世界最高峰のサービスを受けられる!アメックスの5つの特典

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

アメックスの特典について気になっていませんか。

アメックスは世界的に有名なステータスカードで、特典も把握しきれないほど非常にたくさんあり、カードを使いこなすのは非常に難しいと言われています。

そこでこの記事では大手カード会社に3社勤務した私がその経験を生かして、アメックスの特典について以下の手順で紹介していきます。

  1. アメックスの代表的な2枚のカード
  2. 最高級のサービス:アメックスの5つの特典
  3. アメックスで特に特典の優れたカード2選
  4. マイルが貯まるアメックスカード7選

この記事を読むことでアメックスの特典に関して、すべてのことが分かるようになり、アメックスをより一層お得に利用することができます。

1. アメックスの代表的な2枚のカード

アメックスは世界的に有名なステータスカードで、特典も把握しきれないほど非常にたくさんあります。

次章からアメックスの特典について詳細に紹介しますが、その前にアメックスの最も代表的な2枚のカードの基本情報について紹介したいと思います。

ランク カード名 年会費(税抜) 申し込み条件 ポイント還元率 海外旅行保険 国内旅行保険
一般

アメリカン・エキスプレス・カード

12,000円 20歳以上 0.33〜1% 最大5,000万円 最大5,000万円
ゴールド

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

29,000円 20歳以上 最大1億円

アメックスの主要なプロパーカードで自分から申し込めるのは上記の『アメリカン・エキスプレス・カード』『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』のみです。

この章では、この2枚について簡単に紹介を行いたいと思います。また、この2枚の審査基準はそこまで変わらないので、この章をしっかりと読んでどちらが自分に合ってるか確認しましょう。

審査基準はそこまで変わらないと述べましたが『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』は年会費も高く、サービスも充実しており、ステータスも高いのですが、若干審査に通りやすいと言われています。

それはアメックスの安定した収入源が年会費となっており、ゴールドの方が年会費が高いからです。

そのため、どちらのカードにするか迷った際は年会費が問題なければ『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』の方が特典も優れており、おすすめです。

1-1. 『アメリカン・エキスプレス・カード』

アメリカン・エキスプレス・カード』は初年度は年会費が無料ですが、2年目以降は12,000円(税抜)かかります。一般カードですが、他会社のゴールドカード並みのステータスとサービスです。

海外旅行保険が最高5,000万円、ショッピング保険も最高500万円まで補償してもらます。

他にもリターン・プロテクション(アメックスが返品を引き取ってくれる)、豊富なマイル移行先、往復の空港手荷物無料宅配、無料ポーター(空港内で専任スタッフが荷物を運んでくれる)、エアポート送迎、空港クロークなどがあります。

『アメリカン・エキスプレス・カード』公式ページ

https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/green-card/

1-2. 『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』は初年度は年会費無料ですが、2年目以降は29,000円(税抜)かかります。

国内外約200店のレストランにて、所定のコースメニューを2名以上で予約すると1名分のコース料理代(最高約25,000円)が無料となる「ゴールド・ダイニング by 招待日和」を利用できます。

これ以外にも次のような特典があります。

  • 飛行機の遅れや海外旅行・コンサートなどのキャンセルに対する保険が付く
  • 世界1,200か所以上の空港ラウンジを年2回無料で使える
  • 海外旅行保険が最高1億円

その他にも旅行を割引料金で予約できるなどここでは紹介しきれないほど特典が非常に豊富にあり、特に海外へ出張や旅行に行く回数が多ければ年会費の高さは気にならないでしょう。

『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』公式ページ:

https://www.americanexpress.com/jp/content/gold-card/

2. 最高級のサービス:アメックスの5つの特典

上記でアメックスの概要について紹介してきましたが、この章ではアメックスの特典に関してさらに詳細に紹介していきます。

アメックスには大きく分けると下記の5つのお得な特典があります。

  • 海外旅行が非常に便利になる
  • ポイントを無期限で貯めることができる
  • ショッピング&エンターテインメントを楽しめる
  • カードを安全に利用できる
  • 外食がお得になる

この章ではそれぞれ紹介していきます。

2-1. 海外旅行が非常に便利になる

アメックスでは、海外への出張や旅行回数が多い人は特に下記の4つの特典がお得です。

  • 空港ラウンジの無料利用(同伴者1名無料)
  • プライオリティパスを年間2回無料で利用できる
  • カードに付いている海外旅行保険の条件が良い(特に家族特約)
  • その他のトラベルに関する優待の利用

空港ラウンジの無料利用(同伴者1名無料)

アメックスのカードでは国内28空港、海外2空港のラウンジを無料で利用することができます。

国際線の場合は搭乗ゲートまで余裕を持って移動していなければならないため、手続きが終わると飛行機に搭乗するまでの時間長く待っていなければなりませんが、ラウンジを利用することで待ち時間を有効に活用できます。

羽田空港 ラウンジ

出典:羽田空港

電源・Wi-Fi・ドリンク・軽食を無料で利用することができるだけなく、アルコールなどの一部の飲み物やシャワー・マッサージチェアなどを有料で利用できるところもあります。

利用料金は1,000円前後ですが、カードと当日の搭乗券を提示することで無料にすることができます。

さらに、他のゴールドカードと異なり同伴者1名の利用料金も無料で利用することができます。小さいお子さん連れの家族でも、相手が家族カードを持つことで子供二人までラウンジを無料で利用することができるので大変便利です。

プライオリティパスを年間2回無料で利用できる

プライオリティパスとは、世界130か国500都市1,200か所以上のラウンジを当日搭乗予定の航空会社や搭乗クラスに関係なく利用することができるサービスのことです。

ただし、全ての空港のラウンジを使えるようになるわけではありません。日本では成田・中部・関西・福岡空港のラウンジのみになります。

以下のようにプライオリティパスに入会すると非常に高い年会費がかかりますが、アメックスの特典ではそれが年会費無料で付帯してきます。

会員ランク 年会費 会員利用料金 同伴利用料金
スタンダード会員 99米ドル 27米ドル 27米ドル
スタンダード・プラス会員 249米ドル 10回まで無料。それ以降27米ドル
プレステージ会員 399米ドル 全て無料
『アメリカン・エキスプレス・カード』特典 無料 27米ドル
『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』特典 無料 ※家族カードでも無料 年2回まで無料。それ以降27米ドル

カードに付いている海外旅行保険の条件が良い(特に家族特約)

保険の金額は海外旅行保険に関しては利用付帯の条件は付きますが他のクレジットカードと比較しても非常に高い金額で補償され、家族特約が国内・海外旅行共に付くので手厚いです。

カード名 海外旅行保険 国内旅行保険
アメリカン・エキスプレス・カード 最大5,000万円 最大5,000万円
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 最大1億円

利用付帯とは

そのカードで支払いをすることで保険が適用される条件のことです。上記で言うと、海外旅行に関する移動費・交通費・ホテル代などを支払いをすることが条件となります。

また、アメックスの海外旅行保険では家族特約と言って旅行に同行する家族も保障されます。そしてアメックスの場合はその家族特約の範囲が下記のように特に広いので他のカードよりもお得です。

  • 配偶者
  • カード会員と生計を共にする子供・両親などの親族(6親等以内の血族、3親等以内の姻族の方)

さらに、航空便遅延費用補償が付くので飛行機の遅れや欠航が多い海外の飛行機を利用するのにストレスを軽減してくれます。

アメックス ゴールドカード アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 航空便遅延費用補償(海外旅行)

出典:アメリカンエキスプレス

その他のトラベルに関する優待の利用

電話1本で国内外の旅行を予約できる「H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク」(別途手数料がかかります)を利用することで、下記の2つの特典が受けられます。

  • エアポート送迎サービス:海外旅行時に提携タクシー会社が格安の定額料金で送迎
  • エアポート・ミール(国内線):羽田/伊丹空港内の対象レストランで利用できるエアポート・ミール・クーポン(1,000円相当分)のプレゼント

その他にも旅行においては、下の表のようなサービスがあります。

通常利用想定金額 『アメリカン・エキスプレス・カード』 『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』 

メンバーシップ・トラベル・サービス

約3,000円 無料 無料
エアサボート送迎サービス 約10,000円 8,000円 5,000円
空港パーキング 約8,000円 3,400円 3,400円
手荷物空港宅配サービス 2,000円
※羽田空港を利用時、荷物5個以内で
対応時間30分以内
無料
※スーツケース1個分
無料
※スーツケース1個分

2-2. ポイントを無期限で貯めることができる

アメックスのポイントは「メンバーシップ・リワード」と呼ばれ、100円につき1ポイント付き、実質無期限で利用可能です。

また、交換先も充実していて提携航空パートナー15社のマイル(ANAを含む)やTポイントやAmazonギフト券、各種景品交換など500以上の人気アイテムと交換する事ができます。

ポイントをたくさん貯めることで、高級なホテルに宿泊できるプランを選ぶことができたり、プライベートクルーズで有名なバイオリニストが演奏してくれると言った簡単には体験できない素晴らしい時間を過ごすことができます。

アメリカンエキスプレス メンバーシップ リワーズ 高額ポイントアイテム

出典:アメリカンエキスプレス

国税の支払いは200円につき1ポイント

今年に入ってアメリカン・エキスプレスのカードで、1,000万円未満の所得税、相続税、贈与税、法人税などの国税をインターネット経由で納付することができるようになりました。

国税の支払い分は、メンバーシップ・リワードのポイントが200円=1ポイント付きます。

カードによる納税は「国税クレジットカードお支払いサイト」を利用した場合のみ可能なので注意してください。

上記サイトの安全性に関して、セキュリティ研究者の高木浩光氏が疑問を投げかけています。利用はご自身の責任でお願いします。

Apple Pay対応

『アメックス ゴールドカード』などアメックスのカードでもApple Payに対応しています。

Suicaチャージ分のポイントは付きませんが、QUICPay利用分はポイントが付きます。

また、QUICPayに対応している店など、これまでよりも多くの場所で支払いができるようになり、『アメックス ゴールドカード』の使い勝手が良くなります。

2-3. ショッピング&エンターテインメントを楽しめる

ショッピングとエンターテイメントに関しての特典も非常に充実しており、1ランク上のステータスを感じることができます。

エンターテイメント

  • 丸の内のエンターテインメントクラブ「COTTON CLUB」|毎週金曜日、飲食代金よりお一人様につき1,000円オフ(税別)
  • 新国立劇場|先行購入、ドリンク券・チケット郵送・オペラトーク無料
  • チケット・アクセス|様々なエンターテインメントのチケットの先行販売受付・良席用意・ドリンクチケットや食事の特典
  • メンバーシップ・プレビュー|会員限定で、公開前の映画試写会を開催

ANA AMEX goldcard COTTON CLUB

出典:アメリカンエキスプレス

ショッピング

ゴールド・ワインクラブ|ワインの購入の相談、配送料・ギフトボックス無料サービスがあります。

また、カード会員に人気のレストランを紹介してくれる「ダイニング・トレンド」があります。

その他にも多彩なカテゴリーの優待特典情報を集約した「アメリカン・エキスプレス・コネクト」を利用することができます。

2-4. カードを安全に利用できる

アメックスはプロテクションと呼ばれる各種補償を受けることができます。

ショッピング・プロテクションは一般的なショッピング保険と特に変わらない内容であるため、ここでは他の3つのプロテクションとAmerican Express SafeKeyを紹介します。

オンライン・プロテクション

クレジットカードに付帯する保険で意外とありそうでないのが、このインターネット上での不正使用による損害を全額補償です。

近年はクレジットカード番号盗用被害額が増えてきていて、平成26年は66.7億円、平成27年は71.4億円でクレジットカード不正使用被害の約6割を占めると言われています。

そのため、オンライン・プロテクションのようなサービスがあれば安心してネットショッピングを楽しむことができます。

American Express SafeKey

オンライン・ショッピングについてはさらに安心・安全に買物ができるように、アメリカン・エキスプレスがワンタイムパスワードにより本人認証を行うサービス「American Express SafeKey」があります。

American Express SafeKey

出典:アメリカンエキスプレス

利用方法は下記の流れになります。

  1.  American Express SafeKey 参加加盟店にてオンライン・ショッピング
  2.  アメリカン・エキスプレスのカードで支払う
  3.  SafeKeyによる本人確認開始
  4.  あらかじめ登録したEメールアドレスにワンタイムパスワードが届くので確認
  5.  ワンタイムパスワードを入力
  6.  決済完了

利用についての事前の登録は必要なく、オンラインショッピング直前に登録することもできます。

但し、ワンタイムパスワードが登録のEメールアドレスに送信されるので、基本カード会員のみならず、家族カード・追加カード会員も含むアカウント全てに、あらかじめEメールアドレスを登録してあると利用がスムーズに行えます。

リターン・プロテクション

カードで購入した商品の返品を万一購入店が受け付けない場合には、購入日から90日以内ならアメリカンエキスプレスに返却することにより、購入金額をカード会員様の会員口座に払い戻ししてくれます。

ネットで格安な料金で販売しているお店では、型番や容量を間違えたからこちら側が送料を負担するので交換して欲しいと申し出ても返品も交換も受け付けない場合があります。

購入前に十分に確認をしてから買い物をすべきなのは大前提ですが、失敗をしない人間はいないのでリターン・プロテクションがあれば安心して買い物をすることができます。

※対象とならない商品や補償される金額など条件がありますのでカード会社に確認してください

キャンセル・プロテクション

こちらはゴールドカードのみのプロテクションになります。

急な出張で海外旅行に行けなくなった場合や、突然の病気・ケガによる入院等で予約していた旅行をキャンセルしたり、チケット購入済みのコンサートに行けなくなった場合、キャンセル費用等の損害を補償してくれます。

身内(カード会員の配偶者またはカード会員の1親等以内の親族)の急な不幸や子供の傷害による通院などにも対応しています。

年間最高保証金限度額 補償を受けられる状況
10万円 カード会員本人、カード会員本人の配偶者またはカード会員本人の1親等以内の親族の死亡・傷害または疾病による入院に基づくキャンセルの場合
3万円 カード会員本人、カード会員本人の配偶者またはカード会員本人の子供の傷害による通院に基づくキャンセルの場合
10万円 カード会員本人の社命出張に基づくキャンセルの場合

自己負担額があったり支払われる補償金に限度はありますが、何もなければキャンセル料は全額支払うことが普通なので、少しでも戻ってくるのであればとても助かる補償でしょう。

2-5. 外食がお得になる

この特典はゴールドカードのみの特典になりますが、グルメに関する優待は下記のような内容があります。

  • ゴールド・ダイニング by 招待日和|所定のコースメニューを2名以上で予約すると1名分が無料
  • Taste from American Express Invites レストラン優待|飲食代金の20%オフやボトルワインのサービスなどの特典

特に招待日和は、個別にサービスを利用しようとすると年会費30,000円(税抜)もかかってしまうだけでなく、利用する入会条件が「医師のみ」または「当社が承認し、入会を希望された個人及び法人、団体」とかなり限られています。

このサービスを2〜3回利用できるだけでもお得ですが、さらに簡単にカード分の年会費の元が取れるので非常にお得なサービスと言えます。

3. アメックスで特に特典の優れている2枚

アメックスカードの魅力として先ほど紹介した『アメリカン・エキスプレス・カード』『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』を使い続けることでさらにステータスの高い以下のようなカードにすることもできます。

  • アメリカン・エキスプレス・プラチナカード』:『アメリカン・エキスプレス・カード』などカード利用を年100万円以上を数年利用し続ける
  • 『アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード』:年収2,000万円以上でカード利用も年間1,000万円以上

この章ではアメックスの最高級のステータスカードについて紹介していきます。

上記で紹介した特典よりもさらに多くの特典が付帯しています。

3-1. 『アメリカン・エキスプレス・プラチナカード』

『アメリカン・エキスプレス・プラチナカード』はアメリカンエキスプレスが発行するプラチナカードで世界最高級のステータス世界最高級のサービスを兼ね備えた1枚です。

世界最高級のサービスというだけのことあって、「高級ホテルの上級会員特典」、「旅行保険の補償内容」、「超優秀なプラチナコンシェルジュ」などを筆頭に特典が多すぎてここでは明記することができません。

特に他社のプラチナカードの場合、半年に一度しか使えない2名以上の予約で1名分のコース料理が無料になる優待特典がアメックスプラチナの場合は回数無制限となっていたりなど、非常にお得です。

補足:取得方法

アメリカン・エキスプレス・カード』か『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』で年間100万円以上の利用実績を1〜3年しっかりと積みましょう。

『アメリカン・エキスプレス・カード』公式ページ

https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/green-card/

『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』公式ページ:

https://www.americanexpress.com/jp/content/gold-card/

3-2. 『アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード』

『アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード』はブラックカードの代名詞とも呼ばれるカードです。世界一のステータスを誇るカードで日本でも推定7,500人ほどしか保有者がいません。

年会費は350,000円(税抜)で入会金に500,000円(税抜)かかります。また、入会時にはプラスチック製のカードが届きますが、あとでチタン製のカードに交換することができます。

家族カードを無料で発行できるのですが、家族のチタンカードも無料で発行可能です。

『アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード』特有のサービス

以下に『アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード』特有のサービスを紹介します。

国内の提携有名ブランドショップで、営業時間外でも買い物ができます。

アメックスで国内線航空券を普通運賃で買った場合でも、JALはファーストクラスANAはスーパーシートプレミアムに無料で変更してくれます。

海外での入出国時にゲートで現地係員が出迎えをしてくれて、入国レーンの通過をサポートしてくれます。

海外の各空港とホテルの間を車で往復無料送迎してくれます。

また、海外旅行の際は国内でも往復無料送迎してくれます。

誕生日プレゼント

誕生日の日にプレゼントが送られて来ます。

過去にはソメスサドルのペンケースが送られました。

メンバーシップ・リワード

『アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード』にもメンバーシップ・リワードと呼ばれるポイントシステムがあります。

そして、このカードの場合はポイント交換商品に「宇宙旅行」や「アルファロメオ」があります。

  • 宇宙旅行:2,200万ポイント(22億円のカード利用)で宇宙旅行に行くことができます。
  • アルファロメオ:500万ポイント(5億円のカード利用)でアルファロメオと交換可能です。

また、ポイントの有効期限は無期限となっています。

補足:取得方法

『アメリカン・エキスプレス・プラチナカード』で年間1,000万円以上利用し続けることで招待がくると言われています。

4. マイルが貯まるアメックスカード7選

前章にてアメックスの魅力として特典の豊富さを紹介しました。アメックスは特典も非常に魅力的ですが、マイルを貯める場合にも非常にお得です。

この章では飛行機やマイルをよく利用する方におすすめのアメックスカードを7枚紹介したいと思います。前章で紹介したアメックスの特典も利用可能です。

アメックスでは様々なマイルを貯められます。券面のデザインにこだわりがないという方でマイルも貯めたいという方はこちらのカードの方がお得なので、あなたに合ったものを選んでみましょう。

カード名 年会費 マイル還元率 こんな人におすすめ
ANAアメリカン・エキスプレス・カード ANAをよく利用する方におすすめ
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード 航空券だけでなく宿泊施設も抑えたい方におすすめ
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 様々な航空会社を使う方におすすめ
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード
デルタ スカイマイルアメリカン・エキスプレス・カード 「スカイチーム」加盟航空会社、特にデルタ航空を利用する方におすすめ
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

上記の7枚のカードはアメックスの提携カードで飛行機やマイルをよく利用する方向けに作られた全てのカードです。

4-1. 『ANAアメリカン・エキスプレス・カード』

ANAアメリカン・エキスプレス・カード』は年会費7,000円(税抜)のカードです。

2章で紹介したアメックスのプロパーカードでANAのマイルに交換するためには別に合計8,000円(税抜)の年会費がかかりますが、このカードは6,000円(税抜)の年会費でANAのマイルに交換ができます。

また基本ポイント還元率は1.0%ですがANAグループでのカード利用分はマイル還元率2.5パーセントになり、搭乗時にはボーナスマイルをもらうこともできるのでANA利用者におすすめです。

『ANAアメリカン・エキスプレス・カード』公式ページ:

https://www.americanexpress.com/jp/content/ana-classic-card/

4-2. 『ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』は年会費31,000円(税抜)のカードです。

このカードは『ANAアメリカン・エキスプレス・カード』のゴールドカードで年会費や審査難易度は高くなりますが、その分よりお得にカードを利用することができます。

例えば、基本ポイント還元率は1.0%ですがANAグループでのカード利用分はマイル還元率3.0%になり、搭乗時にはボーナスマイルをもらうこともできるので、頻繁にANAを利用する人におすすめです。

『ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』公式ページ:

https://www.americanexpress.com/jp/content/ana-gold-card/

4-3. 『スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード』

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード』は年会費31,000円(税抜)のカードですが、還元率1.0%で貯まるポイントがスカイパスだけでなく、高級ホテルの宿泊にも使えるカードです。

ポイントは30社以上の提携航空会社マイレージに交換することができ、ほとんどが交換比率1対1となっています。さらに20,000ポイント以上の交換の際は1.25倍でポイントの交換ができます。

また、高級ホテルがお得に利用できる特典や、次年度以降にシェラトンやウェウティンなどの有名高級ホテルでも使える2名用の宿泊無料券がもらえたりなど、航空券だけでなく、宿泊施設もお得に利用したいという方には非常にオススメのカードです。

『スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード』公式ページ:

https://www.americanexpress.com/jp/content/starwood-preferred-guest-card/

4-4. 『アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード』

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード』は年会費10,000円(税抜)のカードですが様々な航空会社を利用している方におすすめです。

このカードは以下の対象航空会社27社の航空券を購入した際にポイントが3%たまります。

アシアナ航空、アリタリア-イタリア航空、エア タヒチ ヌイ、ANA、エールフランス航空、エティハド航空、エバー航空、エミレーツ航空、オーストリア航空、ガルーダ・インドネシア航空、カンタス航空、キャセイパシフィック航空、KLMオランダ航空、シンガポール航空、スイス インターナショナル エアラインズ、スカンジナビア航空、スターフライヤー、タイ国際航空、大韓航空、チャイナエアライン、デルタ航空、日本航空、バニラエア、フィリピン航空、フィンランド航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、ルフトハンザ ドイツ航空

貯まったポイントは以下の15社の航空会社のマイルと無料で交換できます。

引用:ポイント・プログラム

このように、マイル還元率はかなり良いです。

しかし、大韓航空の航空券購入でマイルを貯めることはできますが、スカイパス(大韓航空のマイル)との交換はできないなどのデメリットもあるので注意が必要です。

『アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード』公式ページ:

https://www.americanexpress.com/jp/content/sky-traveler-card/

4-5. 『アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード』

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード』も先ほどと同じように様々な航空会社を利用している方におすすめです。

年会費が35,000円(税抜)なので『アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード』よりも年会費は高くなりますが、このカードは以下の対象航空会社27社の航空券を購入した際にポイントが5%たまります。

アシアナ航空、アリタリア-イタリア航空、エア タヒチ ヌイ、ANA、エールフランス航空、エティハド航空、エバー航空、エミレーツ航空、オーストリア航空、ガルーダ・インドネシア航空、カンタス航空、キャセイパシフィック航空、KLMオランダ航空、シンガポール航空、スイス インターナショナル エアラインズ、スカンジナビア航空、スターフライヤー、タイ国際航空、大韓航空、チャイナエアライン、デルタ航空、日本航空、バニラエア、フィリピン航空、フィンランド航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、ルフトハンザ ドイツ航空

それ以外は基本的に『アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード』と同じで、貯めたポイントを様々な航空会社のマイルと交換することができます。

『アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード』公式ページ:

https://www.americanexpress.com/jp/content/premium-sky-traveler-card/

4-6. 『デルタ スカイマイルアメリカン・エキスプレス・カード』

デルタ スカイマイルアメリカン・エキスプレス・カード』は年会費12,000円(税抜)のカードです。

カードを持つだけで初年度はデルタ航空の「シルバーメダリオン」の資格を自動的に得ることができるので、以下のような特典が受けられます。

  • 優先搭乗や優先空席待ち
  • 優先チェックインや優先空席待ち等

しかし、「スカイチーム」やデルタ航空をよく利用する方は、年会費は高いですが次に紹介する『デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』を作った方がお得です。

『デルタ スカイマイルアメリカン・エキスプレス・カード』公式ページ:

https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/delta-card/

4-7. 『デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』は年会費26,000円(税抜)のカードですがそれを上回るサービスを持つカードです。

貯まるのはデルタ航空のマイルで、このカードを持つだけで初年度はデルタ航空の「ゴールドメダリオン」の資格が自動的に付いてきます(加盟アライアンス「スカイチーム」の上級会員「エリートプラス」にもなれます)

「エリートプラス」になると以下のような特典があります。

  • チェックイン時の優先レーンの利用
  • 保安検査場でのセキュリティライン優先アクセス
  • 優先搭乗
  • 手荷物優先受取
  • スカイチームラウンジの利用
  • 座席の優先指定

「スカイチーム」加盟航空会社、特にデルタ航空を利用する方はメリットが大きいので特におすすめです。

『デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』公式ページ:

https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/delta-gold-card/

5. まとめ

上記がアメックスの特典になります。

アメックスのカードの基本情報について紹介したいと思います。

ランク カード名 券面 年会費(税抜) 申し込み条件 ポイント還元率 海外旅行保険 国内旅行保険
一般 アメリカン・エキスプレス・カード 12,000円 20歳以上 1% 最大5,000万円 最大5,000万円
ゴールド アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 29,000円 20歳以上 最大1億円

アメックスには大きく分けると下記の5つのお得な特典があります。

  • 海外旅行が非常に便利になる
  • ポイントを無期限で貯めることができる
  • ショッピング&エンターテインメントを楽しめる
  • カードを安全に利用できる
  • 外食がお得になる

また、アメックスの魅力は目的に応じてカードを持つことができることです。

さらに高いステータスやサービスを求める方には以下の2枚がおすすめです。

  • アメリカン・エキスプレス・プラチナカード』:『アメリカン・エキスプレス・カード』などカード利用を年100万円以上を数年利用し続ける
  • 『アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード』:年収2,000万円以上でカード利用も年間1,000万円以上

マイルを貯めたいと考えている方には以下の7枚がおすすめです。

カード名 年会費 マイル還元率 こんな人におすすめ
ANAアメリカン・エキスプレス・カード ANAをよく利用する方におすすめ
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード 航空券だけでなく宿泊施設も抑えたい方におすすめ
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 様々な航空会社を使う方におすすめ
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード
デルタ スカイマイルアメリカン・エキスプレス・カード 「スカイチーム」加盟航空会社、特にデルタ航空を利用する方におすすめ
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

あなたがアメックスの特典をきちんと理解し、使いこなせることを祈っています。

(※当サイトへの掲載情報は、できる限り正確であるように精査の上細心の注意を払って作成しておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に対して生じたあらゆる損害等について一切補償は致しません。極力サービス内容が変わり次第更新をしますが突然変わりすぐに更新できない可能性もあるため、カードご入会の前には必ずご自身でカード発行元の公式サイトで最新の情報をご確認した後にお申し込み下さい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket