クレジットカードは年会費がかかる?無料でもお得なカード9選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「クレジットカードの年会費はいくらくらいか」と考えていませんか。

クレジットカードには年会費無料のものから10万円を超えるものまで数多くあります。年会費がかかる有料カードの方がカードの性能も良いと考えがちですが、年会費無料カードの中には有料カード顔負けの性能を持つカードもあります。

そこでこの記事では大手カード会社に3社勤務した私がその経験を生かして、私が年会費無料のカードと有料のカードについて以下の流れで紹介していきたいと思います。

  1. 年会費無料のカードと有料のカードのメリット・デメリット
  2. 年会費有料カードに負けない年会費無料のおすすめカード9選
  3. ポイント高還元の年会費無料カード3選
  4. お得な海外旅行保険付帯の年会費無料カード3選
  5. 作りやすい年会費無料のカード2選
  6. その他のおすすめの年会費無料カード3選

この記事を読むことで年会費無料のカードと年会費有料カードのそれぞれのメリットとデメリットがわかります。

そして最もお得な年会費有料カード顔負けの年会費無料カードもきちんとわかります。

1. 年会費無料のカードと有料のカードのメリット・デメリット

年会費無料のカードと有料のカードはそれぞれ一長一短でそれぞれにメリットとデメリットがあります。

結論から言うと、年会費有料カードの方がサービスが優れたカードが多いですが、年会費無料カードの中にも年会費無料カード顔負けのカードがあり、クレジットカードを持つのであればそういったカードがおすすめです。

この章ではまず、それぞれのメリット・デメリットについて紹介していきます。

1-1. 年会費無料カードのメリット・デメリット

年会費無料カードのメリットとデメリットはそれぞれ以下の通りです。

メリット

年会費無料カードのメリットは費用がかからないということです

費用がかからなければ、カードをどんなに利用しなくても損をすることはありません。

そのため、初めてクレジットカードを作る人や、試しに作ってみたいという方でも問題なく申し込めます。

デメリット

年会費無料カードのデメリットは有料カードに比べると、保険が付かなかったり付いても条件が悪かったり、無料で使えるサービス(空港ラウンジや外食時など)が劣ります。

カード利用が多く、有料カードでもきちんと年会費の元が取れる方はポイント還元率の高い有料カードの方がお得なこともあります。

1-2. 年会費有料カードのメリット・デメリット

年会費有料カードのメリットとデメリットはそれぞれ以下の通りです。

メリット

年会費有料カードのメリットは以下のように2つあります。

  • ポイント還元率
  • 付帯サービスの豪華さ

一つ目のメリットのポイント還元率に関しては多くのカードがポイント還元率が1.0%あります。年会費無料カードの多くは還元率0.5%ほどなので年会費無料カードよりも0.5%ほどお得になります。

もう一つのメリットは付帯サービスの豪華さです。年会費無料のカードの場合、旅行保険はないことが多く、逆に有料カードはほとんど海外旅行保険が付帯しています。

また、ステータスの高いゴールドカードなどになると空港ラウンジが無料で利用できるなど、年会費無料カードよりも格段に豪華なサービスが期待できます。

デメリット

デメリットは人によっては年会費分の元を取れないということです。年会費有料のカードはポイントの還元率が高いため、年会費の元が取りやすくなっていますが、利用頻度が低い方はやはり損をしてしまいます。

プロの視点からクレジットカードの年会費について

以上が年会費無料カードと有料カードのメリットとデメリットです。

冒頭でも述べた通り、年会費有料カードの方が平均的に優れたカードが多いですが、年会費無料カードの中にも年会費無料カード顔負けの性能を持つカードがあります。

そのため、わざわざ年会費有料のカードを作らなくても、年会費無料カードを作ることが最もお得です。次章では年会費無料カードを紹介していきます。

2. 年会費有料カードに負けない年会費無料おすすめカード10選

現在発行されているクレジットカードは約9,000枚ありますがその中でも年会費無料のカードは3,700枚近くあります。

この章では私が年会費無料のカード約3,700枚の中からクレジットカードの良し悪しがはっきりする以下の4つの観点に着目し、プロとして本当におすすめできる10枚のカードを厳選しました。

  • ポイント還元率
  • 海外旅行保険のお得度
  • 作りやすさ
  • お得なサービス

厳選した10枚を一目でわかるように一覧表にまとめておきました。

また、ネット上でよく公開されている年会費無料カードの一覧表は「2年目以降条件付き年会費無料」のカードも混ざっていいることが多いですが、当サイトではそういったカードは対象から外しております。

-スマホの方はスクロールできます-

カード名 ポイント還元率 有効期限 海外旅行保険 ETCカード 補足
最高額 傷害・疾病保険 付帯条件
『REX CARD』 1.25% 24ヶ月 2,000万 200万円 自動 無料 ポイント高還元カード2位海外旅行保険お得度2位
『DCカード Jizile(ジザイル)』 1.5% 36ヶ月 1,000万円 30万円 自動 無料 ポイント高還元カード1位
『リクルートカード』 1.2% 実質無期限 2,000万 100万 利用 JCBのみ無料 ポイント高還元カード3位
『Orico Card THE POINT』 1.0% 12ヶ月 無料 入会後半年間はポイントが2倍
『楽天カード』 1.0% 12ヶ月 2,000万 200万円 利用 540円 海外旅行保険お得度3位
『ライフカード』 0.5% 60ヶ月 無料 作りやすいカード
『エポスカード』 0.5% 24ヶ月 500万
  • 疾病270万
  • 傷害200万
自動 無料 海外旅行保険お得度1位・作りやすいカード
『三菱UFJニコス VIASOカード』 0.5% 12ヶ月 2,000万 100万 利用 無料 自動キャッシュバック
『P-oneカード<Standard>』 0.3% 12〜24ヶ月 1,000円 会計から常に1%オフ

また、以上のように比較すると、総合的に見て、バランスが良く最もおすすめなのは『REX CARD』です。

『REX CARD』はポイント高還元カード2位海外旅行保険お得度2位の年会費無料カードの中でもかなり条件の良いカードです。

次章からは『REX CARD』も含め、個別にカードの紹介をしていきます。

3. ポイント高還元の年会費無料カードTOP3

この章ではポイントが高還元な年会費無料カードを3枚紹介します。

通常、多くの一般カードの還元率は0.5%程度ですが中には1.0%を超える還元率のものもあります。

例えば、年間100万円の買い物をした際に以下のようになります。

  • 0.5%の還元率:5,000ポイント
  • 1.0%の還元率:10,000ポイント

ポイントが高還元であればあるほど、カードを使うお得感を実感できるはずです。

ポイント還元率上位のカードは以下の3枚です。

  • 1位:『DCカード Jizile(ジザイル)』
  • 2位:『REX CARD』
  • 3位:『リクルートカード』

3-1. 『DCカード Jizile(ジザイル)』

DCカード Jizile(ジザイル)』は年会費無料カードの中で1番目にポイント還元率が高いカードで、ポイント還元率は1.50%です。

さらに海外旅行保険も傷害や疾病の補償は物足りませんが自動付帯でついており、ショッピング保険も50万円まで補償してもらえます。

ただ、このカードはリボ払い専用カードなので、申し込む際は注意しましょう。5万円未満の利用なら手数料はかかりませんが、リボ払いを避けたい方は2位の『REX CARD』か3位の『リクルートカード』をおすすめします。

『DCカード Jizile(ジザイル)』公式ページ:

http://www.cr.mufg.jp/apply/card/dc_jizile/

※リボ払いに注意

リボ払いとは買い付けた商品の分割分を払うのではなく、毎月支払う金額を決めて支払う方法のことです。

例えば、1万円の買い物をしても10万円の買い物をしても支払いの設定金額が5,000円であれば毎月の支払い金額は5,000円となります。

ちなみに、この時、返済してない分のお金はある意味借金をしている状態とも言えるので、当然金利がかかります。そして、リボ払いは統計上毎月の返済金額が低くなってしまう傾向にあります。

3-2. 『REX CARD』

REX CARD』は年会費無料カードの中で2番目にポイント還元率が高いカードで、ポイント還元率は1.25%です。

また、リボ払い専用カードではないですが、リボ払い時にはポイント還元率1.75%になります。さらに年会費が永年無料なので自分のおおよその年間利用額がわからないという方にはおすすめです。

さらに海外旅行保険も自動付帯で最高2,000万円、傷害・疾病治療も200万円の条件で付帯しており、ポイント還元率の高さと海外旅行保険のお得度から年会費無料カードの中でプロの私が最もおすすめするカードでもあります。

『REX CARD』公式ページ:

http://www.jaccs.co.jp/service/card_lineup/teikei/kakaku

3-3.『リクルートカード』

リクルートカード』年会費無料カードの中で3番目にポイント還元率が高いカードでポイント還元率は1.20%です。貯まるポイントが簡単にPontaに交換できるのでローソンなどで利用ができて非常にお得にもかかわらず、作りやすいカードと言われています。

また、飲食店の予約でホットペッパーグルメ、美容室にはホットペッパービューティ、旅行にはじゃらん、ネットショッピングはポンパレモールと実用性の高いサービスも充実しています。

さらに付帯している保険も旅行代金の一部をクレジットカードで決済をしなければいけませんが、疾病・傷害治療:最高100万円付いているため海外でも役に立ちます。

『リクルートカード』公式ページ

http://recruit-card.jp/

 

4. お得な海外旅行保険付帯の年会費無料カードTOP3

この章では海外旅行での保険がお得な年会費無料カードを3枚紹介します。

年会費無料のカードで海外旅行保険がついているカードは数えるほどしかないので、海外保険がついているだけでもお得です。

そして、この章ではその中でも特にお得なカードを3枚選出しました。選定基準としては持っているだけで補償が受けられる「自動付帯」のカードや、利用する可能性の高い「傷害」や「疾病」の補償額が大きいカードを優先しています。

海外旅行での保険がお得なカードは以下の3枚です。

  • 1位:『エポスカード』
  • 2位:『REX CARD』
  • 3位:『楽天カード』

4-1. 『エポスカード』

エポスカード』は年会費無料カードの中で1番目に海外旅行での保険がお得なカードです海外旅行保険の内容は以下の通りです。

利用条件 自動付帯 持っているだけで補償が受けられます。
死亡・後遺障害 500万円
傷害治療 200万円
疾病治療 270万円
携行品損害 20万円 ※免責(1事故)3,000円
賠償責任 2,000万円
救援者費用 100万円 1年間の限度額

また保険の他にも非常に便利な優待が豊富にあります。

  • 年に4回、マルイで10%の優待期間があります。
  • 笑笑や魚民などのモンテローザ系列のお店や、ロイヤルホストでお得になります。
  • AshやEARTHなどの有名サロンでの利用で会計が10%OFFになります。
  • 全国の映画館で映画料金が500円お得になります。

『エポスカード』公式ページ

https://www.eposcard.co.jp/index.html

4-2. 『REX CARD』

REX CARD』は年会費無料カードの中で2番目に海外旅行での保険がお得なカードです。海外旅行保険の内容は以下のようになっています。

利用条件 自動付帯 持っているだけで補償が受けられます。
死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療 200万円
疾病治療 200万円
携行品損害 20万円 ※免責(1事故)3,000円
賠償責任 2,000万円
救援者費用 200万円 1年間の限度額

また、年会費無料カードの中で2番目にポイント還元率が高いカードで、ポイント還元率は1.25%となっています。

ポイント還元率の高さと海外旅行保険のお得度から年会費無料カードの中でプロの私が最もおすすめするカードでもあります。

『REX CARD』公式ページ:

http://www.jaccs.co.jp/service/card_lineup/teikei/kakaku

4-3. 『楽天カード』

楽天カード』は年会費無料カードの中で2番目に海外旅行での保険がお得なカードです。海外旅行保険の内容は以下のようになっています。

利用条件 利用付帯 海外旅行代金の一部を支払うことで補償が受けられます。
死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療 200万円
疾病治療 200万円
携行品損害 20万円 ※1旅行中限度額20万円、年間限度額20万円、免責(1事故)3,000円
賠償責任 2,000万円
救援者費用 200万円 1年間の限度額

さらに、どこで使ってもポイント還元率1%で楽天市場ではよりお得に最大3%のポイント還元を受けることができ、マクドナルドやPRONTOなどの街中の加盟店で利用することで2%のポイントが還元されるので非常にお得です。

『楽天カード』公式ページ

http://card.rakuten.co.jp/rakuten_card

5. 作りやすい年会費無料のカード2選

この章では審査に通りやすい、作りやすいカードを紹介していきます。

他者の審査に落ちた方でも作ることができたという話をよく聞くカードなのでカードを作れるか不安な方は以下のカードに申し込みましょう。

5-1. 『ライフカード』

ライフカード』は信販系クレジットカードですが発行会社のライフカードの親会社が消費者金融のアイフルとなっています。

そのため、他社の審査に落ちた方でも作ることのできたカードと言われています。

しかも、このカードは基本的なポイント還元率が0.5%なのですが、誕生日月のポイントが3倍になるなど普通に利用してもお得なカードとなっています。

『ライフカード』公式ページ

http://www.lifecard.co.jp/card

5-2. 『エポスカード』

エポスカード』は流通系の年会費無料のカードです。

また、マルイが発行しており、発行したカードをマルイで使ってもらうことで売り上げを伸ばしたいという意図もあるため、他のカードよりも審査が柔軟になっています。

以下のようにマルイでもお得ですが、マルイ以外でもお得な特典があります。

  • 年に4回、マルイで10%の優待期間があります。
  • 笑笑や魚民などのモンテローザ系列のお店や、ロイヤルホストでお得になります。
  • AshやEARTHなどの有名サロンでの利用で会計が10%OFFになります。
  • 全国の映画館で映画料金が500円お得になります。

『エポスカード』公式ページ:

https://www.eposcard.co.jp/index.html

6. その他おすすめの年会費無料カード3選

この章では上記で紹介されることはなかったのですが、他のサービスが非常にお得ということで人気のカードを紹介したいと思います。

  • 『Orico Card THE POINT』:Amazon、楽天など、ネットショッピングでお得
  • 『三菱UFJニコス VIASOカード』:ポイントが自動でキャッシュバック
  • 『P-one Wiz』:会計から常に1%OFF

6-1. 『Orico Card THE POINT』

Orico Card THE POINT』はポイント還元率が1.0%で入会後6ヶ月間はポイント加算率が2倍にアップし、ポイント還元率が2.0%たまります。

さらにオリコモールを経由することでネットショッピングで非常にお得でAmazonや楽天、Yahoo!などの大手通販サイトでは2%以上のポイント還元率になるお得なカードです。

『Orico Card THE POINT』公式ページ

http://www.orico.co.jp/creditcard/thepoint/

6-2. 『VIASOカード』

VIASOカード』は年会費無料で、ポイント還元率は0.5%ですが貯まったポイントが自動でキャシュバックされるカードです。

通常、クレジットカードのポイントを何かと交換する際は手続きをする必要がありますが『VIASOカード』ならば、そう言った手続きは不要です。

スクリーンショット 2017-02-01 16.54.19

このように、『VIASOカード』ならば、他のポイントがたまるクレジットカードに比べて交換の手間がないので、使い忘れなどの心配がなく初心者の方でも安心して利用できます。

また、海外旅行保険も自動付帯でついており、年会費無料のカードで海外旅行保険が自動付帯でついているものは数えるほどしかないのでお得です。

『VIASOカード』公式ページ

http://www.cr.mufg.jp

6-3.『P-one Wiz』

P-one Wiz』はポイント還元率が0.3%のカードですがクレジットカード利用による会計は全て自動的に1%オフとなります。

つまり、毎回の会計で1.3%の還元を受けていることになります。

また、電話代や光熱費等の公共料金や、国民年金保険料も自動的に1%オフとなります。

『P-one Wiz』公式ページ:

http://www.pocketcard.co.jp/card

7. まとめ

以上がクレジットカードの年会費についてでした。

クレジットカードには年会費無料のものから10万円を超えるものまで数多くあります。

基本的には年会費有料カードの方が年会費無料カードよりもサービスが豊富なのですが、中には以下のように年会費有料カードよりもお得な年会費無料カードもあります。

最もおすすめの年会費無料カード

REX CARD

ポイント高還元の年会費無料カードTOP3

お得な海外旅行保険付帯の年会費無料カードTOP3

審査に通りやすい年会費無料のカード

その他おすすめの年会費無料カード3選

あなたがお得な年会費のカードを見つけられることを祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket