が高めなゴールド以上のクレジットカードには数多くのサービスや特典が付いているため、あなたのライフスタイルに合えば年会費以上に得できる事も珍しくはありません。

ただ、どんなにグレードの高いカードでもたった1枚であなたの生活を全てカバーするのは不可能です。

よく利用するお店やサービスに関連した2枚目以降のクレジットカードを持つ事で、今よりももっとお得で快適な生活が過ごせるようになります。

メリット4. 付帯する海外旅行保険の金額を増やせる(除く死亡時補償)

多くのクレジットカードには海外旅行保険が付きますが、傷害死亡・後遺障害以外の補償金額は複数枚を合算できる事は意外と知られていません。

特に利用する機会の多い病気や怪我に関する補償金額はいくら多くても多すぎる事はないため、海外旅行に行く機会が年に1回でもあるならそれだけで2枚目を持つメリットがあります。

よく海外へ行くのであれば、複数枚のクレジットカードやデビットカードを旅行保険代わりに持つのも手です。

口コミ・評判

名前 A・Oさん(22歳)
評価:★★★★☆4
私は三井住友カード デビュープラスとエポスカードを2枚持ちしています。
なぜなら、三井住友カード デビュープラスは将来ゴールドカードに切り替わることを見越して普段から利用しているのですが、海外旅行保険がついていません。
しかし、エポスカードは年会費無料で海外旅行保険がついてくるので海外旅行用に2枚目のカードとして持ち歩いています。

上記で挙げたメリットの他に、現在は多種多様な電子マネーやQRコード決済などが増えたため、たった1枚よりも2枚以上のクレジットカードを持っている方がお得なキャンペーンなどの対象になりやすくなります。

このように、1枚のカードだけでは補えないサービスを2枚目のカードが合った方がメリットが大きい事が分かります。

2. 2枚目のクレジットカードを持つ時に注意すべき2点

これから2枚目のクレジットカードの申し込むなら、以下の2点に注意すべきです。

  • 一度に複数のカードを申込まない
  • キャッシング枠は申込まない

これらは、2枚目に限らずクレジットカードを新しく作るときに非常に重要なポイントです。

守らなければ、クレジットカードの審査に落ちる可能性があるので気をつけましょう。

一度に複数のカードを申込まない

審査まで時間かかるから何社か申し込んで審査が早く終わったクレジットカードを申し込もうと考える方は多いです。

しかし、これはクレジットカードを作るときに絶対にやってはいけないことなのです。

なぜかというと、一度に複数のクレジットカードを申し込むとその情報は信用情報機関に登録され、クレジットカード会社はそれを元に審査をします。この時、クレジットカード会社は以下のように考えます。

  • 入会キャンペーンのポイント目的の申込者かもしれない
  • お金に困っていて返済能力がない人かもしれない

入会キャンペーンのポイントはクレジットカード会社のが新規入会者を増やすためのキャンペーンですがポイント目的でカードを作って、ポイントを受け取ったらすぐに退会されればクレジットカード会社としては困ります。

また、お金に困っている方にクレジットカードを発行してもきちんと返済がされないリスクがあります。

以上の理由から一度に複数枚のクレジットカードを申し込むことは新しくクレジットカードを作るのに不利になってしまいます。

キャッシング枠は申込まない

基本的にキャッシングを申し込むことでクレジットカードの審査は通りにくくなります。カード会社からお金を借りる予定がない場合は原則としてキャッシング枠は0にして申し込みましょう。

なぜなら、総量規制という法律で個人がお金を借りられる枠の基準が定められていて、その枠の中にクレジットカードのキャッシング枠も含まれるからです。

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。

引用:日本賃金業協会・総量規制とは

そのため、法律が変わるのでキャッシングの申し込みをすることで二重の審査を受けなければならないということと、総量規制のため1枚目でキャッシングを限界まで利用している方は特別キャッシング枠が増えるということはありません、

キャッシング枠を不必要に多くして申し込むと、カードの発行会社から「この人はお金に困っている人なのかな」と判断され、審査に通りにくくなります。

3. あなたに合った2枚目のクレジットカード4つの選び方

ここでは2枚目に持つのにおすすめなクレジットカードの選び方をご紹介します。

あなたの考え方やライフスタイルによりますが、以下の4つを重視して選ぶと良いでしょう。

  • 現在持っているのとは違うブランド(VISAかMastercardは1枚持つ事を強くおすすめ)
  • 支出が多い項目(お店・サービス)で割引やポイント倍増などのメリットがある
  • よく利用するお店やサービスがより快適になる特典が付いている
  • 他人の目を気にしてゴールド以上の券面にする

例として、多くの人に当てはまる以下の5枚をご紹介します。

  • 電子マネーに対応し、ポイントが貯めやすいカードが欲しい方:『リクルートカード』
  • 普段、自分のよく利用する店舗でお得に使いたい方:『セブンカード・プラス』『セディナカードJiyu!da!』など
  • デートや接待用にステータスのあるカードが欲しい方:『アメリカン・エキスプレス・カード』や各種ゴールドカード
  • 海外旅行用のカードが欲しい方:『エポスカード』

現在あなたが持っているブランドと異なり、より生活がお得で便利になるクレジットカードを選ぶと良いでしょう。

電子マネーにも対応していて、ポイントが貯めやすいカードが欲しい方

モバイルSuicaなどの電子マネーチャージに幅広く対応しているカードが欲しい方には『リクルートカード』がおすすめです。

『リクルートカード』

リクルートカードの券面(Mastercard、VISA、JCB) アイキャッチ

リクルートカード』は全ての年会費無料カードの中で1.2%という最高クラスのポイント還元率です。

さらに、下記のようなリクルートグループではより多くのポイントをもらえます。

  • 4.2%:ポンパレモール
  • 3.2%:じゃらんnet・Hot Pepper Beauty・ホットペッパーグルメ(ホットペッパーお食事券)

たまったポイントはリクルートグループのサービス利用時に1ポイント=1円から使うこともできますし、Pontaポイントに交換することでローソンなどPonta提携店舗での利用やJALマイルに交換できるので、使い勝手が良いです。

カードに付いている海外旅行保険は旅行代金の一部をクレジットカードで支払うことで、傷害・疾病治療費用が100万円と年会費無料カードの中ではトップクラスに良い条件なので海外でも役に立ちます。

年会費 無料
申し込み資格 満18歳以上の方(高校生は除く)

未成年の方は親権者の同意が必要です。

還元率 1.2%

『リクルートカード』公式ページ

http://recruit-card.jp/

普段、自分のよく利用する店舗でお得に使いたい方

普段、自分のよく行くお店でお得に使いたい方には『セブンカード・プラス』などその店舗や会社が発行しているクレジットカードがおすすめです。

これらのカードには特定の店舗でお得に使える特典があります。例として多くの方が2枚目として選ぶ『セブンカード・プラス』『セディナカードJiyu!da!』を紹介します。

『セブンカード・プラス』

セブンカード・プラスの券面(ディズニー・一般デザイン)セブンカード・プラス』は2019年7月1日以降より年会費がずっと無料で、ポイント還元率0.5%のカードでセブン&アイグループの対象店でお得に使うことができます。

以下のような特典があるため、イトーヨーカドーで普段買い物をしている方はおすすめです。

  • セブン-イレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、デニーズでのカード利用でポイント還元率が普段の2倍の1%
  • 8日、18日、28日はイトーヨーカドーでの買い物が5%OFF
年会費 無料
入会年齢 18歳以上で電話連絡可能の方(高校生は除く)

未成年の方は親権者の同意が必要です。

ポイント還元率 0.5%:通常利用

1%:セブン-イレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、デニーズ

セブンカード・プラス公式ホームページ:

https://www.7card.co.jp/

『セディナカードJiyu!da!』

セディナカードJiyu!da!の旧Mastercardブランドの券面

セディナカードJiyu!da!』はSMBCファイナンスサービス(旧セディナ )が発行しているクレジットカードです。

このカードではイオン・ダイエー・セブン-イレブンでの利用で毎日わくわくポイントが3倍(ポイント還元率1.5%)となります。

イオングループでお得に使えるイメージがある『イオンカード』はポイント2倍(ポイント還元率1%)なので、普段の利用でお得に使いたい方はこちらのカードがおすすめです。

年会費 無料
入会年齢 高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方

※未成年者が申込者の場合は、親権者の方の同意が必要となります。

ポイント還元率 0.5%:通常利用

1.5%:イオン・ダイエー・セブン-イレブン

 ※本サイトの表記内容は2020年2月時点の内容になります。

正しい詳細に関してはSMBCファイナンスサービス株式会社の公式ページをご確認ください

『セディナカードJiyu!da!』公式ページ:

https://www.cedyna.co.jp/

デートや接待用にステータスのあるカードが欲しい方

デートや接待用にステータスのあるカードが欲しい方には『アメリカン・エキスプレス・カード』や各種ゴールドカードがおすすめです。

ここで紹介する『アメリカン・エキスプレス・カード』も非常にステータスとしては高いですが、やはりステータスを重視するのであれば、ゴールド以上のカードが好ましいです。

ゴールドカードについて気になる方は、「店員や女性から一目置かれるステータスの高いゴールドカード6選」を参考にして下さい。

昇進や転職など現在の自分に自信のある方は「ハイステータスなクレジットカードの選び方とおすすめ9選」を参照してください。

ここでは、比較的ハードルが高くない『アメリカン・エキスプレス・カード』を紹介していきます。

『アメリカン・エキスプレス・カード』

アメリカン・エキスプレス・カードの券面

アメリカン・エキスプレス・カード』は年会費12,000円(税抜)かかりますが、一般カードの中では最高のステータスがあります。

アメックスはどこで出しても恥ずかしくはないカードなので、接待やデートなどいざという時のために2枚目として持っておきたいです。

世界的なステータスの高さも魅力的ですが、サービスの豊富さも非常に魅力的です。海外旅行保険が最高5,000万円、ショッピング保険も最高300万円まで補償してもらます。

年会費(税抜) 12,000円
入会年齢 20歳以上、定職がある方(パート・アルバイト不可)
ポイント還元率 0.33%〜1%

『アメリカン・エキスプレス・カード』公式ページ:

https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/green-card/

海外旅行用のカードが欲しい方

海外旅行に行く予定があるのに海外旅行保険が付帯したクレジットカードを持ってない方には『エポスカード』がおすすめです。

『エポスカード』

エポスカードシルバーと赤の券面

エポスカード』は年会費が無料で海外保険が充実しています。また、VISAのクレジットカードを持つことで海外でもクレジットカードが利用できる店舗であれば問題なく利用することができます。

年会費が無料で海外旅行保険の条件が良いカードは8,000枚以上ある一般カードの中でも珍しいので海外旅行に行く方は2枚目のカードとしておすすめです。

海外旅行保険の条件は以下の通りです。

利用条件 自動付帯 持っているだけで補償がつきます。
傷害死亡・後遺障害 最高500万円 事故による死亡や後遺障害について補償
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額) 旅行中のケガや病気の治療代を補償
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額) 旅行中のケガや病気の治療代を補償
賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故の限度額) 相手にケガを負わせたり万一死亡させてしまった
時の賠償責任額を補償
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額) デジカメなど携行品の盗難や破損を補償
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額) 旅行先に家族が渡航する旅費や捜索費を補償

海外旅行時に特に利用する機会の多い病気や怪我に関する保険の金額が高いのでおすすめです。

年会費 無料
入会年齢 満18歳以上の方(高校生は除く)

未成年の方は親権者の同意が必要です。

ポイント還元率 0.5%

『エポスカード』公式ページ:

https://www.eposcard.co.jp/

4. まとめ

クレジットカードの2枚目を持つことのメリットやおすすめのカードの選び方をご紹介しました。

1枚持ちに比べて、2枚目のクレジットカードを持つ事は主に4つのメリットがあります。

  1. 使える場所が増える
  2. 何らかの原因で使えない時でも代わりにカード払いができる
  3. 受けられるサービスや特典・割引などを増やせる
  4. 付帯する海外旅行保険の金額を増やせる(除く傷害死亡・後遺障害補償)

2枚目におすすめなクレジットカードとして多くの人に当てはまる以下の5枚を挙げます。

多くの方がクレジットカードを2枚以上保有し、そのメリットを実感しています。

もしまだ1枚しか持っていないのであれば2枚目のクレジットカードを作り、今よりももっとお得に便利にクレジットカードを使いこせるようになることを願っています。