世界一わかりやすい『三井住友VISAゴールドカード』解説|あなたにベストな一枚かわかる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
三井住友visa ゴールドカード アイキャッチ

三井住友VISAゴールドカード』を申し込むべきか検討していますね。

9千枚のクレジットカードと比較した結果、下記のいずれかに1つ以上当てはまる人は間違いなくおすすめです。

  • ステータスと社会的信用度の高いゴールドカードを使いたい
  • 比較的安い年会費でゴールドカードを持ちたい
  • プラチナカードのインビテーションが欲しい

しかし、「ポイント還元率が低い」などのデメリットも多いため、契約前にしっかりとチェックしておかないと後悔するので注意しましょう。

このページでは、大手カード会社に3社勤務した経験を活かして『三井住友VISAゴールドカード』について以下の流れで全てご紹介します。

  1. 三井住友VISAゴールドカード総評
  2. こんな人に三井住友VISAゴールドカードはおすすめ!
  3. 三井住友VISAゴールドカードの3つのデメリット
  4. 申し込みの際の2つの注意点

メリットにピンとこなかった場合のためのおすすめカードもご紹介しています。

全て読んでいただければ、契約後に後悔することなく、あなたが本当に選ぶべきクレジットカードかどうかがわかるでしょう。

ちなみに、20代の方は『三井住友VISAプライムゴールドカード』をご検討下さい。年会費が安いのに、サポートなどの内容がほとんど変わらず、非常にお得です。

1. 三井住友VISAゴールドカード総評

1-1.クレジットカード全体としての評価

クレジットカードの良し悪しを判断する評価として「ポイント還元率」「年会費」「ポイントの交換先」「電子マネーチャージ」「保険金額」の5つを挙げています。

当サイトの基準で5つの項目を数値化しました。数字が大きいほと、利用者にとって使いやすいカードで、『三井住友VISAゴールドカード』は下図のようになりました。

プライム ゴールドカード レーダーチャート

評価項目 点数 コメント
年会費 4 初年度無料であり、次年度以降も割引が豊富で格安である
ポイント還元率 2 0.5%とやや低い数値である
ポイント交換先 5 ANAマイルを始め、nanaco・Edyなどの電子マネーや各種景品交換など豊富な交換先がある
電子マネーチャージ 1 iDのみポイントが付く
保険金額 4 ゴールドカードの中では平均的な金額や補償内容である

海外旅行保険には家族特約がカードを持っているだけで付く

1-2. ゴールドカードとしての評価

続いて、ゴールドカードとして『三井住友VISAゴールドカード』はどうなのかを、「ステータス」「サポートサービス」「優待」で分析しました。

『三井住友VISAゴールドカード』はゴールドカードとしては以下のようにステータスの高い便利なカードです。

評価項目 評価 コメント
総合評価 A- 社会的知名度・信用度が抜群に高く、使い勝手や優待内容も良い当ページで自信を持っておすすめできる1枚です。
ステータス A 国内におけるVISAの準プロパーカードであるため、ステータスは他のゴールドカードと比べても高めである
サポート・サービス A ゴールドデスクがフリーダイヤルだが、受付時間が9:00~17:00までしか対応していないのはやや残念

年中無休であることや待ち時間がそんなになく、オペレーターの対応が良いという評判が多い

優待 B
  • 一流旅館・ホテル宿泊予約プラン「relux」での3,000円割引
  • 安心の健康相談 ドクターコール24
  • ハーツならHDLT(運転免許証翻訳フォーム)発行料無料で国際運転免許証が不要
  • 各種チケットを手軽に予約 Vpassチケットの利用
  • 会員情報誌を無料配送:情報誌「VISA」(VISA会員)、情報誌「MY LOUNGE」(MasterCard会員)年間購読料 3,059円+税 年10回配本

※最も良い評価をS、最も悪い評価をDとする5段階で評価しています

プロパーカードとは…JCB・AMEX・Dinersが直接発行しているクレジットカードの事を指します。取得難易度とステータスが高くサービスの内容が充実している。

1-3. その他のカードの評価

その他のカードの評価は以下のようになります。

評価項目 評価 コメント
ポイント交換最低条件 A 100ポイントから利用することができる
ポイント有効期限 B 獲得月から3年間(36ヵ月)有効
加盟店数 B 百貨店など対象店舗が増えている
審査の難易度 B 原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方となっている

しかし、三井住友系カードでの利用歴を重視しているため、他社でクレジットヒストリーがあっても新規で申し込みをすると断れらたという話をよく聞く

また自営業に対しても審査は厳しめである

ゴールドの中ではやや厳しめ

家族カード S 1枚目年会費無料でポイント合算が出来、本カードとほぼ同じサービスを受けられる
追加カード S ETCカード無料、iD・PiTaPa無料、WAON、バーチャルカード、など豊富、Apple Pay対応

※最も良い評価をS、最も悪い評価をDとする5段階で評価しています

2. こんな人に三井住友VISAゴールドカードはおすすめ!

『三井住友VISAゴールドカード』には大きく3つのメリットがあり、そのメリットに魅力を感じる人にはおすすめできるカードになります。

  • 格安な年会費で優良なゴールドカードを持ちたい
  • 『三井住友VISAプラチナカード』など三井住友VISAカードの上級カードの取得を考えている
  • ゴールドカードのサービスを受けたい

2-1. 格安な年会費で優良なゴールドカードを持ちたい

口コミ・評判

国際ブランドでVISAを持ち(世界シェアはVISAがおよそ48%でJCBは3%です)年会費も4,000円(税別)まで圧縮できる

出典:価格.com  三井住友VISAゴールドカード レビュー・評価

『三井住友VISAゴールドカード』は年会費を格安に抑えながら、ゴールドカードとしてのサービスや優待内容を十分に受けられるというワガママを満たしてくれる稀有なゴールドカードです。

下表で年会費が安かったり若者向けに発行している格安ゴールドカード・ヤングゴールドと普通のゴールドカードとの比較をしてみました。

格安・ヤングゴールドカード 『三井住友VISAゴールドカード』 ゴールドカード
年会費 安い(〜5,000円以下) 安い(初年度無料、次年度4,000円まで割引可能) 高い(10,000円〜30,000円)
ステータス 低い 高い 高い
空港ラウンジ 使えないか少ない 国内28空港 国内28〜30空港
海外2〜550空港
カードに付いている保険 なし〜条件が悪い ゴールドカードの平均補償金額と条件 補償金額が高く、家族付帯が付くことも
優待 なし〜少ない フリーダイヤルでの専用相談窓口があったり、提携先での割引やポイントの増額など多数 フリーダイヤルでの専用相談窓口があったり、提携先での割引やポイントの増額など多数

こうして条件を比較してみると、年会費の割にとても良いサービスが受けられることが分かります。

なぜ三井住友VISAカード会社はこんなことができるのか

クレジットカード会社は将来優良な顧客になってくれそうな人に良い条件でクレジットカードを使ってもらい、収益を上げたいと考えています。

そのための広告費の一環としての側面もあるため、上記のような格安な年会費でゴールドカードとしてのサービスや優待を利用することができるのです。

格安な年会費

三井住友VISAゴールドカードは初年度年会費無料で、翌年度以降もお支払い方法のご指定やサービスの申し込みにより年会費割引が適用となるのが大きな特徴です。

三井住友 VISA ゴールドカード 年会費 割引

出典:三井住友VISAカード

原則としてリボ払いは手数料がかかるので当ページとしては推奨しませんが、三井住友カードの「マイ・ペイすリボ」は別です。

マイ・ペイすリボへ登録の上、年に1回以上カードを利用すれば年会費が半額になります。

支払い金額はインターネット・お電話で簡単に増やせるため、リボ払いの金額をショッピング枠と同額(もしくは指定できる金額の上限)に設定しておくことで手数料の発生しない1回払いと同じ扱いで「マイ・ペイすリボ」割引を受けることができます。

その他に、前年度の買物金額に応じて割引になるコースもありますが、こちらは条件を満たすのは少し難しいため、そういうコースもあるとの認識だけで良いです。

上記でご紹介した年会費優遇サービスは一部重複されず最も割引率の高いものが適用され、1番割引を受けられる組み合わせで4,000円(税抜)まで年会費を下げることができます

これだけ格安な年会費でありながら、他の格安ゴールドカードやヤングゴールドカードとは比べものにならないサービスを受けられるでしょう。

ショッピング枠について

公式ページの申し込み画面では総利用枠50〜200万円と表記されていますが、初期設定のようなもので既に三井住友VISA系カードでの利用実績があったり、年間の利用金額が多ければ最高300万円にまで増額します。他社カードと異なり、自ら申請しないと増えないようです。

2-2. 三井住友プラチナカードなど三井住友VISAカードの上級カードの取得を考えている

『三井住友VISAゴールドカード』は三井住友VISAカードから発行されているカードであるため、カードの利用実績を積み重ねることでプラチナカードなどの上級カードの取得がしやすくなります。

最近は一部のカードでも申し込み制になっていますが、一般的にはゴールドカードの一部とプラチナカードの大半は招待制(インビテーション)です。

そのカード会社での利用実績や本人属性(年収・持ち家の有無・社会的地位etc)を精査し、選ばれた一握りの人にしか発行されない希少なカードです。

『三井住友プラチナカード』も申し込むことはできますが、いくら本人の属性が良くても三井住友系カードでの利用実績がないと発行はされません(年収1,000万以上で利用歴なしで発行の報告あり)

逆に利用歴が長くて利用額が多いと年収600〜700万円台の人でもインビテーションが送られてきて作ることができます。

プラチナカードなどの上級カードを保有することは、買い物や決済が便利になり豊富で質の高い優待サービスを受けられるだけでなく、社会的にも高い信用力があることの証になります。

2-3. ゴールドカードのサービスを受けたい

口コミ・評判

ポイントupモールでのポイント付与や、無料で付与されている海外旅行保険、あるいは、同保険のアップグレードなど、使いやすい優遇サービスがあり、重宝しています。

出典:価格.com  三井住友VISAゴールドカード レビュー・評価

『三井住友VISAゴールドカード』では下記の優待・サービスを利用できます。

  • ゴールドデスクでのフリーダイヤル電話対応 9:00~17:00  年中無休(12/30~1/3を除く)
  • 国内主要空港でラウンジが無料
  • 海外/国内旅行保険が最高5,000万円で家族補償も付く
  • 一流旅館・ホテル宿泊予約プラン「relux」での3,000円割引
  • 安心の健康相談 ドクターコール24
  • ハーツならHDLT(運転免許証翻訳フォーム)発行料無料で国際運転免許証が不要
  • ETCカード無料、iD・PiTaPa無料、WAON、バーチャルカード、三井住友カード Visa payWave、JR東海プラスEXサービス、銀聯カードなど豊富な追加カードの発行
  • 各種チケットを手軽に予約 Vpassチケットの利用(宝塚歌劇団の公演やユニバーサル・スタジオ・ジャパンのスタジオ・パスなど国内の主要な演劇・コンサートなどのチケットを会員の皆さま向けに特別販売)
  • 会員情報誌を無料配送:情報誌「VISA」(VISA会員)、情報誌「MY LOUNGE」(MasterCard会員)年間購読料 3,059円+税 年10回配本

旅行関係のサービスだけなく、健康やレジャー関係のサービスも充実しているのは嬉しいところです。

3. 三井住友VISAゴールドカードの3つのデメリット

この章では逆に『三井住友VISAゴールドカード』のデメリットを3つ挙げていきます。

  • ポイント還元率が低い
  • 電子マネーのチャージには向かない
  • 審査に通りにくい

3-1. ポイント還元率が低い

銀行系のクレジットカードは発行元の信用やステータスは高いので良いですが、代わりにポイント還元率は他のクレジットカードに比べて低めになってしまいます。

前年度の利用額に応じて最大60%UPになりますが、それでも0.8%にしかなりません

ポイントの還元率だけを見ると提携カードには一歩劣ってしまいます。

ほぼ同じステータスや年会費の条件では『SuMi TRUST CLUB ゴールドカード』なら年会費が12,000円とやや上がってしまいますが、カードで通常の支払いで100円につき3ポイント(1.2%)、リボルビング払いだと100円につき4ポイント(1.6%)になりSuicaへのチャージにもポイントが付くなどお得です。

3-2. 電子マネーのチャージには向かない

電子マネーのチャージにはEdy・iD・PiTaPa・モバイルSuica・SMARTICOCA・WAONと幅広く対応していますが、チャージでポイントが付くのはiDだけしかありません。

またポイント還元率も0.5%と低いためお得度は低いです。

電子マネーへのチャージでポイントを稼ぎたい人は年会費が無料の下記のカードを別に1枚持つことをおすすめします。

カード名  Edy nanaco モバイルSuica
JMBローソンPontaカードVisa 0.5% 0.5% 0.5%
タカシマヤセゾンカード 1% 1% 1%
リクルートカード 1.2%(VISAのみ) 1.2% 1.2%
エポスカード 0.5〜1%  0.5〜1%

3-3. 審査に通りにくい

上記で既に説明していますが、ゴールドカードとしてはステータスが高く、クレジットカードのステータスの高さは相対的に審査が厳しいカードにもなります。

個人がクレジットカードを作る場合は全銀協(全国銀行協会)CIC(信用情報機関)JICC(日本信用情報機構)といった機関で情報を共有していて、他社での利用実績も当然チェックします。

しかし、三井住友VISAカードに関しては他社で優良顧客でプラチナカードなどを所有していても、三井住友VISA系カードでの利用実績がないと審査で落とされることがあります。

一般的なクレジットカード会社の基準であなたが良い属性の持ち主であっても、『三井住友VISAゴールドカード』の審査には通らないことがあります。

その場合は『三井住友VISAクラシックカード/クラシックカードA』や『三井住友VISAプライムゴールドカード』などの一般カードからクレジットヒストリーを積み重ねなければならない可能性があります。

クレジットヒストリーとは

クレジットカードを含む、これまでお金を借りてきちんと返済をしているかどうか個人の信用情報のことです。カードだけでなく、携帯電話等の端末を分割で購入しても記録が残ります。

やや辛い論調でしたが、三井住友VISA系のカードを作って利用実績を積めば早い段階でゴールドのインビテーションが来たり利用額が上がります(中には自分でサポートデスクに電話をしてお願いしてOKをもらえることも)

とにかく三井住友VISAカードにとって良い利用客になりましょう。

審査の通りにくさはステータスの高さの裏返しと考えてください。

4. 申し込みの際の2つの注意点

申し込みをする際には以下の点を注意してください。

  • キャッシング枠
  • 追加カードの発行

あまり考えずにカードの申し込みをしてしまい、カードが発行されなかったり発行した後に後悔する例があります。

4-1. 必要が無ければキャッシング枠は申し込まない

普段利用する予定がない場合は原則としてキャッシング枠は0にして申し込みましょう。

なぜなら、総量規制という法律で個人がお金を借りられる枠の基準が定められていて、その枠の中にクレジットカードのキャッシング枠も含まれるからです。

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。

引用:日本賃金業協会・総量規制とは

キャッシング枠を不必要に多くして申し込むと、カードの発行会社は「この人はお金に困っている人なのかな」と判断して、カードが発行されない恐れがあります。

もしカードの発行を否決されると、あなたが否決されたという記録は半年間残ってしまい、各クレジットカード会社や金融機関などにも共有されるため、他のカードを発行する時に不利になります。

必要時は1〜2枚のカードに年収の1/3以下の金額で申し込む

ただ、海外の旅行先やメインのカードとして日常生活の中でキャッシングを使いたいこともあるでしょう。

その場合は、自分の持っている1〜2枚のカードに合計で年収の1/3以下の金額にして申し込むと、総量規制の基準に引っかからずカードが発行されやすいです。

4-2. 追加カードは使う予定があるものだけ発行する

使う機会がない場合はETCカードを始めとする追加カードは発行する必要はありません。

「便利そうだから何となく…」という理由で使う予定がないのに持っていると、翌年度以降から年会費が発生して損をする追加カードもあります。

生活スタイルが変化をして、後から必要になった場合でも追加カードを申し込むことはできますので、今使う予定があるものだけ発行するようにしましょう。

ブランドはVISAでもMasterCardでもどちらでも良い

ブランドが行っているキャンペーンに申し込みができるかどうかくらいの違いで基本的な機能に差はありません。どちらも国際的なブランドでシェアを2分しているので使えないというシーンもほとんどないでしょう。お好みのブランドを選んで良いです。

5. まとめ

三井住友VISAゴールドカード』に関して、メリット・デメリット、口コミを交えた実際の使い勝手まで解説してきましたがいかがでしたか。

格安な年会費で充実したカード付帯保険などのゴールドカードのサービスを使えるので、誰にでも広くおすすめすることができる最良のクレジットカードの1枚です

また、国内において高いステータスと信頼性があり、どこで出しても恥ずかしくない1枚です。

『三井住友VISAゴールドカード』を利用することであなたの生活がより豊かで便利になることを祈っています。

三井住友VISAゴールドカード』は、他の紹介サイト経由だとキャンペーン条件が変わってしまうことがあるため、申し込みは必ず公式ページから行い、①初年度年会費通常10,000円が無料、②もれなく最大8,000円のキャッシュバック、この2つの特典を受け取りましょう。

『三井住友VISAゴールドカード』公式ページ(https://www.smbc-card.com/nyukai/card/goldcard.jsp

キャンペーン期間は、2016年12月28日までですが気がつくと終わっていることもあるのでお早めに。

カード詳細情報

この章では、現在できる限り情報を収集した上で、『三井住友VISAゴールドカード』についての詳細情報を表にまとめました。上記でご紹介した他にカードについて細かい情報を知りたい人だけお読みください。

詳細情報

申し込み対象 本会員 原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方

ゴールドカード独自の審査基準により発行させていただきます。

家族会員 生計を共にする配偶者、満18歳以上のお子さま(高校生を除く)、ご両親
審査基準 三井住友系カードでの実績がないと厳しめ。自営業に対しても厳しめ。
還元率 0.5%
ブランド VISA・MasterCard
年会費 本会員 初年度 無料(初年度年会費無料は、2017年3月31日までにインターネットよりお申し込みいただいた方が対象となります)通常 10,000円(税抜)
次年度以降 10,000円(税抜) 年会費:お支払い日が10日の場合翌々月に請求/お支払い日が26日の場合翌月に請求

前年度のご利用額に応じて翌年度年会費半額

100万円以上300万円未満:次回年会費が20%引

300万円以上:次回年会費が半額

※その他の年会費優遇サービス(マイ・ペイすリボによる年会費優遇、家族会員のご利用による年会費優遇など)とは重複されず、最も割引率の高いものが適用されます。

「WEB明細書」コース 9,000円(税抜)カードご利用代金WEB明細書サービスのご利用で過去1年間に6回以上の請求がある方
「マイ・ペイすリボ」コース 5,000円(税抜)マイ・ペイすリボへご登録のうえ、年に1回以上カードをご利用
「WEB明細書+マイ・ペイすリボ」コース 4,000円(税抜)「マイ・ペイすリボ」を指定および「カードご利用代金WEB明細書サービス」を申し込み、それぞれの条件を満たす
家族会員 初年度 1枚様無料、2人目より1名様につき1,000円 年会費:お支払い日が10日の場合翌々月に請求/お支払い日が26日の場合翌月に請求
次年度以降 翌年度以降は、家族カードでの前年(※2)のお買物利用回数が3回以上の場合無料となります

2人目は1,000円(税抜)年会費:お支払い日が10日の場合翌々月に請求/お支払い日が26日の場合翌月に請求

支払い方法 口座振替
支払い日 15日締め翌月10日払い/月末締め翌月26日払い ※選択可(土・日・祝日の場合は翌営業日)
ショッピング 利用可能枠 総利用枠

50〜200万円

カード利用枠(カードショッピング)

50〜200万円

リボ払い・分割払い利用枠

0〜200万円

キャッシング利用枠

0〜50万円

(三井住友カードの審査基準により決定)

支払い方法 1回払い・2回払い・ボーナス一括払い(手数料不要)
分割払い

実質年率

12.00%:3回

13.25%:5回

13.75%:6回

14.25%:10回

14.50%:12回・36回

14.75%:15・18・20・24回・30回

リボ払い

実質年率15.00%

あらかじめご指定のお支払いコースに基づき、毎月締切日までのリボ払いの未決済残高に対して、弊社所定の手数料率により年365日(閏年は年366日)で日割計算した手数料(包括信用購入あっせんの手数料)と元金の合計額を弁済金として、毎月所定のお支払い日にお支払いいただきます。

リボ払いご利用枠を超えたご利用分については、1回払いでのお支払いとなります。

遅延損害金 年14.60%
キャッシング 国内利用可能枠 1回の操作につき1万円~50万円までの1万円単位
ATM利用手数料 国内・海外の提携ATM・CDでのキャッシングによる「お借り入れ」の都度 借り入れ金額

1万円以下 100円(税抜き)

1万円超  200円(税抜き)

手数料 実質年率14.4〜15.0%
遅延損害金 年20%
ポイント ポイント名 ワールドプレゼントポイント
基本ポイント付与 1,000円(税込)利用で1ポイント付与
有効期限 ポイント獲得月から3年間
ボーナスポイント 前年度(2015年2月~2016年1月)

お支払いのお買物累計金額

ステージ

今年度(2016年2月~2017年1月)お支払いの

お買物累計金額に応じたボーナスポイント

300万円以上

V3

50万円で300ポイント

以降10万円ごとに60ポイント

100万円以上300万円未満

V2

50万円で150ポイント

以降10万円ごとに30ポイント

50万円以上100万円未満

V1

50万円で100ポイント

以降10万円ごとに20ポイント

オンラインモール ポイントUPモール いつものネットショップでポイント最大20倍!
交換先 200P以上100P単位、1P→5P:WAONポイント「三井住友カードWAON」に移行

1P→3P:WAONポイントその他のWAONカードに移行

200P以上100P単位、1P→3P:nanaco、Edy、Suicaポイント、「カエトクカードへチャージ」

200P以上100P単位、1P→3円:キャッシュバック

200P以上100P単位、1P→4円:タリーズ カード、スターバックス カード

200P以上100P単位、1P→50P:PiTaPaショップdeポイント

200P以上100P単位、1P→4.5P:Tポイント、Pontaポイント

200P以上100P単位、1P→4.95P:Gポイント

200P以上100P単位、1P→5P:ベルメゾン・ポイント、楽天ポイント、dポイント、WALLET ポイント、ビックポイント、ジョーシンポイント、ゴールドポイント、iDバリュー

200P以上:景品交換

2100P、1万円寄付:ふるさと納税(5つの地方自治体)

期間限定景品、サマージャンボ宝くじ、オリンピック選手強化寄付

加盟店数 33店 ※買い物前にポイントUPモールの【お店でショッピング】タブより利用予定のお店の”ココ行こ♪”ボタンをクリックし、有効期限内にお店でカード払い
プレミアムポイント加盟店 31店
電子マネー 名称 チャージの可否 カードに付属 オートチャージ対応 ポイント付与
Edy

nanaco

iD

◯(選択可)

0.5%(1000円につき1P)
PiTaPa

モバイルSuica

SMART ICOCA

WAON

マイル 名称 利用で貯まる カードに付属 ポイント交換
ANA・クリスフライヤー・クラブ・ミッレミリア

100P以上100P単位、1P→6円、1P→3マイル:ANA、クリスフライヤー

200P以上100P単位、1P→6円、1P→3マイル:クラブ・ミッレミリア

国内旅行保険

(自動付帯)

補償条件 国内旅行傷害保険は公共交通乗用具搭乗中の事故、または宿泊施設に宿泊中の火災・破裂・爆発および宿泊を伴う募集型企画旅行参加中の事故についてのみ補償
傷害死亡・傷害後遺傷害 合計:5,000万円

自動付帯:1,000万円

利用付帯:4,000万円

傷害入院 日額 5,000円
傷害手術 最高 20万円
傷害通院 日額 2,000円
家族特約
海外旅行保険(自動付帯) 補償条件 ※傷害死亡・後遺障害補償は、事前の旅費等の当該カードでのお支払い有無により最高補償額が異なります。
傷害死亡・傷害後遺傷害 合計:5,000万円

自動付帯:1,000万円

利用付帯:4,000万円

傷害・疾病治療 300万円
賠償責任 5,000万円(1事故の限度額)
携行品損害 50万円(自己負担:1事故につき3,000円)(1旅行中かつ1年間の限度額)
救援者費用 500万円(1事故の限度額)
家族特約 傷害死亡:最高1,000万円、治療:200万円、疾病:200万円、賠償:2,000万、携行品:50万、救援者:200万
対象者 満19歳未満の方で、本会員と生計を共にする同居の親族、または生計を共にする別居の未婚のお子さま
ショッピング補償(動産総合保険) 補償内容 当該カードで購入された商品の破損・盗難による損害を、ご購入日およびご購入日の翌日から90日間補償します。
補償限度額 (年間)300万円まで
自己負担額 (1回の事故につき)3,000円
カード盗難保険 カードが不正利用された場合も、特別なケース以外は届出日の60日前からその損害を補償
国内空港ラウンジ 新千歳空港 函館空港 青森空港 秋田空港 仙台空港 新潟空港 羽田空港 成田国際空港 富山空港 小松空港 中部国際空港 伊丹空港 神戸空港 関西国際空港 岡山空港 米子空港 広島空港 山口宇部空港 松山空港 徳島空港 高松空港 北九州空港 福岡空港 長崎空港 熊本空港 大分空港 鹿児島空港 那覇空港
その他特典 ゴールドデスクでのフリーダイヤル電話対応/9:00〜17:00 年中無休(12/30〜1/3を除く)

一流旅館・ホテルを厳選した会員制宿泊予約サービス「relux(リラックス)」

ゴールドカード会員限定で、通常の「relux」が提供している価格(最低価格を保証)から、さらに3,000円を割引

安心の健康相談 ドクターコール24

ハーツならHDLT(運転免許証翻訳フォーム)発行料無料で国際運転免許証が不要

各種チケットを手軽に予約 Vpassチケットの利用(宝塚歌劇団の公演やユニバーサル・スタジオ・ジャパンのスタジオ・パスなど国内の主要な演劇・コンサートなどのチケットを会員の皆さま向けに特別販売

会員情報誌を無料配送:情報誌「VISA」(VISA会員)、情報誌「MY LOUNGE」(MasterCard会員)年間購読料 3,059円+税 年10回配本

追加カード ETCカード 税抜500円+税 (初年度年会費無料):1,000円(税込)利用で1ポイント付与

2年目以降は前年度に1回以上ETC利用のご請求があれば翌年度無料

iD 年会費・発行手数料無料:1,000円(税込)利用で1ポイント付与

携帯型・クレジット一体型・専用カードの3タイプから選べます

WAON 年会費無料 WAON発行手数料 300円(含む消費税等)
PiTaPaカード 本会員:無料  家族会員:無料

ただし、1年間に一度もPiTaPaのご利用(交通・ショッピング)がない場合は、会員さま1名につきPiTaPa維持管理料1,000円(除く消費税等)が必要です。

(カードごとにご利用の有無を判定します)

バーチャルカード 年会費初年度無料 翌年度以降税抜300円+税 :1,000円(税込)利用で1ポイント付与
三井住友カード Visa payWave 年会費・発行手数料無料:1,000円(税込)利用で1ポイント付与
JR東海プラスEXサービス 年会費 500円+税
銀聯カード 発行手数料無料 更新時 本会員 1,000円+税(カード更新は原則5年):1,000円利用=1ポイント
Apple pay 対応

(※当サイトへの掲載情報は、できる限り正確であるように精査の上細心の注意を払って作成しておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に対して生じたあらゆる損害等について一切補償は致しません。極力サービス内容が変わり次第更新をしますが突然変わりすぐに更新できない可能性もあるため、カードご入会の前には必ずご自身でカード発行元の公式サイトで最新の情報をご確認した後にお申し込み下さい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket