クレジットカードの色とランク|色別おすすめカード12選

クレジットカード 色のアイキャッチ

クレジットカードの色やランクに興味を持ってはいませんか。

クレジットカードは使われている色によってランクが分かることがあります。そのため、同じカードの種類でもカードの色によってステータス性や付帯する保険、年会費も変わってくるのでカードの色について知っておくことで他人の社会的地位など推測できて失礼を回避できたり、それとなくアピールができます。

この記事では大手カード会社に3社勤務した私がその経験を生かして、以下の流れでクレジットカードの色ごとの特徴について紹介します。

  1. クレジットカードの色ごとのランク徹底比較
  2. 12色のおすすめクレジットカード

また、一般クラスのクレジットカードはデザインや色が最も豊富にあり、券面の色を重視する方向けにこの記事では12色のクレジットカードを紹介します。

この記事を読むことで色のクレジットカードの関係が必ず分かるはずです。

1. クレジットカードの色ごとのランク徹底比較

クレジットカードは色によってランクが異なります。

また、ランクによって付帯する保険内容やカードの年会費なども変わってきます。

この章ではクレジットカードの色とランクについて一目でわかるように、以下のように一覧表にしました。
-スマホの方はスクロールできます-

カードの色カードの種類ステータス年会費(税込)海外旅行保険代表カード
色々一般カード低い無料〜15,400円付帯保険はあるものとないものがある
金がほとんどゴールドカード高い1,986円〜44,000円充実した付帯保険
白金や黒が多いプラチナカードかなり高い20,000円~165,000円かなり充実した付帯保険
ほぼ黒ブラックカード最も高い55,000円~660,000円最高峰の充実度を誇る保険『アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード』

このように「ブラックカード」>「プラチナカード」>「ゴールドカード」>「一般カード」の順でステータスが高く、年会費も高くなり、海外旅行保険などの特典も豊富になります。

ここからはそれぞれのカードの色とランクについて紹介します。

1-1. 一般カード

一般カードはステータス性はありませんが、年会費も安かったり、無料だったりとします。

さらに、多くの方が審査に通って作れるカードが多いです。

また、券面に使われている色が最も多様なため。クレジットカードの色にこだわる方には非常におすすめです。

他サイトでは「学生カード」「年会費無料カード」「シルバーカード」などが分けられていますが、これらは全て一般カードなので全て一緒に考えるのが最もシンプルです。

しかし、カードによってそれぞれ持つべき層が変わるので注意しましょう。

学生カード

18歳以上の高校を卒業している学生のために作られたカードなので、基本的には年会費が無料であることが多いです。

しかし、利用できる限度額も5〜30万円と限られています。

本来、安定的な収入を持たない学生はクレジットカードを作ることが難しいとされているので、これからカードを作ろうと考えてる学生の方は学生カードならば、簡単に作ることができるのでおすすめです。

代表的な学生カード:『JALカード navi(学生専用)

また、学生の上手なクレジットカード利用法や審査の仕方などで不安な方は『大学生のクレジットカードの選び方とおすすめ6選』を見て頂ければ、慣れないクレジットカード作りでも安心して作れることが分かるでしょう。

年会費無料カード

年会費無料カードは、無職であったり過去に返済の遅れなどがなければ、多くの方が作れるカードです。

数多くの年会費無料カードがあり、カードによってポイント還元率や海外旅行保険の付帯の有無など条件は様々です。

ポイント還元率は0.5%前後が多いですが、中には1%を超えるものもあります。海外旅行保険は付帯しないカードが多いです。カードの限度額は新規作成時は5万円〜100万円ほどです。

代表的な年会費無料カード:『エポスカード

上記のような年会費無料カードが気になる方はこちらの『年会費無料のクレジットカードおすすめ10選』にてポイント還元率の高いカード、海外旅行保険の条件が良いカード、特に作りやすいカードをまとめてあります。

年会費無料カードは3,700枚近くあるので、本当に満足のできるカードを探したい場合は上記記事を参考にしてください。

シルバーカード

シルバーカードという単語はあまり聞いたことがないという方の方が多いかもしれません。これは年会費が1,000円前後必要な「クラシックカード」に多い名称です。

基本的に券面がシルバーのものが多いからだったり、ゴールドカードとの対比でそう呼ばれているという説もあります。

限度額は20万円〜200万円のものが多いです。

代表的なクラシックカード:『JCB一般カード

1-2. ゴールドカード

現在、ゴールドカードは非常に作りやすくなっており、年収も300万円あれば作れるものが増えています。

今では様々なカードの種類が増え、富裕層の方々はゴールドカードよりも上のランクのプラチナカードやブラックカードを使っていることが多いです。

しかし、世間一般でのゴールドカードの知名度は依然として高く、作りやすさの割にはステータスが高くみられます。さらに付帯する保険なども充実した内容になるので海外旅行に安心していけるようになります。

ゴールドカードのステータスを図解(2021年12月版)

また、上の図のように基本的にゴールドカードのステータスは作る難易度に比例して高くなります。

しかし、中には『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』のように現在では一般会社員でも所有できるのにステータスもかなり高いお得なクレジットカードもあります。

おすすめのゴールドカード:『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

※ヤングゴールドカード

ヤングゴールドカードとはその名の通り、20代の方向けに作られたゴールドカードです。年会費も2,000円〜5,000円と割安なものが多く、高い年会費を払いたくない方に人気のカードです。

しかし、付帯保険やサービスなどはゴールドカードと比較するとほぼ同様であることが多く、若い方がコスパ良く恩恵を受けるのに最適な1枚です。

また、ヤングゴールドカードを持って支払いに遅れず使い続けることで、原則更新時にゴールドカードに切り替わるので、将来確実にゴールドカードを持ちたいと考えている方にもおすすめです。

代表的なヤングゴールドカード:『JCB GOLD EXTAGE

1-3. プラチナカード

ゴールドカードよりも手厚いサービスや保険が付帯しているのがプラチナカードです。金よりも白金(プラチナ)の方が市場価値が高いのでこう呼ばれており、サービスや付帯保険も十分すぎるほどのものとなっています。

プラチナカードの最大の特徴はコンシェルジュサービスがあることです。コンシェルジュサービスとは専用のダイヤルに電話することで、あなたの細かな要望に可能な限り応えてくれるサービスのことです。

例えば、急に宿泊先を探さなければいけなくなり、宿を探したけれども全て満室で宿泊先が見つからない場合に利用すると、コンシェルジュが宿を見つけてくれるなど、可能な範囲で応えてくれるサービスです。

代表的なプラチナカード:『JCBプラチナ

現在発行されているほとんどのプラチナカードはカード会社からのインビテーション(招待)がなくても直接申し込みができるようになっています。

1-4. ブラックカード

ブラックカードはサービス、ステータスともに最上級のクレジットカードです。年会費もそれに準じて非常に高くなっていますが、それに見合った一部の社会的地位の高い方や高所得層の方しか持つことのできないカードです。

そのため、ブラックカードの存在自体を知らない人もいるので、お店やデートの時に使ってもステータス性を証明できない場合もあるくらいです。

入手するためには年収はもちろんのこと、カード会社からのインビテーション(招待)が必要となっており、そのカード会社のカードを何年間か利用し続けなければいけないので、本当に入手するのが難しいカードです。

代表的なブラックカード:『アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード』

2. 12色のおすすめクレジットカード

前章でカードの色とランクについての説明をしてきましたが、好きな色があり、その色のクレジットカードを作りたい場合は原則「一般カード」で探すことをおすすめします。

なぜなら、クレジットカードは9,000種類近くあるのですが、色やデザインが最も豊富なのは一般カードだからです。

この章では好きな色のカードを作りたい方のために、12色のクレジットカードを紹介します。

  1. 白色(ホワイト)のクレジットカード:『SAISON CARD Digital
  2. 赤色(レッド)のクレジットカード:『VIASOカード(浦和レッズデザイン)
  3. 橙色(オレンジ)のクレジットカード:『エネオスカード S
  4. 黄色(イエロー)のクレジットカード:『VIASOカード(ぐでたま デザイン)
  5. 緑色(グリーン)のクレジットカード:『アメリカン・エキスプレス・グリーン・カード
  6. 青色(ブルー)のクレジットカード:『ライフカード
  7. 紫色(パープル)のクレジットカード:『イオンカード
  8. 桃色(ピンク)のクレジットカード:『P-oneカード<Standard>
  9. 灰色(グレー)のクレジットカード:『ACマスターカード
  10. 銀色(シルバー)のクレジットカード:『エポスカード
  11. 金色(ゴールド)のクレジットカード:『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  12. 黒色(ブラック)のクレジットカード:『majica donpen card

2-1. 白色(ホワイト)のクレジットカード:『SAISON CARD Digital』

SAISON CARD Digitalの券面

SAISON CARD Digital』はナンバーレス デジタルカードを選択するとスマホから最短5分でクレジットカードを作れるセゾンの新しいカードです。

申し込み後、審査に通るとすぐに公式スマホアプリ【セゾンPortal】にデジタルカードが発行されるので、オンラインショッピングや電子マネーQUICPayに対応しているお店なら、スマホで即日クレジットカードの支払い機能を利用できます。

QUICPayは全国186万ヵ所以上(2022年3月末時点)の場所で利用でき、日常生活でよく使うコンビニ・ガソリンスタンド・スーパー・ドラッグストアなど多くの場所で使えるため、店舗での利用でもさほど困らないでしょう。

後日、本体にクレジットカードの番号が書かれていないICチップの付いた白いプラスチックカードが届くので、VISA・Mastercard・JCBなどブランドに対応しているお店やサービスならどこでも使えます。

セゾンカードの特典や優待も利用できて、便利な1枚です。

『SAISON CARD Digital』公式ページ:

https://www.saisoncard.co.jp/am_lp/scd-v1/

2-2. 赤色(レッド)のクレジットカード:『VIASOカード(浦和レッズデザイン)』

VIASOカード(浦和レッズデザイン)の券面画像

VIASOカード(浦和レッズデザイン)』はサッカーJリーグクラブ浦和レッドダイヤモンズのクラブカラーである赤い色のクレジットカードです。

年会費無料で、基本ポイント還元率は0.5%ですが、携帯料金やETCなどの支払いは1%になるなどボーナスポイントがもらえます。

カード利用代金の0.255%が浦和レッドのチーム強化費に使われるため、ファンの方は実利的な面で応援もできる1枚です。

『VIASOカード(浦和レッズデザイン)』公式ページ:

https://www.cr.mufg.jp/landing/nicos/apply/viaso_reds/

2-3. 橙色(オレンジ)のクレジットカード:『エネオスカード S』

エネオスカード Sの券面

エネオスカード S』は前年にカードを1回以上利用すると年会費無料で使えて、ガソリン代が月に1万円未満の人におすすめの橙色のクレジットカードです。

このように、ENEOS(エネオス)カード価格(2〜6円安い)で安く給油できます(下図はスタンドの価格表示例)

エネオススタンドの価格表示例

それだけでなく、ガソリン・軽油代が請求時にさらに2円/L引きされるため、ガソリン専用カードとして使っても十分お得になります。

ガソリン・軽油価格(抜粋)『エネオスカード S』価格還元率
100円98円2%
120円118円1.7%
140円138円1.4%

上記のように、ガソリン価格が低くなればなるほど還元率が上がります。

月のガソリン代が1万円未満の人でも、会員価格と請求時の2円引きでしっかりとガソリン代を安くすることができます。

『エネオスカード S』公式ページ:

https://www.eneos.co.jp/card_cps/index.html

2-4. 黄色(イエロー)のクレジットカード:『VIASOカード(ぐでたま デザイン)』

VIASOカード(ぐでたま デザイン)の券面画像
VIASOカード(ぐでたま デザイン)』はサンリオのキャラクター「ぐでたま」をモチーフにした黄色のクレジットカードです。

ゆる〜い感じのぐでたまをかわいらしく思う女性は多く、お金を払う時に細かいことを気にせず使える券面に高評価が集まりました。

カードのポイントも自動的にキャッシュバックされる仕組みで、有効期限切れや何に交換するのか悩まずシンプルな使い道です。

『VIASOカード(ぐでたま デザイン)』公式ページ:

https://www.cr.mufg.jp/landing/nicos/apply/viaso_gudetama/

2-5. 緑色(グリーン)のクレジットカード:『アメリカン・エキスプレス・グリーン・カード』

アメリカン・エキスプレス・カードの新券面

アメリカン・エキスプレス・グリーン・カード』はアメックスが直接発行している一般カードです。

月会費が1,100円(税込)かかるため、他社のゴールドカード並の下記のような特典やサービスを利用できます。

  • 年3万円までのスマートフォン保険
  • 空港のカードラウンジを無料で使える|1人1,000円前後の利用料金が必要な国内28空港のカードラウンジを無料にできる
  • 世界1,300か所以上の空港ラウンジ利用サービス年会費が無料|通常99米ドルが必要

また、普段の生活でもコンビニやガソリンスタンドでキャッシュバックなどのキャンペーンがたくさん行われているので、上手に使いこなせれば年会費以上に得をしやすいカードです。

『アメリカン・エキスプレス・グリーン・カード』公式ページ:

https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/green-card/

2-6. 青色(ブルー)のクレジットカード:『ライフカード』

ライフカード ナンバーレスの券面画像

ライフカード』は発行会社のライフカードの親会社が消費者金融のアイフルが提携して発行している年会費無料で青色のクレジットカードです。

通常のポイント還元率は0.5%ですが、下記のような優遇があります。

  • 初年度1.5倍(0.75%)
  • 誕生月3倍(1.5%)
  • 前年の利用額によって基本還元率最大2倍(1%)

また、ポイントの有効期限が5年と年会費無料クレジットカードの中では最長クラスなので、あなたのペースでじっくり貯めて好きな商品などに交換できます。

『ライフカード』公式ページ

https://lifecard-promotion-dg.com/

黒色と赤色も選べます。

2-7. 紫色(パープル)のクレジットカード:『イオンカード』

イオンカード(WAON一体型) 縦型JCBの券面画像
イオンカード』は多くの方が利用する紫のカードで年会費無料、ポイント還元率は0.5%のカードです。『イオンカード』と『イオンカードセレクト』からカードを選択することができます。

以下のような特典があるため、イオンで普段から買い物をする専業主婦の方にとっては非常にお得です。

  • イオンでの利用でポイント還元率が毎日2倍の1.0%。10日はどこでも2倍の1%。
  • 20日・30日(55歳以上は15日も)はイオン系列の店舗で会計から5%OFF。

十分お得に利用できますが、イオン銀行の口座を引き落とし口座にできるのであれば『イオンカードセレクト』の方が以下のような嬉しい特典があるので、よりお得です。

  • イオン銀行の普通預金金利を0.01%から最高0.1%に上げやすくなる
  • 各種公共料金をお支払いで1件につき毎月5WAONポイント

イオンカード公式ホームページ:

https://www.aeon.co.jp/

2-8. 桃色(ピンク)のクレジットカード:『P-oneカード<Standard>』

P-oneカード<Standard>JCBピンクの券面画像

P-oneカード<Standard>』はコンビニのファミリーマートでの利用がお得になる『ファミマTカード』などを発行しているポケットカードから出ているピンク色のクレジットカードです。

無条件で年会費がずっと無料で使えるだけでなく、他のクレジットカードと異なりカード請求時に自動で1%OFFとなる特長があります。

ポイントの有効期限や交換先を気にせずに、光熱費などの公共料金でも1%OFFになるので、クレジットカードのポイント交換などの仕組みが面倒な人にもおすすめです。

『P-oneカード<Standard>』公式ページ:

https://www.pocketcard.co.jp/

青色も選べます。

2-9. 灰色(グレー)のクレジットカード:『ACマスターカード』

ACマスターカードの券面

ACマスターカード』は三菱UFJフィナンシャル・グループ会社の1つであるアコムが発行している灰色(グレー)のクレジットカードです。

特長は何といっても全国632か所という幅広い地域で最短30分という業界最速でクレジットカードを発行できることです(2018年10月9日よりIC付きになりました)

自分の住んでいるところで即日カードを作れる店舗があるのか分からず迷っても、このカードならほぼ作れることが最大のメリットです。

カードの利用額はアコムのATMやPay-easy(インターネット返済)などで全額返済をしないとリボ手数料が発生するので注意してください。

Pay-easyは海外からも支払いが可能なため、海外キャッシングをほぼ手数料0円で利用できるというメリットもあります。

『ACマスターカード』公式ページ:

https://www.acom.co.jp/

2-10. 銀色(シルバー)のクレジットカード:『エポスカード』

エポスカードの券面画像

エポスカード』は多くの方が利用する銀色(シルバー)のカードでマルイをよく利用する方におすすめの年会費無料カードです。

ポイント還元率は0.5%ですが、海外旅行保険が自動付帯でついてきます。年会費無料のカードで使う機会の多い疾病治療費(病気時に利用)が最も高額など非常に良い条件です。

カードの機能としても非常に優れていて、以下のようにマルイでもお得ですが、マルイ以外でもお得な特典があります。

  • 年に4回、マルイで10%の優待期間があります
  • ハウステンボスなど全国33提携商業施設(2021年3月時点)で割引やポイントアップなどの優待を受けられる
  • 海外旅行保険で疾病治療保険が年会費無料カード最高額の270万円など実用的な内容
  • 最短即日での発行が可能(先にネットで申し込んで審査に通ってから受け取りに行った方が無駄足しなくて済みます)
  • ファミレス・カラオケ・映画など全国10,000店舗以上で割引やポイント優遇などの特典を受けられます

『エポスカード』公式ページ

https://www.eposcard.co.jp/

2-11. 金色(ゴールド)のクレジットカード:『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの券面(2020年版)

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』は1980年に日本で最初に発行された元祖ゴールドカードです。

その後、競合他社がアメックスを真似てゴールドカードを発行したため、より高いステータス性を求める方向けに日本では1993年にプラチナカードを発行しましたが、これも真似されたため2003年にブラックカード(『センチュリオン』)を発行しました。

今ではたくさんのカード会社から金色のカード(ゴールドカード)が発行されていて、中には年会費が数千円の「格安ゴールドカード」もありますが、知名度と券面のインパクトを考えるとこのカードが1番です。

『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』公式ページ:

https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/gold-card/

西武ライオンズファンの方はカード会員限定などが行われているこちらのキャンペーンを確認してください。

2-12. 黒色(ブラック)のクレジットカード:『majica donpen card』

majica donpen card黒色(ブラック)Mastercardの券面画像

majica donpen card』はドン・キホーテ、アピタ、ピアゴでお得に利用できる黒いカードで年会費無料、通常ポイント還元率0.5%のカードです。

全体がマットでグラデーションがかった黒一色で統一されており、右上にMastercardブランドロゴが配置されている洗練されたデザインで非常にかっこいいです。

電子マネー「majica」に登録やチャージして利用することで、ドン・キホーテ、アピタ、ピアゴなど対象店舗では1.5%の高還元率にできたり、全国の施設で優待を受けられるクラブオフが無料で付くなど、機能的にも優秀な1枚です。

『majica donpen card』公式ホームページ:

https://www.ucscard.co.jp/

3. まとめ

クレジットカードの色とランク、一般カードの色毎の代表クレジットカードのまとめをご紹介しました。

まず、以下のようにクレジットカードには色毎にランクが分けられています。

カードの色カードの種類ステータス年会費(税込)海外旅行保険代表カード
色々一般カード低い無料〜15,400円付帯保険はあるものとないものがある
金がほとんどゴールドカード高い1,986円〜44,000円充実した付帯保険
白金や黒が多いプラチナカードかなり高い20,000円~165,000円かなり充実した付帯保険
ほぼ黒ブラックカード最も高い55,000円~660,000円最高峰の充実度を誇る保険『アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード』

また、好きな色のクレジットカードが欲しい場合は次のカードがおすすめです。

  1. 白色(ホワイト)のクレジットカード:『SAISON CARD Digital
  2. 赤色(レッド)のクレジットカード:『VIASOカード(浦和レッズデザイン)
  3. 橙色(オレンジ)のクレジットカード:『エネオスカード S
  4. 黄色(イエロー)のクレジットカード:『VIASOカード(ぐでたま デザイン)
  5. 緑色(グリーン)のクレジットカード:『アメリカン・エキスプレス・グリーン・カード
  6. 青色(ブルー)のクレジットカード:『ライフカード
  7. 紫色(パープル)のクレジットカード:『イオンカード
  8. 桃色(ピンク)のクレジットカード:『P-oneカード<Standard>
  9. 灰色(グレー)のクレジットカード:『ACマスターカード
  10. 銀色(シルバー)のクレジットカード:『エポスカード
  11. 金色(ゴールド)のクレジットカード:『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  12. 黒色(ブラック)のクレジットカード:『majica donpen card

あなたが探す色のクレジットカードが見つかることを祈っています。