世界一わかりやすい『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』解説|あなたにベストなゴールドカードかわかる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
オリコ ゴールドカード Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD アイキャッチ

オリコのゴールドカードである『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』を申し込むべきか検討していますね。

9千枚のクレジットカードと比較した結果、下記のいずれかに1つ以上当てはまる人は間違いなくおすすめです。

  • 20代前半でもゴールドカードを持ちたい
  • 格安な年会費でゴールドカードを持ちたい
  • 電子マネーの利用やネットショッピングの金額が多い
  • 高い還元率のカードを使ってポイントを貯めたい

しかし、「ゴールドカードとしての優待が少ない」などのデメリットも多いため、契約前にしっかりとチェックしておかないと後悔するので注意しましょう。

このページでは、大手カード会社に3社勤務した経験を活かして『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』について以下の流れで全てご紹介します。

  1. Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD総評
  2. Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDの3つのメリット
  3. Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDの3つのデメリット
  4. Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDはこんな人が使うべき
  5. 申し込みの際のたった一つの注意点

メリットにピンとこなかった場合のためのおすすめカードもご紹介しています。

全て読んでいただければ、契約後に後悔することなく、あなたが本当に選ぶべきクレジットカードかどうかがわかるでしょう。

1. Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD総評

『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』の特徴をまとめると以下のようになり、年会費が安いけどポイント還元率が良いゴールドカードと言えます。

メリット デメリット
  • 20歳からゴールドカードが持てる
  • 格安な年会費でゴールドカードが持てる
  • 電子マネーやネットショッピングの利用金額が多いとお得
  • カードについている保険の条件が良くない
  • ゴールドカードとしての優待が少ない
  • ネットショッピングや電子マネーの利用額が少ないとお得じゃない

1-1. クレジットカード全体としての評価

クレジットカードの良し悪しを判断する評価として「ポイント還元率」「年会費」「ポイントの交換先」「電子マネーチャージ」「保険金額」の5つを挙げています。

当サイトの基準で5つの項目を数値化しました。数字が大きいほと、利用者にとって使いやすいカードで、『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』は下図のようになりました。

オリコ ゴールドカード Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD レーダーチャート

評価項目 点数 コメント
年会費 4 1,950円(税込)でゴールドカードを持てる
ポイント還元率 3 1%と同価格帯のゴールドカードの中では最も高い
ポイント交換先 4 JAL・ANAマイル、Amazonギフト券、nanacoギフト券、UCギフトカードなどに交換できる
電子マネーチャージ 4 モバイルSuica・SMART ICOCAは1%、iD・QUICPayは利用で1.5%のポイントが付く
保険金額・条件 2 海外旅行保険はカードを持っているだけで付く

国内旅行は旅費をカードで支払う事が条件で死亡・後遺傷害のみ補償

補償金額はゴールドカードの平均以下である

1-2. ゴールドカードとしての評価

続いて、ゴールドカードとして『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』はどうなのかを、「ステータス」「サポートサービス」「優待」で分析しました。

『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』はゴールドカードとしては以下のように機能が限られているカードです。

評価項目 評価 コメント
総合評価 C+ 若くても格安な年会費でゴールドカードを持ちたい人におすすめです

電子マネーでの支払いやネットショッピングの金額が多いポイント還元率を重視するなら便利なカードです

ステータス C 信販系カードであるが、格安ゴールドカードの1種であるためステータスはやや劣る
サポート・サービス C ゴールドデスクに相当するサービスはなく、電話での問い合わせは通常の電話である

営業時間も9:30~17:30と平均的である

メールによる問い合わせにも対応している

優待 C オリコモール利用時に1%のオリコポイントが特別加算される

その他にはClub Offとオリコトラベルデスクの利用しか優待と呼べる特典がない

※最も良い評価をS、最も悪い評価をDとする5段階で評価しています

1-3. その他のカードの評価

その他のカードの評価は以下のようになります。

評価項目 評価 コメント
ポイント交換最低条件 B 500ポイントから利用できる
ポイント有効期限 D

ポイント獲得月を含めて12ヵ月後の月末

加盟店数 D なし
審査の難易度 S 原則として年齢20歳以上 安定した収入がある方となっている

ゴールドカードの中では比較的に取得しやすく、易しめである

家族カード S 年会費無料で、ほぼ同等のサービスを受けられ、ポイントを本会員に合算できる
追加カード C ETCカード無料、Apple Pay対応

※最も良い評価をS、最も悪い評価をDとする5段階で評価しています

2. Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDの3つのメリット

『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』は下記の3つのメリットがあります。

  • 20歳からゴールドカードを持てる
  • 格安な年会費でゴールドカードを持てる
  • 電子マネーやネットショッピングの利用金額が多いとお得

2-1. 20歳からゴールドカードを持てる

『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』なら申し込み資格が「原則として年齢20歳以上安定した収入がある方」となっているので、20歳以上の人ならゴールドカードを持つことができます。

一般的なゴールドカードを持てる条件は下記のようになります。

数年前 最近
年齢 30歳以上 25歳以上
年収 500万円以上 400万円以上

最近は条件がやや緩くなっていますが、会社によっては年収がいくら高くても年齢制限で申し込めないカードもあります。

そのため、20歳から格安とはいえゴールドカードを持てるので、クレジットカードのことをよく知らない人が見たら「ゴールドカードを持っていて凄い」と思われるでしょう。

ただ、カードデザインが黒を基調として金色の文字でGOLDと小さめの字で書かれているので、見ただけで分かる金色のゴールドカードではないのが気になるかもしれません。

見ただけでゴールドカードだと分かる金色のカードデザインを希望する場合、同価格帯の年会費ですと『セディナカードゴールド』や『MUFGカード ゴールド』ですと18歳以上から申し込みができます。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD 比較

2-2. 格安な年会費でゴールドカードを持てる

ほとんどのゴールドカードは年会費が必要で、平均額は10,000円を超えます。しかし、『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』ならたったの1950円(税込)という平均の1/5の年会費でゴールドカードを持つことができます。

2014年10月に株式会社ウェブクルーエージェンシーがインターネットで行った調査によると、ゴールドカードを持っている人はわずか15%に過ぎなかったそうです。

クレジットカードに詳しくない人が金色の券面やGOLDの文字を見ると「ゴールドカードを持っていて凄い」と思われます。

少し古いですが2011年8月にトレンダーズ株式会社の調査では、ゴールドカードを持っていると女性の6割がその人の魅力に影響を与えると回答。また3人に1人は相手のイメージが変化し、経済的なゆとりや社会的信用が高いなどの好印象を持ちます。

対人関係に良い影響を与えるゴールドカードを格安な年会費で持ちたい場合、『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』ならさり気なくゴールドカードをアピールできるのでおすすめです。

2-3. 年に39万円以上電子マネーやネットショッピングを利用する

『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』は通常のポイント還元率が1%と高いだけでなく、電子マネーでの支払いやネットショッピングではさらにもらえるポイントが増えてお得になります。

オリコモールのご利用で1%のポイント加算

オリコモールを経由してお買い物をすると『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』での支払いでさらに1%のオリコポイントが加算されます。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD オリコモール

出典:オリコモール

さらにカード利用分のポイント(オリコポイント)に加えて、最大15%のボーナスポイントがたまります。

オリコモール

出典:オリコモール

例えばAmazonをオリコモール経由で利用すると、還元率は2.5%にまで上がります。

オリコモール Amazon還元率 2.5%

このポイント還元率はAmazonのゴールドカードである『Amazon MasterCardゴールド』のポイント還元率2%よりも高くお得です。

iDとQUICPayのご利用で0.5%のポイント加算

『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』には「iD」と「QUICPay」の2種類の電子マネーが搭載されていて、利用するだけで0.5%のポイントが加算されます。

通常ポイントの1%と合わせて、1.5%のポイント還元率になるので、「iD」か「QUICPay」を使えるところはこれらの電子マネーを利用した方がお得です。

また、それぞれの電子マネーでギフト券が当たったり、キャッシュバックなどのキャンペーンを行なっています。上記電子マネー名のリンク先を確認して最新のキャンペーン情報を確認の上、利用するとさらにお得でしょう。

モバイルSuicaとSMART ICOCAのチャージでも1%のポイントが付くので、電子マネーの利用で困ることはないでしょう。

ショッピングリボ払いの利用でのポイント加算はおすすめしない

リボ払いを選択し、利用料金を支払いするとさらに0.5%特別加算されますがおすすめしません。

なぜなら、毎月リボの限度額を枠いっぱいにしても手数料が発生してしまい、その手数料分が高くて損をするからです。

3. Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDの3つのデメリット

この章では逆に『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』のデメリットを3つ挙げていきます。

  • カードについている保険の条件が良くない
  • ゴールドカードとしての優待が少ない
  • ネットショッピングや電子マネーの利用額が少ないとお得じゃない

3-1. カードについている保険の条件が良くない

海外旅行保険はカードを持っているだけで付く条件で補償金額も頑張っていますが、その他の保険の条件が悪く、実用性に乏しいです。

国内旅行保険は死亡・後遺障害のみ

国内旅行保険は利用付帯の条件で、補償は死亡・後遺障害だけしかありません。

利用付帯とは

そのカードで支払いをすることで保険が適用される条件のことです。上記で言うと、国内旅行に関する移動費・交通費・ホテル代などを支払いをすることが条件となります。

利用する機会の多い通院・手術・入院が付いていないのは心配です。

ショッピング保険の条件が厳しい

補償金額が100万円ですが、自己負担額が1万円であるのは実用的とは言い難い厳しい条件です。

保険の条件を重視するのであれば、下記の2枚のカードが格安ゴールドカードの中ではおすすめです。

カード名 『MUFGカード ゴールド』 『セディナカードゴールド』

国内旅行保険

死亡・傷害後遺傷害

2,000万円 2,000万円

入院

日額 3,000円 日額 3,000円
手術

3,000円×(10~40倍)

3,000円×(10~40倍)
通院 日額 2,000円 日額 2,000円
国内航空便遅延保険 1〜2万円(利用付帯) なし
買い物保険 補償限度額 100万円 150万円
自己負担額 3,000円(1回の事故につき) 3,000円(1回の事故につき)
補償期間 90日 180日

国内の飛行機を使った旅行が多い人には遅延保険の付く『MUFGカード ゴールド』が、買い物での補償を重視する人には『セディナカードゴールド』がおすすめであることが分かります。

3-2. ゴールドカードとしての優待が少ない

年会費を低く抑えている分、優待や特典が限定されています。ゴールドカードとしての特典は下記の3つしかありません。

  • Orico Club Off
  • オリコトラベルデスク
  • MasterCardゴールドトラベルサービス

Orico Club Off

Orico Club Off」は国内宿泊、海外宿泊、レジャー、スポーツ、ショッピング、育児・介護サービスなど全国約20,000ヶ所以上の提携施設を優待価格でご利用になれる、『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』会員向け特別サービスです。

オリコトラベルデスク

オリコトラベルデスク」では、海外旅行を楽しむためのうれしい情報やサービスを提供しています。

さらにゴールドカード会員なら、ハワイにあるゴールドカード専用「トラベルデスク ホノルルラウンジ」を無料で利用できます。

MasterCardゴールドトラベルサービス

MASTERCARDゴールドトラベルサービスを利用できます。

MASTERCARDゴールドトラベルサービス
サービス名 優待内容
国内高級ホテル・高級旅館 全国のハイクオリティーなラグジュアリーホテル、高級旅館約900施設を利用できる
国内ゴルフ ・全国約1900コースのゴルフ場手配ができる

・優待価格として約150コースが500円~1,000円OFF

海外ホテル エクスペディアで海外ホテル「9%OFF」

ホテル+航空券

エクスペディアで合計10万円(税抜)を超える金額の予約に対して「2,500円OFF」
空港クローク優待サービス 対象空港でコート等の防寒具を帰国時まで1着につき10%引きで預かってくれる
海外携帯電話、WiFiルーターレンタル優待サービス 海外で利用できる携帯電話とWiFiルーターを下記の優待価格で利用できる

海外WiFiルーター:通信料15%OFF
海外携帯電話:通信料15%OFF
レンタル料金50%OFF

国際線手荷物宅配優待サービス 帰国時の手荷物を1個優待価格500円で宅配してくれる

もちろん、MasterCardとしての優待も利用でき、プライスレス・ジャパン海外優待ガイドなども受けられます。

上記した3つ以外は目ぼしい特典がありません。実際の店舗で利用するとポイントが加算される加盟店はありません。

ゴールドカードの特典に良くある空港ラウンジの無料サービスもありません

空港ラウンジを無料で利用したいのであれば、『SuMi TRUST CLUB エリートカード』ですと、年会費は3,000円とやや上がってしまいますが、お得なポイントプログラムもあり国内の空港ラウンジを利用できるのでおすすめです。

3-3. ネットショッピングや電子マネーの利用額が少ないとお得じゃない

年会費1,950円(税込)は初年度から請求され、割引や無料になる条件はありません。ポイント還元率は高めですが、利用金額が少ないと年会費永年無料の『Orico Card THE POINT』の方がお得です。

年間39万円未満のネットショッピング・iD/QUICPayの利用だと損

『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』と『Orico Card THE POINT』のポイント還元率の差は下表の2つの0.5%しかありません。

『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』 『Orico Card THE POINT』
オリコモール加算 1.0% 0.5%
電子マネー利用加算 0.5%

『Orico Card THE POINT』は年会費が無料です。

そのため、AmazonやYahoo!ショッピングなどのオリコモールを使ったネットショッピングや、iD/QUICPayの利用額が年39万円未満だと年会費とポイント還元率の差から『Orico Card THE POINT』の方がお得になります。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD 損益分岐点1

ネットショッピングだけでは厳しいですが、iDが使えるお店QUICPayが使えるお店もかなりの数があり、有名なチェーン店ではほとんど使えるので、さほど困ることはないでしょう。

しかし、年間のカードの利用額がそんなに多くないのであれば『Orico Card THE POINT』の方がお得でしょう。

ポイントの有効期限にも注意!

ポイント獲得月を含めて12ヵ月後の月末とかなり短いです。最低交換ポイントが500ポイントからなので貯まるのにそんなに時間はかかりませんが、早めに交換をしてポイントが無くならないしないようにしましょう。

4. Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDはこんな人が使うべき

これまでご紹介してきた特徴を元に、『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』を使うべき人は以下のような人です。

  • 20代前半でもゴールドカードを持ちたい
  • 格安な年会費でゴールドカードを持ちたい
  • 電子マネーやネットショッピングの利用額が多い

1つでも当てはまるならおすすめで、2つ以上なら絶対に申し込みましょう。

下記で実際に利用している人の口コミを紹介します。

4-1. 20代前半でもゴールドカードを持ちたい

口コミ・評判

I・M さん(22歳)
評価:★★★★☆4
専門学校を卒業後、就職して2年目です。
手持ちに余裕が出てきたので、ちょっと見栄を張りたくなって20代でも作れるヤングゴールドカードや格安ゴールドカードを調べて、このカードにしました。
パッと見はゴールドカードだとはわからない黒の券面が逆に惹かれました。
便利なサービスはあまりないですが、日常の買い物中心の自分にはポイントがたくさんもらえるこのカードの方がちょうど良いです。

「ゴールドカード」と聞いてどんなイメージを持つでしょうか。

よくクレジットカードの事を知らない人には「お金持ちである」とか「凄い」と思われることが多いです。

実際に日本でクレジットカードを持っている人を対象にしたアンケートでは、たったの11〜13%の人しかゴールドカードを持っていないことがわかっています(プラチナカード以上は1%前後)

券面は黒色ですが、「ゴールドカードを持っている」という自分に自信を持ちたい人にはおすすめです。

4-2. 格安な年会費でゴールドカードを持ちたい

口コミ・評判

R・Sさん(22歳)
評価:★★★★★5
大好きな長瀬クンのTVCMを見て作ることを決めました☆
ゴールドカードらしいけど、見た目はマットブラックの券面にゴールドの印字なので大人っぽく見えて気に入っています♪
名前に「POINT」の文字が入っているせいか、とにかくよくポイントが貯まりますネ。
最初の半年は2%還元されたので、半年で1万ポイント近く貯まってビックリしました(汗
年会費2,000円もしないのにこんなにポイントもらって大丈夫なのかなって心配するくらいです。。。

格安ゴールドカードの中でも、税込の年会費が2,000円を切るゴールドカードは他に同じオリコで出している『Premium Gold』しかありません。

安い年会費分、サービスや優待は限られていますがポイント還元率の高さは格安ゴールドカードの中ではNo.1です。

優待の数は3つと少ないですが、ゴールドカードとしてのサービスも使えるので年会費を考えるとお得でしょう。

4-3. 電子マネーやネットショッピングの利用額が多い

口コミ・評判

K・A さん(35歳)
評価:★★★★☆4
iDとQUICPayが付いているのでどこでも気軽に利用できます。そしてこの2つの電子マネーを利用する時はポイントが0.5%追加されます。
オリコモールでamazonなどを利用すると特別加算が付くのでポイントがたくさん貯まります。
普段の生活での買い物は電子マネーでほぼ間に合いますし、大きい金額の買い物はオリコモールを使うので、専用カードとして使っても十分過ぎるくらいお得でポイントがたくさん貯まっています。

iDとQUICPayは「ポストペイ(後払い)」方式の電子マネーなので、事前にチャージをしなくても利用することができ、後日クレジットカードの利用額として請求されます。

クレジットカードでの支払いと異なり、支払いをしたい電子マネーの名前を伝えて指定の場所にタッチをするだけで良いので便利です。

QUICPayは1回の利用金額が2万円の上限がありますが、iDは店によって異なるので食料品や日用品の購入には十分に使えます。

オンラインでの買い物もオリコモールを経由することでポイントがさらに1.5%〜16%付くのでお得に買い物をすることができます。

電子マネー・オンラインでの利用額が多い人にはポイントがたくさん貯まる良いカードです。

5. 申し込みの際のたった一つの注意点

申し込みをする際には必ず「キャッシング枠」に注意しましょう。

実は、「キャッシング枠」に関してあまり考えずにカードの申し込みをしてしまうと、カードが発行されなかったり発行した後に後悔する例があります。

必要が無ければキャッシング枠は申し込まない

普段利用する予定がない場合は原則としてキャッシング枠は0にして申し込みましょう。

なぜなら、総量規制という法律で個人がお金を借りられる枠の基準が定められていて、その枠の中にクレジットカードのキャッシング枠も含まれるからです。

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。

引用:日本賃金業協会・総量規制とは

キャッシング枠を不必要に多くして申し込むと、カードの発行会社は「この人はお金に困っている人なのかな」と判断して、カードが発行されない恐れがあります。

もしカードの発行を否決されると、あなたが否決されたという記録は半年間残ってしまい、各クレジットカード会社や金融機関などにも共有されるため、他のカードを発行する時に不利になります。

必要時は1〜2枚のカードに年収の1/3以下の金額で申し込む

ただ、海外の旅行先やメインのカードとして日常生活の中でキャッシングを使いたいこともあるでしょう。

その場合は、自分の持っている1〜2枚のカードに合計で年収の1/3以下の金額にして申し込むと、総量規制の基準に引っかからずカードが発行されやすいです。

6. まとめ

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』に関して、メリット・デメリット、口コミを交えた実際の使い勝手まで解説してきましたがいかがでしたか。

『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』は以下のようなメリットがある、とても使い勝手の良いクレジットカードです。

  • 20歳からゴールドカードが持てる
  • 格安な年会費でゴールドカードを持てる
  • 電子マネーやネットショッピングの利用金額が多いとお得

格安ゴールドカードでありながらポイント還元率の高さにこだわったカードなので、カードの利用で得をしたい人にはピッタリな1枚です。

『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』を利用することであなたの生活がより豊かで便利になることを祈っています。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』は、他の紹介サイト経由だとキャンペーン条件が変わってしまうことがあるため、申し込みは必ず公式ページから行い、最大18,000オリコポイントを受け取りましょう。

『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』公式ページ(https://www.orico.co.jp/creditcard/thepointpremiumgold/

キャンペーン期間は、2017年3月31日かなり長いですが時々プレゼントポイントが増える可能性もあるので確認して申し込みましょう。

カード詳細情報

この章では、現在できる限り情報を収集した上で、『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』についての詳細情報を表にまとめました。上記でご紹介した他にカードについて細かい情報を知りたい人だけお読みください。

詳細情報

申し込み対象 本会員 原則として年齢20歳以上 安定した収入がある方
家族会員 ご本人会員と生計をともにする18歳以上の方、配偶者・ご両親・お子さま(高校生を除く)が対象
審査基準 ゴールドカードの中では易しいです
還元率 1%
ブランド MasterCard・VISA・JCB
年会費 本会員 1,950円(税込)請求月はカード券面記載の有効期限月の翌月
家族会員 無料
支払い方法 口座振替
支払い日 当月末日締め切り翌月27日(27日が土・日・祝の場合、翌営業日)
ショッピング 利用可能枠 10万円~300万円
支払い方法 1回払い・2回払い・ボーナス一括払い(手数料不要)
分割払い

実質年率

12.20%:3回

13.90%:6回

14.60%:10回

14.80%:12回

14.90%:15回

15.00%:18回・20回・24回

リボ払い

実質年率

15.00%

定額リボルビング方式(残高スライド) 利用代金残高(月末残高) 弁済金
100,000円以下 3,000円
100,001円 ~200,000円 6,000円
200,001円 ~300,000円 9,000円
300,001円 ~500,000円 15,000円
500,001円 ~1,000,000円 20,000円
1,000,001円~2,000,000円 50,000円
2,000,001円 ~3,000,000円 70,000円
遅延損害金 年6.0〜14.60%
キャッシング 国内利用可能枠 10万円~100万円
支払い方法 一括返済方式(1回払い)

リボルビング払い〔元利定額リボルビング方式(残高スライド)〕(毎月27日に定額を返済)

ATM利用手数料 ATM・CDによりキャッシングをご利用いただいた場合、次のATM手数料(ご利用1回あたり)をご負担いただきます。利用金額1万円以下のとき108円(税込)1万円超のとき216円(税込)
返済期間

返済回数

返済期間: 1カ月~58カ月

返済回数: 1回~58回

※実質年率18.0%で1月15日(うるう年でない)に10万円をリボルビング払いでお借入れの場合、途中に追加のご返済がないとすると、11回(12カ月)でご返済が終了します。

※リボルビング払いのご返済を選択した場合、返済期間・返済回数・返済金額は、ご返済や追加のご利用による残高の変動に応じて変動する場合があります。

貸付の利率 実質年率15.00〜18.00%
遅延損害金 年18.00%
ポイント ポイント名 オリコポイント
基本ポイント付与 100円につき1P(1P=1円相当)
有効期限 ポイント獲得月を含めて12ヵ月後の月末
入会ボーナス ポイント還元率が2.0% 入会後6カ月間はポイント加算率が2倍にアップ

※ 上限5,000ポイント(50万円/6ヶ月以内)

リボ払いボーナス ポイント0.5%加算 便利なリボルビング払いを選択し、支払いをすると0.5%特別加算
オンラインモール オリコモール オリコモール参加ショップは約600ショップ。オリコモールを経由してお買い物をすると、最大15倍最大15%のボーナスポイントがたまる
特別加算:1% オリコモールを経由したショッピングを利用した場合
交換先 500〜49,000P、1P→1円:オリコプリペイドカードへのチャージ500円~49,000円(1円単位)

500P、1P→1円(500円分):Amazonギフト券、iTunesギフトコード、Google Playコード、LINE ギフトコード、ファミリーマートお買い物券

1,000P、1P→1円:nanacoギフト1,000円分、1,000WAONポイント、Tポイント

1,000ポイント、楽天スーパーポイント1,000ポイント、ベルメゾン・ポイント1,000ポイント、dポイント1,000ポイント、WALLET ポイント1,000ポイント

1,000P、1P→1.1円:ニッセンお買い物券1,100円分

1,000P、1P→2円:オリコモールクーポン2,000円分

1,500P、1P→1円(1,500円分):iTunesギフトコード、Google Playコード、

2,000P、1P→1円:Amazonギフト券2,000円分

5,000P、1P→1円(5,000円分):Amazonギフト券、すかいらーくご優待券

5,500P、1P→0.9円:UCギフトカード5,000円分

20,000P、1P→1円:UCギフトカード20,000円分

電子マネー 名称 チャージの可否 カードに付属 オートチャージ対応 ポイント付与
Edy

iD

1.5%(100円につき1.5P)

nanaco

モバイルSuica

1%(100円につき1P)

SMART ICOCA

1%(100円につき1P)

QUICPay

1.5%(100円につき1.5P)

マイル 名称 利用で貯まる カードに付属 ポイント交換
JAL・ANA

1,000P→500マイル:JAL

1,000P→600マイル:ANA

国内旅行保険

(利用付帯)

補償条件 あらかじめ会員自身のオリコカードで旅行代金(公共交通常用具の乗車代金、宿泊費用など)を、お支払いいただいた以下の国内旅行中

・公共交通乗用具に乗客として搭乗している間

・会員が、宿泊費用を自身のオリコカードで支払った旅館・ホテル等の宿泊施設に、宿泊客として滞在している間

・会員が、宿泊をともなう募集型企画旅行に参加している間

死亡・後遺傷害 1,000万円
傷害入院
傷害手術
傷害通院
家族特約
海外旅行保険

(自動付帯)

責任期間 会員が海外旅行のためにご自宅を出発したときからご帰宅されるまでの間で、かつ日本出国日の前日午前0時から日本入国日の翌日午後12時までの最長90日となります。
死亡・傷害後遺傷害 2,000万円
傷害・疾病治療 200万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 20万円(免責1事故3,000円)
救援者費用 200万円
家族特約
ショッピング保険 補償内容 自身のオリコカードを利用して、補償期間中に購入した商品が購入日(発送等による場合には商品の到着日)より90日以内に破損、盗難火災などの偶然な事故により損害を被った場合に補償
補償限度額 年間100万円限度
自己負担額 1事故あたり自己負担額1万円
カード盗難保険 お届けいただいた60日前にさかのぼり、それ以降に不正使用された損害をオリコが負担
国内空港ラウンジ
海外空港ラウンジ
その他特典 Orico Club Off

 国内宿泊、海外宿泊、レジャー、スポーツ、ショッピング、育児・介護サービスなど全国約20,000ヶ所以上の提携施設を優待価格でご利用になれる、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD会員様向け特別サービス

オリコトラベルデスク

世界51都市で提携の海外デスクが日本語で丁寧に対応します。 

・ブランド限定サービス

MasterCardゴールドトラベルサービス

追加カード ETCカード 年会費無料:利用料金100円につき1ポイント
Apple pay 対応

(※当サイトへの掲載情報は、できる限り正確であるように精査の上細心の注意を払って作成しておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に対して生じたあらゆる損害等について一切補償は致しません。極力サービス内容が変わり次第更新をしますが突然変わりすぐに更新できない可能性もあるため、カードご入会の前には必ずご自身でカード発行元の公式サイトで最新の情報をご確認した後にお申し込み下さい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket