JCB THE CLASS(ザ・クラス)インビテーション2020年情報|インタビューと口コミからわかる!

JCB THE CLASS(ザ・クラス)インビテーション2020年情報のアイキャッチ

JCBは日本唯一のクレジットカードの国際ブランドだけでなく、カード発行や加盟店契約なども行っています。

そのJCBが直接発行しているカード(プロパーカード)の中でも最高ランクのクレジットカードは『JCB THE CLASS(ザ・クラス)』という名称で、インビテーション(招待)を受けなければ作れない“ブラックカード”の1つです。

今回、当ページお金の法則は2020年末に『JCB THE CLASS(ザ・クラス)』のインビテーションを受けてホルダーになられた方へインタビューをさせて頂ける貴重な機会がありましたので、対談形式でその経緯をご紹介します。

  1. 『JCB THE CLASS(ザ・クラス)』2020年インビテーション・ホルダーへのインタビュー
  2. 『JCB THE CLASS(ザ・クラス)』2020年時点インビテーション条件

実際にインビテーション、そしてホルダーとなられた方の生の情報はもちろん、ネットでの口コミなどから2020年時点でのインビテーションを受けられる条件も推定ですがご紹介します。

『JCB THE CLASS(ザ・クラス)』ホルダーを目指される方にとって少しでも参考になれば幸いです。

1. 『JCB THE CLASS(ザ・クラス)』2020年インビテーション・ホルダーへのインタビュー

A氏のプロフィール、『JCB THE CLASS(ザ・クラス)』取得を目指した理由

ーーー本日は貴重なお時間、並びに機会を頂きまして本当にありがとうございます。簡単で結構ですのでプロフィールをお聞かせ願えますでしょうか。

A氏:いえいえ。よろしくお願いします。去年(2020年)32歳になりました。IT系の会社を複数経営している経営者です。

ーーーお若いのに凄いですね!

A氏:私なんて周りに比べたらまだまだですよ(苦笑)

ーーー周りにいらっしゃる方も優秀な方が多いんですね。早速で恐縮ですが、『JCB THE CLASS(ザ・クラス)』を取得されようと思った動機から伺ってもよろしいでしょうか?

A氏:はい。当時はディズニーランドでクラブ33を利用できる特典があったので、それ目当てでしたね。

※クレ担注(以下※のみ)クラブ33の特典は2019年3月に終了しています。

ちょうど会社の経営が軌道に乗り始めて、収入も大きく増えていたのでクレジットカードもランクが高いものに切り替えたいなと考えていたのもありました。

ーーーなるほど。やはりライフスタイルの変化に合わせて持つカードも変えたくなりますよね。

A氏:そうですね。その時点で経営者仲間から『アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード』を紹介されて使っていましたが、ディズニーの特典に惹かれて作ろうかなと。

『JCB THE CLASS(ザ・クラス)』取得までの経緯

ーーー最初に作られたJCBカードは何だったんですか?

A氏:『JCB GOLD EXTAGE』です。こちらのページでプロパーじゃなければ作れないなどの情報を知り、最初は『JCBゴールド』を申し込んだのですが、審査に落ちてしまって。。。

※プロパー:JCBが直接発行しているクレジットカード(プロパーカード)のこと。

ーーーそれは何とも……JCBは自社でのクレヒスを重視するので、初めてだと高いランクのカードは作りにくい傾向にあると聞きますが、その通りのようですね。

A氏:どうなんでしょう。収入的には問題なかったはずなんですけどね。……思い当たる節があるのは経営者になる数年前に他社カードで1回だけ返済が遅れたことがあったので、ひょっとしたらそれが関係したのかもしれません。

ーーー関係ありそうですね。

A氏:少し間を置いて申し込んで2017年末に『JCB GOLD EXTAGE』を作れました。限度額は150万円でした。

※後でご紹介する写真でカードに記載されているMEMBER SINCEは2018です。

ーーー初JCBプロパーとしては限度額高めですね。その点は年収を評価されている印象です。

A氏:ただ、限度額も上げて欲しいと何回か希望出したのですが、全て却下されました。仕方ないので繰上げ返済を10回くらいしましたね。平均100万円で。

ーーー100万円。。。1年目でいきなり1,000万円以上使ってますね。

A氏:当時は最速で『JCB THE CLASS(ザ・クラス)』発行された記録を作りたくて、かなり決済を寄せてましたね。

ーーー繰上げ返済を何回もするほどヘビーユーザーだと使い勝手悪くなかったですか?

A氏:です(笑)2018年末には『JCBプラチナ』にアップグレードしました。それでも限度額200万円にしかならなかったです。

ーーー200万円に「しか」なんですね…

A氏:ははは。この時点で1年以上経っていて途中でクラブ33の特典も無くなってしまったので、少しモチベーション下がってサブカードにしましたね。月だと平均50万円くらいまで支払額減りました。

※明細の一部を拝見しましたが10万円台〜100万円台/月でした。

ーーーどういった用途で使われていましたか?

A氏:飲食店6割・買い物3割・サブスク系サービス1割ですね。飲食店は経営者仲間でレストランとかでの外食が中心でした。

ーーーホテルとか飛行機代など旅行関係では使われていなかったんですね。

A氏:このカードでは多分ほとんど使ってないはずです。私としては利用内容はあまり良いとは思ってないです。スーパーやコンビニなどでもたまに使ってましたし。

ーーーそこは気にされる必要はないのでしょうか。実際にインビテーション届いてますし。日常生活での利用や公共料金での支払いは好評価になりやすいという口コミも多いですし。

A氏:まぁ結果オーライです(笑)

ついに『JCB THE CLASS(ザ・クラス)』インビテーション到着!

ーーーインビテーションが届いたのはいつだったのですか?

A氏:2020年12月上旬です。

※A氏の希望があり、記事では詳細な日にちをぼかしています。到着日も同様です。

先ほども言いましたがクラブ33が終わった時点でサブカードとして使っていたので、そこまで期待していませんでした。「ついに来たか…」とテンションが上がり、嬉しかったです。

JCB THE CLASS(ザ・クラス)のインビテーション封筒表

JCB THE CLASS(ザ・クラス)のインビテーション封筒裏

JCB THE CLASS(ザ・クラス)のインビテーション封筒内容物

写真:A氏提供

ーーー貴重な写真のご提供、本当にありがとうございます!重厚感と品の良さを感じさせる封筒で届くんですね。

A氏:気持ち重たく感じました(笑)申込書の写真なくて申し訳ないです。

ーーーとんでもありません。十二分にありがたいです。

A氏:流石に嬉しくてすぐ記載して送り返してから「写真撮ってないな」と気づきました。

ーーー念願叶って本当におめでとうございます。カードはいつ届いんたですか?

A氏:2020年12月下旬です。

JCB THE CLASS(ザ・クラス)のカード封筒表

JCB THE CLASS(ザ・クラス)のカード封筒裏

JCB THE CLASS(ザ・クラス)のカード同封物1

JCB THE CLASS(ザ・クラス)のカード同封物 2

JCB THE CLASS(ザ・クラス)のカード同封物 3

写真:A氏提供

ーーーそれは最高の年末を迎えましたね。

A氏:Twitterなどでは私よりも先に届いている人が多かったので、思ったよりも時間かかったなというのが正直な気持ちです。

ーーー都内にお住まいですよね?年収や利用額などインビテーションを受けた方の中でも属性は最高に近いはずなのですが、遅く届いたのは何なんでしょうね。

A氏:何なんでしょうね(苦笑)まぁ幸せな気持ちで年越しができたのでもう気にならないですが。

ーーー実質2年で取得されていますが、その点についてはどのように思われていますか?

A氏:率直に感想いうと、次の3つの理由でアメプラ(『アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード』)だけでよかったと思っています。

  • 約2ヶ月(ホテルなどで)使っているが、ステータスを感じることは一切ない
  • そもそもJCBが使いにくく(セキュリティが強すぎてよく止まるなど)、『JCB THE CLASS(ザ・クラス)』になっても使い勝手は変わらなかった
  • 限度額500万なので、アメプラも解約しにくい

ーーー1転して意外なほど辛口な感想ですね。

A氏:そうですね。やはりクラブ33の特典が終わってしまった時点で意欲が大きく下がってしまったので。。。

ーーー2年で取得は最速に近いと思いますが、その事については特に達成感などはもうないと?

A氏:はい。インビが来て作れた事は嬉しかったですが……

ーーーその他の特典や優待は特に魅力を感じませんか?

A氏:ざっと(Service&Benefits Guideの)冊子やMyJCBからアクセスできる「JCBザ・クラス会員ページ」も見ましたが、これと言ったものは特にないですね。

コロナ禍の現在では海外はもちろん旅行にもそうそう行けないですし、会食なども自粛せざるを得ないので活用しようがないのが正直なところです。

ーーー特典や優待を活かしにくい状況なので仕方ないですね…

メンバーズセレクションとJCBラウンジでとりあえず1年は様子を見ることに…

ーーーお話を伺っていると、継続して保有される意思があまりなさそうなのですが。

A氏:3月に届いたメンバーズセレクションのカタログを見てもクラブ33に変わるような目玉はありませんでした。

JCB THE CLASS(ザ・クラス)メンバーズセレクションカタログ2021

写真:A氏提供

内容はほぼほぼ2~3万前後の家電、生活雑貨などです。

唯一、「お!」と思ったのが、USJのパス2枚+「JCBエクスプレスパス」4枚のプランです。

※「JCBエクスプレスパス」は人気アトラクションに並ばずに乗れる券

これで気づいたのですが、USJやディズニーにはJCBラウンジがあったなと。

USJはプラチナでも使えますがディズニーはクラスだけなので、ポジティブにUSJのチケットもらってラウンジ使いつつ楽しみます。

ーーーメンバーズセレクションをきっかけに新たな魅力に気づけて良かったですね。

せっかく取ったので、もう少し色々経験してみます。

ーーー改めて、本日はご多忙なところ貴重なお時間と機会を頂きまして、本当にありがとうございました。

2. 『JCB THE CLASS(ザ・クラス)』2020年時点インビテーション条件

前章で2020年に『JCB THE CLASS(ザ・クラス)』のインビテーションを受け、ホルダーになられた方のインタビューをご紹介しました。

その方から伺ったお話を含め、2020年にインビテーションを受けた方のネット上での口コミを元に、2020年時点での『JCB THE CLASS(ザ・クラス)』のインビテーション条件を紹介します。

言うまでもありませんが、あくまでも「推定」に過ぎず、また今後は条件が変更される可能性があることを承知の上で、参考にしてください。

『JCB THE CLASS(ザ・クラス)』2020年時点インビテーション条件

2020年時点での『JCB THE CLASS(ザ・クラス)』のインビテーション条件は下表の通りです。

項目条件
年齢30歳以上
JCBプロパーカード保有歴2年以上
年収350万円〜
JCBプロパーカード累積利用額600万円前後〜

※確度の高い情報は太字にしています。

何より第一条件として「返済には絶対に遅れない」ことです。

各項目について下記でもう少し掘り下げてご説明します。

年齢

原則30歳以上でなければインビテーションを受けられないのはかなり正確性の高い情報です。

医者が専用サイトからの申し込みで20代後半でも発行されたケースも稀にあるようですが、よほどのコネや特殊条件がない限り、普通の方がインビテーションの対象となるのは30歳以上のようです。

JCBプロパーカード保有歴

少し前までは3年以上のJCBプロパーカード保有歴を求められていたようですが、2020年にインビテーションを受けた方は最短丸2年の保有歴で届いたという口コミが多いです。

ただ、長く保有している事はプラスの要因になるのは間違い無いです。

『JCB THE CLASS(ザ・クラス)』のインビテーションを狙っている方は、上記のいずれかのJCBカードを保有しゴールド以上のランクにして使い続けましょう。

年収

これまでも口コミなどで言われていますが、年収の額はさほど重視されておらず350万円前後からでもインビテーションは届いています。

ただし、低年収での発行は自営業で年収を意図的に下げて事業用の経費を混ぜて決済額を多くする、15年〜20年など長期間コツコツ使い続けていたなどのケースです。

返済に絶対遅れる事なく継続して使っていれば、500万円を超えていたらインビテーションの基準に大きな影響は与えていないと推測します。

JCBプロパーカード累積利用額

こちらも既存の情報(累積1,500万円以上)と異なり、2020年はかなり少ない金額でもインビテーションが届きホルダーになられた方が多いです。

500万円に満たず、年100万円のスターα(アルファ)PLUSすら達成していない方でもインビテーションの対象になっている例もあります。

もちろん累積や年間利用額が多いに越した事はないですが、無理に使わず日常生活での利用機会・金額を増やしましょう。

カードの利用先・項目

巷で言われているような高級ブランドやホテル、旅行関係などに使っていなくても特に関係ないようです。

多額の商品やサービスを月に1〜2回の購入・決済よりは、少額でもある程度の利用回数があった方が良いようです。

QUICPay(Apple Pay含む)でコンビニやスーパーなど普段の生活で使ったり、公共料金の引き落とし先にするのは有効のようです。

3. まとめ

2020年に『JCB THE CLASS(ザ・クラス)』のインビテーションを受けてホルダーになられた方のインタビューと、ネット上での口コミなどを元に2020年時点でのインビテーション条件(推定)をご紹介しました。

これまで噂されていた情報に比べて、2020年のインビテーション条件は緩和された印象があります。

ただ、この条件が続くとは限らないので、当ページの情報を参考にしつつTwitterやブログなどで最新の情報を確認して、あなたが次に『JCB THE CLASS(ザ・クラス)』のインビテーションを受けられるようになることを心より願っています。