ダイナース審査の裏側|27歳以上で年収500万以上なら作れる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ダイナースが欲しく、審査の条件について気になっていませんか。

ダイナースは審査が厳しいことで有名なクレジットカードです。しかし、ダイナースのクレジットカードは年々審査が易しくなってきており、年齢27歳以上で年収500万円以上ならば十分にダイナースを持つことができます。

そこでこの記事では大手カード会社に3社勤務した私がその経験を生かして、ダイナースの審査について以下の流れで紹介していきたいと思います。

この記事を読むことでダイナースの審査についてから、ダイナースとはどう言ったカードなのかまで全てを知ることができます。

『ダイナースクラブカード』公式ページ:

https://www.diners.co.jp/

1. ダイナースの審査とスペック徹底解説

冒頭でも述べた通り、今のダイナースは年々審査が易しくなってきており、年齢27歳以上で年収500万円以上ならば十分にダイナースを持てる可能性が高いです。

一般的なクレジットカードの審査では以下のような項目も重要ですが、ダイナースの審査で重要なのは年齢27歳以上で年収500万円以上であることです。

一般的なクレジットカードの審査項目

  • 年齢
  • 収入(年収)
  • 職業、役職(勤務先)
  • 勤務年数
  • カード利用履歴(クレジットヒストリー)

なぜダイナースの審査基準が27歳で年収500万円以上と言い切れるのかについては次章で詳しく説明します。

逆に上記の27歳以上年収500万円以上の条件を満たさない方で、それでもステータス性の高いカードが欲しい方にはアメックスカードがおすすめです。

アメックスのカードについては「19種のアメックスカードからプロが選ぶおすすめカード3選」にて紹介しているので興味のある方は参考にして下さい。

この章では『ダイナースクラブカード』の性能と審査内容について紹介していきます。

1-1. 『ダイナースクラブカード』の性能

ダイナースクラブカード』は年会費23,760円、ポイント還元率1.0%のカードです。

また、ダイナースには主に下記の4つのメリットがあります。

  • ステータスが高い
  • カードの利用枠に制限がなくポイントが無期限でたまる
  • 1人分の料金が無料になるなど食事に関する優待が充実している
  • 海外旅行が快適にできるサービスが多い

ステータスが高い

ダイナースは日本で最初に設立されたクレジットカード会社で、以前は富裕層(持ち家で、大企業の役職者や医師・弁護士といった高年収で社会的地位の高い人)しかカード会員になれませんでした。

現在は申し込み対象の基準がやや下がっていますが、ハイステータスカードとして認識されており、券面は白金色ですが上級ゴールドカードとして見なされます。

国内での評価は最もステータスの高いゴールドカードとして、海外での評価は『アメリカンエキスプレスゴールドカード』に次ぐステータスの高いゴールドカードと判断されることが多いです。

カードの利用枠に一律の制限がなくポイントが無期限でたまる

ダイナースの最も大きなメリットとしてカードのご利用金額に一律の制限を設けておらず、利用で貯まるダイナースクラブ リワードポイントには有効期限がないことが挙げられます。

カードの利用金額に一律の制限がないため、カードを使えば使うほどポイントがどんどん貯まります。貯めたポイントは様々な商品や航空会社のマイルなど多彩な特典に交換できます。

1人分の料金が無料になるなど食事に関する優待が充実している

ダイナースは、特に食に力を入れていてレストランや料亭での優遇が豪華です。

ダイナースには次の2つの優待プランがあります。

プラン名 店舗 優待内容
通常プラン 全店舗対象 会員様を含む2名様以上で所定のコース料理をご利用いただくと、1名様のコース料金が無料
グループ特別プラン 対象レストランにてアイコンのある店舗対象 会員様を含む6名様以上で所定のコース料理をご利用いただくと、2名様のコース料金が無料 

通常プランの2名の利用で1名のコース料金が無料になる優待が雑誌などで紹介されてよく知られています。

さらに、対象店舗は限られていますが人数が多ければ2名のコース料金が無料になるので対象となるレストランを利用する機会があれば、年会費以上に得をするでしょう。

対象となるレストランの一覧はこちらのPDFにまとまっています。

海外旅行が快適にできるサービスが多い

ダイナースは、海外への出張や旅行回数が多い人は特に国内/海外700カ所以上の空港ラウンジの無料利用など便利なサービスを受けられます。

また、海外の多数のラウンジを利用できるサービスではプライオリティパスが、世界130か国500都市1,000か所以上のラウンジを当日搭乗予定の航空会社や搭乗クラスに関係なく利用することができるとして有名です。

しかし、別途発行しなくてはならないため持ち忘れた場合利用することができません。クレジットカードを提出するだけでこれだけ多くの空港ラウンジを利用することができるのは『ダイナースクラブカード』の他にはありません。

『ダイナースクラブカード』公式ページ:

https://www.diners.co.jp/

※ダイナースクラブカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

1-2. 『ダイナースクラブカード』のクイック診断における2つのポイント

ダイナースクラブカードに申し込む際に以下のようなクイック診断があります。

このクイック診断はダイナースの公式ページからカードに申し込んだ際に出てくる診断ですが、この診断でカード発行可能と診断されればダイナースの審査に通る可能性は非常に高いです。

出典:Diners Club INTERNATIONAL

上記のように『ダイナースクラブカード』では「年齢」「年収」「直近の3ヶ月のカード利用履歴」「過去1年以内の返済状況」が見られます。

このクイック診断をあらゆる観点から検証した結果、『ダイナースクラブカードの審査基準は27歳以上で年収500万円以上の方という結論になりました。

さらに詳しく説明すると以下のようになります。

審査通過のためには「年齢27歳」「年収500万円」は必須条件です。逆にこの基準をクリアしていれば「直近3ヶ月のカードの利用履歴」か「過去1年以内の返済の遅滞」の片方が悪い状況でも審査には通ります。

ただ、「年齢27歳」「年収500万円」以上であっても「直近3ヶ月のカードの利用履歴」と「過去1年以内の返済の遅滞」の両方が悪い状況であれば審査には通りません。

上記の審査基準のため、「年齢27歳」「年収500万円」以上だけれども「直近3ヶ月のカードの利用履歴」と「過去1年以内の返済の遅滞」の両方が悪い状況という方は3ヶ月間きちんとした利用実績を積むことでカードの審査に通過する可能性がかなり高くなります。

次章ではこのクイック診断から『ダイナースクラブカード』の審査基準を徹底的に検証したいと思います。

2. ダイナースの審査項目を徹底解析

前章でも紹介したとおり『ダイナースクラブカード』カードの審査で重要なのは以下の4項目です。

  • 「年収」
  • 「年齢」
  • 「直近の3ヶ月のカード利用履歴」
  • 「過去1年以内の返済の遅滞」

この章では上記の4項目についてクイック診断を元に検証を行います。

2-1. 審査において年収はどれくらい重要なのか?

まずは上記の診断画面で「直近3ヶ月のカードの利用履歴」を、「あり」にして、「過去1年以内の返済の遅滞」は「ない」という条件のもと、年齢を27歳にして様々な年収を入力しました。

その結果が以下の通りです。

審査結果 年齢 年収 直近3ヶ月の履歴 過去1年間の遅滞
× 27歳 400万 あり なし
× 27歳 499万 あり なし
○  27歳 500万 あり なし
○  27歳 800万 あり なし

上記の結果からダイナースクラブカード』の審査に通過するために必要な年収は500万円と言えます。

しかし、年収が500万円以下でも年齢が高ければ審査に通過する可能性があります。

そのため、先ほどのように「直近3ヶ月のカードの利用履歴」を、「あり」、「過去1年以内の返済の遅滞」は「なし」で固定し、年収499万円で様々な年齢を回答しました。

審査結果 年齢 年収 直近3ヶ月の履歴 過去1年間の遅滞
×  30歳 499万 あり なし
×  40歳 499万 あり なし
×  50歳 499万 あり なし
×  60歳 499万 あり なし
×  70歳 499万 あり なし

結果は上記の通り、年齢がいくら高くても年収が500万円以下ではカードの審査には通りません。

2-2. 審査において年齢はどれくらい重要なのか?

次に年齢の基準について解析しました。先ほど審査通過のための年収条件は500万円が最低ラインだと説明しました。

しかし、27歳以下でも年収さえ高ければ審査に通過する可能性もあります。

そのため、先ほどのように「直近3ヶ月のカードの利用履歴」を、「あり」、「過去1年以内の返済の遅滞」は「なし」で固定し、年齢を26歳にして様々な年収を回答しました。

審査結果 年齢 年収 直近3ヶ月の履歴 過去1年間の遅滞
×  26歳 1,000万 あり なし
×  26歳 5,000万 あり なし
×  26歳 9,999万 あり なし
×  26歳 10億 あり なし

その結果、上記のように年齢が27歳に達していなければどんなに年収が高くても審査には通過しませんでした。

上記の結果から『ダイナースクラブカード』の審査に通過するために必要な年齢は27歳と言えます。

2-3. 審査において直近3ヶ月のカードの利用履歴はどれくらい重要なのか?

次に「直近3ヶ月のカードの利用履歴」について検証します。一般的にカードの審査において「直近3ヶ月のカードの利用履歴」はあったほうが良いです。

なぜなら、クレジットカード会社はカード保有者にカードを利用してもらうことで利益が生まれるので、カードを持っていても利用しない人よりは持っている方の方がカードを発行しやすいです。

ダイナースでは「直近3ヶ月のカードの利用履歴」がどれくらい重要かを検証するために、診断の回答を「年齢27歳」「年収500万円」にして「直近3ヶ月のカードの利用履歴」の「なし」を入力し、検証しました。

審査結果 年齢 年収 直近3ヶ月の履歴 過去1年間の遅延
27歳 500万 なし なし

結果は上記のように審査には通過しました。

上記の結果から『ダイナースクラブカード』の審査に通過するには「年齢27歳」「年収500万円」以上であれば「直近3ヶ月のカードの利用履歴」がなくても審査に通過できると言えます。

2-4. 審査において過去1年間の遅滞はどれくらい重要なのか?

次に「過去1年以内の返済の遅滞」について検証します。一般的にカードの審査において「過去1年以内の返済の遅滞」はないほうが良いです。

なぜなら、過去に返済の遅滞があるということはカードを利用してもらった際に利用分が返ってこないリスクが高まるからです。

ダイナースでは「過去1年以内の返済の遅滞」がどれくらい重要かを検証するために、診断の回答を「年齢27歳」「年収500万円」にして「過去1年以内の返済の遅滞」の「あり」を入力し、検証しました。

審査結果 年齢 年収 直近3ヶ月の履歴 過去1年間の遅延
27歳 500万 あり あり

結果は上記のように審査には通過しました。

上記の結果から『ダイナースクラブカード』の審査に通過するには「年齢27歳」「年収500万円」以上であれば「過去1年以内の返済の遅滞」があっても審査に通過できると言えます。

しかし、「直近3ヶ月のカードの利用履歴」もなく、かつ「過去1年以内の返済の遅滞」があった場合はどうなるか検証してみたところ以下のようになりました。

審査結果 年齢 年収 直近3ヶ月の履歴 過去1年間の遅延
× 27歳 500万 なし あり
× 27歳 1,000万 なし あり
× 27歳 5,000万 なし あり
× 40歳 500万 なし あり
× 40歳 5,000万 なし あり

結果は上記のように審査には年齢がどんなに高くても、また年収がどんなに高くても「直近3ヶ月のカードの利用履歴」もなく、かつ「過去1年以内の返済の遅滞」があった場合は審査には通過しません。

3. まとめ

以上がダイナースの審査に関する説明になります。

ダイナースクラブカードの審査基準は27歳以上で年収500万円以上の方という結論になりました。

さらに詳しく説明すると以下のようになります。

審査通過のためには「年齢27歳」「年収500万円」は必須条件です。逆にこの基準をクリアしていれば「直近3ヶ月のカードの利用履歴」か「過去1年以内の返済の遅滞」の片方が悪い状況でも審査には通ります。

ただ、「年齢27歳」「年収500万円」以上であっても「直近3ヶ月のカードの利用履歴」と「過去1年以内の返済の遅滞」の両方が悪い状況であれば審査には通りません。

上記の審査基準のため、「年齢27歳」「年収500万円」以上だけれども「直近3ヶ月のカードの利用履歴」と「過去1年以内の返済の遅滞」の両方が悪い状況という方は3ヶ月間きちんとした利用実績を積むことでカードの審査に通過する可能性がかなり高くなります。

このページを参考に、あなたがダイナースの審査に通過することを祈っています。

『ダイナースクラブカード』公式ページ:

https://www.diners.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket