世界一わかりやすい『ミライノカードGOLD(旧:SBIゴールドカード)』解説|あなたにベストな1枚かわかる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ミライノカードGOLD』(旧『SBIゴールドカード』)を申し込むべきか検討していますね。

9千枚のクレジットカードと比較した結果、下記のいずれかに1つ以上当てはまる人は間違いなくおすすめです。

  • 20代前半でゴールドカードを持ちたい
  • 住信SBIネット銀行の手数料の無料回数を増やしたい
  • 比較的安い年会費で旅行保険が充実したゴールドカードを持ちたい

しかし、「住信SBIネット銀行を利用しないとポイント還元率が低い」などのデメリットも多いため、契約前にしっかりとチェックしておかないと後悔するので注意しましょう。

このページでは、大手カード会社に3社勤務した経験を活かして『ミライノカードGOLD』について以下の流れで全てご紹介します。

  1. ミライノカードGOLD総評
  2. ミライノカードGOLDの4つのメリット
  3. ミライノカードGOLDの2つのデメリット
  4. ミライノカードGOLDはこんな人が使うべき
  5. 申し込みの際のたった一つの注意点

メリットにピンとこなかった場合のためのおすすめカードもご紹介しています。

全て読んでいただければ、契約後に後悔することなく、あなたが本当に選ぶべきクレジットカードかどうかがわかるでしょう。

11月6日追記:

2018年1月31日で『SBIゴールドカード』はカードの全てのサービスが終了します(新規申込受付は終了しています)

『ミライノカードGOLD』は11月6日から先行募集を開始しています。カードの発券は11月28日以降となりますので注意してください。

1. ミライノカードGOLD総評

ミライノカードGOLD』の特徴をまとめると以下のようになり、年会費の負担が低く住信SBIネット銀行の利用者ならお得に使える独自性のあるゴールドカードと言えます。

メリット デメリット
  • 20歳からゴールドカードが持てる
  • 年会費の負担が少なくゴールドカードが持てる
  • 住信SBIネット銀行の利用がお得になる
  • ゴールドカード最高クラスの旅行保険が付く
  • 通常のポイント還元率が低い
  • 優待が少ない
  • 空港ラウンジを無料で利用できない

1-1. クレジットカード全体としての評価

クレジットカードの良し悪しを判断する評価として「ポイント還元率」「年会費」「ポイントの交換先」「電子マネーチャージ」「保険金額」の5つを挙げています。

当サイトの基準で5つの項目を数値化しました。数字が大きいほと、利用者にとって使いやすいカードで、『ミライノカードGOLD』は下図のようになりました。

評価項目 点数 コメント
年会費 4 3,000円(税別)

年間100万円以上の利用で次年度無料

ポイント還元率 2 0.5%
ポイント交換先 1 スマプロポイントへの交換、または支払総額から引くことしかできない
電子マネーチャージ 1

QUICPayへのチャージでポイントが付く

保険金額・条件 4 旅行保険はカードを持っているだけで適用される(一部の項目は旅費の支払いで適用)

海外旅行保険の傷害・疾病が500万円はプラチナカード級の補償金額

海外・国内共に家族特約が付き、条件が良い

通常だと、ショッピング保険は海外での買い物しか付かない

1-2. ゴールドカードとしての評価

続いて、ゴールドカードとして『ミライノカードGOLD』はどうなのかを、「ステータス」「サポートサービス」「優待」で分析しました。

『ミライノカードGOLD』はゴールドカードとしては以下のように便利で使えるカードです。

評価項目 評価 コメント
総合評価 B- 若くても安めの年会費でゴールドカードを持ちたい人におすすめです

住信SBIネット銀行を利用していたり支払い口座に設定していると、ポイント還元率を上げられたり、手数料が無料になるなどお得になる特典があります。

ステータス B 銀行系カードであるが、『三井住友VISAゴールドカードに比べるとステータスはやや劣る
サポート・サービス C ミライノカードゴールドデスクが、フリーダイヤルで9:00〜17:00まで問い合わせに対応している

しかし、メールによる問い合わせやWebでは対応していない

優待 B-

住信SBIネット銀行

・スマートプログラムで2ランクアップ

・ミライノポイントをスマブロポイントに交換すると還元率が2倍に上がる

・ミスターカードローンの金利が年0.1%引下げ

JCBブランドが提供するさまざまなサービス

・空港免税店割引サービス

・空港宅配優待サービスなど

※最も良い評価をS、最も悪い評価をDとする5段階で評価しています

1-3. その他のカードの評価

その他のカードの評価は以下のようになります。

評価項目 評価 コメント
ポイント交換最低条件 C 1000ポイントから利用できる
ポイント有効期限 B

3年間

加盟店数 D なし
審査の難易度 B

20歳以上で、安定継続収入のあるかた(学生を除く)

家族カード D なし
追加カード A ETCカード無料、QUICPay搭載、Apple Pay対応

※最も良い評価をS、最も悪い評価をDとする5段階で評価しています

2. ミライノカードGOLDの4つのメリット

ミライノカードGOLD』は下記の4つのメリットがあります。

  • 20歳からゴールドカードを持てる
  • 安めの年会費でゴールドカードを持てる
  • 住信SBIネット銀行との組み合わせでお得になる
  • カードに付いている旅行保険の条件がゴールドカード最高クラス

2-1. 20歳からゴールドカードを持てる

ミライノカードGOLD』なら20歳以上の人ならゴールドカードを持つことができます。

申し込み資格が「原則として20才以上で、ご本人に安定した収入のある方(学生を除く)となっているからです。

一般的なゴールドカードを持てる条件は下記のようになります。

数年前 最近
年齢 30歳以上 25歳以上
年収 500万円以上 400万円以上

最近は条件がやや緩くなっていますが、年収がいくら高くても年齢制限で申し込めない『ダイナースクラブカード』のようなカードもあります。

そのため、『ミライノカードGOLD』は20歳からゴールドカードを持てるので、クレジットカードのことをよく知らない人が見たら「若いのにゴールドカードを持っていて凄い」と思われるでしょう。

2-2. 年会費の負担が少なくてもゴールドカードを持てる

ミライノカードGOLD』は3,000円(税抜)の年会費でゴールドカードを持つことができます。

これだけでも十分安いですが、『ミライノカードGOLD』は前の年に100万円以上の利用があると次の年の年会費は無料です。

カードを年100万円以上使う人は、ずっと年会費無料でゴールドカードを持つことができます。

2-3. 住信SBIネット銀行との組み合わせでお得になる

SBIグループで発行しているクレジットカードであるため、住信SBIネット銀行との組み合わせでお得になる特典が付きます。

住信SBIネット銀行は、SBIグループ会社のネット銀行なので、『ミライノカードGOLD』の支払い口座に指定すると下記の優遇サービスを利用することができます。

  • スマートプログラムでランクが2ランクアップ
  • ミライノポイントをスマブロポイントに交換できる(ポイント還元率が上がる)
  • ミスターカードローンの金利引下げ

詳しく説明していきます。

スマートプログラムでランクが2ランクアップ

住信SBIネット銀行には「スマートプログラム」と呼ばれるランク制度によりさまざまな優遇が受けられるプログラムが存在します。

ランクごとの優待内容は下図です。

SBIゴールドカード 住信SBIネット銀行 スマートプログラム ランク優遇内容

出典:住信SBIネット銀行

ランクが上がると、ATM利用手数料や他行への振込手数料の無料回数が増えるなどの特典があります。

ランクは住信SBIネット銀行が決める条件をいくつか満たさないと上がりませんが、『ミライノカードGOLD』を持ち引落口座に指定すると2ランクランクアップします。

出典:住信SBIネット銀行

ランク4にするためには、他に外貨預金に南アフリカランドを1通貨(約8円)預けて、SBIハイブリット預金を利用し月末残高を1,000円以上あれば簡単に達成できます。

ミライノポイントをスマブロポイントに交換できる(ポイント還元率が上がる)

ミライノカードGOLD』の利用で貯まるのはミライノポイントです。

通常ですと1,000円ごとに5ポイントがたまり、カードの支払時に1,000ポイント以上100ポイント単位で差し引けるので、還元率0.5%となります。

しかし、ミライノポイントを住信SBIネット銀行のスマプロポイントへ交換すると2倍のポイントにできるので還元率1%にできます。

出典:MIRAINO CARD

ミスターカードローンの金利引下げ

ミスターカードローンは金利年0.99%〜14.79%の金利で借りることができます。

ミライノカードGOLD』の引落口座を住信SBIネット銀行に設定すると、カードローン金利が年0.1%引下げになります。

2-4. カードに付いている旅行保険の条件がゴールドカード最高クラス

一部の項目は事前にカードで旅費を支払う必要がありますが、項目によってはプラチナカード級の補償金額が付き、家族特約の条件が良いなどゴールドカード最高クラスの旅行保険が付きます。

旅行保険の詳細

同価格帯での年会費のゴールドカードでは珍しく、家族特約が付いていて非常に良い旅行保険の条件になっています。

補償内容 保険金額(本人) 保険金額(家族)
国内旅行 死亡・後遺障害保険金 5,000万円 1,000万円
入院保険金(日額) 4,000円 2,000円
通院保険金(日額) 4,000円 2,000円
海外旅行 死亡・後遺障害保険金 5,000万円 1,000万円
傷害・疾病治療保険金 500万円 250万円
賠償責任保険金 5,000万円 2,500万円
携行品損害保険金 /1旅行・1年間
(免責3,000円)
50万円 25万円
救援者費用保険金/保険期間中 300万円 150万円

家族の範囲は以下の通りです。

①カード本会員の配偶者
②カード本会員またはカード本会員の配偶者と生計を共にする同居の親族
③カード本会員またはカード本会員の配偶者と生計を共にする別居の未婚の子

また、通院保険金の4,000円は全クレジットカード中最高クラスの金額で、これより高いのは上級カードの『ミライノカードPLATINUM』の5,000円くらいしかありません。

傷害・疾病治療保険金の500万円もプラチナカード級の保険金額なので、他の保険に比べて利用する機会が多く怪我や病気時に払う治療費が高額になる海外ではかなりの安心材料となるでしょう。

3. ミライノカードGOLDの2つのデメリット

この章では逆に『ミライノカードGOLD』のデメリットを2つ挙げていきます。

  • ポイント還元率が低い
  • 優待が少ない

3-1. ポイント還元率が低い

通常の還元率が0.5%と低いです。

還元率を1%に上げることもできますが、そのためには住信SBIネット銀行のスマプロポイントへ交換する必要があります。

また、1,000ポイントまで貯めないと利用や交換ができないので、使い勝手もよくありません。

代わりにおすすめするのは次の2枚

ミライノカードとしての基本的な機能だけが必要なら『ミライノカード』をおすすめします。ポイント還元の仕組みも同じで、年10万円利用するだけで次年度のカード年会費が無料になるので持ちやすい条件です。

ポイント還元率の高さなら通常ポイント還元率が1%の『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』がおすすめです。年会費も1,950円(税込)で『ミライノカードGOLD』よりも安いです。

それだけでなく、Amazonなどのネットショッピングではポイント還元率を2.5%以上にすることができます。

3-2. 優待が少ない

ほとんどのゴールドカードで、国内線の利用時に国内28空港のラウンジを無料で使えますが、『ミライノカードGOLD』は空港のラウンジを無料で使うことができません。

また、カードを利用することでポイントの優遇を受けられる加盟店もなく、住信SBIネット銀行の利用以外での特典や割引もありません。

ゴールドカードとして使える優待を重視する場合、下記の2枚がおすすめです。

カード名 年会費(税抜) 特長
楽天ゴールドカード 2,000円 国内28、海外2空港を無料で利用することができる
エポスゴールドカード 永年無料(条件を満たす必要あり) 優待を7,000店舗以上で受けられる

4. ミライノカードGOLDはこんな人が使うべき

これまでご紹介してきた特徴を元に、『ミライノカードGOLD』を使うべき人は以下のような人です。

  • 20代前半でゴールドカードを持ちたい
  • 住信SBIネット銀行をお得に利用したい
  • 比較的安い年会費で旅行保険が充実したゴールドカードを持ちたい

1つでも当てはまるならおすすめで、2つ以上なら絶対に申し込みましょう。

下記で実際に『ミライノカードGOLD』とほぼ同じスペックだった『SBIゴールドカード』を利用していた人の口コミを紹介します。

4-1. 20代前半でゴールドカードを持ちたい

口コミ・評判

B・W さん(23歳)
評価:★★★★☆4
大学を卒業し、新卒2年目です。
外でカードを使う機会が増えてきて、先輩の持っている金色のカードに憧れて自分も持ちたいと思い、いろいろゴールドカードについて調べて、ネット銀行の手数料も無料になるこのカードを選びました。
カードのゴールド部分に純金を使用しているという素材にもこだわっているデザインも気に入りました。
なんとなくですが、ゴールドの光具合が他のカードと違って見えて、若くてもゴールドカードを使っているという事実を誇らしく感じます。
次はプラチナカードを持てるようにと仕事を頑張るモチベーションにもつながっています。

「ゴールドカード」を持っていると、クレジットカードに詳しくない人には「お金持ちである」とか「凄い」と思われることが多いです。

実際に日本でクレジットカードを持っている人を対象にしたアンケートでは、たったの11〜13%の人しかゴールドカードを持っていないことがわかっています(プラチナカード以上は1%前後)

「ゴールドカードを持っている」という、自分に自信を持ちたい人におすすめです。

4-2. 住信SBIネット銀行をお得に利用したい

口コミ・評判

M・N さん(31歳)
評価:★★★★★5
住信SBIネット銀行を利用している自分には、カードを持っているだけでATMでの引き出し手数料や他行口座への振り込み手数料の無料回数が増えるので、これだけで年会費以上に得をしています。
また、使う機会はあまりないですが年に1回は海外旅行に行くので、外国で使った金額をUSドルで決済できるのは手数料を安くすることができるので嬉しいですね。
最近までは外貨特BUY日で手数料無料でドルを購入することができていたので、為替相場を見て円高の時にはドルを買うようにしていました。

グループ企業の住信SBIネット銀行のATM手数料を一定回数無料で使えるので、お得に利用できます。

ネットオークションの利用やご家族への送金、ネットショッピングの代金振込など振込をする機会の多い人にはATMの無料になる手数料分だけで年会費の元が取れます。

また、ミライノポイントをスマプロポイントに交換することで、ポイント還元率を上げられたり、カードローンの金利を下げることができるので、これらのサービスを使う人には便利でしょう。

ドル決済サービスは『SBIゴールドカード』で行われていたサービスで、『ミライノカードGOLD』にはありません。

4-3. 比較的安い年会費で旅行保険が充実したゴールドカードを持ちたい

口コミ・評判

T・K さん(32歳)
評価:★★★★☆4
コロコロと条件が変わるのが難点ですが、年会費は安くなったり無料になるくらいにはたくさん使っています。
海外旅行保険の評価すべきところは家族カード保有者ではなくても、配偶者、子供も医療機関でのキャッシュレスサービスが利用可能な点です。
ただ、条件があるので完全にキャッシュレスで利用できるわけではないのが玉に瑕で、2度ほど子供が急病になって利用した時に実費を払って後日精算になりました。
とは言ってもほとんどダダみたいな年会費で、これだけの保険が使えるので文句はありませんけどね。

現在の利用規約では前年に100万円以上カードを利用していると年会費無料でカードを持つことができます(通常でもわずか3,000円(税抜)の年会費)

一部プラチナカード級の補償金額の保険が付きます。項目によっては旅費をカードで支払っていることが条件ですが、空港までの移動のための電車やバスの切符の購入でも保険の対象となるので簡単に保険を付けられます。

そのため、他のクレジットカードに付いている保険とうまく組み合わせることで手厚い補償を受けることができるので、安心して旅行を楽しむことができます。

5. 申し込みの際のたった一つの注意点

申し込みをする際には必ず「キャッシング枠」に注意しましょう。

実は、「キャッシング枠」に関してあまり考えずにカードの申し込みをしてしまうと、カードが発行されなかったり発行した後に後悔する例があります。

必要が無ければキャッシング枠は申し込まない

普段利用する予定がない場合は原則としてキャッシング枠は0にして申し込みましょう。

なぜなら、総量規制という法律で個人がお金を借りられる枠の基準が定められていて、その枠の中にクレジットカードのキャッシング枠も含まれるからです。

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。

引用:日本賃金業協会・総量規制とは

キャッシング枠を不必要に多くして申し込むと、カードの発行会社は「この人はお金に困っている人なのかな」と判断して、カードが発行されない恐れがあります。

もしカードの発行を否決されると、あなたが否決されたという記録は半年間残ってしまい、各クレジットカード会社や金融機関などにも共有されるため、他のカードを発行する時に不利になります。

必要時は1〜2枚のカードに年収の1/3以下の金額で申し込む

ただ、海外の旅行先やメインのカードとして日常生活の中でキャッシングを使いたいこともあるでしょう。

その場合は、自分の持っている1〜2枚のカードに合計で年収の1/3以下の金額にして申し込むと、総量規制の基準に引っかからずカードが発行されやすいです。

6. まとめ

ミライノカードGOLD』に関して、メリット・デメリット、口コミを交えた実際の使い勝手まで解説してきましたがいかがでしたか。

ミライノカードGOLD』は以下のようなメリットがある、とても使い勝手の良いクレジットカードです。

  • 20歳からゴールドカードを持てる
  • 安めの年会費でゴールドカードを持てる
  • 住信SBIネット銀行との組み合わせでお得になる
  • カードに付いている旅行保険の条件がゴールドカード最高クラス

格安ゴールドカードでありながら、住信SBIネット銀行の利用がお得になったり旅行保険の条件が非常に良いなど特徴的なサービスがあるので、メリットがあなたのライフスタイルに合う人にはピッタリな1枚です。

ミライノカードGOLD』を利用することであなたの生活がより豊かで便利になることを祈っています。

ミライノカードGOLD』公式ページ:

https://www.miraino-card.com/gold.html

ミライノカードGOLDの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

カード詳細情報

この章では、現在できる限り情報を収集した上で、『ミライノカードGOLD』についての詳細情報を表にまとめました。上記でご紹介した他にカードについて細かい情報を知りたい人だけお読みください。

詳細情報

申し込み対象 本会員 20歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のあるかた

※学生不可

家族会員 なし
審査基準 審査難易度は普通
還元率 0.5%
ブランド JCB
年会費(税別) 本会員 初年度 3,000円
次年度以降 3,000円 請求月日:公式情報なし
無料 前年100万円以上の利用がある
支払い方法 口座振替 住信SBIネット銀行、その他JCB提携先金融機関のご指定の口座から引落とし
支払い日 毎月15日締めの翌月10日(銀行休業日の場合は翌営業日)
ショッピング 利用可能枠 70万〜300万円
支払い方法 1回払い・2回払い・ボーナス一括払い(手数料不要)
分割払い利用可能枠 0〜100万円:3・5・6・10・12・15・18・20・24回払い

(利率は同封される冊子を確認してください)

ショッピングリボ払いコース

実質年率15.0%

毎月一定の元金に手数料を加えてのお支払いとなります。
ショッピングスキップ払い ショッピング1回払いのお支払い月を、あとからご指定のお支払い月(最長6ヶ月先まで)に変更できます。
オンラインチェック 確定済みのご請求額のうち、一部または全部を指定してお支払いができるサービスです。

いつでも繰上返済でき、利息負担を軽減することができます。

遅延損害金 年6.0〜20.0%
キャッシング 総枠 キャッシング1回払い:0〜40万円

海外キャッシング1回払い:0〜40万円

キャッシングリボ払い:0〜50万円

支払い方法 キャッシング1回払い:お借入分をお支払日に一括でご返済できます。

キャッシングリボ払い:毎月一定の元金に手数料を加えてのご返済となります。

海外1回払い

ATM利用手数料(税別) 利用金額

1万円以下 100円

1万円超  200円

融資利率 年15.0%(国内・海外)
遅延損害金 年20.0%
ポイント ポイント名 ミライノポイント
基本ポイント付与 月間のご利用金額の合計に対して1,000円ごとにミライノポイントを5ポイント付与します
有効期限 3年間
交換先 <スマプロポイントへ交換>

交換レート:ミライノポイント1ポイント=スマプロポイント2ポイント

<支払総額から減算>ミライノカードお支払総額からミライノポイント分を差引くことができます。

交換レート:ミライノポイント1ポイント=1円

電子マネー 名称 チャージ・利用の可否 カードに付属 オートチャージ対応 ポイント付与
QUICPay

0.5%(1000円につき5P)
モバイルSuica

(不明)

SMART ICOCA

(不明)

国内旅行保険

(一部利用付帯)

補償条件 自動付帯

ミライノカードで旅行代金を支払った場合に、家族補償が付きます

傷害死亡・後遺傷害 最高5,000万円
入院 日額 4,000円
手術
通院 日額 4,000円
家族特約 傷害による死亡・後遺障害:1,000万円、入院:日額 2,000円、通院:日額 2,000円
対象者 ①カード本会員の配偶者
②カード本会員またはカード本会員の配偶者と生計を共にする同居の親族
③カード本会員またはカード本会員の配偶者と生計を共にする別居の未婚の子
海外旅行保険

(一部利用付帯)

補償条件 自動付帯

ミライノカードで旅行代金を支払った場合に、携行品損害保険金が付きます

傷害による死亡・後遺障害 最高5,000万円
傷害・疾病による治療費用 500万円
賠償責任 5,000万円
携行品損害 1旅行・1年間50万円(自己負担額:1事故につき3,000円)
救援者費用 300万円
家族特約 傷害による死亡・後遺障害:1,000万円、傷害・疾病:250万円、賠償責任:2,500万円、携行品損害:25万円、救援者:150万円
対象者 ①カード本会員の配偶者
②カード本会員またはカード本会員の配偶者と生計を共にする同居の親族
③カード本会員またはカード本会員の配偶者と生計を共にする別居の未婚の子
ショッピング保険 補償内容 海外にてミライノカードで購入した商品の破損・盗難等の偶然な事故による損害を補償

※商品購入日より90日間

補償限度額 年間50万円
自己負担額 (1回の事故につき)10,000円
ショッピングガード保険(国内) 補償内容 ショッピングガード保険(国内)「支払い名人」定額コースに登録すると、ショッピングガード保険(国内)が自動付帯されます。

※商品購入日より90日間

補償限度額 年間100万円
自己負担額 (1回の事故につき)3,000円
紛失・盗難保険 カードを紛失してしまったり、盗難に遭ったりし、他人にカードを不正利用された場合でも、不正利用された金額が補償されます。
国内空港ラウンジ
海外空港ラウンジ
その他特典 住信SBIネット銀行:スマートプログラムのランクが2ランクアップ

ミスターカードローンの金利引下げ:ミライノカードの引落口座を住信SBIネット銀行に設定することで基準金利より年0.1%引下げ

・JCB PLAZA
・JCBプラザコールセンター(日本/海外)
・たびらば(WEB/アプリ)
・JCB GLOBAL WiFi
・海外レンタカーサービス
・空港宅配優待サービス
・JCB空港優待ガイド
・JCB沖縄優待ガイド
・空港免税店割引サービス
・JCB紛失・盗難海外サポート

追加カード ETCカード 新規発行手数料・年会費無料:利用料金1,000円ごとに5ポイント
QUICPay 新規発行手数料・年会費無料:利用料金1,000円につき5ポイント
Apple Pay 対応

(※当サイトへの掲載情報は、できる限り正確であるように精査の上細心の注意を払って作成しておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に対して生じたあらゆる損害等について一切補償は致しません。極力サービス内容が変わり次第更新をしますが突然変わりすぐに更新できない可能性もあるため、カードご入会の前には必ずご自身でカード発行元の公式サイトで最新の情報をご確認した後にお申し込み下さい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket