見逃せない還元率重視なクレジットカードの正しい選び方|3パターンから簡単に

クレジットカードの還元率について、本当に正しく理解していますか。

クレジットカードはカードの利用金額に応じてポイント・キャッシュバック・マイルなどの形で還元される事が多く、その割合を「還元率」という表現で紹介されます。

ですが、実はカードによって還元される条件が違うため、広告などで表示されている通りの還元を確実に得られないという盲点があり、使い方によっては他のカードを選んだ方が実質還元率が高かった……という落とし穴があるため注意が必要です。

この記事では大手カード会社に3社勤務した私がその経験を生かして、クレジットカードの還元率に関して以下の流れで紹介します。

  1. クレジットカードの還元率|最新事情と正しい選び方
  2. ポイント還元率で選ぶクレジットカード7選
  3. キャッシュバック還元率で選ぶクレジットカード2選
  4. マイル還元率で選ぶクレジットカード7選

クレジットカードの還元率について正しく理解をしておくことで、見た目の還元率に騙されたり惑わされなくなり、現金払いに比べて年1万円分以上得することも可能になります。

この記事を読むことで、クレジットカードのポイント還元率について詳しくなり、今のあなたのライフスタイルに合ったクレジットカードを使いこなせて考えていた通りに近い還元をきっちりと得られるようになります。

1. クレジットカードの還元率|最新事情と正しい選び方

冒頭でも述べた通り、クレジットカードはカードの利用金額に応じてポイント・マイル・キャッシュバックなどの形で還元される事が多く、その割合を「還元率」という表現で紹介されます。

通常、多くの一般カードの還元率はカード利用金額の0.5%〜1.0%程度です。しかし、中にはそれ以上の高い還元率を持つクレジットカードが存在するため、ライフスタイルに合った使いこなしをすると現金払いに比べて非常にお得に買い物や支払いが可能になります。

例えば、年間100万円の買い物をした際に以下のようになります。

  • 0.5%の還元率:5,000ポイント=5,000円分
  • 1.0%の還元率:10,000ポイント=10,000円分
  • 1.5%の還元率:15,000ポイント=15,000円分

※1ポイント=1円相当の価値の場合

年間カードを100万円利用する方にとって還元率が1%違うと1万円分も還元されるポイントなどが変わります。

一般的に高還元であればあるほど、クレジットカードを使った時に得られるポイントなどが多くもらえます。

もう古い?高還元率クレジットカードの幻想と正しい選び方

せっかくクレジットカードを使うなら0.1%でも還元率の高いカードを利用して、より多く還元を受けたいと思います。

しかし、最近はどこで使っても高還元率なクレジットカードは次のいずれかに当てはまり、昔ほどお得ではなくなりました。

  • 条件が改悪される(1%以下に下げられることがほとんど)
  • 新規発行やカード更新が終了される・された
  • リボ払いでリボ手数料を払う必要がある(多くの場合で逆に損をします)
  • カード年会費が数千円〜数万円と高額
  • 100万円など指定の利用額を満たさないとボーナスポイントがもらえない

その他にも「1回利用金額ごとにポイントが付くため、取りこぼしが多い」「最低交換数が多い」「貯まるポイントが使いにくい」「交換先が少なかったり、有用な使い道がない」などに当てはまることもあり、見た目の数字の高さだけに騙されると他のカードを選んだ方が実質還元率が高かった……ということになりかねません。

そうは言っても、9,000枚以上あるクレジットカードの中から還元率の高いクレジットカードを新たにいちいち比較して探すのも面倒で疲れるでしょう。

この記事では簡単に選べるように3つのパターンに分けて還元率を重視する方におすすめのカードをご紹介します。

ポイントでの還元率を重視する方は2章へ

キャッシュバックでの還元率を重視する方は3章へ

マイルでの還元率を重視する方は4章へ

2. ポイント還元率で選ぶクレジットカード7選

クレジットカードを利用した時にポイントとして還元されるカードの中でおすすめをご紹介します。

ポイント式は主に下記の2つあります。

  1. 共通ポイントが直接貯まる|面倒な交換手続きなどをせずにそのポイント加盟店で使えます
  2. カード会社のポイントが貯まる|交換手続きは必要ですが、共通ポイントやマイル、キャッシュバック・商品など幅広く交換できます

支出の占める割合が特定の共通ポイント加盟店やサービスが多い場合は、その共通ポイントがたくさん貯まるクレジットカードを使うことをおすすめします。

いろんなお店やサービスを利用していて、その時の状況に合わせてポイントを自由に使いたい方は2番目のカードがおすすめです。

2-1. 共通ポイントが高還元率で直接貯まるクレジットカード4選

4大共通ポイントが高還元率で直接貯まるクレジットカードでおすすめは次の通りです。

それぞれのカードについてもう少し詳しくご紹介します。

楽天ポイント:『楽天カード』

楽天カードVISA ナンバーレスの券面画像

楽天カード』は年会費永年無料でポイント還元率1%(100円につき1ポイント)のクレジットカードで、楽天市場では最大3%のポイント還元を受けられます※楽天市場で年に約50万円以上買い物をするなら『楽天プレミアムカード』の方が還元率が高くなります

1ヶ月間カードで支払った金額の1%(100円につき1ポイント。小数点以下切り捨て)分ポイントが貯まるため、ほぼ表示通りの還元を得られる事に加えて、ファミリーマート・マクドナルドなど楽天ポイント加盟店でポイントで支払いできることが大きなメリットと言えます。

「楽天経済圏」とも言われる楽天グループの利用が多い人には必携の1枚と言えます。

『楽天カード』公式ページ:

https://www.rakuten-card.co.jp/

【注意!】楽天のクレジットカードは普通に使っていても突然使えなくなったり、決済トラブルの告知や対応が遅く、サポートの評判も良くありません。

リスクを承知の上で申し込みや利用をしてください。どうしてもメインカードとして使いたい方は他社のカードをサブとして1枚以上持つ事を強くおすすめします。

Ponta:『ローソンPontaプラス』

ローソンPontaプラスの券面

ローソンPontaプラス』は2019年1月15日からローソン銀行より発行開始になったクレジットカードで、通常はポイント還元率1%(200円[税込]につき2ポイント)です。

下記のローソングループ以外で1ヶ月間カードで支払った金額200円[税込]につき2ポイントが貯まるため、ほぼ表示通りの還元を得られます。

ローソン、ローソンストア100、ナチュラルローソンでの利用分は、1度の買い物で200円(税抜)ごとに利用する時間によって最大4Pontaポイント貯まります。

  • 0:00〜15:59の利用:200円(税抜)ごとに2Pontaポイント
  • 16:00〜23:59の利用:200円(税抜)ごとに4Pontaポイント

2021年10月からは下表の条件となります。

ローソンで200円(税抜)利用ごとのお買上げポイント
0時〜15時59分16時〜23時59分
いつでも2ポイント4ポイント
毎月10日・20日4ポイント8ポイント
毎月10日・20日利用分

ローソンアプリでエントリー

※毎月エントリー必要

6ポイント12ポイント

出典:ローソン銀行を元に一部改変

毎月10日・20日の利用では3%または6%とローソンでの還元率が全支払い方法の中でも最高クラスになるため、ローソンでの買い物が多い人におすすめです。

ただし、ローソングループでは1回の支払い金額200円(税抜)ごとにポイントが付くルールなので、実際の還元率は下がる点は注意してください。

ローソン・ケンタッキーフライドチキンなどPonta加盟店ならポイントで直接支払えるのも便利です。

『ローソンPontaプラス』公式ページ:

https://www.lawsonbank.jp/

安定した還元率を求める方は『au PAY カード』、auのヘビーユーザーは『au PAY ゴールドカード』が高還元率になります。

dポイント:『dカード』

dカード 券面 201904

dカード』は年会費永年無料でドコモユーザー以外の方でもポイント還元率1%(100円[税込]につき1ポイント)のクレジットカードで、マツモトキヨシやビッグエコーなどのdカード特約店ならさらにポイントが多く貯まります。

ただし、1回の支払い金額100円(税込)ごとにポイントが付くルールに加えて、ドコモ携帯電話料金の支払いや電子マネーチャージ・国民年金保険料などポイント還元対象外の項目が多いため、実際の還元率は下がりやすい点は事前に確認しておいてください。

ローソン・マクドナルドなどdポイント加盟店でポイントで支払いできることに加えて、SMBC日興証券の「日興フロッギー」を利用する事で期間・用途限定のdポイントでも100ポイントから株・ETF・REITを購入できることが他の共通ポイントにはない唯一無二の利点です。

『dカード』公式ページ:

https://info.d-card.jp/std/topics/regular.html

ドコモユーザーで月の利用金額が1万円を超える方は『dカード GOLD』の方がよりお得になります。

Tポイント:『Tカード Prime』

Tカード Primeの券面画像

Tカード Prime』は実質年会費無料で使えて、通常はポイント還元率1%(100円[税込]につき1ポイント※月間利用金額合計)のクレジットカードです。

ほぼ表示通りの還元を得られますが、日曜日での利用時還元率1.5%(200円[税込]につき3ポイント)は1回の支払い金額毎なため、実際の還元率は下がりやすい傾向にあります(「TOYOTA Wallet」へ日曜にチャージすることで取りこぼしをほぼ無くせます)

ヤフー・ファミリーマート・ガストなどTポイント加盟店なら貯まったポイントで支払い可能というメリットがあり、ウエルシアが生活圏にある方は「ウエル活」「ポイ活」のためにメインカードとして利用しても良いでしょう。

『Tカード Prime』公式ページ

https://www.jaccs.co.jp/tcardprime_lp1/

2-2. カード会社のポイントが高還元率で貯まるクレジットカード3選

カード会社のポイントが高還元率で直接貯まるクレジットカードでおすすめは次の通りです。

1章で述べた通り、年会費無料なのに無条件でどこで使っても還元率の高いカードはほぼ存在しなくなり、無料にこだわるなら特定のお店での支払い時や指定された電子マネーでの支払い時などの制限があります。

ここでは、年会費が高額でも純粋にポイント還元率が高いカードだけをご紹介します。

支払いでもらえるポイントだけで年会費以上の得をするのは難しいクレジットカードも多いので、付随する特典や優待内容があなたのライフスタイルに合うかどうかも確認して選んでください。

年会費無料で1.2%:『リクルートカード』

リクルートカードのJCBブランドの券面

リクルートカード』は全ての年会費無料カードの中でポイント還元率1.2%と、現状実質最高のクレジットカードです(これ以外で高還元率な年会費無料カードはリボ払いが前提なため)

1ヶ月間カードで支払った金額の1%(小数点第1位以下切り捨て)分ポイントが貯まるため、ほぼ表示通りの還元を得られる非常に魅力的なカードです。

たまったポイントはリクルートグループのサービス利用時に1ポイント=1円から使うこともできますし、Pontaポイント・dポイント(2021年5月24日より)に交換することで、ローソンなどPonta・dポイント提携店舗での利用やJALマイルに交換できるため、使い勝手が良いです。

『リクルートカード』公式ページ

https://recruit-card.jp/

基本ポイント還元率1.5%:『ジャックスカードプラチナ』

ジャックスカードプラチナの券面

ジャックスカードプラチナ』は基本ポイント還元率が1.5%(200円[税込]につき3ポイント)とかなり高いプラチナカードです。

1ヶ月間カードで支払った金額200円(税込)ごとに3ポイントが貯まるため、ほぼ表示通りの還元を得られますが、ポイントの有効期限が2年間と短なため失効しやすいリスクがあります。

さらに、下記2つの特典などで還元率が上がりやすいです。

  • 前年のカード利用額によってポイント還元率が最高2%
  • その年のカード利用額に応じてJデポという請求時に値引きされる特典を最高1万円分もらえる

ポイントは請求金額から値引きされるJデポやdポイントなど他社ポイントやANAマイルなどに交換できるほか、Amazonギフト券などの商品券や家電製品などの商品にも引き換えが可能です。

『ジャックスカードプラチナ』公式ページ:

http://www.jaccs.co.jp/platinum_lp/

高級ホテル利用&マイル交換できる:『スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード』

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードの券面

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード』は通常ポイント還元率1%(1回の支払い金額100円[税込]につき3ポイントが付くルール)で貯まるカードです。

ただし、以下の使い方は還元率が下がってしまうと認識してください。

  • 電力・ガス・水道・税金などの支払いは200円(税込)につき3ポイントと半分になる
  • NHK・電子マネーのチャージ・寄附団体は還元対象外

上記の使い方はなるべく避けて、シェラトンやウェスティンなどMarriott Bonvoyロイヤルティプログラム参加ホテルでの支払いは100円(税込)につき6ポイント貯まったり、カードに付属する「Marriott Bonvoyゴールドエリート会員資格」により、宿泊時の利用1米ドルにつき12.5Marriott Bonvoyポイント(通常会員の25%ボーナス)を獲得できるなどのメリットもあります。

ポイントは次のように全クレジットカードの中でも屈指の使い勝手の良さを誇ります。

  • Marriott Bonvoyロイヤルティプログラム参加ホテルの無料宿泊特典に使える
  • JAL・ANAを含む44社の提携航空会社マイレージに最高1.375%のマイル還元率で交換できる

ポイントは実質無期限なので有効期限を気にせず間接的にJALやANAのマイルを高い還元率で貯められるため、JALカードやANAカードよりも使いやすいと感じる方も多いです。

『スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード』公式ページ:

https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/starwood-preferred-guest-card/

3. キャッシュバック還元率で選ぶクレジットカード2選

クレジットカードを利用した時に、自動的にキャッシュバックで還元されるカードをご紹介します。

それぞれキャッシュバックの条件が異なっていますが、共通しているのは面倒な交換などをせずに自動的に決められた還元率でキャッシュバックされるため、ポイントの交換忘れや必要数に足りなくて還元を受けられなかったなどのデメリットから解放される点が有利です。

また、請求時に直接支払い金額を減らせるため手元の現金を多く残せるという、メリットがはっきりと分かりやすいことも人によってはお得に感じやすいでしょう。

3-1. 『さんさんクラブゴールドカード』

さんさんクラブゴールドカードの券面画像

さんさんクラブゴールドカード』はさんさんクラブ会員になれば作れるゴールドカードで年会費は3,300円(税込)ですが、年1回のカード利用があれば次年度無料にできます。

請求額から1%キャッシュバックを自動的に行ってくれますが、1回の支払い金額100円(税込)ごとに計算するルールだったり、以下の使い方は還元対象外なので使い方次第で表示通りの還元率を得られなくなるため、注意しましょう。

  • 1回の利用金額が99円以下の場合
  • 電子マネーチャージ、金券類、税金、年金、生損保等の各種保険料、キャッシング利用分

還元率の良さだけでなく、非常に簡単な条件でゴールドカードを持てるのに、次のような有名カード会社並の優待や特典の恩恵を受けられる点も大きなメリットです。

  • 国内32空港のラウンジを無料で利用できる
  • クラブオフ:20万か所を超えるホテルや飲食店で優待割引サービスを受けられる
  • 最大3,000万円の海外・国内旅行保険サービス

『さんさんクラブゴールドカード』公式ページ:

https://ww2.sanin-chuo.co.jp/goldcard/

3-2. 『Likeme by saison card』

Likeme by saison cardの券面

Likeme by saison card』はセゾンカードが初めて発行するキャッシュバック型のクレジットカードで、年会費永久無料で持てます。

ショッピング利用分が常時1%キャッシュバックされますが、1会計単位で100円未満など以下の場合に当てはまると対象外になり、実質還元率が下がりやすくなるため気をつけてください。

キャッシュバック対象外の利用

・ショッピングご利用金額が1会計単位で100円未満の場合
・ショッピングリボ手数料
・ショッピング分割手数料
・キャッシングご利用やお利息
・提携金融機関ATM・CD利用手数料
・カード再発行手数料
・カード年会費
・遅延損害金
・楽天Edyチャージ
・ココカラクラブカ-ドへのチャ-ジ
・おさいふPontaへのチャ-ジ
・PARCOプリカへのチャージ
・JALグローバルウォレットへのチャージ
・ピコカへのチャージ
・アゼリアカードへのチャージ
・しらたまプリカへのチャージ
・セゾンポケットのカード決済によるつみたて
※セゾンポケット独自のポイントプログラムでの還元

もれなく表記通りの還元率にしたい場合は、Apple Payに紐付けて100円単位でSuicaにチャージをするなどの対応をしましょう。

『Likeme by saison card』公式ページ:

https://www.saisoncard.co.jp/lineup/likeme/

上記でご紹介した以外のキャッシュバック式クレジットカードについて、より詳しく知りたい方は「還元率1%以上でキャッシュバックできるクレジットカードおすすめ5選」の記事を参照してください。

4. マイル還元率で選ぶクレジットカード7選

クレジットカードを利用した時に、マイルが高還元されるカードの中でおすすめをご紹介します。

マイルへの還元は次の2パターンです

マイルが直接貯まるポイントをマイルに交換する
メリット
  • すぐにマイルを貯められる
  • 交換の手間や忘れがない
  • 間接的にマイルを貯めやすい
  • 有効期限を長くできる(カード会社ポイント+マイル)
  • 複数の航空会社マイルに交換できる
デメリット有効期限が貯めるマイルと同じになる交換の手間がかかる

それぞれに良し悪しがあり、ライフスタイルによってメリットと感じる点とデメリットに感じる点の重さなども変わってきます。

ここでは、日本人利用者が多いJALとANA、複数の航空会社のマイルが高い還元率で貯められるクレジットカードをご紹介します。

4-1. JALマイルが高還元率で貯まるクレジットカード3選

JALマイルが高還元率で貯まるクレジットカードでおすすめは次の通りです。

それぞれのカードについてもう少し詳しくご紹介します。

『JALカード TOKYU POINT ClubQ』:JALカードでもっともマイルを貯めやすい

JALカード TOKYU POINT ClubQの券面(2019年6月版)

JALカード TOKYU POINT ClubQは下記のような利用でJALマイルやTOKYU POINTがもらえるため、最もJALマイルを貯めやすいJALカードです。

  • 東急グループの利用でJALマイルの他にTOKYU POINTも同時にたまる
  • WAONやPASMOのチャージでJALマイルやTOKYU POINTがもらえる
  • ネットショッピングでTOKYU POINTがたまる

カード利用で貯まるJALマイルは、1回の支払い金額200円(JALカードショッピングマイル・プレミアムに入会の場合は100円)で除した数の小数点第一位を四捨五入して計算されるルールなため、取りこぼしは比較的少ないです。

TOKYU POINT加盟店である東急グループ(東急ストア、東急ハンズなど)で利用すると、TOKYU POINTとJALマイルが同時に貯まり、TOKYU POINTは2,000ポイント=1,000JALマイルに交換できるので、東急グループの利用が多い人は最高6.5%まで還元率を上げられます。

東急グループを全く利用しない人でもWAONやPASMOなどの電子マネーのチャージや利用でJALマイルを効率よく貯められたり、ネットショッピングの利用でボーナスマイルがもらえるので、JALマイルの貯めやすさ(還元率の高さ)を重視する全ての人におすすめです。

『JALカード TOKYU POINT ClubQ』公式ページ:

https://jalcard.jal.co.jp/

『JAL アメリカン・エキスプレス・CLUB-Aゴールドカード』:JAL航空券の購入などで100円=3マイルたまる

JALアメリカン・エキスプレス(CLUB-Aゴールド)の券面

JAL アメリカン・エキスプレス・CLUB-Aゴールドカード』は年会費が他のJALゴールドカードよりも高いですが、JALグループの対象商品(JALの航空券など)を購入する際に通常のカード利用のマイル還元に加えて100円につき1マイルがもらえるので、JALマイル還元率が3%になります。

これは、JALゴールドカードの中でアメックスだけの特典(アドオンマイル)です。なお、カード利用で貯まるJALマイルは、1回の支払い金額100円で除した数の小数点第一位を四捨五入して計算されるルールなため、取りこぼしはほぼなく1%のマイル還元率にできます。

そのため、JALゴールドカードのサービスが必要でJALの航空券などを年に16.2万円以上カードで購入する方は最もマイル還元率を高くできるため、このカードがベストな1枚です。

JAL アメリカン・エキスプレス・CLUB-Aゴールドカード』公式ページ:

https://jalcard.jal.co.jp/

『セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード』年間200万円以上カード利用する方におすすめ

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの券面画像

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード』は名前に「ビジネス」と付いていますが、一般のサラリーマンなど給与所得者である個人も作ることができます。

年会費22,000円(税込)のカードですが、年間200万円以上のカード利用で翌年度年会費が11,000円(税込)に優遇されます。

また、SAISON MILE CLUBに無料で登録することで、下表のようにJALマイル還元率最高1.375%にできます。

マイル還元率
ショッピング1,000円=10マイル1%
2,000円で1永久不滅ポイント0.125%
2,000円で2永久不滅ポイント(セゾンクラッセ☆6クラス特典)0.25%
合計1.375%

永久不滅ポイントは通常200ポイントを500JALマイルに交換できるためこのような計算になり、サッカー日本代表などの期間限定キャンペーン時は200Pにつき600JALマイルなどレートが良くなる時はさらに還元率が上がります。

年間200万円以上のカード利用をされる方にとっては年会費11,000円(税込)を払うだけで、JALマイル還元率最高1.375%という非常に高還元のクレジットカードを持てます。

『セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード』公式ページ:

https://www.saisoncard.co.jp/amextop/sbs-cy/

年間200万円以上もカード利用をしないけど、高還元率でJALマイルを貯めたい方は『セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード』を持って「SAISON MILE CLUB」年会費4,400円(税込)に登録すると年会費の負担を少なくできます。

上記でご紹介した以外のJALマイルが貯まるクレジットカードについて、より詳しく知りたい方は「JALマイルがお得に貯まるクレジットカード7選|9千枚から厳選」の記事を参照してください。

4-2. ANAマイルが高還元率で貯められるクレジットカード3選

ANAマイルが高還元率で貯められるクレジットカードでおすすめは次の通りです。

ANAカードは原則カード会社のポイントをANAマイルに交換するタイプのため、長い有効期限やたくさんのマイルに交換しやすいというメリットがあります。

それぞれのカードについてもう少し詳しくご紹介します。

『ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)』:実質年会費無料でANAカードが持てて、メトロポイントへの交換でマイル還元率を高くしやすい

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の券面(2019年3月版)

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)』はPASMOオートチャージやクレジットカードの決済でJCBのOki Dokiポイントが貯まり、PASMOを東京メトロなどで利用すればメトロポイントがもらえて、2つのポイントがたまるクレジットカードです。

Oki Dokiポイントは1ヶ月間カードで支払った合計金額に対して1,000円(税込)につき1ポイント貯まるため、比較的ロスがなく0.5%相当の還元率にできます。10マイルのレートで交換するためには年間5,500円(税込)の移行手数料がかかりますが、他ブランドのANA一般カードが6,600円(税込)かかるので少ない負担でマイル還元率を上げられるのがメリットです。

また、メトロポイントは下記のような利用でたまり、100メトロポイントは90マイルに交換できます。

乗車ポイント(東京メトロ線含む)
平日5ポイント、土休日15ポイント
電子マネーポイント(メトロポイントPlus加盟店)
自販機100円につき1ポイント、店舗200円につき1ポイント※税込

メトロポイントはOki Dokiポイントも交換できるので、還元率が低くなるボーナスポイントをメトロポイントに交換することで0.3%から0.45%に上げることができます。

それ以外でも、他でためたポイントをポイントサイトなどを通じてメトロポイントに交換することで元の価値よりも高くマイルに換えられるので、ANAマイルを効率良くためたい方は必携の1枚です。

さらに、持っているだけで毎年年会費相当分の1,000ボーナスマイルがもらえるので、実質年会費無料でANAカードが持てます(※1マイル=2円として計算した場合)

『ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)』公式ページ:

http://www.jcb-card.jp/anacard/

『ANA To Me CARD PASMO JCB GOLD(ソラチカゴールドカード)』:年会費などの負担が少ないのにマイル還元率が最高1.56%とコスパN0.1

ANA To Me CARD PASMO JCB GOLD(ソラチカゴールドカード)の券面

ANA To Me CARD PASMO JCB GOLD(ソラチカゴールドカード)』はJCB・東京メトロと提携して発行されているANAのゴールドカードで、Oki Dokiポイントのたまり方は『ソラチカカード』と同じですが、1ポイントを10マイルに手数料無料で交換できるため基本ANAマイル還元率は1%です。

スマリボに基準日(判定日)に登録されていて、年に一回以上のカード利用」の条件を満たすと5,000円(税込)の年会費キャッシュバックを受けられるため、ANAゴールドカードの中で年会費最安値(10,400円)で持てます。

さらに、年間利用額や少額のリボ手数料を発生させることでもらえるボーナスポイントをマイルに交換することで最大1.56%のマイル還元率にできるので、ランクの高いカードをコスパ良く使えると非常に人気の高いカードです。

『ANA To Me CARD PASMO JCB GOLD(ソラチカゴールドカード)』公式ページ:

https://www.jcb-card.jp/anacard/

年会費を安くする方法やマイル還元率を上げる方法などより詳しく知りたい方は「世界一わかりやすい『ANA To Me CARD PASMO JCB GOLD(ソラチカゴールドカード)』解説」を参照してください。

『ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』:ANAグループでの利用ならポイント2倍、ステータス・サービスが上級クラス

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの券面(2019年7月版)

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』はANAとアメリカン・エキスプレスのゴールドカードの両方のほとんどのサービスを1枚で利用できる、非常に便利なカードです。

通常1回の支払い金額100円(税抜)ごとに1ポイントが付くルールなため、ほぼ表示通りの還元を得られます。ANAの航空券などANAグループでの利用ならばポイントが2倍もらえます。ANA航空券を購入した場合はANAカードマイルプラス提携店のボーナスマイルも付きマイル還元率3%になるので、ANAの飛行機をよく使う方におすすめなカードです。

さらに、ポイントの有効期限がなくマイル交換数の制限もないので、ファーストクラスなどに乗りたい方は自分のペースでたくさんマイルを貯めることができます。

『ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』公式ページ:

https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/ana-gold-card/

より詳しいメリット(特典詳細など)を知りたい人は「世界一わかりやすい『ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』解説」を参照してください。

上記でご紹介した以外のANAマイルが貯まるクレジットカードについて、より詳しく知りたい方は「全37種比較!ANAのマイルが貯まるおすすめクレジットカード8選」の記事を参照してください。

4-3. 複数の航空会社マイルに高還元率で交換できるクレジットカード

複数の航空会社マイルに高還元率で交換できるクレジットカードは2-2でもご紹介した『スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード』です。

『スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード』:44社の対象航空会社のマイルに交換可能

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードの券面

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード』はカードの利用(1回の支払い金額100円[税込]につき3ポイント)で貯まるポイントを44社の対象航空会社のマイルに最高1.375%の還元率で交換できます。

具体的な対象航空会社と最高マイル還元率は下記の通りです(五十音順。+をクリックすると見れます)

1.375%
ユナイテッド航空
1.25%
アエロフロート、アシアナ航空、アジアマイル(キャセイパシフィック航空)、アビアンカ航空、アメリカン航空、アラスカ航空、アリタリア航空、Iberia Plus(イベリア航空)、ヴァージンアトランティック航空、ヴァージンオーストラリア、ANA、エアカナダ、エアチャイナ、エアロメヒコ、エーゲ航空、エールフランス/KLM、エティハド航空、エミレーツ航空、カタール航空、カンタス航空、コパ航空、サウスウエスト航空、サウディア航空、JAL、ジェットエアウェイズ、シンガポール航空、ターキッシュエアラインズ、タイ国際航空、大韓航空、中国東方航空、中国南方航空、デルタ航空、TAPポルトガル航空、海南航空、ハワイアン航空、ブリティッシュ エアウェイズ、フロンティア航空、南アフリカ航空、LATAM航空(Multiplus)、ルフトハンザドイツ航空
0.625%
ジェットブルー航空
約0.019%
ニュージーランド航空

出典:Marriott REWARDS

ほとんどの航空会社の場合、ポイントを3:1のレートで交換できるため通常のマイル還元率は1%ですが、1回の手続きで60,000ポイントを交換すると15,000ボーナスポイントがもらえて+0.25%となり、最高マイル還元率を1.25%にできます。

マイル還元率が下がってしまうジェットブルー航空とニュージーランド航空は他の航空会社を利用するか、ニュージーランド航空ならホテル+エアマイル パッケージに交換しましょう。

Marriott Bonvoyロイヤルティプログラム参加ホテルのMarriott Bonvoyゴールドエリート会員資格が付くので、系列のホテルの宿泊でレイトチェックアウトや支払い時にボーナスポイントなどの特典があり、ホテル宿泊を快適にできるメリットもあります。

『スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード』公式ページ:

https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/starwood-preferred-guest-card/

マイルが貯まるクレジットカードについて、より詳しく知りたい方は「日本唯一!マイルの貯まるクレジットカード完全ガイド」の記事を参照してください。

5. まとめ

クレジットカードのポイント還元率について最新の情報を解説し、おすすめカードをご紹介しました。

最近は無条件でどこで使っても高還元率になるクレジットカードはほとんど無くなってしまったため、還元される条件をしっかりと確認した上であなたのライフスタイルに合ったカードを選ばないと他のカードを選んだ方が実質還元率が高かった……ということになりかねません。

この記事では簡単に選べるように3つのパターンに分けて、還元率を重視する方へおすすめのクレジットカードを選びました。

ポイント還元率を重視する方におすすめ

共通ポイントが高還元率で直接貯まるクレジットカード

カード会社のポイントが高還元率で貯まるクレジットカード

キャッシュバック還元率を重視する方におすすめ

マイル還元率を重視する方におすすめ

JALマイルが高還元率で貯まるクレジットカード

ANAマイルが高還元率で貯められるクレジットカード

複数の航空会社マイルに高還元率で交換できるクレジットカード

この記事でご紹介した内容があなたのライフスタイルに合ったクレジットカードを選べる役に立ち、今よりも高い還元を受けて幸せで快適な毎日を過ごせるようになることを願っています。

(※当サイトへの掲載情報は、できる限り正確であるように精査の上細心の注意を払って作成しておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に対して生じたあらゆる損害等について一切補償は致しません。極力サービス内容が変わり次第更新をしますが突然変わりすぐに更新できない可能性もあるため、カードご入会の前には必ずご自身でカード発行元の公式サイトで最新の情報をご確認した後にお申し込み下さい)