公式サイトが教えてくれない『セディナカード』全知識|メリット・注意点をわかりやすく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

セディナカード』を申し込むべきか検討していますね。

9千枚のクレジットカードと比較した結果、非常に優秀なカードの1つなので下記のいずれかに当てはまるものが多ければ多いほどおすすめの1枚です。

  • セブン-イレブン、イトーヨーカドーをよく利用する
  • 毎年の年会費が無料のカードが欲しい
  • 海外によく行く

しかし、場合によっては他のセディナ系のカードの方があなたに合うカードである可能性もあるため、契約前にしっかりとチェックしておかないと後悔するので注意しましょう。

このページでは、大手カード会社に3社勤務した経験を活かして『セディナカード』について以下の流れで全てご紹介します。

  1. セディナカードの総評
  2. 口コミでわかるセディナカードの5つのメリット
  3. セディナカードの3つの注意点
  4. 雑誌や他のサイトでは教えてくれない申し込みの際の4つの注意点

メリットにピンとこなかった場合のためのおすすめカードもご紹介しています。

全て読んでいただければ、契約後に後悔することなく、あなたが本当に選ぶべきクレジットカードかどうかがわかるでしょう。

1. セディナカードの総評

総合評価
A
セディナカードは、セディナカード(OMC)が発行する一般カードで、毎年の年会費が無料でポイント還元率が0.5%ですが、セブン-イレブン、イトーヨーカドーなどでポイントが毎日3倍たまるお得なカードです。

まず、この章では『セディナカード』の簡単な紹介をしていきます。

1-1. セディナカードの目玉

『セディナカード』はセブン-イレブン、イトーヨーカドーでのカードショッピングで毎日ポイントが3倍たまり、マルエツ等の各店舗でのカードショッピングで毎月第2・第4日曜日は5%割引されるカードです。

1-2. カードとしての評価

スクリーンショット 2017-02-13 3.30.53

1-3. セディナカードの中での比較

セディナでは『セディナカード』以外にも100枚近くのカードを出しています。

セディナのカードの中でも若干年会費やサービスが異なるため、まずは主な5枚のカードと比較して行きます。

←左右にスクロールできます→

セディナカードクラシック セディナカードJiyu!da! セディナカードファースト OMCカード セディナカード
デザイン スクリーンショット 2017-02-12 5.31.40 スクリーンショット 2017-02-12 5.35.54 スクリーンショット 2017-02-12 22.09.44 スクリーンショット 2017-02-12 5.31.40 スクリーンショット 2017-02-13 4.11.10
年会費 年会費1,000円(税抜) 年会費無料
  • 初年度無料
  • 1,000円(税抜)(年1回以上利用無料
  • 1,000円(税抜)
  • 年間60万円以上利用で翌年無料
年会費無料
セブン-イレブン・イトーヨーカドーでポイント3倍
ダイエー・イオンでのポイント3倍 ×
マルエツでの会計5%OFF ×
ハローキティデザイン × ×
海外旅行保険 × ×
その他
  • 海外旅行保険なし
  • リボ払い
18歳~25歳限定 月間5万円以上のカード利用でその月のポイント2倍
  • 最初の3ヶ月間はポイント3倍
  • ETC、海外でのショッピングはポイント1.5倍

セディナカードクラシック

セディナのカードの中でスタンダードな1枚。年会費が1,000円(税抜)かかるため注意しましょう。

セディナカードJiyu!da!

年会費無料ですが、海外旅行保険がつかないこととリボ払い専用なので注意が必要です。

リボ払いに関しては初回手数料無料なので、翌月に利用分を全額返済すれば一回払いで支払うのと変わりません。

セディナカードファースト

18歳〜25歳までしか作れませんが、初年度年会費無料で次年度以降も条件が易しいので実質年会費無料です。

あなたが25歳なら『セディナカードファースト』がおすすめです。

OMCカード

基本的な性能は『セディナカードクラシック』と同じです。さらに月間5万円以上のカード利用でその月のポイント2倍になったり、年間60万円以上のカード利用で翌年の年会費が無料になります。

ハローキティデザインもあり、『セディナカードクラシック』よりもサービスが充実しています。

セディナカード

年会費無料ですがダイエー・イオンでのポイント3倍にならなかったり、マルエツでの会計5%OFFになりません。また、海外旅行保険もつきません。

しかし、最初の3ヶ月間はポイント3倍たまったり、ETC・海外でのショッピングはポイント1.5倍たまるなどのメリットもあります。

1-4. こんな人におすすめ

『セディナカード』は非常に優秀なカードの1つなので下記のいずれかに当てはまるものが多ければ多いほどおすすめの1枚です。

  • セブン-イレブン、イトーヨーカドーをよく利用する
  • 毎年の年会費が無料のカードが欲しい
  • 海外によく行く

セブン-イレブン、イトーヨーカドー、ダイエー、イオンをよく利用する

『セディナカード』は通常、還元率0.5%ですがセブン-イレブン、イトーヨーカドー、ダイエー、イオンで利用すると3倍の1.5%たまるのでセブン-イレブン、イトーヨーカドー、ダイエー、イオンをよく利用する方におすすめです。

毎年の年会費が無料のカードが欲しい

『セディナカード』は毎年の年会費が無料なので年会費が無料のカードが欲しい方におすすめです。

海外によく行く

海外でのショッピングではポイントを1.5倍たまったり、現地通貨をかなり安く手に入れられるので海外によく行く方におすすめです。

『セディナカード』公式ページ:

http://www.cedyna.co.jp/card/

※セディナカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

2. 口コミでわかるセディナカードの5つのメリット

ここでは、実際に使っている人の口コミを交えて『セディナカード』のメリットをよりわかりやすくご説明していきます。

  • 年会費が毎年無料
  • セブン-イレブンやスーパーでお得に買い物ができる
  • お得なポイントサービス
  • 使えば使うほどお得になる「トクトクステージ」
  • 海外でのキャッシングがお得

2-1. 年会費が毎年無料

口コミ・評判

名前 H・I さん(32歳)
評価:★★★★★5
私は普段あまりクレジットカードを利用しないのですが、もしもの時のためにクレジットカードを持っています。
セディナカードは初年度だけでなく、翌年以降も年会費がかからないので助かります。

『セディナカード』は初年度だけでなく、毎年の年会費が無料です。通常、クレジットカードには以下のように年会費のかかるカードがあります。

カード名 デザイン 年会費
JCB一般カード スクリーンショット 2017-01-23 17.37.47 ・初年度年会費無料

・翌年年会費1,250円(年間50万円以上の利用で無料)

ルミネカード』 スクリーンショット 2017-01-23 17.40.25 ・初年度年会費無料

・翌年年会費無料953円

しかし、『セディナカード』は初年度だけでなく、毎年の年会費が無料です。

そのため、普段あまりクレジットカードを使わない方でも損することなく持つことができます。

2-2. セブン-イレブンやスーパーでお得に買い物ができる

口コミ・評判

名前 S・ Nさん(32歳)
評価:★★★★☆4
セディナカードは全国のセブン-イレブン、イトーヨーカドーでのカードショッピングで利用すると毎日ポイントが3倍たまるので非常にお得です。
通常の還元率は0.5%で物足りませんが、これらのお店での買い物がほとんどなので全く気になりません。

『セディナカード』は通常、ポイント還元率0.5%ですが、セブン-イレブンやイオン、マルエツでカードを利用するとポイントが多くもらえたり割引を受けられたりします。

毎日1.5%の高ポイント還元率で買い物ができる

全国のセブン-イレブンとイトーヨーカドーでの買い物でカードを利用するとセディナカードのポイントであるわくわくポイントが3倍もらえるので、1.5%の高還元率となります。

セディナゴールドカード セブン-イレブン イトーヨーカドー

出典:セディナゴールドカード

2-3. お得なポイントサービス

口コミ・評判

名前 K・Sさん(27歳)
評価:★★★★☆4
セディナカードを使ってます。セディナカードは最初の3ヶ月間のポイントが3倍つくというサービスに惹かれて入会しました。
実際に使ってみると、ETCのポイントも1.5倍、海外での利用も1.5倍のポイントがついて、車利用や海外旅行が多い自分にぴったりの一枚で驚きました。

セディナカードには他のセディナ系列のカードにはないポイントサービスがあります。

ファーストチャンスポイント ご加入後、3ヶ月間(加入月含めて4ヶ月間)はポイントが3倍たまります。
ETCでポイントアップ ETCの利用がポイント1.5倍たまります。
海外でポイントアップ 海外でのカードショッピンのポイントが1.5倍たまります。

普段は0.5%の還元率のポイントが入会ご3ヶ月間は1.5%たまり、ETCは0.75%たまり、海外での利用は0.75%たまります。

2-4. 使えば使うほどお得になる「トクトクステージ」

口コミ・評判

名前 O・Eさん(38歳)
評価:★★★★★5
セディナカードの「トクトクステージ」というシステムで毎年利用した額によって、 翌年のポイント倍率が決まります。お得に使える店舗が多いので、普段から積極的にカードを利用している私にとってこのサービスはありがたいです。
昨年はカードの利用額が120万円ほどだったので、今年のカードの還元率は0.5%から0.575%になりました。

『セディナカード』ではわくわくポイントが 還元率 0.5%で貯まりますが、毎年1月~12月のカードショッピングの年間請求金額に応じて、翌年のポイント倍率が決まります。

ポイント倍率は以下の通りです。

スクリーンショット 2017-02-12 4.32.59

出典:Cedyna

通常のポイント還元率が0.5%なので、50万円以上の年間利用で0.55%、100万円以上の年間利用で0.575%、200万円以上の年間利用で0.65%の還元率になります。

以上のように使ったら使っただけお得になる仕組みがあり、多くのユーザーが満足しています。

『セディナカード』の利用で貯まったポイントはグッズ、マイル、ポイント、商品券など交換先を豊富に選ぶことができます。

2-5. 海外でのキャッシングがお得

口コミ・評判

名前 M・Sさん(34歳)
評価:★★★★☆4
『セディナカード』は他のクレジットカードに比べて海外での現地通貨がはるかに安く手に入ります。
私は頻繁に海外に行くので非常に助かっています。

『セディナカード』に付いているキャッシング機能を利用することで、海外旅行中でも現地通貨を最安の手数料で手に入れられることができます。

なぜなら、『セディナカード』には次の2つの特長があるからです。

  1. ネットで繰り上げ返済ができるので利息のかかる日を最短にできる
  2. 海外ATM手数料が無料

一般的に、キャッシングでお金を借りると、1日ごとに利息がついていきます。

その中で、セディナだけがキャッシングの返済手段の一つにペイジーというインターネットで入金できるサービスが使えるため、利息がかかる日を最短にできます。

セディナ キャッシング 返済方法

出典:セディナ

また、他のクレジットカードだと108円〜216円ほどかかる海外ATM手数料も無料で利用できます。

そのため、例えば10万円分の外貨を手に入れた場合、他の一般カードと比べて約1,600円もお得になります。

『セディナカード』 多くの一般カード
1日の金利 50円(年率18%÷12ヶ月÷30日×10万円)
利息を払う日数 最短2日 約30日
ATM手数料 無料 216円
合計手数料 100円 1,716円

上記は海外キャッシングの手数料分だけの話であり、その他に引き出した外貨の金額に国際ブランドが決めている為替レートをかけた金額がさらに請求されます。

3. セディナカードの3つの注意点

『セディナカード』を申し込む前に確認しておきたい注意事項が3つあります。

  • 他のセディナカードの方があなたに合う場合がある
  • ポイントの還元率は良くない
  • 申し込む際はキャンペーンを利用すること

3-1. 他のセディナカードの方があなたに合う場合がある

『セディナカード』は『セディナクラシックカード』、『セディナカードファースト』、『セディナカードJiyu!da!』にない機能も持ってます。

しかし、逆に他のカードにあって『セディナカード』にはない機能もあります。

以下の表を見て、自分に合ったセディナのカードを見つけましょう。

カード名 デザイン 年会費 他のカードとの違い
セディナカード スクリーンショット 2017-02-13 4.11.10 年会費無料
  • ダイエー、イオンでのポイント3倍還元がない
  • マルエツでの会計5%OFFがない
  • 最初の3ヶ月間はポイント3倍たまる
  • ETC、海外でのショッピングはポイント1.5倍たまる
セディナカードクラシック スクリーンショット 2017-02-12 5.31.40 年会費が1,000円(税抜)  特になし

セディナカードJiyu!da!

スクリーンショット 2017-02-12 5.35.54 年会費無料
  • 翌月一回払いでなく、リボ払い。
  • 海外保険がつかない
セディナカードファースト スクリーンショット 2017-02-12 22.09.44 1,000円(税抜)
初年度年会費無料
(次年度以降ショッピング1回以上ご利用で無料)
18歳~25歳限定

あなたがダイエーやイオン、マルエツで買い物する機会が少なく、海外ショッピングや ETCの利用が多い場合は『セディナカード』がおすすめです。

年会費や年齢制限がないカードを求めているのであれば、『セディナカードJiyu!da!』もおすすめです。

セディナカードJiyu!da!』は年会費無料ですが、支払いがリボ払いになってしまいます。しかし、初回手数料が無料なので利用額を翌月に全額返済してしまえば、手数料はかかることはないからです。

3-2. ポイントの還元率は良くない

『セディナカード』は通常のポイントの還元が月間利用額200円(税込)につき1ポイントです。比率にして0.5%です。

今では還元率が1%を超えるカードが数多くあります。そのため、『セディナカードク』の0.5%は決して高い還元率とは言えません。

高還元なクレジットカードが気になる方には以下のカードがおすすめです。

カード名 デザイン 還元率 補足
リクルートカード  スクリーンショット 2017-01-23 17.03.13 1.2% 旅行保険充実・Pontaとの相互交換可能
REX CARD Lite  スクリーンショット 2017-01-23 17.05.48 1.25% 年会費無料カードの中で公式カードよりも還元率が高い
Orico Card THE POINT  スクリーンショット 2017-01-23 17.07.03 1.0% オリコモール経由で+0.5%・Amazonで+0.5%

しかし、『セディナカード』は全国のセブン-イレブン、イトーヨーカドーではポイント付与率が3倍になります。

あなたがセブン-イレブン、イトーヨーカドーをあまり利用しないのであれば、『セディナカード』に申し込むのは注意しましょう。

3-3. 申し込む際はキャンペーンを利用すること

ここまで読んで、『セディナカード』への入会を検討されているのであれば現在、以下のようなキャンペーンを行なっています。

かなりお得なキャンペーンなので利用すべきです。

スクリーンショット 2017-02-12 5.56.20

出典:Cedyna

きちんと6,000ポイントのポイントを受け取るためには以下のSTEPを踏む必要があります。

STEP1:入会

申し込みのタイミングで、かならずキャンペーンページ「http://www.cedyna.co.jp/camp/」から申し込みを行いましょう。

  • 新規入会で100ポイントもらえます。
  • 登録期間中に「あと決めプラン」に登録することで500ポイントもらえます。

STEP2:キャンペーンに応募

キャンペーンに応募するには電話かWebで行う必要があります。

Webから:OMC Plus「https://ca.cedyna.co.jp/member/omcplus_login.asp」にログインしてキャンペーンに応募しましょう。

電話から:「03-5638-3666」「06-6339-7775」に電話しましょう。音声案内に従って、「カード番号」「880」、「#️⃣」、「1」を順に入力しましょう。

STEP3:利用・登録

カードの利用やサービスの登録でポイントがもらえます。

  • 加入月を含む3ヶ月間の間に一度でもカードショッピング、月間5,000円以上利用することで1,000ポイントもらえます。
  • 加入月を含む3ヶ月間の間に一度でもカードショッピング、月間30,000円以上利用することで2,500ポイントもらえます。
  • 加入月を含む3ヶ月間の間に一度でもカードショッピング、家族カードかセディナiDかセディナQUICPayを申し込めば1,000ポイントもらえます。

STEP4:進呈

STEP3まででに獲得したポイント最大5,100ポイントがもらえます。

また、入会から半年間の間に一度でもカードを利用していれば900ポイントがもらえます、

『セディナカード』公式ページ:

http://www.cedyna.co.jp/card/

※セディナカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

4. 雑誌や他サイトでは教えてくれない申し込みの際の4つの注意点

クレジットカードについての特集をしている雑誌や他のサイトではカードの紹介やおすすめしかしていないことが多いです。

しかし、カードの申し込みにはいくつかの注意点があり、以下の4つを確認せずにカードの申し込みをすると、カードが発行されなかったり発行した後に後悔することがあるので確認してから申し込みましょう。

  • 6ヶ月以内の申し込み枚数
  • キャッシング枠
  • ブランドの選択
  • 追加カードの発行

4-1. 6ヶ月以内に申し込むクレジットカードの枚数を2枚以下にする

信用機関にはクレジットカードを申し込んだ記録が6ヶ月間残るため、審査に通りやすくするためには6ヶ月以内に申し込むカードの枚数を2枚以下にしておきましょう。

一般的に6ヶ月以内に3枚以上のクレジットカードの発行申し込みをしていることを多重申し込みと言います。

口コミやネットの掲示板などで「半年で5〜6枚でも大丈夫」「毎月1枚作れる」など1年間に何枚も申し込みをしていてもカードを作れている人もいます。

しかし、個人の属性(年収や職業など)によってクレジットカードの作りやすさは違うので当ページでは6ヶ月以内に2枚以下の申し込みをおすすめします。

なぜカード会社は多重申し込みを嫌がるのか

理由は2つあります。

  • お金に困っていてたくさん借入をして逃げる可能性が高いと判断されるため
  • 入会特典狙いでカードをあまり使わないで短期間で解約され損をする可能性が高いため
お金に困っていてたくさん借入をして逃げる可能性が高い

あなたにその意思が無くても、カード会社が持っているデータからそのような行動をする人の確率が高いと判断されます。

そのため、カード会社に疑われるような行動は避けた方が『セディナカード』の審査に通る可能性は上がります。

入会特典狙いでカードをあまり使わないで短期間で解約され損をする可能性が高い

ポイントサイトなどでカードを作ることでたくさんのポイントがもらえるのは、カード会社がポイントサイトに報酬として支払っている広告費の一部を会員に還元しているためです。

カード会社は利用者を増やすためにカードを発行していますが、そのために広告費やカードそのものの発行手数料(ICチップの単価だけで500円とも言われています)など少なくない経費をかけています。

そのため、ポイントや入会ボーナスだけ受け取って短期間で解約を繰り返しているとそのカード会社での評価は下がり社内ブラックになり、今後審査に通らなくなる可能性が高くなります。

信用情報機関にもカードを退会してから5年間はどのカード会社でどのくらいの期間利用していたのか記録が残るため、他のカード会社の審査にも通らなくなる可能性が高くなります。

4-2. キャッシング枠は年収の1/3未満の希望額で申し込む

原則としてキャッシング枠は年収の1/3未満の希望額にして申し込みましょう。

なぜなら、総量規制という法律で個人がお金を借りられる枠の基準が定められていて、その枠の中にクレジットカードのキャッシング枠も含まれるからです。

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。

引用:日本賃金業協会・総量規制とは

キャッシング枠を不必要に多くして申し込むと、カードの発行会社は「この人はお金に困っている人なのかな」と判断して、カードが発行されない恐れがあります。

もしカードの発行を否決されると、あなたが否決されたという記録は半年間残ってしまい、各クレジットカード会社や金融機関などにも共有されるため、他のカードを発行する時に不利になります。

自分の持っているカードに合計で年収の1/3以下の金額にしてキャッシング枠を申し込むと、総量規制の基準に引っかからずカードが発行されやすいです。

4-3. ブランドの選択

『セディナカード』はJCB・VISA・Mastercardの3つのブランドから選べますが、「どれを選んでもそんなに変わらない」と適当に決めようとしていませんか。

下記のように『セディナカード』はブランドによって追加カードの条件、特典・優待、利用可能地域が変わります。

VISA Mastercard JCB
nanaco可能
利用可能地域 世界中どこでも 主に日本・東南アジア・ハワイ
特典・優待 VISAの特典

特に注意すべきなのはチャージ可能な電子マネーの種類と、利用できる国・場所です。

次のどれかに当てはまるなら、そのブランドを選びましょう。

4-4. 追加カードは使う予定があるものだけ発行する

使わないならETCカードなどの追加カードは発行する必要はありません。

カード名 何に使うか
ETCカード 国内の有料・高速道路を料金所で現金の支払いをせずに通過できるカード

家族カード

本会員と生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)が本会員と同じように使えるカード

JR東海「プラスEX」サービス

東海道新幹線(東京~新大阪間)が365日会員価格で利用できる、会員制のネット予約&IC乗車サービス

「入会キャンペーンや特典でポイントやキャッシュバックがもらえてお得になるから…」という理由で使わないカードを発行すると発行手数料や年会費がかかって損をすることがあります。

必要になった時に後から追加カードを申し込むことはできますので、申し込み時点で必要なカードだけ発行するようにしましょう。

5. さいごに

セディナカード』に関して、総評、口コミによるメリット、注意点を解説してきましたがいかがでしたか。

『セディナカード』は、以下のようなメリットがあります。

  • 年会費が毎年無料
  • セブン-イレブンやスーパーでお得に買い物ができる
  • お得なポイントサービス
  • 使えば使うほどお得になる「トクトクステージ」
  • わくわくポイントの交換先が便利
  • 海外でのキャッシングで現地通貨を最安の手数料で手に入れられる

あなたにとってセディナが発行している他のカードの方が合う場合もあるので契約前には注意しましょう。

『セディナカード』を利用することであなたの生活がより豊かで便利になることを祈っています。

『セディナカード』公式ページ:

http://www.cedyna.co.jp/card/

※セディナカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

 

カード詳細情報

この章では、現在できる限り情報を収集した上で、『セディナカード』についての詳細情報を表にまとめました。上記でご紹介した他にカードについて細かい情報を知りたい人だけお読みください。

←スマホなど小さい画面で見ている人は左右に動かして見れます→

詳細情報

申し込み対象 本会員 高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方
家族会員 満18歳以上(高校生を除く)の同姓・同居のご家族
審査基準 やや易しめである
還元率 0.5%
ブランド JCB・VISA・Mastercard
年会費(税別) 本会員 無料
家族会員 無料
支払い方法 口座振替
支払い日 締切日:毎月末日、翌月27日(金融機関の休業日の場合は翌営業日)
ショッピング 利用可能枠 カード送付時に通知

(非公式情報)

支払い方法 1回払い・2回払い・ボーナス一括払い(手数料不要)
分割払い

実質年率

12.20%:3回

13.51%:5回

13.86%:6回 

14.57%:10回

14.73%:12回

14.87%:15回

14.93%:18回

14.95%:20回

14.96%:24回

14.91%:30回

14.82%:36回

ボーナス2回払い

(利用代金が5万円以上の場合)

利用代金と手数料を合算した額の2分の1ずつを指定月(夏期6月・7月・8月、冬期12月・1月のいずれかの月)に支払う

利用代金100円当たりの手数料の額は3.0円(実質年率2.31%~12.08%)、支払期間は、5ヵ月から19ヵ月

リボ払い

実質年率

15.00%

定額リボルビング払い(手数料With-out方式)にて、手数料を支払元金に加算して支払うものとします。なお、手数料は、毎月締切日のカードショッピングのリボルビング利用残高に対して下記の手数料率(以下「手数料率」といいます。)を乗じた額とします
締切日(毎月月末)のご利用残高 月々の支払額  5,000円コース 10,000円コース 15,000円コース  20,000円コース
遅延損害金 年14.60%
キャッシング 利用可能枠 ご利用可能枠/1万円~200万円

  (新規申込は上限50万円まで)

カードキャッシングによる融資金は1万円単位

支払い方法 一括払い

リボルビング払い

実質年率 18.00%

締切日(毎月月末)リボルビング利用残高

支払額(短期コース)

支払額(長期コース)

5万円以下 

5,000円

3,000円

5万円超~10万円

10,000円

10万円超~20万円

6,000円

20万円超~30万円

15,000円

9,000円

30万円超~40万円

20,000円

12,000円

40万円超~50万円

25,000円

15,000円

50万円超~60万円

30,000円

18,000円

60万円超~70万円

35,000円

21,000円

70万円超~80万円

40,000円

24,000円

80万円超~90万円

45,000円

27,000円

90万円超~290万円

50,000円

10万円を超す毎に3,000円ずつ加算します

ATM利用手数料 セディナのカードでCD・ATMでキャッシングご利用1回につき、ご利用金額1万円以下は100円(税抜)、1万円超は200円(税抜)をご負担いただきます。
返済方法 ①電話

②インターネット(Pay-easy)

③全国の提携金融機関ATM

  《提携ATM》:「三井住友銀行ATM」、「セブン銀行ATM」、「三菱東京UFJ銀行ATM」、「東京スター銀行ATM」

④ローソン店内にあるLoppi(ロッピー)

遅延損害金 20.00%
ポイント ポイント名 わくわくポイント
基本ポイント付与 月間ご利用金額200円(税込)ごとに1ポイント(年会費、キャッシング、ローン、利息、手数料およびEdyチャージのご利用にはポイントは付きません。 )
有効期限 2年間
トクトク!ステージ 年間(1月〜12月)のご請求金額に応じて、翌年のポイント倍率が決まります。
年間(1月~12月)のご請求金額

ポイント倍率

200万円以上

1.3倍

100万円以上200万円未満

1.15倍

50万円以上100万円未満

1.1倍

50万円未満

1.0倍

毎日ポイント3倍 全国のセブン-イレブン、イトーヨーカドー、ダイエー、イオンでの利用でわくわくポイントが毎日3倍
オンラインモール セディナポイントモール http://www.cedynamall.com/event/189/ セディナポイントモールを経由してネットショッピングするだけで、わくわくポイントが毎日3倍~21倍
交換先 http://www.cedyna.co.jp/point/waku/index.html 300P:「プレミアムセレクション」への抽選

1,000P〜:グッズとの交換

1,000P以上500P単位、1P→0.8円、800ポイント:Gポイント(1回の交換ポイント数が5,000ポイント未満)

1,000P以上500P単位、1P→1円、1,000ポイント:nanacoポイント、ドトールポイント、Gポイント(1回の交換ポイント数が5,000ポイント以上、dポイント、WALLET ポイント

1,000P以上1,000P単位、1P→0.7円、700円分:キャッシュバック(下記以外の金融機関が引き落とし口座)

1,000P以上1,000P単位、1P→0.8円、800円分:キャッシュバック(「三井住友銀行」または「ジャパンネット銀行」が引き落とし口座)

1,000P以上1,000P単位、1P→1円、1,000円分:VJAギフトカード、JTBナイスギフト、ダイエーグループ商品券、図書カードNEXT、日本旅行ギフト券、ジェフグルメカード(別途交換手数料500ポイント必要)、寄付

3,000P以上1,000P単位、1P→1円、3,000円分:Amazonギフト券

5,000P以上5,000P単位、1P→1円、5,000円分:nanacoカード、JCBギフトカード

加盟店数 なし
電子マネー 名称 チャージの可否 カードに付属 オートチャージ対応 ポイント付与
Edy

nanaco

◯(JCBのみ)

0.5%(200円につき1P)
モバイルSuica

0.5%(200円につき1P)
SMART ICOCA

0.5%(200円につき1P)
iD

0.5%(200円につき1P)
QUICPay

0.5%(200円につき1P)
Apple Pay 未対応
マイル 名称 利用で貯まる カードに付属 ポイント交換
JAL

JAL:1,000P以上500P単位、1P→1円:500マイル※年間(1~12月)の交換上限は15万マイルまで
国内旅行保険

(利用付帯)

補償条件 利用付帯分は事前に旅行代金等を対象カードでお支払いいただいた場合に補償

・被保険者が公共交通乗用具に乗客として搭乗中に生じた急激かつ偶然な外来の事故によるケガを原因として

・被保険者が宿泊施設に宿泊中に生じた火災・破裂・爆発によるケガを原因として

・被保険者が宿泊を伴う募集型企画旅行(注2)参加中(注3)に生じた急激かつ偶然な外来の事故によるケガを原因として

傷害死亡・後遺傷害 利用付帯:1,000万円
入院 日額 3,000円
通院 日額 2,000円
家族特約
対象者
海外旅行保険

(自動付帯)

補償条件 対象のカードご加入日(カード会社に会員として登録された日)の翌日以降に旅行  期間を開始するご旅行が対象 保険期間:日本出国日から3ヶ月後の午後12時までを限度
傷害による死亡・後遺障害 自動付帯:1,000万円
傷害・疾病による治療費用 100万円
賠償責任 1,000万円
携行品損害 10万円(自己負担額:1事故につき3,000円)
救援者費用 100万円
ショッピング保険 補償内容 対象のカードを利用して購入した商品が、購入日(配送等による場合には商品の到着日)より対象期間内に破損、盗難、火災などの偶然な事故により損害を被った場合に、補償

対象期間:90日

補償限度額 年間300万円
自己負担額 (1回の事故につき)3,000円
カード盗難保険 お客さまより弊社にご連絡いただいた日から60日前までさかのぼって補償
ネットセキュリティサービス インターネットで不正利用され、「なりすまし」など、身に覚えのない請求が届いた場

合の損害を60日前まで遡って補償

その他特典 ・下記の店舗で優待デーの利用でほとんど売場全品5%Off

毎週日曜日:マルエツ、マルエツ プチ、リンコス

毎月第2・第4日曜日:棒二森屋、三春屋、中合福島、十字屋山形、今治デパートグループ※(ショッパーズ・ライフショップ・ショッピングセンター保内・フジマート野村)、東武イーストモール※、東武サウスヒルズ※、スーパーストア

・プレミアムクラブオフ

スポーツ、レジャー、リラクゼーション、ショッピング、国内宿泊、ライフサポート・サービスを特別価格でご利用いただける会員様限定のサービス

・パッケージツアー割引サービス(セディナトラベルデスク)

パッケージツアーの基本旅行代金が会員割引価格(3~8%OFF)

・セディナメディカルコール

健康増進、健康不安、介護、育児等、医療に関するあらゆる相談を無料で24時間電話にて受け付けている

・ウキウキトラベル賞

毎月のカードショッピングご利用金額一万円(税込)を1口として、毎月抽選で150名様に海外旅行(50名様)、国内宿泊(50組100名様)が当たります。

・セディナのカードで三井住友銀行キャッシュカードATM手数料が「無料」 http://www.cedyna.co.jp/service/all/smbc_atm.html

三井住友銀行のSMBCポイントパックご契約口座からセディナのクレジットカードご利用代金のお引き落としをされるとそのご契約口座のキャッシュカードのATM手数料が無料になります。

 

追加カード ETCカード 新規発行手数料・年会費無料:200円ごとのご利用で1ポイント付与
セディナiD 年会費無料
セディナQUICKPay 年会費無料
JR東海プラスEXサービス 年会費 500円(税抜):利用料金200円(税抜)につき1ポイント。東海道新幹線(東京~新大阪間)をきっぷを受け取らずにご乗車いただくための「JR東海プラスEXサービス」会員様専用のICカード

(※当サイトへの掲載情報は、できる限り正確であるように精査の上細心の注意を払って作成しておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に対して生じたあらゆる損害等について一切補償は致しません。極力サービス内容が変わり次第更新をしますが突然変わりすぐに更新できない可能性もあるため、カードご入会の前には必ずご自身でカード発行元の公式サイトで最新の情報をご確認した後にお申し込み下さい)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket